業界研究

【文系の人気就職先ランキング】業界・企業別に徹底解説

文系学生の就職先とは

専門的な知識やスキルを身に付けている理系学生に比べて、就職することが難しいと言われている文系学生。就活真っ只中で、理系に転部したり、IT系の専門学校などに通うことは、骨の折れることであると同時に、そもそも同じような業界の就職市場で、最初から理系の学生に敵うはずもありません。

とはいえ、文系出身者が内定を得ているのは事実としてあります。それも、誰でもできるというイメージのある「営業職」や高収入とは縁遠い「事務職」、正社員になれずにフリーターの道を選んでいる学生ばかりではありません。

ここでは、文系出身者でも就ける仕事ではなく、文系学生だからこそ活躍できる職種や仕事の醍醐味をお伝えします。「文系」であることに負い目を感じている方、ぜひお役立てください。

文系に人気の業界

文系に人気の業界を解説していきます。文系に人気の業界といえば、サービス・インフラ、製造、金融、ソフトウエア・通信、小売などです。例えば、サービス・インフラ業界では、幅広いジャンルを網羅しており、航空・鉄道などの社会基盤施設、ガス電気などの公共的企業、外食・旅行・福祉などのサービス業が挙げられます。

一方、金融業界は、メガバンクから地方銀行、信用金庫、クレジットサービスというように、ジャンルが細かく分けられます。業界という言葉でくくられる中でも、多種多様な分類に分けれていきます。文系学生は、多岐に渡る業界・職種にチャレンジできるのです。

幅広く業界・職種がありすぎて、やりたいことがはっきりしていないという方は、事前にしっかり業界研究をすることで、自分のやりたいことが明確に見えてくるはずです。それでは文系に人気の業界を、業界別にご紹介していきましょう。

サービス・インフラ

文系に人気の業界である「サービス・インフラ業界」についてご紹介します。サービス・インフラ業界と一括りになりますが、大きく2つに分かれています。

・サービス

旅行、外食、ホテル、福祉、介護などが挙げられます。いわゆるサービスを提供する産業です。このように「サービス」の中でも多数の産業があるので、「サービス業界に行きたい」という方は、どの産業に行きたいのか志望理由をはっきりさせ、志望動機に織り込むとよいでしょう。

・インフラ

航空、鉄道、地下鉄、電力、ガス、水道などが挙げられます。社会の基盤を整備する産業です。人類が生活していくために絶対的に必要とされるインフラ。社会の礎を築くことができるため、世に必要とされる基盤をつくりたいという人に向いているでしょう。人気が高く、応募する学生はレベルが高いのも特徴です。

製造

「製造業界」と聞いてもいまいちピンとこない方も多いはず。製造業は「メーカー業界」ともいわれます。自動車メーカー、食品メーカー、化粧品メーカー、製薬メーカーが挙げられます。自動車から食品、化粧品などのように、材料を加工して組み立て、商品をつくる業界です。

日本は戦後、物資が乏しい国でしたが、加工して商品をつくる「加工技術」を向上することで、新しい技術や新商品である自動車や家電製品、化粧品などを次々と開発し「技術大国」として名を馳せました。近年では環境保全、コストダウンにも率先して参入している最先端の業界です。世界的ブランドに携わりたい方、事業をグローバル展開していきたいという人におすすめの業界といえます。

金融

次に、文系に人気の業界である「金融業界」についてご紹介します。いわゆる「安定している」イメージの金融業ですが、実際のところはどのような業界なのでしょうか。さきほど金融業の中でもメガバンク、地方銀行、クレジットサービスもあるとご紹介しましたが、「金融」というのは「お金を融資」することです。

お金に関わる商品を販売する産業でもあります。証券やローン、クレジット関連商品も扱います。実はこの他にも、生命保険、損害保険なども金融業界に分類されます。生命保険は「ヒト」に対する保険で、損害保険は「モノ」に対する保険です。保険会社も文系出身者に人気の企業です。営業として商品を顧客に販売したり、アナリストとして保険の解析をしていったりと、こちらも多岐に渡る業界です。法律に強いとなおさら有利な業界といえるでしょう。

ソフトウエア・通信

文系に人気の業界である「ソフトウエア・通信業界」についてご紹介します。ソフトウエアというのは、皆さんがお使いのパソコンやスマホのプログラムのことを指します。プログラム開発や、システム開発、そしてその運用と整備をする産業です。

インターネットの普及と企業の積極的なIT化が進み、ソフトウエア・通信業界は今まさにホットな業界といえるでしょう。比較的新しい業界ではありますが、新しいソフトウエアの開発だけではなく、その整備もしていくため、長く安定している業界のひとつといえるでしょう。人気が高く需要も高い業界です。

小売

最後に、文系に人気の業界である「小売業界」についてご紹介します。小売業界は、その名の通り、商品・物品を販売する産業です。スーパーマーケット、コンビニエンスストア、百貨店などが挙げられます。「小売」と聞くと、昨今の消費者の購入意欲低迷により利潤が少ない産業であると感じる方もいると思われます。

しかし、近年では富裕層に向けた限定販売、外国人観光客に向けた施策、オンラインショップにも参入したりと常に新しい商法にチャレンジしています。IT化・グローバル化が進み、小売業はアクティブな業界ともいえるでしょう。

文系に人気の企業ランキング

さて、文系に人気の企業について説明してきましたが、全体像はつかめましたか。マイナビでは、「マイナビ2018就職企業ランキング|文系総合ランキング」が過去に発表されました。事業内容と一緒に簡単にご紹介していきます。人気企業なだけに、業界最大手の企業が名を連ねています。毎年、応募倍率も高く、就職活動中のライバルが多数いる会社ばかりです。

ライバルが多いということは、レベルの高い学生の応募も多いということです。人気企業に就職をしたいという就活生は、事前に企業リサーチをして、会社がどのような人物像を求めているかを調べてください。そして、自分が果たしたい目標を自己分析して、しっかりと選考に挑みましょう。

人気企業内定者のESを覗き見!

人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ランクインしているANA、JTB、JAL、三菱東京UFJ銀行、東京海上日動、三井住友銀行、HIS、みずほ銀行、伊藤忠商事のほか、人気企業内定者のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

①全日本空輸(ANA)

文系に人気の企業ランキング第1位はサービス・インフラ業界「全日本空輸(ANA)」です。1991年以来、26年ぶりのトップに輝きました。マイナビ2019より、資本金は250億円、従業員数は13,928名(2018年3月31日現在)となっています。航空業界の全日本空輸(ANA)の主な事業は「定期航空運送事業及び不定期航空運送事業」「航空機使用事業」「その他附帯する又は関連する一切の事業」とのことです。

全日本空輸(ANA)といえば、ご存知のとおり日本の空港だけではなく海外の空港にも航空経路があります。スチュワーデス、パイロット、整備士のイメージが強いですが、グローバルな企業であり、顧客も多様な人種です。英語スキルは必須といえます。

②JTBグループ

文系に人気の企業ランキング第2位はサービス・インフラ業界の「JTBグループ」です。資本金は23億400万円、従業員は29,572名(グループ全体 2017年12月31日現在)となっています。主な事業は「旅行事業(企画提案営業・店頭営業・訪日インバウンド・メディア販売・Web販売・商品企画・BTM事業)」です。

他にも「地域交流事業」「IT関連事業」「出版事業」「広告事業」「イベント事業」「福利厚生事業」なども展開しています。JTBグループは、旅行業を中心とした事業を展開をしている企業です。

日本人なら一度はJTBグループのトラベルツアーに参加したことがあるのではないかというほど、知名度の高い会社です。旅行業に付随した商品を多く取り扱っているのも魅力的な会社です。サービス業界ですので、こちらも英語スキルがあると有利になります。

③日本航空(JAL)

文系に人気の企業ランキング第3位はサービス・インフラ業界「日本航空(JAL)」です。資本金は3,558億4,500万円、従業員は32,753人(グループ連結:2017年3月現在)です。主な事業は「定期航空運送事業及び不定期航空運送事業」「航空機使用事業」「その他附帯する又は関連する一切の事業」となっています。

サービス・インフラ業界が1位から3位まで連続のランクインをしており、断トツ人気となっております。日本航空(JAL)は第1位の全日本空輸(ANA)と名を連ねる、日本のトップ航空企業のひとつです。文系人気企業ランキングに毎年ランクインをする企業です。人気度も高く、倍率の高い企業となっています。日本航空(JAL)は、全日本空輸(ANA)同様に英語スキルは必須といえるでしょう。

④三菱東京UFJ銀行

文系に人気の企業ランキング第4位は金融業界の「三菱東京UFJ銀行」です。マイナビ2019によると、資本金は1兆7,119億円(2017年3月末、単体)、従業員は35,214名(2015年3月末、単体)となっています。主な事業は「金融業およびその他付帯業務」です。金融業界の三菱東京UFJ銀行が第4位にランクインしました。

メガバンクである三菱東京UFJ銀行は、毎年文系学生からの人気が高く、前年度ランキングでも第5位の人気でした。育児休業取得者数は「1,020人(女性874人、男性146人)2016年度実績」という数値を出しています。女性のキャリア形成にも力を入れており、まさに世の中の声を聞いて率先して対応する姿勢が見られます。女性からの人気を得ている企業といえるでしょう。

⑤東京海上日動火災保険

文系に人気の企業ランキング第5位は金融業界の「東京海上日動火災保険」です。資本金は1,019億円、従業員は1万7,368名(男8,932名、女8,436名)(2017年3月31日現在)となっています。主な事業は「損害保険業」です。第5位には東京海上日動火災保険がランクインしました。

東京海上日動火災保険の強みは、損害保険業界ではトップクラスの規模であり、従業員が働きやすい環境を積極的につくっていることです。平均勤続勤務年数は11.4年、役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合6.7%(女性218名)と、女性のキャリアアップにも力を入れています。

⑥三井住友銀行

続いて、文系に人気の企業ランキング第6位は金融業界の「三井住友銀行」です。資本金は1兆7,709億円、従業員は29,192名(2018年3月31日現在)となっています。主な事業は「預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、内国為替業務、外国為替業務、社債受託および登録業務、金融先物取引等の受託業務、証券投資信託の窓口販売業務等」です。

金融業界が3回連続のランクインとなっております。安定している業界だからこそ、人気が高い金融業界。メガバンクである三井住友銀行は、平均勤続勤務年数が13年0カ月(2017年3月末)、平均有給休暇取得日数(前年度実績)12.9日と、従業員が働きやすい環境が整っています。メガバンクなので規模も大きく、働きがいのある企業といえるでしょう。

⑦エイチ・アイ・エス(H.I.S.)

続いて、文系に人気の企業ランキング第7位はサービス業界「エイチ・アイ・エス(H.I.S.)」です。資本金は110億円、従業員は16,932名(グループ全体、2017年10月31日現在)となっています。主な事業は「旅行事業を軸に、テーマパーク事業・ホテル事業・ロボット事業・エネルギー事業、宇宙事業」とのことです。

第2位の「JTBグループ」同様に、旅行会社として誰しもが目にしたことがある社名でしょう。旅行産業ですから、こちらも英語スキルが求められる企業といえます。

⑧みずほフィナンシャルグループ

文系に人気の企業ランキング第8位は金融業界の「みずほフィナンシャルグループ」です。資本金は2兆2,562億円、従業員は59,179名(グループ合算・2017年3月31日)です。主な事業は「お客さまの属性に応じた銀行・信託・証券等グループ横断的な戦略を策定・推進する5つのカンパニーと、全カンパニー横断的に機能を提供する2つのユニットを設置し、グループ運営を行っています。」となっております。

いくつかの会社に分けて専門事業を行っているみずほフィナンシャルグループは、メガバンクでもあり、投資信託、資産運用、コンサルティングなど多様な事業を展開しています。育児休業取得者も多く、事業が幅広いことから人気が高くなっています。

⑨損害保険ジャパン日本興亜

文系に人気の企業ランキング第9位は金融業界の「損害保険ジャパン日本興亜」です。資本金は700億円、従業員は25,822人(2017年4月1日現在)です。事業内容は「損害保険事業」であり、「.損害保険の引受、損害調査および保険金の支払い、新商品の開発・企画、資産運用、国際関連事業、その他各種事業」もしているとのことです。

安定している金融業界の中でも、損害保険を取り扱っている企業です。こちらも育児休業や女性のキャリアアップに注力しており、「前年度の育児休業取得者数1,579人(うち男性207人、女性1,372人)」、役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合は「女性管理職比率(2017年7月1日現在)15.4%」となっております。

⑩伊藤忠商事

文系に人気の企業ランキング第10位は「伊藤忠商事」です。資本金は2,534億4,800万円、従業員は4,380名(2018年4月1日現在)となっています。主な事業は「世界63カ国に約120の拠点を持つ大手総合商社として、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において国内、輸出入及び三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。」とのことです。

第10位には伊藤忠商事がランクインしました。あらゆる物を取り扱っている業界大手の企業です。いわゆる「商社」と呼ばれる伊藤忠商事は、なんといっても魅力的な平均年収です。平均年収は全従業員:1,384万円(2017年3月期)であり、平均勤続勤務年数16.7年(2016年度実績)なのです。グローバル展開をしている会社ですので、英語スキルだけではなく法律に強いと有利です。

文系に特化した仕事

文系出身者の就ける仕事は、「専門職以外」という印象がありますが、決してそうとは限りません。理系の知識・スキルでは対応できない、文系ならではの専門性も存在しています。

難しい試験を突破して取得した資格が絶対条件の業務や、人気ゆえに高い倍率を誇る採用試験に合格しなければ入社できないケースも数多くあるのです。資格や試験は不必要だけれども、クリエイティブな能力を要する仕事もあり、文系特有の「誰でもできる」というレッテルを貼られたものだけではないのです。

難関試験に合格が必須な士業

まずは、一握りの人間だけが就ける「士業」をみていきましょう。映画やドラマでも取り上げられるほど知名度の高い「弁護士」、商標・特許など知的財産に関わる業務を担う「弁理士」、監査やコンサルを行う会計のスペシャリスト「公認会計士」などは耳馴染みのあるものかと思います。

他にも、さまざまな登記業務を行う「司法書士」、官公庁への書類提出・作成などを担う「行政書士」、複雑な税金を理解している「税理士」など、身近な法律家として、活躍できる仕事がいくつかあります。

いずれも国家資格であり、合格するためには、専門学校に通ったり、相当な勉強量・忍耐力が必要になります。けれども資格取得後は、独立開業も可能で、高い収入が約束されているといっても過言ではありません。

公務員・教員

上記の「士業」以外でも、公務員・教員は、文系出身者ならではと言えるでしょう。公務員は、「国際公務員」「国家公務員」「地方公務員」と分類されており、厳密に言えば、さらなる区分もできるほど、多彩なポジションがあります。

教員は、「幼稚園」「小学校」「中学校」「高等学校」などが、就活生の中では一般的でしょうか。公務員も教員も、「文学部」「経済学部」「芸術学部」といった出身学部に限らず、試験に合格すれば、仕事に就くことが可能です。

ただし、安定志向の強まる就職市場の中で、公務員は大変人気があるものです。そのため試験合格の倍率も高めになります。しかし、育休・産休制度など待遇・福利厚生が充実しており、「出産・育児」を視野に入れた女性の活躍も期待されている領域です。

記者

政治経済、国際・社会問題、教育、ライフスタイル、文化、スポーツなどについて、新聞や雑誌に寄稿する「記者」の仕事もあります。必要なのは、一般常識やあらゆる業界・社会に対する好奇心、フットワークの軽さのほかに、紙媒体だけでなく、Webメディアに関する知識も求められるでしょう。

それらに加えて、もっとも大切なのは、日本語能力や文章力です。「『てにをは』は正しいか」「起承転結で構成されているか」といった文筆業として当たり前のことを守りつつ、多くの人を感動させる魅力的な記事を作成できる「クリエイティブ力」も必要不可欠です。読書や書くことが得意な文系学生において、趣味や特技を活かせる仕事のひとつではないでしょうか。

一般職(事務・営業)

あらゆる会社に必要ポジションである、一般職(事務・営業)も文系出身者には強みとなります。具体的にどのような業務なのか解説していきます。

・事務

デスクワークのイメージが強い事務職は、実はポジションや職務は幅広くあります。経理、人事、総務、契約管理といった管理部門に特化した事務職もあれば、営業を補佐する営業事務、製品の出荷数などを管理する生産管理事務など多数あります。

業界によって取り扱う商品や顧客が違いますので、やりがいも変わってくるでしょう。パソコンを見ながらデータを扱う印象が強いですが、実際は社内のあらゆる人とやり取りをしなければならない縁の下の力持ちです。社内コミュニケーションが円滑にできない人は、案件をスムーズに処理することは難しいと捉えられてしまうので、明るい笑顔で面接に臨みましょう。

・営業職

営業職も文系出身者に向いている職業です。取引先とのコミュニケーションがキーになる職種です。会社というのは商品を売らないと売り上げはもちろん発生しません。営業職は、その商品を提案し、成約するまでを担うのです。

そんな営業職にも種類があるので、自分に合っているポジションを一度考えてみることをおすすめします。新規開拓の営業職、既存のお客様をメインに営業するルート営業、電話だけで内勤営業をする電話営業などがあります。新しいお客様をどのようにして獲得するか、商品の魅力をいかに相手に伝えられるかが求められるスキルです。

文系仕事のやりがい

文系学生の専門的な知識・スキルを活かせる職業をご紹介してきましたが、これから何十年もやっていく仕事に対して、「やりがいは感じられるか」「収入面は大丈夫か」など、将来を見通して気になることもあるでしょう。

理系学生が就く仕事の方が、専門性が高いゆえに業務上での達成感が大きく、十分な収入を得られるというワケではありません。文系出身者も、同等、またはそれ以上のやりがいや所得を手にすることができるのです。

企業で専門分野を磨くことができる

文系学生の就職先として認知度の高い「営業職」。コミュニケーション能力が必要なのはもちろんですが、携わる業種によっては、文系特有の知識を求められます。そのひとつが「広告・メディア営業」でしょう。

インターネットが定着した現代において、広告やメディアは、毎日のように変化しています。こうした世の中では、流行を追いかけ、トレンドを熟知していることが立派なスキルにもなるのです。”ミーハーさ”に自信のある方は、「広告・メディア営業」として、躍進するに違いありません。

他にも、「総務」などの事務職系の仕事は、文系ならではでしょう。法律に関する「法務」や、お金の管理に欠かせない「経理」などは、専門的でありながら、「裏方で会社を支えている」というやりがいを見つけられるはずです。

マルチに活躍できる

前半で、文系出身者に担える仕事は「誰でもできる」「専門職以外」と述べましたが、つまりこれは、「なんでもできる」という柔軟さがあると考えることもできます。理系学生の場合、高度な専門的知識・スキルを学業を通して身に付けることができますが、志望する企業は限定され、入社後に担当する仕事内容は、専門的であるがゆえに、幅広いとは言えません。

一方で文系学生は、例えば「営業」といえども、販売促進のために自身でネット記事を執筆したり、「総務」という肩書きでも、「経理」や「人事」を担うなど、職種を超えた領域に携わり、さまざまな知識・スキルを手に入れることも可能です。こうした経験は、キャリアアップ・キャリアチェンジにも、つながってくるでしょう。

文系が仕事に活かせる強み

文系の学生が仕事に活用できる能力は、大学生活や専門学校生活を経験して培われたコミュニケーション能力と、インターネットを駆使して様々な手段で手に入れる情報収集能力の2点です。

これら2つは、持っている学生と持っていない学生の差が極めて大きいため採用担当者も、エントリーシートや面接での行動や言動を通じて、これらの能力をどの程度備えているか、また企業の日々の仕事において活用できるかどうかを見極めようとしているのです。

コミュニケーション能力

特に営業系の職種には絶対に必要とされる能力が、このコミュニケーション能力です。仕事上、交渉力や相手との落としどころを見つけて説得できるだけの説得力、話術が求められます。また、社会に出ると常に誠実な人たちばかりではなく、相手を蹴落としての仕上がっていこうとする人たちもいます。

このような人達と上手に付き合っていくという意味でも、コミュニケーション能力は必要です。こうした能力は様々な経験の末に身につく性質のものであるために、一朝一夕にはいかないものですが、話し方に関する本や上手な話し方をする人にアドバイスを求めるなどして、自分のコミュニケーション能力を絶え間なく上げていく努力が必要です。

情報収集力

ネットサーフィンが好きな人には特に問題がないかもしれませんが、近年は様々な情報を収集して、整理できる能力を持つ人が求められています。文系の仕事は、専門性は理系の学生に任さればよい点が多い半面、応用力の広さが求められることが多いです。

また、上述の営業に関しても、相手企業の担当者との接待などを担当するときには、どんな話題が出てくるかわからないために常に様々なことに興味を持ちながら、アンテナをはって情報を収集しておくことが必要です。成績が優秀な営業マンは、例外なくこれらの能力に優れておりそこから仕事の話に誘導していけるだけの話術とコミュニケーション能力をもっているからこその、仕事の成果と言えるのです。

文系の強みを最大限に活かそう!

「文系は就職するのが難しい」という話が、世間で浸透しているのは事実ですが、就職難であることは真実とは言えません。今までご紹介してきた通り、柔軟性を活かして様々な試験合格を目指すのもよし、入社してから専門性を磨き、キャリアアップするのもよし、個々人の努力次第で、道は開けてくるでしょう。

国家資格のような難解なものでなくても、簿記やTOEICなど、面接や入社後にも活かせる資格はあります。それに、どうしても理系出身者のように手に職をつけたいのなら、独学でプログラミングを勉強し、特別な資格を必要とせず高収入をのぞめる「プログラマー」を目指すのも良いでしょう。

いずれにせよ、文系学生に与えられているのは、「何でもできると言う自由さ」ではないでしょうか。理系や文系といった系統によって将来は確定しません。自分自身で、未来を作ることができるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ