企業研究

森永製菓の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

森永製菓における最近の平均年収推移

森永製菓は、西洋菓子の大手製造メーカーです。菓子だけでなく、食品、冷菓、健康食品も扱っています。「おいしく、たのしく、すこやかに」を経営理念に掲げ、世界の人々の豊かで安全な食生活と健康のために尽力しています。

近年では、株式会社ジークレストが提供するスマホアプリ「夢王国と眠れる100人の王子様」とコラボして、「ダース」と「ベイク」がセットになったパッケージを限定発売し、コラボカフェなどのキャンペーンも開催しています。菓子に留まらず様々な食品を手掛け、他企業との連携や新商品の開発にも注力している森永製菓ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

森永製菓とは

正式名称:森永製菓株式会社
所在地:東京都港区芝5-33-1
従業員数:1,327人
平均年齢:41.4歳
平均勤続年数:17.9年
//www.morinaga.co.jp/company/about/outline.html
※有価証券報告書を参照

森永製菓は、モリナガグループに属している会社です。兄弟会社の森永乳業と同一の敷地内に本社を構えています。森永製菓は、「チョコボール」や「森永ミルクキャラメル」などの菓子をはじめ、「ミルクココア」や「ホットケーキミックス」などの食品や、「チョコモナカジャンボ」などの冷菓、「ウィダーinゼリー」や「青汁」など、様々な種類の食品を手掛けています。TVCMにおいても、「ダーツ」や「ハイチュウ」など、多くの商品が紹介されていますので、見たことがあるという人も多いでしょう。

近年の平均年収推移

森永製菓の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 805.0万円
平成27年 723.0万円
平成26年 693.0万円
平成25年 679.0万円
平成24年 669.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

森永製菓は、毎年右肩上がりに業績を伸ばしています。年収も業績に伴ってゆるやかに上昇しており、特に平成24年から25年にかけて大きく増加しています。ここ5年間では、136万円の増加が見られます。

食品業界の業界・企業研究を進めよう

食品業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「食品業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

森永製菓における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 484.5万円 30.3万円 121.5万円
25~29歳 657.0万円 41.0万円 164.7万円
30~34歳 758.2万円 47.3万円 190.1万円
35~39歳 828.5万円 51.7万円 207.7万円
40~44歳 894.6万円 55.9万円 224.2万円
45~49歳 969.1万円 60.5万円 242.9万円
50~54歳 1,015.8万円 63.4万円 254.6万円
55~59歳 978.3万円 61.1万円 245.2万円
60~64歳 654.8万円 40.9万円 164.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

森永製菓の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 30.3万円 121.5万円 484.5万円
23歳 32.4万円 130.1万円 519.0万円
24歳 34.6万円 138.7万円 553.5万円
25歳 36.7万円 147.4万円 588.0万円
26歳 38.9万円 156.0万円 622.5万円
27歳 41.0万円 164.7万円 657.0万円
28歳 42.3万円 169.8万円 677.3万円
29歳 43.6万円 174.8万円 697.5万円
30歳 44.8万円 179.9万円 717.8万円
31歳 46.1万円 185.0万円 738.0万円
32歳 47.3万円 190.1万円 758.2万円
33歳 48.2万円 193.6万円 772.3万円
34歳 49.1万円 197.1万円 786.3万円
35歳 50.0万円 200.6万円 800.4万円
36歳 50.9万円 204.2万円 814.5万円
37歳 51.7万円 207.7万円 828.5万円
38歳 52.6万円 211.0万円 841.7万円
39歳 53.4万円 214.3万円 854.9万円
40歳 54.2万円 217.6万円 868.1万円
41歳 55.0万円 220.9万円 881.3万円
42歳 55.9万円 224.2万円 894.6万円
43歳 56.8万円 228.0万円 909.5万円
44歳 57.7万円 231.7万円 924.4万円
45歳 58.7万円 235.4万円 939.3万円
46歳 59.6万円 239.2万円 954.2万円
47歳 60.5万円 242.9万円 969.1万円
48歳 61.1万円 245.2万円 978.4万円
49歳 61.7万円 247.6万円 987.8万円
50歳 62.3万円 249.9万円 997.1万円
51歳 62.8万円 252.3万円 1,006.4万円
52歳 63.4万円 254.6万円 1,015.8万円
53歳 63.0万円 252.7万円 1,008.3万円
54歳 62.5万円 250.9万円 1,000.8万円
55歳 62.0万円 249.0万円 993.3万円
56歳 61.6万円 247.1万円 985.8万円
57歳 61.1万円 245.2万円 978.3万円
58歳 57.0万円 229.0万円 913.6万円
59歳 53.0万円 212.8万円 848.9万円
60歳 49.0万円 196.6万円 784.2万円
61歳 44.9万円 180.3万円 719.5万円
62歳 40.9万円 164.1万円 654.8万円
63歳 32.7万円 131.3万円 523.8万円
64歳 24.5万円 98.5万円 392.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

森永製菓の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,442.4万円
課長 1,128.2万円
係長 859.1万円
20~24歳の一般社員 484.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

森永製菓の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.2万円
修士了 22.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

森永製菓の初任給は、学歴によって若干の差があります。大卒よりも修士了卒のほうが、1.5万円高く設定されています。賞与は年に2回、昇給は年に1回です。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界に属する企業は、原材料を仕入れて、菓子や冷凍食品・乳製品などの加工食品や、清涼飲料水、調味料などの食品を製造し、小売店などへ卸売販売をおこなって収益を得ています。食品業界の業績は、平成17年から平成25年にかけてゆるやかな増加傾向です。

食品業界は、平成24年の国内景気回復や、平成25年の消費税増税の駆け込みによって、さらに売り上げを伸ばしています。その一方で、平成25年に為替が円安に転じ、原材料を輸入に頼る食品業界にとっては厳しい状況となりました。また、日本人口の減少の影響も不安視されています。

そこで、各社は海外進出に乗り出す動きが活発になっており、特に経済成長が著しいASEAN市場が注目されています。森永製菓は、菓子や食品、冷菓など、多くの食品を扱っており、「ハイチュウ」を戦略製品として海外事業にも参入しています。時代の流れに伴い、国内に留まらず海外展開を加速させる食品業界ですが、その年収とはいったいいくらぐらいなのでしょうか。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 森永製菓 食品業界
20~24歳 484.5万円 369.8万円
25~29歳 657.0万円 461.8万円
30~34歳 758.2万円 529.4万円
35~39歳 828.5万円 567.7万円
40~44歳 894.6万円 619.3万円
45~49歳 969.1万円 663.8万円
50~54歳 1,015.8万円 705.2万円
55~59歳 978.3万円 684.7万円
60~64歳 654.8万円 474.3万円
生涯賃金 3.62億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

森永製菓の年収は、食品業界と比較すると各年齢層において平均を上回っています。特に差が大きいのは50代前半で、業界平均より約310万円も高くなる予測です。生涯賃金を比較しても1億円以上の大きな差がついていることから、食品業界における森永製菓の年収水準は高いといえるでしょう。

まとめ

近年における円安や国内の人口減少の影響を受けて、海外事業を拡大している食品業界。森永製菓もまた、国内のみならず、海外へも商品を送り出しています。また、少子高齢化や消費者の健康志向の高まりに応じて、ウィダーinゼリーやサプリメントなどの健康食品も手掛けています。

さらに、森永製菓は「世界の子供たちに貢献する」ことを目標に掲げており、子どもを対象に食育体験を開催したり、ガーナなどの貧しい国の子供たちに教育資金となる寄付をするなどの活動も活発です。私たちに食品を提供するだけでなく、国内外の社会貢献活動にも注力している素晴らしい企業といえます。年収においても高い水準にある森永製菓に、今後も期待が高まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ