履歴書

【履歴書の資格欄対策】守るべきルール3つと無資格のときの対処法

履歴書の資格欄に悩む就活生は多い

履歴書は自分を知ってもらうために必要なアイテムです。履歴書の内容が充実しているか、企業、採用担当者に響く内容になっているかで、合否が大きく左右されることもあります。簡単そうに見えて、実は難しい点や注意点もたくさんあるということを理解しておきましょう。

履歴書には資格を記載する資格欄が存在します。資格はスキルをアピールする重要な項目になるため、正しい書き方について知っておきましょう。履歴書の資格欄の対策として、守るべきルールと無資格の時の対処法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

履歴書の資格欄で守るべきルール3つ

履歴書の資格欄の例

履歴書の資格欄はルールなどは考えずに書きがちですが、それが大きな落とし穴となってしまうことがあります。履歴書の資格欄にも守るべきルールがあるということを知っておきましょう。こちらでは、履歴書の資格欄で必要な知識について見ていきたいと思います。

①正式名称で書く

資格欄に書く資格は、正式名称で書きましょう。普段使っている名称は正式名称ではない場合があるため、履歴書に記載する際は必ず調べてから記載するようにしてください。例えば、自動車の免許を取得している場合に「車の免許」「自動車免許」というのは正式名称ではありません。

AT限定であれば「普通自動車第一種運転免許(AT限定)」というように記載しなければならないのです。このほかにも、総重量や最大積載量、乗車定員の数によって免許の種類が異なりますので、保有する自動車免許の正式名称をおさえておきましょう。他の資格にも正式名称が存在するため、資格の証明書や協会のHPなどで確認する必要があります。

②取得年月日順に書く

資格欄には、取得年月日を記載する必要があります。面接官や採用担当者は応募者の経歴と一緒に資格の取得時期などを一緒に見ていく場合が多いため、取得年月日の順序がバラバラに記載されていると、まとまりがなく見にくいと感じてしまいます。

資格欄に取得年月日を記載する際は間違いのないように再度調べたうえで、取得順に並べて記載してください。そして、書き始めの位置もそろえて記載するとより統一感が出ます。

③業務に活かせる資格を優先する

資格をたくさん取得していて、取得した順から書くべきなのか、好きな資格を書いていいのかなど迷っている方もいるかもしれません。資格が複数あり書ききれないという時は、業務に活かせる資格を優先して書くようにしてください。

複数の資格を取得していて、業務に関係のない資格を並べていても、努力は認められるかもしれませんが評価を上げるのは難しいかもしれません。履歴書に記載する際は自分自身が応募している業界、企業、職種で活かせる内容の資格を優先的に記載しましょう。

履歴書に資格を書くときの注意点

資格はたくさんあればあるほどいいかもしれませんが、内容を重視しなくてはなりません。資格を記載する際は、多数の注意しなければならないという点もいくつかあるということを、頭においておいてください。せっかく資格をとっているのに、書き方がよくなければマイナスになってしまうので、こちらで紹介する履歴書に資格を書く時の注意点を参考にしてみてください。

履歴書の資格欄に以上と書かない

履歴書の資格欄に「以上」は必要ありません。履歴書の正式な書き方では、「以上」を表記する必要があるのは「学歴・職歴」欄のみです。これは、応募者の学歴・職歴が不正に書き加えられてしまうのを防ぐ意味合いがあり、一般的な履歴書の書き方として定着しています。

社会人になって書類を作成する場合、基本的には定型フォーマットに合わせた書類作成を求められます。そのため、履歴書もきちんと正式な書き方で書くことが必要です。「この人は、事前に正式な書き方を調べなかった」という印象を持たれないようにしましょう。

取得が簡単な資格は評価を下げることもある

資格を取るために講座を受けなければならなかったり、学校に通わなければならない資格は比較的難易度が高いと思われます。そのような中で、取得があまりにも簡単なものを書くと評価が下がってしまうというケースもありますので、気を付けましょう。

ただ、簡単な資格でも業務に必要なもの、業務に活かすことのできる資格は記載する必要があります。業務にあまり関係がなく取得が簡単な資格においては、記載をするかしないか慎重に考えてみるようにしましょう。

趣味で取得した資格は特技欄に記載する

業務に全く関係がなく、趣味で取得した資格は資格欄に記載してもいいと思われがちですが、記載場所が異なるので注意してください。この場合は、資格の欄ではなく特技欄に記載するようにしてください。資格欄は基本的に業務に活かせる資格や、ビジネスマナーとして役に立つような資格、車の免許などの資格を記載するところです。

業務に関係のない資格は、特技欄に資格の正式名称を記すようにするといいでしょう。自分でなかなか判断がつかない場合は、きちんと調べたうえで記載してください。

履歴書に書く資格がないときの対処法

履歴書に書く資格がなくて困っている人もいるでしょう。書く資格がないからと言って空欄で出すのは避けてください。資格がなければ評価が下がるということではありませんが、履歴書として提出する際のマナーを知っておく必要があります。ここからは、履歴書に書く資格がないときの対処法についてご紹介していきます。

勉強中の資格を書いてもOK

資格や免許がない場合でも、現在資格取得予定がある場合は、語学やパソコンのスクール通学、セミナー受講など、専門教育を受け経歴で空欄を埋めることも可能です。それらの経歴は免許・資格に準じるものとして応募者の評価を高める客観的な情報となります。

また、応募した業務に関連した資格取得に向けて勉強中であれば、記入して意欲や積極性をアピールしましょう。例えば、「現在TOEIC公開テストは800点を目標に勉強中」「日本商工会議所検定2級取得に向けて勉強中」などと記載すると良いでしょう。

試験日が決まっていて合格が見込まれる場合には「◯月に取得予定」とするのも良いでしょう。ただし、なんでも「勉強中」と書くのは、企業側からは、「取得してから書いて欲しい」と思われ逆効果になる場合もあるので、評価されるかどうかの見極めも肝心です。

無理に埋めずに「特になし」と記載する

資格を持っていない場合は、「特になし」と書きましょう。空欄で提出すると記入漏れだと思われてしまいます。資格欄が「特になし」だからと言って焦る必要はありません。取得資格欄に「特になし」と書いても「趣味・特技」でカバーすることができます。採用担当者は「取得資格」や「趣味・特技」などの履歴書の内容から、その人の「強み」を見ています。

「趣味・特技」で自分の強みをアピールしましょう。例えば、「読書が趣味で毎月○冊読んでいる」というエピソードを書くと、「集中力がある」「知識が豊富」などの強みが読み取れるでしょう。ポイントとしては、ただ趣味で終わらせず、仕事にもつながるように書くことです。

自己PRに相応しくない趣味もあるので、志望する企業に合わせて選ぶ必要があります。このように、直接自分の強みを書いていなくても、採用担当者は趣味や特技からも、強みを読み取っているので、取得資格欄に「特になし」と記載しても焦ることなく、違った視点から自分の強みをアピールしましょう。

履歴書の資格はアピールしたい順番で正しく記載しよう

履歴書の資格がいくつかある場合、自分がアピールしたい資格をチョイスするようにしてください。採用担当者が履歴書を見た際に、先頭に書いている資格に目が行くこととなります。印象を残したい、アピールをしたいと考えている資格は上部に記載しましょう。その中で、取得年月日が早い順に並べると見やすくなります。履歴書全体が埋まるように、資格を持っていない人であっても「特になし」や勉強中の資格などを記載するといいでしょう。

関連記事

【就活における資格の必要性】履歴書に書く内容がない人の対処法と考え方

【資格を持ってない人の基本の書き方】履歴書に「特になし」と書く場合の影響と注意点【新卒・就活】

【就活対策】履歴書の資格欄が寂しい人におすすめする検定とテキスト

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ