職種研究

【歯科衛生士になるための志望動機の書き方ポイント】参考になる例文もあわせてご紹介

歯科衛生士とは?

私たちがおいしくものを食べたり、スムーズに会話したりするために歯の健康は不可欠です。歯科衛生士は歯の健康を守る職種であり、予防歯科の重要性が注目を集める近年、需要が高まりを見せています。歯科衛生士の仕事は大きく分けてフッ素塗布や歯垢・歯石の除去を含む予防処置、診察の際の歯科医師のサポート、学校や老人福祉施設などでの保健指導の3つです。

また現在では、高齢者の嚥下訓練や口腔ケアも歯科衛生士の役割として注目されており、今後はさらに業務内容が多岐にわたっていくことが予想されます。歯科衛生士の需要が高まっている一方で、地方や医院によって求人倍率は高いです。志望する医院で歯科衛生士として働くためにも適切な志望動機の書き方を知っておきましょう。

36の質問に答えて自分のタイプを把握しよう

自分がどのようなタイプなのかを知るためにおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプを診断できます。

技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

歯科衛生士になるには

主に受付や雑務を行う歯科助手とは異なり、歯科衛生士は患者さんの口に手を入れてさまざまな処置をするため、国家資格が必要です。一般的には歯科衛生士養成施設で学びながら就活を進め、学校を卒業して国家資格に合格すると、歯科医院などで歯科衛生士として働けます。

つまり、歯科衛生士として志望する医院で働くには養成施設の卒業、医院からの内定、国家資格の合格という3つのステップを達成しなければならないのです。まずは、歯科衛生士養成施設と国家資格について確認しておきましょう。

歯科衛生士養成施設の卒業

歯科衛生士の国家資格を習得するためには歯科衛生士養成施設を卒業しなければなりません。歯科衛生士養成施設とは歯科衛生士が知っておかなければならない知識を学べる場所であり、大学、短期大学、専門学校が含まれています。現在、養成施設で学ぶ期間は3年以上で、歯科衛生士を志す多くの人が3年制の短期大学か専門学校を養成施設として選択しています。

3年制の養成施設で学ぶ場合、1年生は基礎知識の習得、2年生は実習、3年生は実習と国家資格の準備に時間がかけられ、実践的な技術と知識を身に付けられることが多いです。また、近年は歯科衛生士養成課程を新設する大学も増加しており、さらに専門的に歯科衛生士に関する知識を勉強する人が増加すると予想されています。

歯科衛生士国家試験の合格

歯科衛生士養成施設で勉強し、学校を卒業した人は毎年3月に実施される歯科衛生士国家試験の受験資格が認められます。試験内容は口腔衛生学、歯科予防処置、歯科診療補助など歯科衛生士として知っておくべき内容であり、実技試験などはありません。試験では専門的な知識を理解しているか確認されますが、合格率が毎年95%前後であることからも、しっかりと勉強すれば合格はさほど難しくないと言えるでしょう。

歯科衛生士国家試験に合格すれば、厚生労働大臣によって歯科衛生士名簿に登録されて免許証が与えられ、歯科衛生士として働けるようになります。反対に、歯科衛生士国家試験に合格できなければ、志望の医院から内定をもらっていても、歯科衛生士としては就職できません。

志望動機を書く際のポイント

歯科衛生士として働く場合、多くの人は歯科医院に就職します。近年、歯科医院で働く歯科衛生士の需要は高まっていますが、給与や福利厚生の面で人気の医院や規模が小さい地方の医院は求人倍率が高いです。

そのため、自分に合った歯科医院で働くためには周りの人と差をつけて内定を手に入れなければなりません。内定を得るために大切なことの一つが魅力的な志望動機を考えることです。履歴書を書くときに知っておきたい志望動機の書き方のポイントを2つ確認してみましょう。

自分が医院に貢献できること

歯科衛生士は自分一人でできる仕事ではありません。歯科医師や歯科助手、患者さんなどがいて初めて成り立つ仕事です。よって、志望動機には自分本位の希望ではなく、歯科衛生士の仕事を通して医院や社会に貢献したいという気持ちを書きましょう。例を挙げると、「給料が良いから」「経験を積んで手に職をつけたいから」などといった動機は自分本位です。

反対に「予防歯科を通して患者さんの健康を守りたい」という動機は社会に貢献したいという気持ちが込められています。自分だけが良い思いをするために歯科衛生士になるのではなく、医院や社会の役に立つために歯科衛生士になりたいと書くと採用担当者の目に留まる履歴書に仕上がるでしょう。

この医院でしかできないこと

歯科衛生士になりたいと考えている人の中には、志望動機を書くときに歯科衛生士を志望している理由のみを書く人が少なくありません。しかし、歯科衛生士になりたい理由を書くだけでは志望の医院から内定を手にするのは難しいでしょう。医院で歯科衛生士として働きたい場合は医院を選んだ理由も書きましょう。

「口腔ケアに力を入れている貴院で高齢者の役に立ちたい」、「医院見学で方針を知り、共感した」などとその医院にしか当てはまらない理由を書くと意思が伝わりやすいです。選んだ医院にしか当てはまらない志望動機を書くためには企業研究が欠かせません。3年生は国家試験のための勉強も忙しいので、時間があるときにできる限り情報集めや医院見学を進めておきましょう。

歯科衛生士になるための志望動機例文

ポイントがわかっても、具体的にどのような志望動機を書けば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。志望動機の書き方に迷ったら、まずは例文を確認してください。ここでは、歯科医院への就職を目指す歯科衛生士の志望動機の例文を2パターンご紹介します。

例文の構成や解説などを参考にして、エピソードを盛り込みながら自分の言葉で書いていくと、魅力的な志望動機が完成するでしょう。なお、例文をそのまま使うのはおすすめできません。熱意を伝えるためにも必ず自分の言葉に置き換えることを意識しましょう。

例文①

小学生のころ、歯科医院で処置を怖がっていた私に笑顔で話しかけ、リラックスさせてくれたのは歯科衛生士でした。そのおかげで緊張がほぐれ、予防のために安心して歯科医院に通うことができました。この経験から、私は子供たちの緊張や恐怖を取り除ける歯科衛生士になりたいと思うようになりました。貴院は内装や対応が工夫されており、子供たちが安心して来院できていると感じました。私も貴院で子供たちが来院しやすい医院作りに貢献したいと考えています。

これは小児歯科に力を入れる医院への志望動機です。まず、歯科衛生士という職業に興味を持ったきっかけを書き、その後医院の特徴を書くことで、歯科衛生士になりたい理由と医院を志望する理由の両方が伝えられています。この例文は自分本位ではなく、社会に貢献したいという気持ちが込められていることもポイントです。

予防歯科が注目を集める現在、子供の予防歯科に力を注ぐ医院で通いやすい医院づくりに貢献したいと述べることで、社会の役に立ちたいという熱意を感じてもらえるでしょう。小学生の頃の経験から歯科衛生士に興味を持ち、小児歯科に力を入れる医院で働きたいと思うようになったと、志望動機に関連性がある点も採用担当者からのポイントが高いです。

例文②

中学生の頃、クラブ活動で忙しく、歯科医院に行く時間が取れずに虫歯の治療に時間がかかってしまった経験があります。このとき、優しく治療について教えていただいた歯科衛生士の仕事に興味を持ち、高校卒業後は専門学校に進むことを決めました。貴院は土日や夜間も診察しており、私のように時間が取れない人でも通院しやすいよう工夫されている点に共感しました。また、医院見学では患者様に治療計画を説明されている先輩方の姿が印象に残りました。知識は足りない部分も多いですが、貴院で勉強しながら、丁寧な説明で患者様を安心させられる歯科衛生士を目指したいと考えています。

この例文は土日や夜間に診察している医院への志望動機です。先ほど紹介した例文と同じように、実際のエピソードを交えながら歯科衛生士になりたいと思った動機が書かれ、その後にこの医院に共感した理由が示されています。具体的にははじめに体験を伝え、それから忙しい人でも通えるように診察時間が工夫されている医院に興味をもったと書かれており、医院を志望する熱意が伝わってきます。

また、医院見学で感じたことを書いている点も評価できます。実際に見学して知った医院の魅力を志望動機に盛り込むことによって、働きたい気持ちを採用担当者にアピールすることが可能です。医院で達成したい将来の目標が具体的に書かれている点も採用担当者から評価されやすいので、志望動機を作るときは参考にしましょう。

例文を参考に効果的な志望動機で歯科衛生士になろう

歯科衛生士として働くためには学校を卒業し、国家試験に合格するだけでなく、歯科医院などの就職先から内定をもらわなければなりません。特に人気の高い医院や歯科医院が少ない地域では歯科衛生士の求人倍率が高いため、時間を見つけて早めに志望動機の作成に取り掛かりましょう。

例文を参考に具体的なエピソードを含め、医院や社会に貢献したい気持ちとその医院でしかできないことなどを書くと、採用担当者にとって魅力的な志望動機が完成します。しっかりと時間をかけて志望動機を考えると、面接のときにも役立ちます。なぜ歯科衛生士を目指したのか、どうしてその医院で働きたいのかと自分の言葉で説明できるようにしておけば、面接で緊張していても戸惑わずに答えられるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ