企業研究

LIXILの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

LIXILにおける最近の平均年収推移

家を建てる時など、必ずといっていいほどLIXILの名前を耳にしますね。今や住宅設備業界の中でもトップのLIXILですが、その平均年収はどうなっているのでしょうか。

LIXILとは

正式名称:株式会社LIXILグループ
所在地:東京都江東区大島2-1-1
従業員数:59,248人
平均年齢:44.4歳
平均勤続年数:15.1年
//www.lixil.co.jp/
※有価証券報告書を参照

住宅設備業界の中でもトップのLIXILは、やはり従業員数も多いです。上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳ですが、LIXILは44.4歳と上場企業の平均年齢より4歳上になっています。高い年齢層の方々が多く働いている環境であると考えられます。勤続年数も水準並みです。

近年の平均年収推移

LIXILの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,079.0万円
平成27年 1,075.0万円
平成26年 944.0万円
平成25年 1,027.0万円
平成24年 941.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成24年からの3年間は平均年収が上がったり下がったりしていますが、平成27年、平成28年はほぼ横ばいです。平均年収が1,000万円を超える会社もあまりないので、LIXILの年収が安定していることがわかります。

LIXILにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 601.3万円 37.4万円 152.4万円
25~29歳 891.8万円 55.5万円 226.1万円
30~34歳 1,041.3万円 64.8万円 264.0万円
35~39歳 1,125.0万円 70.0万円 285.2万円
40~44歳 1,197.4万円 74.5万円 303.6万円
45~49歳 1,315.5万円 81.8万円 333.5万円
50~54歳 1,394.7万円 86.8万円 353.6万円
55~59歳 1,306.4万円 81.3万円 331.2万円
60~64歳 837.3万円 52.1万円 212.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

LIXILの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 37.4万円 152.4万円 601.3万円
23歳 41.0万円 167.2万円 659.4万円
24歳 44.6万円 181.9万円 717.5万円
25歳 48.2万円 196.6万円 775.6万円
26歳 51.9万円 211.4万円 833.7万円
27歳 55.5万円 226.1万円 891.8万円
28歳 57.3万円 233.7万円 921.7万円
29歳 59.2万円 241.3万円 951.6万円
30歳 61.1万円 248.8万円 981.5万円
31歳 62.9万円 256.4万円 1,011.4万円
32歳 64.8万円 264.0万円 1,041.3万円
33歳 65.8万円 268.2万円 1,058.1万円
34歳 66.9万円 272.5万円 1,074.8万円
35歳 67.9万円 276.7万円 1,091.5万円
36歳 68.9万円 281.0万円 1,108.2万円
37歳 70.0万円 285.2万円 1,125.0万円
38歳 70.9万円 288.9万円 1,139.4万円
39歳 71.8万円 292.5万円 1,153.9万円
40歳 72.7万円 296.2万円 1,168.4万円
41歳 73.6万円 299.9万円 1,182.9万円
42歳 74.5万円 303.6万円 1,197.4万円
43歳 76.0万円 309.6万円 1,221.0万円
44歳 77.4万円 315.5万円 1,244.6万円
45歳 78.9万円 321.5万円 1,268.3万円
46歳 80.4万円 327.5万円 1,291.9万円
47歳 81.8万円 333.5万円 1,315.5万円
48歳 82.8万円 337.5万円 1,331.4万円
49歳 83.8万円 341.5万円 1,347.2万円
50歳 84.8万円 345.6万円 1,363.0万円
51歳 85.8万円 349.6万円 1,378.8万円
52歳 86.8万円 353.6万円 1,394.7万円
53歳 85.7万円 349.1万円 1,377.0万円
54歳 84.6万円 344.6万円 1,359.4万円
55歳 83.5万円 340.2万円 1,341.7万円
56歳 82.4万円 335.7万円 1,324.1万円
57歳 81.3万円 331.2万円 1,306.4万円
58歳 75.4万円 307.4万円 1,212.6万円
59歳 69.6万円 283.6万円 1,118.8万円
60歳 63.8万円 259.9万円 1,025.0万円
61歳 57.9万円 236.1万円 931.1万円
62歳 52.1万円 212.3万円 837.3万円
63歳 41.7万円 169.8万円 669.9万円
64歳 31.3万円 127.4万円 502.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

LIXILの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,789.9万円
課長 1,400.0万円
係長 1,066.1万円
20~24歳の一般社員 601.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

LIXILの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.1万円
大学院卒 22.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒が21.1万円、大学院卒が22.5万円となっています。大卒の初任給平均が20万円、大学院卒の初任給平均が22万円ですので、ほぼ水準であることが伺えます。

住宅設備業界における年収の傾向と生涯賃金

住宅設備業界とは

LIXILや、家電でも大手のPanasonicが牽引している住宅設備業界。東日本大震災などの影響もあり、住宅着工戸数は緩やかな回復基調にあります。景気の回復も追い風となり、売上高の伸び率があがってきています。

住宅設備業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 LIXIL 住宅設備業界
20~24歳 601.3万円 337.0万円
25~29歳 891.8万円 420.8万円
30~34歳 1,041.3万円 482.5万円
35~39歳 1,125.0万円 517.4万円
40~44歳 1,197.4万円 564.4万円
45~49歳 1,315.5万円 604.9万円
50~54歳 1,394.7万円 642.6万円
55~59歳 1,306.4万円 624.0万円
60~64歳 837.3万円 432.3万円
生涯賃金 4.86億円 2.31億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

20代前半から、業界の平均年収をはるかに上回り、30代前半では1,000万円を超える予測となっています。50代後半では1,300万円以上になる予測で、非常に安定した平均年収であることがわかります。

まとめ

住宅設備業界のトップのLIXILは、平均年収も非常に安定していることがわかりました。30代半ばでは、業界の平均年収の2倍にもなります。住宅設備業界の平均年収が569万円なのに対して、その金額を20代前半から30万円も上回る金額となっており、安定した収入を得ることができる会社であるといえます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ