企業研究

JALの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

JALにおける最近の平均年収推移

日本の航空業界でもトップクラスのJAL。JALという名前を耳にして、わからない人はいないことでしょう。そんなJALの平均年収はどうなっているのでしょうか。見ていきましょう。

JALとは

正式名称:日本航空株式会社
所在地:東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル
従業員数:11,449人
平均年齢:39.6歳
平均勤続年数:14.2年
//www.jal.com/ja/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳、平均勤続年数はおよそ14.7年となっていますので、水準の数字とほぼ変わりないことがわかります。

近年の平均年収推移

JALの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 859.0万円
平成27年 761.0万円
平成26年 736.0万円
平成25年 690.0万円
平成24年 672.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成24年からの5年間は右肩上がりとなっています。5年間での増減を見てみると、187万円の増加となっており、大幅に平均年収が上がっていることがわかります。

ANAやJAL内定者のESを覗き見!

航空業界の内定を得るためには、エントリーシートを通過させる必要があります。エントリーシートでは、志望動機だけでなく各企業ごとに色々な質問が用意されています。そこでおすすめなのが「航空業界の内定者ESまとめ」です。

この回答集には、ANAとJALに内定をもらった就活生のESが掲載されています。パイロットやキャビンアテンダント内定者のESが無料でダウンロードできるため、他の就活生に差をつけて対策をしたい就活生におすすめです。

JALにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 515.9万円 34.1万円 106.6万円
25~29歳 751.2万円 49.7万円 155.2万円
30~34歳 853.4万円 56.4万円 176.4万円
35~39歳 918.2万円 60.7万円 189.7万円
40~44歳 944.7万円 62.5万円 195.2万円
45~49歳 1,013.0万円 67.0万円 209.3万円
50~54歳 1,057.6万円 69.9万円 218.6万円
55~59歳 1,011.7万円 66.9万円 209.1万円
60~64歳 668.8万円 44.2万円 138.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

JALの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.1万円 106.6万円 515.9万円
23歳 37.2万円 116.3万円 563.0万円
24歳 40.3万円 126.1万円 610.0万円
25歳 43.4万円 135.8万円 657.1万円
26歳 46.6万円 145.5万円 704.2万円
27歳 49.7万円 155.2万円 751.2万円
28歳 51.0万円 159.5万円 771.7万円
29歳 52.4万円 163.7万円 792.1万円
30歳 53.7万円 167.9万円 812.5万円
31歳 55.1万円 172.1万円 833.0万円
32歳 56.4万円 176.4万円 853.4万円
33歳 57.3万円 179.0万円 866.4万円
34歳 58.1万円 181.7万円 879.3万円
35歳 59.0万円 184.4万円 892.3万円
36歳 59.8万円 187.1万円 905.2万円
37歳 60.7万円 189.7万円 918.2万円
38歳 61.1万円 190.8万円 923.5万円
39歳 61.4万円 191.9万円 928.8万円
40歳 61.8万円 193.0万円 934.1万円
41歳 62.1万円 194.1万円 939.4万円
42歳 62.5万円 195.2万円 944.7万円
43歳 63.4万円 198.1万円 958.4万円
44歳 64.3万円 200.9万円 972.0万円
45歳 65.2万円 203.7万円 985.7万円
46歳 66.1万円 206.5万円 999.3万円
47歳 67.0万円 209.3万円 1,013.0万円
48歳 67.6万円 211.2万円 1,021.9万円
49歳 68.2万円 213.0万円 1,030.9万円
50歳 68.7万円 214.9万円 1,039.8万円
51歳 69.3万円 216.7万円 1,048.7万円
52歳 69.9万円 218.6万円 1,057.6万円
53歳 69.3万円 216.7万円 1,048.4万円
54歳 68.7万円 214.8万円 1,039.3万円
55歳 68.1万円 212.9万円 1,030.1万円
56歳 67.5万円 211.0万円 1,020.9万円
57歳 66.9万円 209.1万円 1,011.7万円
58歳 62.4万円 194.9万円 943.1万円
59歳 57.8万円 180.7万円 874.5万円
60歳 53.3万円 166.6万円 806.0万円
61歳 48.8万円 152.4万円 737.4万円
62歳 44.2万円 138.2万円 668.8万円
63歳 35.4万円 110.6万円 535.1万円
64歳 26.5万円 82.9万円 401.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JALの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,535.8万円
課長 1,201.3万円
係長 914.8万円
20~24歳の一般社員 515.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

JALの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.3万円

※リクナビ2018より参照しています。

※大学院卒に関しての記載はありませんでした。

業務企画職の初任給となっています。運航乗務員訓練生(自社養成パイロット)では213,000円、客室常務職では183,000円となっています。

航空業界における年収の傾向と生涯賃金

航空業界とは

平成22年以降、業界の規模は増加傾向にある航空業界。近年では訪日外国人旅行者が増加したこと、アジア経済の成長を受け、業績は回復傾向にあります。しかし、格安航空会社が誕生したことにより、ANAやJALも低価格化してきており、価格面での競争も激しくなっています。

航空業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 JAL 航空業界
20~24歳 515.9万円 510.4万円
25~29歳 751.2万円 628.8万円
30~34歳 853.4万円 684.2万円
35~39歳 918.2万円 727.9万円
40~44歳 944.7万円 741.1万円
45~49歳 1,013.0万円 754.0万円
50~54歳 1,057.6万円 775.0万円
55~59歳 1,011.7万円 789.0万円
60~64歳 668.8万円 581.6万円
生涯賃金 3.87億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

業界の平均を上回っていることがわかります。航空業界の平均が688万円ですが、20代後半でその金額を超えてくる予測となっています。40代後半になると1,000万円を超えてくる予測となっており、安定した平均年収であることが伺えます。

まとめ

業界の規模も大きくなっている航空業界。JALの売上高も増加しており、平均年収も安定していることがわかります。40代前半では業界の平均年収を200万円も上回る予測となっており、安定した収入を得ることができる会社であると言えそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ