就活その他

【社宅の家賃相場とは】入社前に知っておきたい制度の内容とメリット・デメリットを徹底解説!

社宅制度と家賃相場について理解しておこう

入社前には社宅制度とその家賃相場についてしっかりと理解を深めておくことが大切です。社宅の制度を取り入れている企業は多いですが、企業によって社宅についての考え方が違う場合もありますし、制度の内容を理解しておく必要があります。

理解が不十分だとトラブルにつながってしまう可能性もありますし、充分な注意が必要です。社宅制度と切り離して考えることができないのが家賃相場であり、これについても理解を深めておく必要があります。

それぞれを正しく知っておくことで制度を上手に利用することができますし、得られるメリットも大きくなります。入社前には企業の社宅制度や家賃相場についてしっかりと理解を深め、制度を正しく活用していきましょう。

社宅とは

社宅制度の理解を深めるためには、そもそも社宅とは何かを知っておくことが大切です。社宅=会社の家、会社が社員に対して貸出しをしている住宅などのイメージを持つ人は多いですが、それだけではありません。

社宅にもいろいろな種類がありますし、企業によって社宅の考え方も異なっています。社宅とはどんなものを指すのかを知っておくことで、制度の理解を深める助けとなります。社宅についての理解を深めて、制度について詳しくなっていきましょう。

社有社宅と借り上げ社宅がある

社宅は大きく2種類にわけられ、会社が保有している社有社宅と一般賃貸住宅を会社が借り上げて従業員に安価で提供する借り上げ住宅があります。社有社宅は企業が土地や建物の権利を持っており、それを従業員に貸し出すものです。

建物はすでに決まっていますし、場所も動かすことはできませんので、決められた場所に住むことになります。借り上げ住宅の場合は、社宅に住むにあたって新規に賃貸契約を結びますので、場所などが自由に選べる場合も多いです。

もちろん通勤に便利な場所や企業の近くなどの制限はありますが、住宅自体も選ぶことができますし、より自由度は高いと言えます。借り上げ住宅は住宅の借主が企業ですので、法人として賃貸契約を結ぶことになります。

社宅と社員寮の違い

社宅と似た言葉で社員寮がありますが、それぞれで意味が違っています。会社によっては社宅と社員寮を同じくくりにしているところもありますが、一般的に社宅が家族向け、社員寮が独身者や単身赴任者向けになっています。

社員寮でも社有の場合と借り上げの場合があり、企業によってさまざまです。社有の場合は一人で住めるとは限らず、複数人で相部屋をしなければならない場合もありますし、寮によっては食事のサービスがついている場合もあります。

学生寮とイメージはほとんど一緒であり、単身者が生活できるようにさまざまなサポートがなされている場合も多いです。借り上げの場合は一人で部屋を借りて暮らしますが、基本的には食事のサービスなどはついていません。

社宅の家賃相場について

社宅は福利厚生の一環として提供されているものですが、あくまで安く住めるだけであって、無料で住宅が提供されているわけではありません。社宅であっても家賃は支払わなければなりませんし、その相場についても一定の取り決めがあります。社宅の制度を上手に利用するためには、家賃相場について知っておくことが大切です。

家賃相場は従業員だけでなく、住宅を提供する企業にとっても大きな問題です。家賃相場を正しく理解して、社宅制度を上手に活用しましょう。

社宅の家賃設定には計算方法がある

社宅の家賃設定には、家賃料相当額というものを割り出す計算式があり、企業側で勝手に設定してはいけないものになっています。企業で勝手に設定してしまうと、場合によっては従業員、企業両方が損をしてしまう場合がありますし、しっかりと規定に沿って家賃を設定することが大切です。

家賃設定を高くしすぎれば従業員にとってデメリットとなりますし、反対に安くしすぎれば企業にとってデメリットとなってしまいます。双方がメリットを得るためには適性価格で家賃を設定する必要がありますので、基本的には社宅に住んで法外な家賃を請求されることはありません。

自分で借りるよりも社宅の制度を利用した方が格安で借りれることは確かですので、金銭面を考えれば社宅の利用がおすすめです。

社宅の家賃相場

社宅の家賃相場は国税庁で決められた計算式によって算出されますが、設定額は企業によってばらつきがあります。計算式に基づいて算出しても、幅広い金額の設定が可能ですので、家賃相場は一概にいくらとは言えません。

しかし多くの場合で周辺家賃相場の20~50%ほどになることが多いです。家賃相場は地域によって異なりますので、居住を予定している地域の家賃相場を調べておくことが大切です。

それらと比較して20~50%程度の金額に設定されていれば、妥当な金額だと言えます。社宅の家賃相場の幅は広いですが、いずれの場合でも安く住めることは確かです。企業によって金額は異なりますが、格安で住まいを確保できますので、積極的に利用しましょう。

社宅制度のメリット・デメリット

社宅制度は周辺家賃相場より格安で住むことができますので、メリットの大きい制度ですが、デメリットもありますので注意が必要です。メリットばかりに気を取られていると、思わぬデメリットに出くわしてしまう可能性がありますので、それぞれを正しく理解しておかなければなりません。

社宅制度は会社と従業員それぞれにメリット・デメリットがあります。お互いのメリットとデメリットを知って、社宅制度への理解を深めていきましょう。

企業側から見た場合

社宅制度の会社にとってのメリットは経費節減になること、福利厚生の充実、転勤対応、人材流出を防ぐなどが挙げられます。従業員の給与を増やすと保険料も増加しますが、社宅の家賃は費用として計上できますので、コストの削減につながります。

また福利厚生を充実させることで従業員の満足度も上がりますし、会社側もメリットは大きいです。デメリットとしては社宅に関する煩雑な業務が発生することが挙げられます。借り上げの場合は賃貸契約を結ばなければなりませんし、社宅に入居する際の注意事項の作成など面倒な業務も多いです。

作業の効率化を図るために社宅代行サービスを使う会社も多いですが、コストがかかってしまい、経費節減のメリットが薄れてしまう場合もあります。

従業員側から見た場合

従業員のメリットは、給料が増えると納税額も増えるが家賃を一部負担してもらうことにより、実質収入が増える、周辺相場より格安で住めるなどが挙げられます。社宅の家賃は経費として計上されますので、税金が減る分、実質的な給料は増加します。何より格安で住めることが大きなメリットです。

デメリットは細かな決まりごとが多い、周囲に会社の人間が住んでいてプライベートな時間が取りづらい、会社を辞めると住めないなどが挙げられます。社宅は会社の所有物ですし、借り上げの場合も契約者は企業です。そのためルールも多く、ときに息苦しさを感じる場合もあります。

場所も会社近くですので羽を伸ばしにくいですし、退職を考えている場合は次の住居も探さなければならないなど、デメリットも多いです。

社宅制度を利用する場合は事前に家賃を確認しよう

社宅は周辺の家賃相場よりも格安で住むことができますので、メリットの大きい制度ですが、同時にデメリットもあります。社宅制度がすべていいわけではありませんので、メリットとデメリットの両方を知って活用することが大切です。

制度の利用に際しては事前に家賃を確認しておくことも大切です。社宅の家賃相場は取り決めがありますので、それがきちんと守られているかを確認しておきましょう。家賃設定には幅がありますし、住む地域によっても金額は違ってきます。

格安で住めると考えていれば思わぬ出費となる場合もありますので、事前の確認は欠かせません。社宅の制度は社会人になってから利用することも多いので、入社の前に制度を正しく理解しておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ