その他

OB訪問を有意義にするために必要な持ち物

OB訪問の際にはどういった持ち物を持っていけばよいのかというのに迷いますよね。せっかくOB訪問をするのですから、しっかり実のあるものにして、必要な持ち物があるなら忘れずにそれを持っていきたいものです。そこでOB訪問に必要な持ち物について紹介します。

OB訪問に必要な持ち物1.筆記用具とノート

OB訪問において必要な持ち物は筆記用具とノートです。これらがないと、OB訪問を受けてくれた方にも「やる気ないのかな?」と思われてしまいます。それはやはり不本意ですよね。そうならないように、しっかり筆記用具とノートは持っていくようにしてください。そうしなければOB訪問で聞いた話も覚えていられないでしょう。

  • 万が一忘れたらコンビニで購入する

ノートをとりながら話を聞くのは失礼には当たりません。むしろこれからの社会生活では必要な場合すらあります。万が一これらを忘れてしまったとしたら、OB訪問に伺う前にダッシュでコンビニにより、しっかりノートと筆記用具を購入して下さい。

OB訪問に必要な持ち物2.エントリーシート

OB訪問へはエントリーシートを持っていくと、ただ話を聞くだけではなく色々と具体的なアドバイスもいただけるでしょう。なかなかそうした意見をうかがえる現役の社会人の先輩なんていないでしょうから、この機会を活かしてそういうことをしてもらうというのは非常に重要です。必ず必要な持ち物というわけではありませんが、持っていった方が良い持ち物であることは間違いないでしょう。

  • やる気が伝わる

そこまでしてもらうのはもしかしたら失礼かも・・・と思う方もいるかもしれませんが、むしろそうした方がやる気が伝わって、OB訪問される側としても、うれしく思うものです。

そのためエントリーシートもOB訪問の際に持っていくべき持ち物であると言えます。エントリーシートでなくとも、志望動機や自己PRを書いたメモをもっていって、添削してもらうというだけでも良いでしょう。

OB訪問に必要な持ち物3.会社や業界の情報が書いてあるもの

その会社の情報、業界の情報などが書いてあるものというのも、OB訪問の際に持っていくべき持ち物であると言えるでしょう。そういうものを確認しながら話を聞けばより話が分かりやすくなるでしょうし、もちろんこれもやる気のアピールにもなります。二重の意味で役に立つ持ち物です。ホームページの内容や本など、その会社の情報が書いてあるものや業界のことが書いてあるものを印刷したりして持っていって、それとノートを広げながら話を聞くようにしましょう。

  • 質問に回答しやすくなる

そういうものがある方が、OB訪問される側としても話しやすくなるでしょう。話す方としてもこちらがどの程度調べているかが分からないと話しにくいものですからね。

こういうものを忘れずに持っていくことができると、OBの方に「おっ」と思ってもらえることでしょう。

OB訪問を有意義にするためにも必要な持ち物を忘れないようにしましょう

基本的にはOB訪問へはこれらの3点を持っていけば、お互いに有意義な時間とすることが出来るようになるでしょう。筆記用具とノートは言わずもがなですが、他の二つもあると間違いなく役に立つので、OB訪問をする際には是非持っていってみて下さい。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。