職種研究

駅員の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

駅員とは

駅員とは、鉄道の駅で仕事をする職員のことです。改札で顧客の対応や案内をおこないます。子どものころ、駅員に憧れていたという人も多いのではないでしょうか。ここでは、駅員の業務内容や年収についてみていきます。生涯賃金についてもシミュレーションしてご紹介します。

駅員の業務内容

駅員の業務は、主に鉄道を利用する方への対応や案内です。その他にも、駅構内の点検や整備をおこないます。券売機の売上の回収なども業務のひとつです。自然災害や事故などのトラブルがあった場合には迅速な対応と案内が必要であり、接客に追われることも多い職業です。

駅員に求められる能力について

  • 臨機応変な対応
  • 体力
  • 前向きさ

駅員は、臨機応変な対応が求められます。忘れ物への対応や体の不自由な乗客のサポートなど、利用者の数だけ要望も変わってくるため、その都度適切な案内や接客をする必要があります。また、目的地まで先を急いでいる乗客もいるため、素早く問題を解決して送り出す必要があります。

どんな仕事でも体力は必要ですが、駅員も例外ではありません。駅員の仕事は立ちっぱなしの時間が長いため、体力が必要だといえるでしょう。また、駅構内は寒いことが多く、泊まり勤務などもあるため、ある程度のタフさが求められます。

駅員には、前向きさも必要です。電車が停まってしまった場合など、急いでいる乗客からクレームが入ることがあります。また、1日に対応する人数も多いため、こちらに非がなくても乗客から怒られることは避けられないでしょう。嫌な思いをしても、気持ちを切り替えていくことが大切です。

自分は駅員に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、駅員の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が駅員に向いているタイプか、診断してみましょう。

駅員の平均年収と他職種との比較

駅員の平均年収について

リクナビNEXTによると、駅員の年収は400万円程度です。年収は、勤務地によって多少差があるといえるでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 電車運転士:618万円
  • 航空機客室乗務員:656万円

日本の平均年収は422万円です。駅員の平均年収は、ほぼ日本の平均年収と同水準といえるでしょう。また、電車運転士の場合は駅員より年収が高く、約618万円となります。航空機客室乗務員の場合の平均年収は、656万円です。

駅員のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

駅員のボーナスは、半年に1回支給される場合が多いようです。ただし、金額については情報がありませんでした。勤務形態により、ボーナスの金額も差が出ると考えられるでしょう。

昇給について

昇給も同様に、鉄道会社によって事情が異なっています。あるかないかは断言できませんが、上に行くほど収入は上がっていくでしょう。また、手当なども充実しています。

駅員の年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 249.8万円 17.1万円 44.1万円
25~29歳 325.4万円 22.3万円 57.5万円
30~34歳 374.9万円 25.7万円 66.2万円
35~39歳 410.8万円 28.2万円 72.6万円
40~44歳 442.7万円 30.4万円 78.2万円
45~49歳 468.0万円 32.1万円 82.7万円
50~54歳 487.6万円 33.5万円 86.1万円
55~59歳 480.5万円 33.0万円 84.9万円
60~64歳 360.2万円 24.7万円 63.6万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は374.9万円、うちボーナスは66.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が442.7万円、うちボーナスは78.2万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

駅員と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 駅員の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 249.8万円 263.5万円
25~29歳 325.4万円 343.3万円
30~34歳 374.9万円 395.5万円
35~39歳 410.8万円 433.4万円
40~44歳 442.7万円 467.1万円
45~49歳 468.0万円 493.8万円
50~54歳 487.6万円 514.4万円
55~59歳 480.5万円 507.0万円
60~64歳 360.2万円 380.1万円

事務職の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は374.9万円で、日本の平均と比較すると20.6万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では442.7万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

駅員の生涯賃金シミュレーション

駅員の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.80億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と駅員の生涯賃金を比較してみましょう。駅員の平均年収は400万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

事務職の生涯賃金は、1億8,000万円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1,000万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

駅員の年収は、およそ400万円程だということが分かりました。日本の平均年収よりは低いですが、ほぼ同水準といっていいでしょう。また、勤務地によっても年収は若干変わってくるといえます。鉄道好きの方なら一度は憧れる職業といえますが、クレーム対応や泊まり勤務もありますので、精神的にも肉体的にも強い人でなければ務まらない仕事といえます。ただし、収入は安定しているといえるので、前向きで体力に自信のある方にはおすすめの職業といえそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ