業界研究

【金融業界徹底研究ガイド】銀行・証券・保険業界の違いと主要企業

金融業界を理解し就活を優位に進めよう

金融業界は手堅い、安定しているなどのイメージから就活生からの人気も高いです。「金融業界=銀行」のイメージを持つ人は多いですが、銀行だけではなく他にもさまざまな企業が存在しています。

一口に金融業界といっても業種や職種はさまざまですし、企業によって特徴、強みなどは異なっています。それらの違いをしっかりと理解しておかなければ、明確な志望理由をつくることができません。

本記事では、金融業界に属する業種から主要企業まで解説しています。業界研究を徹底しておこない、金融業界について知っていきましょう。

金融業界に属する6つ業種

金融業界に属する6つの業種を表した図

金融業界と一言でいっても、それに属する業種は複数あります。そもそも金融とは、資金が余っている人からその資金を預かり、資金が必要な人に提供することを指します。このような金融業界に属する代表的な業種は、銀行や証券、保険です。

同じ金融業界に属するといっても、銀行や証券会社、保険会社で実際におこなわれている業務は異なっています。もし金融業界が気になっているようなら、各業種の特徴について詳しく知っていくのがよいでしょう。ここからは各業種について紹介します。

1.銀行

金融業界というと、まず銀行が思い浮かぶという人は多いでしょう。銀行の業務としては、預金業務、貸出業務、為替業務などがあります。預金業務は、個人や法人が銀行口座を作り、そこにお金を預けることに関わる業務です。

貸出業務は、預かったお金を個人や法人に貸し出す業務です。例えば個人の住宅ローンの場合、銀行が住宅の費用を支払い、毎月利用者から返済を受けます。この他、資金を必要とする企業への融資などもこの業務に含まれます。地元の企業と強い関係を持ち、積極的に融資している地方銀行もあるでしょう。

貸したお金が返済されなければ不良債権となってしまいます。銀行の経営が悪化するため、貸出先については審査もおこなわれ、利息が決められます。為替業務は、ある口座から別の口座にお金を移す業務です。

銀行は「メガバンク」「地方銀行」「信託銀行」「信用金庫・信用組合」に分けることができます。それぞれに業界規模や役割が異なるため、違いを理解しておきましょう。

メガバンク

銀行の中で特に規模が大きいものを、メガバンクと呼びます。メガバンクは都市銀行とも呼ばれ、大都市に拠点を構えているものが多く、全国の幅広い場所でサービスを提供しています。

現在メガバンクと呼ばれているのは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行などであり、金融業界における銀行の分野をけん引している企業といえるでしょう。メガバンクは企業規模の大きさから顧客も多く、業務内容も多岐にわたることが特徴です。

国内だけではなく海外事業に積極的な銀行も多く、国内外の広い場所で活躍しているグローバルな銀行であるともいえるでしょう。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行

「メガバンク」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「メガバンク」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

地方銀行

メガバンクと呼ばれるもの以外でも、全国に幅広く拠点を持っている銀行はあります。規模こそメガバンクより小さいものの、幅広いエリアで活躍している銀行が地方銀行であり、メガバンクとは違った特徴を持っています。

地方銀行は主に地方の企業が融資の顧客であり、各企業のニーズに寄り添った適切な融資ができるといった特徴があります。銀行業界における地域密着型のサービスを提供している機関といえ、社会全体の経済を円滑に回すうえでも欠かせない重要な役割を持っています。

また、地方銀行には、さらに第二地方銀行と呼ばれるものもあります。両行の特徴はほぼ同じですが、全国地方銀行協会の会員が地方銀行、第二地方銀行協会の会員が第二地方銀行といった違いはあるため、覚えておくとよいでしょう。

千葉銀行、横浜銀行、北陸銀行

「地方銀行」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「地方銀行」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

信託銀行

銀行に対して、預貯金や融資などの業務をメインでおこなっている印象を持つ人は多いでしょう。確かに銀行の多くはこれらのイメージ通りの仕事をおこなっています。しかし信託銀行の場合は、通常の銀行業務に加えて信託業務や併営業務もおこなっていることが特徴です。

信託銀行はただ銀行としての役割を果たすだけではなく、利用者の資産の管理や運用など、総合的なサービスを提供しています。資産の運用をおこなうことで利用者の利益を拡大することはもちろん、自社の利益を出していることも大きな特徴でしょう。

また、信託銀行ならではの業務としては、不動産取引の仲介業務や証券代行業務、遺言の信託業務などがあり、銀行業界の中でも異色の存在といえます。

三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、みずほ信託銀行

「信託銀行」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「信託銀行」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

信用金庫・信用組合

非営利の法人として設立されているものが、信用金庫や信用組合です。通常銀行は銀行法という法律に基づいて活動していますが、信用金庫と信用組合は、別の法律に基づいて活動している点が大きな特徴です。

信用金庫は信用金庫法を、信用組合は中小企業等協同組合法を根拠にしており、活動における前提や営利と非営利という点で、その他の種類の銀行とは大きく異なります。信用金庫と信用組合は会員や組合員の相互扶助によって成立しており、会員の出資によって経営が成り立っています。

つまり、会員や組合員が出資したお金を運用しながら相互扶助をおこない、全員が得をするゴールを目指すことが特徴です。ただし、信用金庫は利益の増大を、信用組合は組合員同士の相互扶助を目指しており、それぞれ非営利でありながら、目指すポイントが違うことは覚えておきましょう。

京都中央信用金庫、城南信用金庫、近畿産業信用組合

「信用金庫・信用組合」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「信用金庫・信用組合」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.証券

証券会社は、主に株式の売買の窓口となる業種です。業務は「ブローカー業務」「ディーラー業務」「アンダーライティング業務」「セリング業務」の4つに分けられます。

ブローカー業務は、株式の売買をおこないたい人からの注文を証券取引所に伝える業務です。この際に発生する仲介手数料が、証券会社の大きな収入源です。ディーラー業務は、株式の売買をしたい人の仲介ではなく、自社のお金で株式を売買する業務を指します。発行された株式と、売買したい人を結びつけるのも証券会社の仕事です。

アンダーライティング業務は、企業から株式を買い取り、それを買いたい人に売る業務を指します。セリング業務は、発行された株式を一時的に預かり、それを買いたい人に売る業務です。

野村HD、大和証券グループ本社、三菱UFJ証券HD

「証券」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「証券」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.保険

金融業界には保険の業種も含まれます。保険は保険業界のみで成立しているわけではなく、あくまで金融業界の一部であることは頭に入れておきましょう。保険業のみでサービスを提供している企業は少なく、銀行や証券などの他分野でも活躍しながら保険業に着手している企業は少なくありません。

例えば金融業界の大企業の場合は、メインとなる事業が銀行業で、傘下や子会社などで保険会社を持っているということもあります。また、保険事業だけで大きな利益を獲得している企業もあり、金融業界においても高い売り上げを誇っている分野といえるでしょう。

保険には大きく生命保険と損害保険の2つがあるため、それぞれの特徴を知っておくことが大切です。

生命保険

生命保険は個人に対してかけられる保険であり、加入者が死亡した際に保険金を支払うという仕組みです。保険料は掛け捨てや積み立てなどがさまざまな種類がありますが、保険金の支払いが加入者の死亡という要件はほぼ変わりません。

企業によって月々に支払う保険料が違ったり、補償される内容が異なったりという違いはあり、一概に生命保険といっても企業ごとの違いは大きいです。生命保険の業界では保険商品を考える仕事や保険の営業、窓口での顧客対応などの仕事があります。

また、保険金の支払い手続きなど、実際的な金銭の支払いをおこなう事務手続きの仕事もあり、幅広い部署の人が活躍しています。

第一生命HD、日本生命、かんぽ生命保険

「生命保険」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「生命保険」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

損害保険

物が破損した際に、修理費用や買い替え費用などを一定額補償するものが損害保険です。損害保険の種類はさまざまあり、例えば自動車保険や火災保険などは、損害保険に該当するでしょう。また、旅行時の盗難やケガなどに対応する旅行保険や傷害保険、地震保険なども損害保険の分野に含まれ、保険商品の種類は多岐にわたります。

損害保険は対象となるものが破損する、あるいは自身がケガを負うなどの際に適用され、保険契約時に定められた上限の範囲内で、妥当な金額が支払われます。保険といっても際限なく損失を補填してもらえるわけではありません。

保険料や加入者の条件に応じて支払い額の上限が決められており、その範囲内で補償をすることで、保険料の支払いから企業は利益を獲得しています。

東京海上日動火災保険、MS&ADインシュアランスG、SOMPOホールディングス

「損害保険」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「損害保険」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

4.資産運用会社

資産運用会社はアセットマネージメント会社とも呼ばれるものであり、投資家からお金を集めることで資金を獲得し、それを元手に投資をおこなっています。投資は個人でおこなうだけではなく企業が実施する場合もあり、企業による投資をおこない市場の資金の適切に分配する役割を、資産運用会社が担っていると考えましょう。

資産運用会社は投資家から集めたお金で投資をすることによって、適切に市場の資金を循環させます。資金の循環によって利益が発生した場合は、それが運用分として還元されるため、投資家にも利益があります。

もちろん、投資であるため、絶対的に成功し得をするとは限りません。しかし専門家を多く有した企業が投資をおこなうことで顧客からの信頼を生み成り立っています。

BMキャピタル、エクシア、ヘッジファンド証券

5.政府系金融機関

政府系の金融機関といえば、日本銀行をイメージする人が多いでしょう。日本銀行は政府の資金を保有しているため、政府の銀行と呼ばれています。また、国内で唯一お金を発行できる銀行であり、このことから発券銀行とも呼ばれています。他の銀行に対して貸付をおこなうこともあり、銀行の銀行として業界全体のバランス調整の役目を担うことも特徴です。

政府系の金融機関は他にも、日本政策金融公庫や日本政策投資銀行、国際協力銀行や商工組合中央金庫などがあり、それぞれで担っている業務が異なることも覚えておきましょう。

日本政策投資銀行、日本政策金融公庫、住宅金融支援機構

6.外資系投資銀行

外資系投資銀行は、主に法人向けに証券業務をおこなうことが大きな特徴です。資産運用会社も投資家を相手にして業務を進めますが、これは基本的に個人であり、法人の資産運用や証券取引をサポートするものが、外資系投資銀行です。

また、外資系という点にも注目が必要であり、本社が日本ではなく海外にある企業を指して外資系と呼びます。つまり、単に証券業務をおこなうだけで外資系投資銀行と呼ぶわけではありません。

主な業務としては、法人を相手に金融商品の売買をおこなったり、取引のためのアドバイスをしたりすることがあげられます。また、資金調達やM&Aなどのアドバイスをおこなうこともあり、業務の幅は広いです。

ゴールドマン・サックス、シティグループ、モルガン・スタンレー

金融機関の現状

金融業界についての理解を深めるためにも、どのような現状なのかを知っていきましょう。金融機関はマイナス金利政策の実施によって低金利状態が続いており、貸付による利益が少なくなっています。さらにIT系の企業が参入したことによって、金融機関同士の競争が激しくなり、生き残りをかけて各社戦略を練っています。

IT系企業はネット銀行や新しい決済サービスの提供などをおこなっており、既存の金融機関と競合していることも事実です。また、国内だけではなく、海外に目を向ける企業も増えているため、海外進出を目指す金融機関は多いでしょう。海外企業を積極的に買収する企業も増えており、銀行の分野だけではなく、保険の分野でもグローバル化が進められています。

金融業界の業績推移について

業界規模 65兆8,885億円
平均年収 713万円
平均継続年数 19年

金融業界の業界規模は65兆8,885億円と高く、国内の他の業界と比較しても規模は大きいです。業界規模65兆のうち、約25兆円が銀行の分野が占めており、金融業界の中でも銀行は一大産業であるといえます。

平均年収は713万円であり、これも他の業界と比べてもやや高い傾向にあります。年収の高さ、安定性から金融業界を目指す人も多く、実際に高い給料を獲得している人は多いです。

平均継続年数は19年であり、これも他の業界と比較しても長いです。平均継続年数は企業によってばらつきはあるものの、最高で33年、最低でも16年と業界全体で高い傾向にあります。分野によっても異なりますが、金融業界全体としては継続年数も長く、離職率は低いといえます。

金融業界の主要企業5選

金融業界の主要企業5選を表した図

就活を効率よく進めるためには、業界だけではなく、企業に関しての知識を身に付けることも大切です。企業研究がしっかりできていないと、志望意欲の高さをアピールすることができませんし、高評価を与えて就活を勝ち抜いていくこともできません。

業界内でも企業によってさまざまな特徴がありますし、金融業界は分野も広いので、企業ごとの違いを知っておくことも大切です。金融業界で主要な企業を知り、さらに就活に必要な知識を身に付けていきましょう。

1.株式会社三菱UFJ銀行

企業名:株式会社三菱UFJ銀行
代表者名:三毛 兼承
従業員数:32,186名
平均年齢:39.6歳
平均年間給与:774万円
経常利益:7兆2,990億円
設立年月日:1919年(大正8年) 8月15日
令和2年有価証券報告書を参照

株式会社三菱UFJ銀行は、東京に本社を構える都市銀行です。国内で最大規模の銀行であり、常に高い実績を誇り続けています。国内には700を超える支店を持ち、事業を全国的に展開しています。

また海外にも事業を展開しており、海外店舗は70を超える数です。国内外で活躍するグローバルな企業であり、国内では高い評価を受けています。金融業界の中でも銀行はさまざまな変化を受けている分野ですが、その中でも活躍を続け、世間的にも高い信用度を集めている企業です。

三菱UFJ銀行では社風として信頼・信用が大切にされています。真面目な人も多く、お互いに信頼しながら仕事を進めることができますので、切磋琢磨して成長できる環境の企業でしょう。

2.第一生命保険株式会社

企業名:第一生命保険株式会社
代表者名:稲垣 精二
従業員数:685名
平均年齢:41歳
平均年間給与:935万円
経常利益:4兆8,854億円
設立年月日:1902年9月15日
令和2年有価証券報告書を参照

第一生命保険株式会社は、生命保険事業をてがける企業です。個人保険、団体保険ともに高い売上実績を誇り、金融業界内でも業績はトップクラスの企業です。また生命保険会社としては、日本最古でもあり、古くから日本の金融業界を支えてきた存在でもあります。東京に本社を構え、国内には84もの支社を持っています。

また事業は国内だけではなく、海外にも広がりをみせており、世界で活躍しているグローバル企業です。国内外で高く評価されている企業であり、現在も金融業界をけん引する企業として活躍しています。

第一生命では変革に挑戦できる人材が求められています。社風としてもさまざまなことにチャレンジしていける環境であり、向上心の高い人に向いている企業です。

3.日本生命保険相互会社

企業名:日本生命保険相互会社
代表者名:筒井 義信
従業員数:70,651名
設立年月日:1889年7月4日

日本生命保険相互会社は、生命保険事業をおこなう企業です。日本では3番目に古い生命保険会社であり、多くの顧客を抱えている企業でもあります。日本生命では生命保険事業だけではなく資産の運用、主に貸付業務や有価証券投資業務、不動産投資業務などもおこなっています。

保険だけではなく、顧客の資産運用をおこない、さまざまな面で顧客をサポートしている企業です。幅広い分野で活躍している企業であり、国内外で合わせて100を超える支社を持っているグローバルな企業でもあります。

日本生命では努力を継続して続けられる人、そして営業職が多いことからハートフルな人が求められています。お互いにコミュニケーションを取り合って仕事を進める社風でもあり、働きやすい環境です。

4.株式会社三井住友銀行

企業名:株式会社三井住友銀行
代表者名:髙島 誠
従業員数:27,957人
平均年齢:37歳
平均年間給与:828万円
経常利益:5兆3,143億円
設立年月日:2003年 3月 (商号変更)
令和2年有価証券報告書を参照

株式会社三井住友銀行は、金融業界を支えている企業です。国内に440ヶ所の視点を持ち、海外にも18ヶ所の支店を持つなど、国内外で活躍しているグローバルな企業です。また銀行業だけではなく、リース業や証券、クレジットカードなどさまざまな事業を展開しています。

銀行の分野だけではなく、幅広い分野に事業を展開し、金融業界全体で活躍していることが強みです。個人、法人さまざまな分野で活躍し、投資銀行としても高い地位を築いている企業です。

三井住友銀行では多様性が求められており、個性が尊重される社風にあります。グローバル化が進んだ影響もありますし、銀行業界としても変革が必要な時期ですので、個性を発揮して働くことができます。

5.株式会社みずほ銀行

企業名:株式会社みずほ銀行
代表者名:藤原 弘治
従業員数:28,909人
平均年齢:38.2歳
平均年間給与:735万円
経常利益:3兆9,867億円
設立年月日:2013年7月1日
令和2年有価証券報告書を参照

株式会社みずほ銀行は、東京UFJ銀行、三井住友銀行と並ぶ大銀行であり、金融業界をけん引している企業でもあります。みずほファイナンシャルグループに属し、企業規模は大きく、またグループ全体としての規模も巨大で、日本全国に支店を持っている企業です。

国内では421の支店と41の出張所、海外では25の支店と17の出張所を持っています。さらに6の駐在員事務所と38もの現地法人を有し、国内外で広く活躍し、事業を展開しているグローバルな企業です。

みずほ銀行ではお客さま第一主義が掲げられており、社風としても顧客を大切にしています。相手を思いやり、気遣う気持ちが大切であり、お互いにコミュニケーションを取りながら働ける環境でもあります。

金融業界の業界研究ができるオススメの書籍2選

金融業界の業界研究ができるオススメの書籍2選を表した図業界研究を進めるのにおすすめの方法としては、書籍を利用することが挙げられます。ネットで情報を検索したり、企業説明会に参加する方法もありますが、ネットでは情報を探すのが大変ですし、説明会では業界全体を知ることが難しいです。

書籍であれば情報を欲しい情報をすぐに手に入れることができますし、業界内のより専門的な知識を身に付けることができます。業界研究をより詳しく進めるためには、書籍の利用が欠かせませんので、おすすめの書籍を参考に、さらに業界研究を進めていきましょう。

1.3日でわかる業界 2018年度版 (日経就職シリーズ)

3日でわかる業界 2018年度版 (日経就職シリーズ)は、金融業界の中でも特に銀行に焦点を当てて解説しています。銀行を志望する、銀行で働くにあたって最低限知っておきたい知識がまとめられており、業界研究の入門書としてもおすすめです。

銀行がどのようにして儲けているのかなど、基本的な仕組みであったり、銀行員の仕事や給料などについても解説されています。

就職するためには業界を知り、仕事を知ることが大切ですし、どんな環境で働いているのかなどを知っておくことも大切です。

銀行業界で必要な知識がポイントを絞ってまとめられていますし、イラストなども豊富であり、予備知識がなくても分かりやすい内容になっています。就活生のエントリーシートの例や面接の対策も解説されており、就活の対策本として一度は読んでおきたい一冊です。

2.これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識―金融業界の新入社員から中堅社員までこの一冊で十分!

これだけは知っておきたい「金融」の基本と常識―金融業界の新入社員から中堅社員までこの一冊で十分!は、金融業界の基本知識と常識について解説しています。金融業界の仕組みから専門用語、経済などについても解説されており、一冊で金融と経済についてを深く学ぶことができます。

金融業界を目指す人はもちろん、それ以外の業界を志望する人も金融や経済についての知識を持っておかなければなりません。

金融と経済は切っても切れない関係にありますし、それらの関係性などを知ることで、金融業界についての知識も深めることができます。

金融市場で起こっているさまざまな問題について焦点が当てられ、詳しく解説されていますし、基本的な知識から実践的な知識まで身に付けることができます。就活だけではなく就職後にも役立つ内容が記されていますので、おすすめの一冊です。

金融業界を深く知り就活を有利に進めよう

就活生人気の高い金融業界に就職したいなら、金融業界とはどのようなものなのか、基本的な知識を身につけておかなければなりません。金融業界といえば銀行とイメージする人は多いですが、実は他にもさまざまな業種があります。ひとくちに金融機関といっても、その領域は多岐にわたるため、正しく理解を深めるためには各領域ごとの詳細な違いまで知っておかなければなりません。

同じ金融業界を目指す場合でも、銀行への就職を目指すのか、保険業を展開する企業を目指すのかでは、知っておくべき知識や選考の対策方法などが違ってきます。金融業界について深く知り、自分が目指したい分野はなにかを明確にして、業界知識を身につけることで就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ