履歴書

【履歴書の学歴はどこから書く?】新卒の就活生向け徹底ガイド

履歴書の学歴欄は書き方が決まっている

履歴書の学歴欄を記載しようとすると、手が止まってしまい書き方に悩んでしまうという学生は少なくありません。アルバイトの面接で書いた経験があるからと、就活の履歴書を一緒に考えていると、失敗を招きます。履歴書の学歴欄には、書き方が決まっているということを覚えておきましょう。書き方が間違っていると、常識がないと思われマイナスポイントになります。

また企業は、たくさんの学生の履歴書を見るので、書き方が間違っていると目立ってしまうと同時に、統一性がなく見にくい印象を受けます。学歴欄の書き方は、調べれば分かることですから、出来ていて当たり前なのです。就活の第一歩である履歴書でつまづかないために、学歴欄の書き方をしっかり覚えておきましょう。

新卒の場合の学歴欄は中学校卒業から書く

学歴欄の書き方は、新卒や中途、アルバイトで書き方が変わってきます。大学を卒業して就職する学生は、新卒採用という枠になるので新卒者用の書き方を覚えましょう。ここでは、新卒者用の書き方を解説していきます。

小学校や中学校は、義務教育になるので学歴の記入は必須ではありません。そのため新卒者は学歴欄を書く場合、「中学校卒業」と、義務教育の卒業時から書くのがマナーになります。中学校卒業から記載することで、その前の義務教育である小学校も修了しているという意味が含まれます。学歴欄を記載する場合は、一番最初に一行目の中央に、「学歴」と記載し、その下から「年、月、学校名」を記載するようにしましょう。

高校以降の学歴は入学と卒業の年代を記載する

中学校卒業と書いた次の行からは、高校入学、卒業、大学入学とそれぞれ入学、卒業した年代を記載しましょう。高校以降は、高校も含めます。「何年と何月」を両方の欄の記載を忘れないようにしましょう。

また、中学校卒業と書いたからと、次に高校卒業と飛ばして書いてしまわないよう注意してください。あくまで、義務教育の経歴を省いているだけで、高校からは義務教育ではないので、しっかり入学から書く必要があります。

私立の場合は学校名の前に記載する

私立の中学や高校を卒業した場合、「私立」を書いていいのか悩む人もいるでしょう。私立の学校を記載する場合、他の学校名との混同を防ぎ、区別をつけるため、学校名の前に「私立」と記載する必要があります。また、「私立」と記載することで、何も書かれていない学校名と比べ丁寧な印象を与えます。

公立の場合は、「公立」ではなく「〇〇県立 〇〇中学校(高等学校)」と記載します。私立の、「〇〇学園」や「学校法人」というのは法人の名前であるため、学歴に記入する必要はありません。「都道府県」も記載しないよう注意しましょう。「私立〇〇県〇〇中学校(高等学校)」ではなく「私立〇〇中学校(高等学校)」と記載します。

留学を1年以上した人は学歴に記載する

留年や留学を1年以上した人というのは、どうしても入学から卒業まで4年以上空いてしまいます。4年以上空いていると、たくさん履歴書を見てきている担当者は留年したんだなと感づき、選考が不利になってしまいます。しかし、ポジティブな理由で留学し、卒業まで間が空いていしまったという学生は、留年した理由をしっかり学歴に記載しなければ、普通の留年と一緒に見られることになり不利になってしまいます。

記載する場合は、「留学期間、国名、学校名」を、入学から卒業までの間に留学歴を織り込むか、入学卒業と書いた下の行に記載しましょう。ここで注意してほしいのが、学歴に認められる留学経験というのは、1年以上になります。それ以下の留学は学歴に記載することができません。

短期留学の場合は学歴ではなく備考へ

先ほど、学歴に記載するのは1年以上の留学経験しか認められないと解説しました。しかし、短期間の留学は何も記載できずアピールできないかというと、そうではありません。1年未満の短期留学でも、自己PRや特技・趣味の欄、備考欄に記載し、しっかりアピールすることができます。

その場合は、「平成〇〇年〇月 アメリカ合衆国〇〇大学へ留学(平成〇〇年〇月まで)」と記載したり、「TOEIC900点」と、留学して学んできたスキルや語学力をしっかりアピールしましょう。旅行などでしか、海外へ行ったことがない人が多い中で、短期間でも留学したのは大きなアピールポイントです。学歴欄に記載できないからと落ち込まず、他の欄でしっかりアピールしていきましょう。

大学・大学院の場合は学歴に「私立」は付けない

先ほど、中学や高校の学歴には私立をつけることを解説しましたが、大学や大学院の場合には「私立」を付ける必要はありません。また、「国立」も同じように記載する必要はありません。早稲田大学は私立、東京大学は国立ですが、「私立 早稲田大学」や「国立 東京大学」とは記載しません。「早稲田大学・東京大学」と記載します。

このように、大学や大学院の場合は国立や私立の区別する必要はありません。ですが、ここで勘違いしないでほしいのが、私立や国立を記載していないことについて、省略しているということではありません。その後の大学名は、学部や学科は省略せずしっかり最後まで記載するようにしましょう。

在学中の場合は「卒業見込み」と記載する

在学中の学生は、履歴書の学歴欄を記載する時は、まだ大学を卒業していません。中学校から大学入学まで「入学・卒業」を書きましたが、大学に関してはまだ卒業と記載することができません。そのため、在学中の学生は「〇〇年〇月 〇〇大学〇〇学部〇〇学科 卒業見込み」と記載する必要があります。

卒業見込みを記載するには、卒業に必要な単位を取得していることが前提です。そのため、4年次はもちろん3年次でも単位が確保できているなら使用しても問題ありません。ここで間違えやすいポイントは「卒業見込み」を「卒業見込」と記載しないことです。送り仮名をいれるのが正式な言葉になります。たった一文字で、不採用になることはありませんが、正しい言葉を覚えておくことに損はありません。

中退の場合も学歴に記載する

就活生の中には、高校をやむを得ず中退した人もいるでしょう。中退を学歴欄に記載したくない気持ちも分かりますが、嘘をつくのはルール違反になるため、正直に中退したことを記載するのが鉄則です。中退の理由も人それぞれなので、詳しく記載する必要はないのですが、やむを得ない理由やポジティブな理由で辞めたという人は、簡潔に記載しておくことで説明が不要になることもあります。

中退を記載する際は、「中途退学」と記載しましょう。そのほうが読み手に対し、丁寧な印象を与えます。理由も交えて、中退したことを記載する場合は、「〇〇高等学校 〇〇により中途退学」というように理由も簡潔に、中退したことも記載するようにしましょう。

基本的に職歴欄にアルバイトは書かない

履歴書には、「学歴・職歴」という項目があるので、アルバイト歴も記載しようとする人もいるでしょう。応募する企業と関連したアルバイトを経験したことがある人は、職歴にアルバイト経験を記載するべきかと考えるかもしれません。

しかし、ここでいう職歴は、正社員や契約社員のことを指しており、アルバイトは職歴に含まれません。新卒者は、正社員や契約社員の経験はないので、ここでは職歴を書く必要はありません。すべての学歴を記載した後一行空け、行の中央に「職歴」、その下に「なし」、最後に「以上」と記載するようにしましょう。アルバイト経験も有利な材料ですので、アピールしたい場合は、志望動機や自己PRに記載するようにしましょう。

印象のよい履歴書で就活に挑もう!

就活は面接がすべてではありません。履歴書の提出を始め、一挙手一投足から人となりを観察されているのです。一発勝負の面接では緊張して失敗することもありえますが、履歴書は事前に入念に準備することができます。少しでも印象の良い履歴書を作成して、自信を持って臨んでください。

先述したように、学歴は一般的な書き方が決まっているため、調べもせずに独自の書き方をしてしまうと悪目立ちします。そのため、ここで紹介した学歴の書き方を参考に、納得のいく履歴書を仕上げてください。

《お役立ち資料》
【人事監修】履歴書作成マニュアル

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ