職種研究

ディベロッパーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ディベロッパーとは

不動産業界の中でも、特に土地の開発業務を行っている企業がディベロッパーと呼ばれ、主にビルや商業施設、マンションの建設を手掛けます。ディベロッパーは、土地の調査・調達や建物の建設、販売・賃貸契約まで一手に引き受けるため、仕事内容は多岐にわたります。そんなディベロッパーの詳しい仕事内容と平均年収について見ていきましょう。

ディベロッパーの種類について

  • 総合ディベロッパー
  • マンションディベロッパー
  • オフィスディベロッパー
  • 鉄道ディベロッパー

ディベロッパーは、総合ディベロッパー、マンションディベロッパー、オフィスディベロッパー、鉄道ディベロッパーに分類することができます。

ディベロッパーの業務内容

総合ディベロッパーは、地域全体の開発を行います。オフィスビルだけでなく、商業施設や文化施設、レジャー施設などさまざまな建物を建設し、総合的な街づくりをおこなっていきます。

マンションディベロッパーは、マンションの建設・分譲が主な業務です。マンションだけでなく、建設するマンションの周辺環境を整え、マンションを中心とした快適で魅力のある街づくりを目指します。

オフィスディベロッパーは、オフィスビルの開発が主な仕事です。

鉄道ディベロッパーは、自社の抱える鉄道網を強みとして、鉄道周辺のまちづくりをしていくというのが特徴です。商業施設やレジャー施設、マンションなど、駅周辺を総合的に開発していきます。

ディベロッパーに求められる能力について

  • 不動産の知識
  • コミュニケーション能力
  • 協調性
  • 語学力

不動産を総合的に扱うディベロッパーでは、不動産の知識を持っている人が必要とされます。不動産の売買や仲介を行うのに必要な国家資格である「宅地建物取引士」の資格は、ディベロッパーを目指すのであれば不可欠です。その他、ディベロッパーでは「不動産鑑定士」の資格を持っている人もいます。

不動産開発の企画から販売までを行うディベロッパーには、さまざまな仕事があります。それらの業務を行っていくためには、色々な業種の人や職人などと話し合いを重ねていかなければなりません。どんな会社のどんな人とでもスムーズに仕事を進めていくためには、コミュニケーション能力が欠かせません。

ディベロッパーの仕事は、建物や施設が完成するよう舵取りをしていく仕事です。建物や街をつくる仕事は、一人ではできません。施主、設計士、ゼネコン会社、広告代理店などと協力して建物完成までこぎつけなければなりません。チームでの作業を苦にせずに業務にあたっていける協調性も大切です。

今後、ディベロッパーが開発を狙っているのは、海外の不動産です。海外でも臆せず仕事をしていける英語力は持っていた方が良いでしょう。一般的なビジネス英語に加えて、不動産に関する専門的な英語も覚えておかなければなりません。

ディベロッパーの平均年収と他職種との比較

ディベロッパーの平均年収について

DODA調べによると、ディベロッパーの平均年収は561万円となっています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 建築設計士:448万円
  • ファシリティマネージャー:487万円

ディベロッパーの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、139万円高くなっています。また類似職の建築設計士で448万円(DODA調べ)、ファシリティマネージャー487万円(転職会議調べ)であることから考えても、ディベロッパーの平均年収が高いものであることがうかがえます。

ディベロッパーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ディベロッパーのボーナスの有無については、企業によって差があります。多くの企業では年2回の賞与があるようです。役職や担当部署によってボーナス事情には差があります。

昇給について

ディベロッパーの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多いですが、企業の事情によって昇給の頻度や金額には差があります。

ディベロッパーの年齢別平均年収推移シミュレーション

ディベロッパーの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 350.3万円 24.0万円 61.9万円
25~29歳 456.3万円 31.3万円 80.6万円
30~34歳 525.7万円 36.1万円 92.9万円
35~39歳 576.1万円 39.5万円 101.8万円
40~44歳 620.9万円 42.6万円 109.7万円
45~49歳 656.4万円 45.0万円 116.0万円
50~54歳 683.9万円 46.9万円 120.8万円
55~59歳 674.0万円 46.2万円 119.1万円
60~64歳 505.2万円 34.7万円 89.3万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は525.7万円、うちボーナスは92.9万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が620.9万円、うちボーナスは109.7万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレー
ション数値となります。

ディベロッパーと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ディベロッパーの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 350.3万円 263.5万円
25~29歳 456.3万円 343.3万円
30~34歳 525.7万円 395.5万円
35~39歳 576.1万円 433.4万円
40~44歳 620.9万円 467.1万円
45~49歳 656.4万円 493.8万円
50~54歳 683.9万円 514.4万円
55~59歳 674.0万円 507.0万円
60~64歳 505.2万円 380.1万円

ディベロッパーの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は525.7万円で、日本の平均と比較すると130.2万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では620.9万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレー
ション数値となります。

ディベロッパーの生涯賃金シミュレーション

  ディベロッパーの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.52億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とディベロッパーの生涯賃金を比較してみましょう。ディベロッパーの平均年収は561万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ディベロッパーの生涯賃金は、2.52億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると6,200万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレー
ション数値となります。

まとめ

ディベロッパーは仕事の幅が広く、多くの知識が求められる難しい職種です。しかし建物や街が完成し、実際に人々が楽しげに行き交う姿を見たときには、大きな達成感を感じることができるでしょう。平均年収も比較的高めの水準であることが見込まれており、魅力的な職種のひとつであると言えそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ