職種研究

【スーパーの志望動機】3つの例文とポイント・NG例を紹介

スーパーの志望動機の書き方とは

食料品を販売するスーパーは、多くの人にとってなくてはならない存在です。そんな生活に身近なスーパーで働くためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。「ただなんとなくスーパーで働きたい」という考えの人は、店側にとって採用したい人材とはいいがたいでしょう。

採用したいと思ってもらうためには、志望動機の内容をよく考える必要があります。この記事では、スーパーで働くための志望動機のポイントや例文を詳しく紹介していきます。

スーパーの主な業務内容

スーパーの業務内容は多岐にわたります。主な業務としては、「接客業務」「精肉・鮮魚部門」「青果部門」「総菜部門」などがあげられます。レジは最もお客様と触れ合う業務であるため、スーパーの顔といえるでしょう。

精肉・鮮魚・青果部門は商品の仕入れや加工を業務としておこない、安心して食べてもらうために最善を尽くす必要があります。総菜部門は惣菜の調理をはじめ、商品の陳列や管理をおこないます。どの業務もスーパーの運営に欠かせない業務になるため、1人ひとりの責任感が重要です。

スーパーの志望動機を作成するなら、ツールを活用しよう!

スーパーの志望動機を作成するとき、内容が薄いと採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

志望動機を書く際の注意ポイントとは

志望動機を書く際のポイントは3つあります。1つ目は「なぜ自社を希望したのか」です。たくさんあるスーパーの中で、この店で働きたい理由は何なのかを店側は知ろうとしています。そこに明確な理由がある場合は、熱意を効果的に伝えられるのです。

2つ目は「自分や企業・業界の研究をしているか」です。どのようなスタイルのスーパーがあるのかを調べ、志望先のスーパーの強みを知っておく必要があります。実際に自分が利用客であると伝えてもいいでしょう。

3つ目は「どんなビジョンを持っているか」です。スーパーでの業務において自分が掲げているビジョンを伝えると、一緒に働く仲間として迎え入れてもらいやすくなります。

スーパーの志望動機例文3選

スーパーの志望動機では、なぜ他社ではなくその店を選んだのかを明確に述べることが大切です。志望動機を作成する際には、そのスーパーを選んだ理由をまず述べてから、具体的な説明をするようにするといいでしょう。

ここでは、スーパーの志望動機の例文を3つ紹介していきます。例文はそのまま使うのではなく、あくまで参考にして自分らしい志望動機を作成しましょう。

例文①

私が貴社を志望した理由は、鮮度や品質にこだわった食料品を厳選している顧客第一の姿勢に共感したからです。店内の生鮮食品には生産者の顔写真が掲示してあり、安心して手に取ることができます。県内や日本国内で採れた新鮮な食料品は、安全性が保障されているといっても過言ではありません。貴社のようなスーパーは県内でも珍しいため、遠方からもお客様がいらっしゃると耳にしたことがあります。
私が貴社に入社しましたら、より多くのお客様に安全な食料品を提供すべく、商品管理や商品の仕入れに貢献したいと思っております。

この例文は、食料品の質にこだわったスーパーの強みに共感している点をアピールしています。独自の強みを確立しているスーパーの場合は、その魅力について詳しく述べることで企業研究ができていることを伝えられます。

他のスーパーと差別化をはかって様々な取り組みをしている企業は、同じように熱意を持った人を求めているでしょう。企業研究を十分にして、入社意欲を伝えることが大切です。

例文②

私が貴社で働きたい理由は、地域に住むご高齢の方へ新鮮な食材を届けたいと考えたからです。貴社では配達サービスを実施しており、ご高齢の方の利用を促進していると伺いました。この地域は高齢化が進んでおり、1人暮らしの高齢者の方も多くなってきたと感じています。そのような中で、貴社の配達サービスはたくさんの方に喜ばれる取り組みであり、ぜひ貢献したいと思い応募させていただきました。
入社できましたら、持ち前の行動力で1人でも多くのお客様に食料品を届けられるよう努力いたします。

この例文は、配達サービスを展開しているスーパーに貢献したいという内容です。高齢化が進む地域の背景を理解しており、配達サービスという取り組みの重要さを感じていることが伝わります。

スーパーが配達サービスをおこなう理由には利益の追求ももちろんあるでしょうが、社会的な理由についても理解していることを伝えることが大切です。

例文③

私が貴社を志望した理由は、高校時代にスーパーのレジでアルバイトをしていた経験を活かそうと思ったからです。レジ打ちは慣れるまでが大変でしたが、慣れてからは楽しく働けるようになりました。商業高校に通っていたので、簿記やそろばんなどの知識もあります。貴社は季節ごとにイベントをおこなっており、地域に欠かせない存在としてたくさんの方が利用されています。
私が入社しましたら、持ち前の明るさで心地よい店舗づくりに貢献していきたいです。

この例文では、高校時代のアルバイト経験を取り上げています。スーパーは未経験者歓迎の場合が多いですが、即戦力となる経験者は優遇されるでしょう。

志望動機の内容が面接中に質問される可能性があるため、詳しく述べていない部分について具体的に考えておきましょう。スーパーのイベントに触れることで、企業研究をしていることも伝えられています。

スーパーの志望動機NG例

私がこのスーパーで働きたいと思った理由は、他のスーパーよりも時給がよかったからです。市内には5つのスーパーがあるのですが、全ての時給を比較したところ○○スーパーの時給が最も高かったです。レジの経験はありませんが、とにかく努力して人並み程度には扱えるようになりたいです。
こちらで働かせて頂きましたら、精一杯頑張ります。上司や先輩方の仕事ぶりを見て、自分も貢献できるように覚えていくので、よろしくお願いいたします。

この志望時の例文では、時給の高さを一番の理由という風に伝えています。確かに時給の高さも仕事を選ぶ上で大切な要素かもしれませんが、それを志望動機で語るのはNGです。今は地域で最も時給が高いかもしれませんが、すぐに他のスーパーが追い抜くかもしれません。

店側としてはすぐに辞めそうな人よりも、長く働いてくれる人材を求めるものです。時給などの移り変わりやすいものよりも、そのスーパーならではの強みを理由にした志望動機を書きましょう。

例文を参考にスーパーの志望動機を作成しよう

スーパーで働くための志望動機のポイントや例文についてご紹介してきました。スーパーといっても様々なスタイルが存在するため、志望先のスーパーの形態についてよく調べておくことが大切です。レジや精肉・鮮魚・青果・惣菜部門などの売り場があるため、どこで働きたいのかも明確にしておく必要があります。

「なぜこのスーパーで働きたいのか」をよく考えることで、入社意欲を伝えられる志望動機になるのです。また、自分なりのビジョンを志望動機に盛り込むことで、目標を持って働く姿勢をアピールすることができます。ここで紹介した例文を参考に、自分なりの志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ