企業研究

ドコモの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ドコモにおける最近の平均年収推移

ドコモは1991年に設立され、携帯電話などの移動体通信事業者として国内最大手の企業です。そんなドコモの平均年収や初任給について、ドコモが公開している情報を元に、確認していきましょう。

ドコモとは

正式名称:株式会社NTTドコモ
所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー
従業員数:7,609人
平均年齢:40歳
平均勤続年数:17.1年
//www.nttdocomo.co.jp/
※有価証券報告書を参照

ドコモの主要事業は携帯電話ネットワークなどの通信事業で、他にもスマートライフ事業やシステムの開発・販売・保守受託もおこなっています。グループ会社には、オークローンマーケティング、タワーレコード、マガシークなどがあります。

平均勤続年数の17.1年という数値は、一般的な上場企業の水準より3年ほど長いです。

近年の平均年収推移

ドコモの近年の平均年収の推移を調べてみました。



年度 平均年収
平成28年 874.0万円
平成27年 865.0万円
平成26年 848.0万円
平成25年 829.0万円
平成24年 817.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

ドコモの過去5年の平均年収は最低817万円~最高874万円で、平均すると846万円です。直近5年の平均年収はゆるやかな右肩上がりになっています。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

ドコモにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。



年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 442.9万円 27.8万円 109.2万円
25~29歳 679.8万円 42.7万円 167.6万円
30~34歳 799.0万円 50.2万円 197.0万円
35~39歳 905.6万円 56.9万円 223.3万円
40~44歳 969.5万円 60.9万円 239.0万円
45~49歳 1,075.5万円 67.5万円 265.2万円
50~54歳 1,157.5万円 72.7万円 285.4万円
55~59歳 1,119.3万円 70.3万円 276.0万円
60~64歳 715.9万円 44.9万円 176.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ドコモの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 27.8万円 109.2万円 442.9万円
23歳 30.8万円 120.9万円 490.3万円
24歳 33.8万円 132.6万円 537.7万円
25歳 36.7万円 144.2万円 585.1万円
26歳 39.7万円 155.9万円 632.4万円
27歳 42.7万円 167.6万円 679.8万円
28歳 44.2万円 173.5万円 703.7万円
29歳 45.7万円 179.4万円 727.5万円
30歳 47.2万円 185.2万円 751.3万円
31歳 48.7万円 191.1万円 775.2万円
32歳 50.2万円 197.0万円 799.0万円
33歳 51.5万円 202.2万円 820.3万円
34歳 52.8万円 207.5万円 841.6万円
35歳 54.2万円 212.7万円 862.9万円
36歳 55.5万円 218.0万円 884.2万円
37歳 56.9万円 223.3万円 905.6万円
38歳 57.7万円 226.4万円 918.3万円
39歳 58.5万円 229.6万円 931.1万円
40歳 59.3万円 232.7万円 943.9万円
41歳 60.1万円 235.9万円 956.7万円
42歳 60.9万円 239.0万円 969.5万円
43歳 62.2万円 244.3万円 990.7万円
44歳 63.5万円 249.5万円 1,011.9万円
45歳 64.9万円 254.7万円 1,033.1万円
46歳 66.2万円 259.9万円 1,054.3万円
47歳 67.5万円 265.2万円 1,075.5万円
48歳 68.6万円 269.2万円 1,091.9万円
49歳 69.6万円 273.3万円 1,108.3万円
50歳 70.6万円 277.3万円 1,124.7万円
51歳 71.7万円 281.3万円 1,141.1万円
52歳 72.7万円 285.4万円 1,157.5万円
53歳 72.2万円 283.5万円 1,149.9万円
54歳 71.7万円 281.6万円 1,142.2万円
55歳 71.2万円 279.7万円 1,134.6万円
56歳 70.8万円 277.8万円 1,127.0万円
57歳 70.3万円 276.0万円 1,119.3万円
58歳 65.2万円 256.1万円 1,038.6万円
59歳 60.1万円 236.2万円 957.9万円
60歳 55.1万円 216.3万円 877.2万円
61歳 50.0万円 196.4万円 796.6万円
62歳 44.9万円 176.5万円 715.9万円
63歳 36.0万円 141.2万円 572.7万円
64歳 27.0万円 105.9万円 429.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ドコモの役職者の年収

役職者の年収について



役職 平均年収
部長 1,318.5万円
課長 1,031.3万円
係長 785.3万円
20~24歳の一般社員 442.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ドコモの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.948万円
修士了 23.449万円
博士了 28.345万円

※リクナビ2018より参照しています。

ドコモの初任給は大卒、大学院卒ともに一般的な水準で、職種による初任給の違いはありません。

結婚休暇やライフプラン休暇といったユニークな休暇制度に加え、人間ドック・脳ドックの実施、出産・育児に関する諸制度など、福利厚生が充実しています。

通信業界における年収の傾向と生涯賃金

通信業界とは

通信業界においてドコモは大きな存在感を誇り、競合企業にはソフトバンクやKDDIがあります。携帯電話の通信キャリアとしてはこの3社がほとんどのシェアを握っている状況です。近年はMVNOの登場と躍進もあり、業界全体に変化の兆しが見えています。

通信業界の平均年収推移と生涯賃金



年齢 ドコモ 通信業界
20~24歳 442.9万円 502.1万円
25~29歳 679.8万円 653.0万円
30~34歳 799.0万円 757.5万円
35~39歳 905.6万円 899.3万円
40~44歳 969.5万円 993.2万円
45~49歳 1,075.5万円 1,085.9万円
50~54歳 1,157.5万円 1,189.4万円
55~59歳 1,119.3万円 1,225.4万円
60~64歳 715.9万円 839.1万円
生涯賃金 3.93億円 4.07億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ドコモの平均年収推移は25~39歳で業界平均を上回る予測で、30~34歳ではドコモのほうが41万円高い予測です。生涯賃金ではドコモのほうが1,400万円低いというシミュレーション結果になっています。

まとめ

数ある国内企業の中でもトップクラスのブランド力を誇り、安定した経営基盤を持っているドコモ。業界内での競争は激しさを増していますが、ドコモの平均年収は非常に安定しています。今後のさらなる躍進にも期待できそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ