職種研究

社会福祉士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

社会福祉士とは

社会福祉士は、国家試験で合格した者に与えられる資格です。福祉系のなかでは有名な資格といえるでしょう。社会福祉士が活躍する場所は、介護施設や福祉施設、民間企業など多岐にわたります。そんな社会福祉士の詳しい業務内容や平均年収などについて見ていきましょう。

社会福祉士の業務内容

社会福祉士の仕事は多岐にわたりますが、主に介護施設などでの相談業務がメインとなります。また生活の相談だけでなく、施設に入所することで迷っている人に、アドバイスをするのも社会福祉士の仕事です。

社会福祉士の働く現場としては、介護施設だけでなく、病院や自治体の福祉施設、保健所、民間企業などがあります。

社会福祉士に求められる能力について

  • 専門知識
  • 提案力
  • コミュニケーション能力

社会福祉士に必要な能力として、まずは専門知識があげられます。精神や身体に障害を抱えた人が適切な福祉サービスを受けることができ、少しでも生活しやすくするためには、社会福祉士の専門知識が大切になります。

2つ目が提案力です。これは1つめの専門知識とも関わります。持っている知識を基に、利用者1人1人に合った生活支援プランなどを提案していくための能力が必要です。

最後にコミュニケーション能力です。利用者だけではなく、その家族との対話も大事になりますから、誰とでも円滑なコミュニケーションを取れる能力が求められます。

人気企業内定者のESを覗き見!

人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

社会福祉士の平均年収と他職種との比較

社会福祉士の平均年収について

転職会議によれば、社会福祉士の平均年収は365万円です。社会福祉士は国家資格が必要な職業ですが、年収がそれほど高いというわけではありません。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 介護福祉士 : 322万円
  • ヘルパー : 283万円

社会福祉士の平均年収は日本の平均年収と比較すると、57万円低くなっています。同じ福祉の仕事である介護福祉士と比較すれば43万円高く、ヘルパーと比較すれば82万円高い結果になりました。

社会福祉士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

社会福祉士のボーナスは働く場所にもよりますが、正社員であれば年に2回支給されるケースが多いです。しかし小さい施設などであれば、ボーナスの支給がない可能性もあります。

昇給について

社会福祉士の昇給の有無は所属する施設の事情によるため、一概に断言することはできません。正社員として雇用されている場合は定期的な昇給がある場合もあるようです。

社会福祉士の年齢別平均年収推移シミュレーション

社会福祉士の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 219.8万円 15.1万円 38.8万円
25~29歳 286.3万円 19.6万円 50.6万円
30~34歳 329.9万円 22.6万円 58.3万円
35~39歳 361.5万円 24.8万円 63.9万円
40~44歳 389.6万円 26.7万円 68.8万円
45~49歳 411.9万円 28.3万円 72.8万円
50~54歳 429.1万円 29.4万円 75.8万円
55~59歳 422.9万円 29.0万円 74.7万円
60~64歳 317.0万円 21.8万円 56.0万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は329.9万円、うちボーナスは58.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が389.6万円、うちボーナスは68.8万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

社会福祉士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 社会福祉士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 219.8万円 263.5万円
25~29歳 286.3万円 343.3万円
30~34歳 329.9万円 395.5万円
35~39歳 361.5万円 433.4万円
40~44歳 389.6万円 467.1万円
45~49歳 411.9万円 493.8万円
50~54歳 429.1万円 514.4万円
55~59歳 422.9万円 507.0万円
60~64歳 317.0万円 380.1万円

社会福祉士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は329.9万円で、日本の平均と比較すると65万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では389.6万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

社会福祉士の生涯賃金シミュレーション

  社会福祉士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.58億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と社会福祉士の生涯賃金を比較してみましょう。社会福祉士の平均年収は365万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

社会福祉士の生涯賃金は、1.58億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると4,200万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

社会福祉士は、福祉支援の現場には欠かせない職種です。社会福祉士は国家資格であり、受験のためには実務経験を経る必要があるため、資格取得者はキャリアがあると現場では重宝されます。高齢化の進む日本では、ますます需要が高まっていく職種といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ