職種研究

ゲームクリエイターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ゲームクリエイターとは

「ゲームクリエイター」という明確な職種があるわけではありません。ゲームを製作する上で、例えばグラフィックデザイナーやゲームプログラマ、サウンドクリエイター、シナリオライター、ディレクターなど、これらゲーム製作に関わる全ての職種を総称して、「ゲームクリエイター」と呼ばれています。このように、ゲーム製作にはさまざまな職種の人が関わっているため、下記にて説明していきます。

ゲームクリエイターの種類について

  • グラフィックデザイナー
  • プログラマー
  • シナリオライター
  • サウンドクリエイター
  • ディレクター

ゲームクリエイターを細かく分類すると、主にグラフィックデザイナー、プログラマー、サウンドクリエイター、シナリオライター、ディレクターに分かれます。他にも、ディレクターより上のプロデューサーといった職種もゲームクリエイターに含まれることもあります。

ゲームクリエイターの業務内容

グラフィックデザイナーは、キャラクターデザインであったり背景画面であったりを担当するデザイナーに分かれます。

プログラマーは、実際にキャラクターが画面上でうまく動くよう、操作システムを開発するプログラミングが仕事になります。ディレクターやプロデューサーの企画書や仕様書に合わせて操作できるようプログラミングする必要があります。

サウンドクリエイターは、ゲームで使われるBGMや主題歌を作曲する仕事です。アニメや映画などの映像作品でも必要な仕事ですが、ゲーム製作では基本的に作曲者とサウンドプログラマーで分業します。

シナリオライターは、いわゆる脚本家で、ゲームのストーリーのシナリオを作成します。どんなストーリーがユーザーの心を掴むのか考えるため、ゲーム製作の要の仕事とも言えます。

ディレクターははこれまで出てきた様々な仕事を担当する人々を取りまとめ、進行管理する役割です。「ゲームクリエイター」には含まれない場合もあります。またディレクターの上に、プロデューサーがいて、プロデューサーが最終決定権を持つ場合もあります。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。就活力は今から伸ばすことができます。ぜひ「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてはいかがでしょうか。

ゲームクリエイターに求められる能力について

  • 物事をやり遂げる力
  • 絶えず自己研鑽する努力
  • チームワーク

ゲームクリエイターに求められる能力・スキルは物事をやり遂げる力と、絶えず自己研鑽する力と、チームワークです。

ゲーム製作にはその内容が細かく壮大であればあるほど、製作に時間と労力を要します。一つのゲームを作り上げるのに数年かかることもあります。それほどの長い時間や労力をかけるため、そう簡単にはくじけず、必ずゲームを作り上げるという挫折しないやり遂げる力が必要になります。

また近年、新しいゲームが次々と生まれており、スマホアプリが普及している昨今ではその傾向は顕著になっています。ユーザーの関心やブームの変化が早い現代では、売れ続けるゲームを製作するにはそれぞれが担当する仕事も高いレベルが必要となってきます。そのため、担当する仕事を常に研鑽し続ける努力が必要になります。

そして、ゲーム製作とはチームプレイです。各々が高いレベルで力を出し、協力して一つのゲームを作り上げます。そのため、他の担当者と話し合って、普段から良好なコミュニケーションがとれるチームワークが必要になります。

ゲームクリエイターの平均年収と他職種との比較

ゲームクリエイターの平均年収について

財団法人JKAの調査によると、ゲームクリエイターの平均年収は518万円、平均年齢は33.79歳です。細かく見ると、プロデューサーが最も高く692万円、ディレクターが563万円、サウンドクリエイターが559万円、プログラマーが464万円、グラフィックデザイナーが423万円、そのほかプランナーが409万円でした。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • Webデザイナー:360万円
  • Webプロデューサー/ディレクター:445万円

ゲームクリエイターは、日本の平均年収と比べて100万円弱高いと言えます。ゲームクリエイターに近しい仕事として、WebデザイナーやWebプロデューサー/ディレクターがありますが、それらの平均年収より高いと予測されます。ただし、所属する企業や能力、年齢によって当然異なります。

 

ゲームクリエイターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ゲームクリエイターのボーナスについては詳しいデータが存在しませんが、所属する企業や人事評価によって、ボーナスのある・なしや、金額は異なると言えます。

昇給について

デザイナーやプログラマーなど、技術力が必要な仕事が多いため、技術が上がり担当したゲームの評価や売上が高ければ、昇給しやすい傾向にあります。ただし、企業によってある・ないとも断言できず、企業によって事情が異なってきます。

ゲームクリエイターの年齢別平均年収推移シミュレーション

ゲームクリエイターの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 323.5万円 22.2万円 57.1万円
25~29歳 421.4万円 28.9万円 74.4万円
30~34歳 485.4万円 33.3万円 85.8万円
35~39歳 532.0万円 36.5万円 94.0万円
40~44歳 573.3万円 39.3万円 101.3万円
45~49歳 606.1万円 41.6万円 107.1万円
50~54歳 631.5万円 43.3万円 111.6万円
55~59歳 622.3万円 42.7万円 109.9万円
60~64歳 466.5万円 32.0万円 82.4万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は485.4万円、うちボーナスは33.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が573.3万円、うちボーナスは39.3万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ゲームクリエイターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ゲームクリエイターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 323.5万円 263.5万円
25~29歳 421.4万円 343.3万円
30~34歳 485.4万円 395.5万円
35~39歳 532.0万円 433.4万円
40~44歳 573.3万円 467.1万円
45~49歳 606.1万円 493.8万円
50~54歳 631.5万円 514.4万円
55~59歳 622.3万円 507.0万円
60~64歳 466.5万円 380.1万円

事務職の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は485.4万円で、日本の平均と比較すると90万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では573.3万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ゲームクリエイターの生涯賃金シミュレーション

ゲームクリエイターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.33億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と事ゲームクリエイターの生涯賃金を比較してみましょう。ゲームクリエイターの平均年収は518万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ゲームクリエイターの生涯賃金は、2.33億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると4,000万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

「ゲームクリエイター」と一口に言っても、その中には多くの職種が存在します。ゲーム製作には様々な仕事の人が携わっているわけです。

一方で、近年ではスマホアプリの普及により、モバイルゲームの影響力が高まっています。そこにVR/ARの技術向上も加わり、ゲーム業界は競争がより一層激化し、グローバル化していると言えます。そのため、より高い技術力や、AIやVRなどの最新の技術への知見、周囲と協力できるコミュニケーション能力、語学力など、様々なスキルが必要になってくるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ