業界研究

【カード会社に就職】仕事内容や人気企業をご紹介

カード会社にエントリーする前に知っておくこと


カード会社への就職を目指すのであれば、エントリーする前に知っておかなければならないことがたくさんあります。カード会社は金融業界でも人気の就職先のひとつですが、具体的な仕事内容やどのような企業が人気なのかはあまり知られていません。カード会社の情報を調べて、自分に合った企業に就職することが大切です。まずは業界について、企業について知っておく必要があります。就活を攻略するためにもカード会社について詳しく知っていきましょう。

カード会社の仕事内容

カード会社についての理解を深めるためには、まずは仕事内容を知っておきましょう。カード会社はクレジットカードを取り扱い、その発行などをおこなっている会社ですが、仕事はそれだけではありません。

ほかにもさまざまな業務がおこなわれており、カードの利用者からはわからない仕事もたくさんあります。どのような仕事がおこなわれているのかを知って、カード会社への理解を深めましょう。

基本業務

カード会社の基本業務としては、総務・人事・広報などの他、国際ブランドとの交渉など特有の業務が挙げられます。カード会社であっても会社を運営するために必要な職種があります。総務や人事、広報などについては他の業界と仕事内容は変わりません。

カード会社の特有業務である国際ブランドとの交渉ですが、これは「VISA」や「JCB」などの国際ブランドからライセンスを取得する業務です。クレジットカードを発行するためには、まずはライセンスの取得を欠かすことができず、カード会社の基本となる仕事だといえます。

新規開拓・募集

新規開拓・募集は、クレジットカードを使える店や申し込む人を増やす業務であり、いわば営業にあたる仕事です。カード会社は主にクレジットカードの利用料、手数料などで収益を上げています。利益を上げるためには、とにかく多くの人が自社のカードを使わなければならないため、その顧客を増やすための業務です。

すべての店舗でクレジットカードが使えるわけではなく、カードが使えたとしても使える種類が限られている場合もあります。新規開拓の仕事では、自社カードの加盟店を増やす仕事でもあり、加盟のメリットを提示するために店舗とコラボしてキャンペーンなどを打つことも仕事です。カードを利用するメリットを増やすことで顧客を獲得し、販路を拡大していきます。

システム管理やセキュリティ対策

システム管理やセキュリティ対策は、利用者が安心してクレジットカードを使えるように安全管理をおこなう仕事です。クレジットカードは悪用されれば大変なことになりますし、ネットで情報が管理されているため、ハッキングをされれば多額の被害を出してしまう可能性もあります。万が一にもハッキングなどがないようにセキュリティを固めなければならず、詐欺グループへの対処なども含まれる重要な仕事です。

クレジットカードを利用した詐欺は年々増加しており、それらに対処して顧客の安全を守るのも仕事のうちです。また犯罪への対策だけではなく、カード利用時に不具合が起こらないように利用環境を整備する仕事でもあり、カード会社の運営には欠かすことができません。

顧客サービス

顧客サービスの仕事は顧客からの相談対応の他、延滞督促やクレーム対応なども業務に含まれます。クレジットカードを利用する際に消費者が感じる疑問などを解決するのが顧客サービスの仕事であり、自社サービスについて高い知識が必要な仕事です。一時的に限度額を引き上げるなどの相談を受けることもあります。顧客の利用状況などから判断して、対処しなければならないこともある仕事です。

また疑問の解決だけではなく、カード利用の支払いが延滞していればその督促をしなければならず、クレーム対応もしなければなりません。どちらも大変な仕事ですし、精神的にハードなだけではなく、肉体的にハードなことも多く、激務となる場合もあります。

カード会社の就職人気企業

カード会社の仕事内容について知れば、どのような企業があるのかを知っておきましょう。カード会社といってもさまざまな企業がありますし、企業ごとに特徴や強みなどは異なります。

同じカード会社への就職であっても、企業によって待遇や社風などは違いますし、自分に最も合った企業を探して就活を進めることが大切です。就職先として人気のカード会社を知り、それぞれの特徴などを正しく理解して、就職先選びの参考にしていきましょう。

アメリカンエキスプレス

カード会社の就職人気企業としては、アメリカンエキスプレスが挙げられます。アメリカンエキスプレスは外資系ならではの実力主義ですが、女性社員も多く育児休暇なども取りやすい環境です。福利厚生が充実しているため働きやすいですし、就職先として人気が高いです。もちろん実力主義ですので、厳しい環境であることには違いなく、実績を伸ばすことができなければ給料の水準も低くなってしまいます。

反対に働けば働いた分、成果を出せば出した分だけ給料に直結しやすくもあり、成果次第ではかなりの高年収を期待することもできるでしょう。実力主義のため向き不向きはわかれますが、向上心が強い人や競争心が強く、どこまでも成長したい人にはおすすめの企業です。

JCB

JCBもカード会社の人気就職先企業のひとつです。JCBは上下関係がしっかりしていて、安定志向の人に向いているといえます。雇用が安定しているため、女性も働きやすいですし、多くの人におすすめできる企業です。職群制度と呼ばれる制度が導入されており、自分の目指すキャリアに合わせた柔軟な働き方ができます。例えばM職群であれば、マネジメントに特化した職群であり、管理職の上位の存在として組織を統括するリーダーとして働くことができます。

一方でE職群であれば、管理職としてではなく、プレイヤーとして働くことができ、専門分野で第一人者としての働き方を実現することが可能です。柔軟な働き方ができることも、働きやすい企業である理由のひとつです。

三井住友カード

カード会社の就職人気企業としては、三井住友カードも挙げられます。三井住友カードもJCB同様、日本企業なので年功序列の社風があり、安定志向の人におすすめの企業です。女性がわずかに男性社員より多く、女性が働きやすい環境が整っている企業でもあります。金融業界に限らず、男性が多い企業は多いですが、三井住友カードは女性の数が多い珍しい企業であり、女性に人気が高くもあります。

事業としてはクレジットカードにおける会員事業、加盟店事業、受託事業を軸に展開しており、幅広い事業展開をおこなっている企業です。国内だけではなく、国外の企業とも積極的に連携してクレジットカードのサービスを展開しており、活動の幅が広い企業でもあります。

三菱UFJニコス

三菱UFJニコスも就活生からの人気が高い企業です。「DC」「UFJ」「NICOS」「MUFGカード」といったサービスを展開しています。三菱UFJニコスは、クレジットカードサービスの他にも様々な決済サービスを提供する「決済ソリューション企業」を目指しています。

実際に、積極的に最新技術を導入し、時間と場所を選ばない画期的な決済システムを開発しています。幅広い客層に対応できる商品設計になっているため、時代の要請に対応した決済ツールにおいてトップクラスの実力を誇る企業です。三菱UFJニコスは圧倒的なブランド力と高いセキュリティーを持っているため、顧客からの信頼も厚く、全国的な認知度も高いです。三菱UFJニコスは安全・安心・高品質なサービス提供を目指して、常に新たな領域に挑戦し続けることをモットーに事業展開しています。

イオンフィナンシャルサービス

イオンフィナンシャルサービスは、イオンの子会社です。イオンフィナンシャルサービスは、イオングループが持つブランド力や営業ネットワーク等の経営資源が基盤となっているため、小売と連携した金融サービスを強みとしています。日本及びアジア11カ国で展開する小売業発の総合金融事業をおこなっています。2019年度、イオンフィナンシャルサービスでは新卒採用を実施していません。イオングループでの金融部門事業では、イオンクレジットサービス・イオン銀行・イオン保険サービス・イオンプロダクトファイナンスの4社にて合同採用をおこなっています。

自分はカード会社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、カード会社の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がカード会社に向いているタイプか、診断してみましょう。

業界情報

カード会社への就職を目指すのであれば、カード会社を取り巻く業界の情報を知っておくことも大切です。業界の予備知識なしでは選考でも志望度の高さを上手に伝えることができませんし、仮に就職できても仕事を始めてからギャップを感じてしまう場合もあります。

就職先を決めるときには、業界について正しく知り、理想と現実のギャップを埋めておくことが大切です。業界情報を正しく身に付け、カード会社への理解をさらに深めて就活を進めていきましょう。

他の企業に比べて年収が高い

カード会社の特徴としては、他の企業に比べて年収が高いことが挙げられます。カード会社は金融業界に含まれる企業であり、金融業界自体の給与水準が高いため、年収は他企業に比べて多い傾向にあります。金融業界の年収が高い理由は分野によってさまざまではありますが、お金に関わる仕事であることが理由としては大きいです。カード会社も利用者の情報を守る仕事もありますし、それは顧客の財産を守ることでもあります。

クレジットカードはその名の通り信用で成り立っている商売ですし、信用を失うことは許されず、常に責任感を持って仕事に取り組まなければなりません。精神的な負担も大きく、大変な仕事であることも年収が高い理由なので、それもしっかり理解しておきましょう。

カード事業がメインの会社は少数

カード会社はクレジットカードに関わる事業だけを展開していると考えている人が多いですが、実際はそうではありません。カード事業がメインの会社は少数であり、他の事業と並行しながら進められていることがほとんどです。理由としてはまだ新しい産業であることが挙げられ、参入している企業はほとんどが大手企業のグループ会社などです。

大手企業の事業の一環としてカード事業がおこなわれおり、企業内ではサブ事業として扱われることもあります。カード会社は大手企業のグループ会社であることが多いため、福利厚生が充実している企業も多いです。親会社の企業と同じ福利厚生が受けられることも多く、さまざまあメリットが受けられ、働きやすい環境であることが多いです。

ノルマがある

カード会社はカードの利用料や手数料によって収益を上げていますので、1人でも多くの顧客を獲得しなければなりません。そのためノルマがある仕事であることも特徴のひとつです。以前ほどノルマは厳しくないとはいえ、他業種同様ノルマはありますので、厳しい環境で働かなければならない場合もあります。もちろんカード会社内でも職種によってはノルマがない場合もありますし、すべての職種でノルマがあるわけではありません。

しかし、新規開拓や募集などの業務を担当していればノルマはほぼ確実にありますし、実力主義を採用している場合は高い成果が求められることもあります。企業によってはノルマと同時にインセンティブ制度を導入している場合もあるため、頑張れば頑張っただけ高年収につながる場合もあります。

就職には資格が必要なのか

カード会社に興味はあるけれど、クレジットや金融についてあまりよくわかっておらず不安に感じている人も多いでしょう。実際に、クレジット業界やカード会社において役立つ資格は多岐にわたって存在し、「個人情報取扱主任者」「クレディッター」「クレジット債権管理士」というような資格があります。

選考では資格保有者の方が優勢になりやすいですが、新卒採用では未経験、無資格でも応募は可能です。基本的には、研修や実務を経てから資格取得に向けて企業がサポートをすることが多いです。入社後は会社のサポートに頼るのではなく、積極的に資格取得に向けて勉強をするようにしましょう。

金融や法律の知識があると役立つ

基本的に、新卒採用で入社する時点では資格や実務経験は求められていません。しかしながら、事前にお金にまつわる法律や知識を身につけていると非常に役立ちます。可能であれば、大学の経済や金融に関わる講義を受講し、基礎的な知識を蓄積しておくとよいでしょう。カード会社の業務は、お金を管理することだけではありません。個人情報や金融法、最新の法改正情報も扱います。

お金に対する知見だけではなく、法律で定められている内容を把握し適切なサービスをおこなう必要があります。そして、知識はお客様への適切なサービスを可能にするだけではなく社内での評価にも貢献するので、ぜひ金融や法律の知識を身につけておきましょう。

金銭感覚を身に付けることが大切

金銭感覚は人によって大きく変わります。「1,000円」という金額に対して、「たかが1,000円」と感じる人もいれば「1,000円は大きな金額である」と感じる人もいます。会社の従業員が一般的な金銭感覚を持ち合わせていない場合、「見当違いなサービスを提案された」とクレームにつながる可能性があります。

クレジットカードやキャッシングのようなサービスは、人の暮らしに直接関わる部分でもあり、生活に大きく影響するものです。自分自身が金銭感覚が理由でトラブルに巻き込まれたり負債を抱えたりしないためにも、きちんとした金銭感覚を持つ必要があります。カード会社の社員として働くために必須の条件といえるでしょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

カード会社は年収や福利厚生も充実している

カード会社は就職先として人気の会社のひとつであり、年収や福利厚生が充実していることが理由として考えられます。カード会社は給料水準の高い金融業界に属していますし、大手のグループ企業も多いため、福利厚生も親会社と同じレベルで設定されていることも多いです。一部ノルマがあるなど、成果が求められる面もありますが、全体的に見れば働きやすい企業は多いですし、就職先としてはおすすめでもあります。

またカード会社によって社風や待遇などは大きく違いますし、数あるカード会社の中から自分に合った企業を探すことが大切です。カード会社の仕事や業界、企業について正しく理解して、自分に合った企業を探して就活を成功させていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ