職種研究

【パン屋の志望動機】正社員を目指す場合の書き方のポイントと例文

パン屋について

パン屋はどの町にもあると言っていいほど、身近なものになっています。そんなパン屋で働くには、志望動機の内容が重要です。志望するパン屋に採用されるためには、どのような志望動機を作成すればいいのでしょうか。この記事では、パン屋で働きたい方に向けて志望動機のポイントや例文をご紹介していきます。

パン屋の主な業務内容

パン屋は、パンの製造・販売が主な業務内容です。その他にもレジや商品の陳列、清掃などがあります。パン屋を志望する場合は、製造か販売のどちらで働きたいのかを明確にしておきましょう。パンを製造する職人として働きたい場合は、経験者が優遇されるケースが多いです。「見習いOK」や「未経験者歓迎」の場合ももちろんあるため、応募条件をよくチェックしておきましょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

志望動機を書く際の注意ポイントの画像

志望動機の作成には気をつけておかないといけないポイントがいくつかあります。これらのポイントをしっかりと把握しておけば、相手に要領を得た自分の志望動機を伝えることもでき、今後の反省点や課題も見つけやすくなります。

また、気をつけておけば、相手の自分の志望動機に対する評価もよい結果を期待することができます。相手にいい印象を与える志望動機を作成するために、まずは気をつけておくべきポイントを把握しておきましょう。

なぜ自社を希望したのか

採用担当者は、就活生がどうしてパン屋への就職を希望しているのか知りたいため、志望動機として理由をたずねてきます。そのため、志望動機として重要なのは、パン屋へ就職したい理由を具体的に伝えることだといえるでしょう。しかし、就活における志望動機は単にパン屋へ就職を希望する理由を聞いているのではなく、どうして「他のパン屋ではなくこのパン屋に就職を希望しているのか」を尋ねています。

企業としては、「多くあるパン屋の中でどうして自社で働きたいのか」が知りたいポイントです。他のパン屋にも当てはまりそうな理由ではなく、どうして数ある多くのパン屋の中からその企業を就職先として選んだのか、相手にしっかりと理解してもらえるように志望動機を作成しましょう。

業界・企業の研究をしているか

就活において、志望する先の業界や企業をしっかりと調べておくことは重要です。パン屋が志望先の場合も、業界や企業研究はしっかりとおこなっている必要があります。前述したポイントである「どうしてこのパン屋を選んだのか」という理由を、より具体的なものにするためにもしっかりと研究をしましょう。調べる観点は人によって異なりますが、まずは志望先が販売しているパンについて調べておくといいでしょう。また、パン作りにおいてのこだわりなども汲み取っておけると企業の比較や把握がしやすいです。

企業研究をしっかりとおこなっていないと、採用選考が進むにつれて回答を出せずに困ってしまう場合も出てきます。就職したあとに、自分の想像と実際の企業との不一致が起こらないようにするためにも重要だといえるでしょう。

どんなビジョンを持っているか

パン屋で働くことに対してどのようなビジョンを持っているかという点も、志望動機作成の際には押さえておきたいポイントです。ビジョンというと構えてしまうかもしれませんが、要は自分が就職した際にどのようなことを信条にしたいのか、どのようなことを働いていく中でやってみたいと考えているかなどといったことです。

パン屋の仕事において掲げているビジョンを伝えておければ、相手に自分の人となりを知ってもらうことに繋がり、一緒に働く仲間として迎え入れて貰えやすい傾向にあります。また、就職を希望してる企業先とのミスマッチを減らすことにも繋がるので、しっかりと考えておくようにしておきましょう。いまいち想像が湧かないというのであれば、実際にバイトなどを通して経験してみるのも一つの手段です。

自分はパン屋に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、パン屋の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がパン屋に向いているタイプか、診断してみましょう。

パン屋の正しい志望動機例3選

パン屋に採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。ここからは、志望動機の例文を3つご紹介していきます。

志望動機の例文①

私が御社を志望した理由は、パンを通して地元を元気にしたいと考えたからです。御社のパンは地元の食材を使っており、中でもハチミツをふんだんに使ったパンがとても美味しく周囲の人にもおすすめしています。
ハチミツをはじめとして、調理パンで使われている野菜などは地元の農家さんが育てたものだと伺いました。自分の住む地域で地産地消の輪が広がることをとても嬉しく思い、自分も貢献したいと考え志望しました。私が入社しましたら、地元のみならずたくさんの人に愛されるパンを製造したいと考えています。

この例文では、地元の食材を使ったパン作りをしているパン屋の取り組みを取り上げています。具体的に好きなパンの種類を伝えており、志望先のパン屋についての知識があることがアピールできている例文です。パン屋の理念と同じまたは近い考え方をしていることのアピールは、入社意欲を伝えるために効果的といえるでしょう。

志望動機の例文②

私が御社に入社したいと思ったきっかけは、パンでたくさんの人を笑顔にしたいと考えたからです。この地域にはたくさんのパン屋がありますが、中でも御社によく通わせていただいています。御社は子ども向けのパンの種類が豊富で、子どもを連れたお父さんやお母さんが多く来店されている印象です。
笑顔でパンを選んでいる光景には、とても温かいものを感じます。私が御社に入社しましたら、子ども向けのパンはもちろん、おじいちゃんおばあちゃんが孫と一緒に楽しめるパンの製造にも取り組みたいと考えています。

この例文では、パンでたくさんの人を笑顔にしたいというビジョンを伝えています。実際に志望先のパン屋を利用しており、その中でファミリー層に人気があるという分析もアピールできている例文です。店側もファミリー層をターゲットにしている場合、よく店について分かっているという好印象を与えられるでしょう。さらに、入社後にやりたいことを伝えることで、入社意欲を効果的にアピールできています。

志望動機の例文③

私が御社を志望した理由は、いつも親切に対応してくださるスタッフの方のように働きたいと考えたからです。御社はビジネス街にあるため、平日の昼などはとても混んでいてレジにも行列ができています。
そのような忙しい中でも、レジ担当のスタッフの方々が笑顔で手際よく会計を済ませている姿を見て、御社の人気が絶えない理由が分かった気がしました。私は以前から御社のパンが好物でしたが、これからはスタッフとして美味しいパンをたくさんの人に届けたいと考えています。

この例文では、パン屋のスタッフの働く姿勢について取り上げています。パン屋の利用客の1人として対応のよさを感じていることを伝え、自分もそのように働きたいということをアピールしています。志望先のパン屋の強みがパンだけでなく接客にもある場合、そこに共感しているというメッセージは効果的なアピールになるでしょう。

パン屋の志望動機NG例

パン屋の志望動機を書くにあたり、どのような内容だと不採用になりやすいのかを例文で説明していきます。

NG例

私が御社で働きたいと思ったきっかけは、パン作りをしてみたいと思ったからです。私の趣味は料理ですが、パン作りはしたことがありません。なので、パン作りのイロハを教えて頂き、自宅でも美味しいパンが食べたいと思い志望しました。御社は地元でも有名ですし、駅前にあるため時間に余裕を持って通勤できると考えております。

この例文は、パン作りを教えて貰い自宅で食べたいという身勝手さが問題です。普段からパン作りが好きで意欲がある場合は、未経験者でも好印象を与えられるでしょう。しかし、パンを作ったことがない上に自分で楽しみたいという身勝手さは相手に失礼です。また、パン屋の立地について取り上げていますがこちらも自分の都合です。身勝手さが全面に出ている志望動機では、相手を不快にさせてしまうでしょう。

自分なりのビジョンを志望動機に盛り込んで目標を持って働く姿勢をアピールする

パン屋で働くには、「なぜそのパン屋でなければいけないのか」という部分を明確にする必要があります。色々なパン屋に足を運び志望先と比べて違うところやいい点を見つけておくと、入社意欲を伝えるための材料になります。志望先のパン屋で販売しているパンの種類や店の雰囲気を把握しておきましょう。また、自分なりのビジョンを志望動機に盛り込むことで、目標を持って働く姿勢をアピールすることができます。ここで紹介した例文を参考に、自分なりの志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ