職種研究

パティシエの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

パティシエとは

パティシエとは、洋菓子店やホテルなどで洋菓子を作る料理人のことです。パティシエになるためには、製菓専門学校で知識をつけるか、もしくはレストランなどで経験を積んでプロを目指す方法があります。パティシエが働く洋菓子店や施設は年々増加しており、活躍の場が増えています。男女ともに人気の高い職業であり、華やかなイメージのあるパティシエですが、その年収やボーナス水準はどのようになっているのでしょうか。

パティシエの種類について

  • 個人店・洋菓子店のパティシエ
  • ホテルのパティシエ
  • カフェ・レストランのパティシエ
  • 工場のパティシエ

パティシエは、職場によって仕事内容が大きく変わります。パティシエを分類すると、個人店・洋菓子店のパティシエ、ホテルのパティシエ、カフェ・レストランのパティシエ、工場のパティシエなどに大別されます。

パティシエの業務内容

個人店や洋菓子店は、オーナーシェフが一緒に仕事をしていることが特徴です。オーナーシェフのもとで働けるので、知識や技術の習得が早いです。また、商品に対する顧客の反応が見られるという点も魅力でしょう。

ホテルでは、配属される部署によって仕事内容が変わります。ホテル直営のケーキ店やホテル内のレストラン、結婚式の準備などの様々な分野があり、幅広い経験を積むことができます。ホテルでの業務は分担制の場合が多く、ひとつのスイーツを一人で全て担当することは難しいかもしれません。

カフェやレストランのパティシエは人数が少ないため、見習いでも仕込みから仕上げまでに携わることができます。顧客から注文を受けてから仕上げるため、スピード感が養われます。

洋菓子を作る工場では、大手コンビニなどのスイーツを流れ作業で作る工場のほか、個人店と同じ内容でケーキを作る工場があります。工場でのパティシエは、スケジュール通りに作業をこなせば良く、拘束時間も短いのが特徴です。

パティシエに求められる能力について

  • 体力・根性
  • 美的センス

パティシエの仕事は、朝から晩まで同じ商品を作り続けることが日常です。スイーツ作りに重要な分量や時間を正確に測る几帳面さや、一日中集中して作業をこなすことのできる忍耐強さが求められます。また、仕事中は立ちっぱなしのことが多く、さらに重い食材や鉄板を運ぶ体力も必要です。

スイーツは、味が良いことはもちろん、その盛り付けや飾り付けも重視されます。基本的なスキルに加えて、感性や創造力の高さを備えた美的センスのある人が、パティシエに向いているといえます。このセンスを磨くために、休日は美術館等へ足を運び、美しいものに触れて感性を磨く努力も必要になります。

パティシエの平均年収と他職種との比較

パティシエの平均年収について

厚生労働省によると、パティシエを含むパン・洋生菓子製造工の年収は321万円です。平均年齢は38.5歳です。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 調理師:336万円

日本の平均年収422万円と比較すると、パティシエの年収は低いです。類似職種の調理師の年収は、厚生労働省によると336万円であり、パティシエのほうがやや低い年収となっています。

パティシエのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

厚生労働省によると、パティシエのボーナスは31万円です。また、企業の規模や勤め先によって、ボーナスがあるかないかは、異なってくるといえるでしょう。

昇給について

パティシエの昇給は店舗によっても異なるため、一概に昇給の有無を断言することはできません。定期的な昇給の他に、技術的な面が評価されて昇給になるという場合も考えられるでしょう。

パティシエの年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 200.5万円 13.8万円 35.4万円
25~29歳 261.1万円 17.9万円 46.1万円
30~34歳 300.8万円 20.6万円 53.1万円
35~39歳 329.7万円 22.6万円 58.2万円
40~44歳 355.3万円 24.4万円 62.8万円
45~49歳 375.6万円 25.8万円 66.4万円
50~54歳 391.3万円 26.8万円 69.1万円
55~59歳 385.6万円 26.5万円 68.1万円
60~64歳 289.1万円 19.8万円 51.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30代前半での平均年収は300万円、うちボーナスは53万円になると予測されます。40代前半では平均年収が355万円、うちボーナスは62万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

 

パティシエと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

 

年齢 パティシエの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 200.5万円 263.5万円
25~29歳 261.1万円 343.3万円
30~34歳 300.8万円 395.5万円
35~39歳 329.7万円 433.4万円
40~44歳 355.3万円 467.1万円
45~49歳 375.6万円 493.8万円
50~54歳 391.3万円 514.4万円
55~59歳 385.6万円 507.0万円
60~64歳 289.1万円 380.1万円

パティシエの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いです。最も差が大きいのは50代前半で、日本の平均より123万円ほど低くなると推測されます。また、40代前半では355万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

パティシエの生涯賃金シミュレーション

 

パティシエの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.44億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と事務職の生涯賃金を比較してみましょう。パティシエの平均年収は321万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

パティシエの生涯賃金は、1.44億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較するとおよそ4,600万円ほど低いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

味だけでなく、目で見ても楽しめるような美しいスイーツを作り続けるパティシエ。その業界は一見華やかに見えますが、朝早くから夜遅くまで単純作業を繰り返し、相当の体力を有する仕事です。仕事内容や業務時間は職場によって異なりますが、どのパティシエにも体力と忍耐力は必要不可欠です。

厳しい職業ではありますが、辛い下積み時代を経て、自分の作ったスイーツが商品化され、それを高く評価されたときの喜びは大きいでしょう。また、「お菓子作りが好き」だという気持ちや、「自分の作ったスイーツを食べてもらいたい」という強い目標があれば、たとえ辛いことがあっても乗り越えていけるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ