職種研究

店長の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

店長とは

どんな業種の店にも、その店を取り仕切る「店長」という存在がいます。店長のパフォーマンスが、店の雰囲気や売上を左右するといっても過言ではありません。ここでは、店長の業務内容や年収について見ていきます。

店長の種類について

  • 店長(企業)
  • 店長(個人経営)

ここでは、店長を2つのパターンに分けて見ていくことにしましょう。1つ目は企業やオーナーから雇われる形で店長業務を行っている場合、2つ目は個人経営の店舗などでオーナー自らが店長業務を行っている場合です。

店長の業務内容

ここでは、飲食店を例に説明を進めていきます。

まず、「店長(企業)」についてです。入社してすぐは、店長候補や店長代理という形で調理や接客などの業務につき、基本的なスキルを身につけることが多いようです。その後、店長としてスタッフのシフト管理や育成、店舗の売上管理や発注などを担当します。さらに大規模に展開しているチェーン店などの場合は、エリアのマネージャーに昇進し、複数の店舗管理などを担当していく場合もあります。

次に、「店長(個人経営)」についてです。個人経営の場合は、店舗の場所や内装を決めたり、仕入れ先を選定したりといった店舗のオープン準備から全て行うことになります。主な業務は、上述の「店長(企業)」とほぼ同様ですが、それに加えて確定申告など税金関係の処理や、店舗の賃貸契約に関する手続きなど、業務内容はさらに多岐に渡ります。大変な反面、自分自身で自由に決めていけるおもしろさもあります。

店長に求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力
  • 実務経験・業種についての知識

まず、「コミュニケーション能力」です。特に接客業では、お客様とのコミュニケーションは欠かせません。店長の立場ともなれば、スタッフとの意思疎通も大事な仕事です。

次に、「マネジメント能力」です。スタッフのシフト管理や店舗の売上管理など、店長の仕事は管理業務がメインです。また、スタッフの体調に気を配ったり、店内に不足していることはないかなど、店全体を俯瞰で把握する力が必要です。

最後に、「実務経験・業種についての知識」です。実務経験を積む中で、スキルが磨かれることはもちろん、現場の状況や抱えている課題なども理解できます。また、業種のトレンドや他店の動向など、業種に関する幅広い知識を身につけることも大切です。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

店長の平均年収と他職種との比較

店長の平均年収について

転職会議によると、店長の平均年収は376万円です(ただし、店長候補の年収も含みます)。年代別に見ると、30代では401万円、40代以上では425万円となっています。

他の職種・平均との比較

店長の平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、46万円低くなっています。また、同じサービス・販売系の職種を見てみると、スーパーバイザー・エリアマネージャが482万円、店舗開発が382万円となっています。担当する店舗数やエリアの広さなどに応じて、年収も変わってくるようです。

日本の平均年収:422万円
スーパーバイザー・エリアマネージャ:482万円
店舗開発:382万円

店長のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

店長のボーナスの有無については、企業によって差があります。正社員の場合は年2回の賞与がある場合もありますが、企業によってないこともあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

店長の昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業の事情によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

店長の年齢別平均年収推移シミュレーション

店長の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 236.0万円 16.2万円 41.7万円
25~29歳 307.5万円 21.1万円 54.3万円
30~34歳 354.2万円 24.3万円 62.6万円
35~39歳 388.2万円 26.6万円 68.6万円
40~44歳 418.4万円 28.7万円 73.9万円
45~49歳 442.3万円 30.3万円 78.1万円
50~54歳 460.8万円 31.6万円 81.4万円
55~59歳 454.1万円 31.2万円 80.2万円
60~64歳 340.4万円 23.4万円 60.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は354.2万円、うちボーナスは62.6万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が418.4万円、うちボーナスは73.9万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

店長と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 店長の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 236.0万円 263.5万円
25~29歳 307.5万円 343.3万円
30~34歳 354.2万円 395.5万円
35~39歳 388.2万円 433.4万円
40~44歳 418.4万円 467.1万円
45~49歳 442.3万円 493.8万円
50~54歳 460.8万円 514.4万円
55~59歳 454.1万円 507.0万円
60~64歳 340.4万円 380.1万円

店長の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低めと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は354.2万円で、日本の平均と比較すると41万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では418.4万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

店長の生涯賃金シミュレーション

  店長の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.70億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と店長の生涯賃金を比較してみましょう。店長の平均年収は376万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

店長の生涯賃金は、1.70億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.2億円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ここまで、店長の業務内容や年収について見てきました。店長は店を取り仕切るリーダーとして責任の大きい仕事ですが、自分の力で店を作り上げていくことができる、夢のある仕事でもあります。やりがいは非常に大きいといえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ