業界研究

【新聞社の就職】知っておきたい特徴・仕事内容と志望動機の例文

新聞社の就職倍率はとても高い!

新聞社への就職は非常にハードルが高いです。例えば新聞記者が所属する編集部門の採用倍率は50~100倍とも言われています。新聞社への入社は編集部門以外にも、営業や販売部門や総務部門に分けることができます。特に全国紙の新聞社ともなれば給料が良いだけではなく、世界の出来事や動向を人々に伝えるための仕事でやりがいは非常に大きいです。

また、自分の信じる考え方を人々に伝えることができます。しかし新聞は影響力が大きいことを忘れてはいけません。責任が大きいからこそ、新聞社としても本当に優秀な人材を入れたいと考えるのです。新聞社に採用されるために何を知っておく必要があるのか、仕事内容や志望動機も含めて解説いたします。

新聞社の特徴

日本の5代紙

  • 読売新聞
  • 朝日新聞
  • 毎日新聞
  • 日本経済新聞
  • 産経新聞

新聞社は全部同じではなく、それぞれ特徴や個性があります。上記は日本の5大紙と呼ばれる代表的な新聞です。一般紙をはじめ経済に特化しているもの、スポーツ紙、また業界紙や機関紙、日刊から季刊までそれぞれ取り扱う内容が異なっています。新聞社を志望するならこの基本を押さえておかなければなりません。

同時に新聞社に入れたら何をしたいのかも考える必要があります。そのためにそれぞれの新聞社の特徴を理解する必要があるのです。それではどんな特徴があるかご紹介しますので参考にしてみてください。

スポーツ新聞と全国紙の新聞では対応する内容が異なる

全国紙とスポーツ新聞では取り扱う内容が大きく異なっています。日本にある全国紙は5社であり、大手5大紙とも呼ばれています。全国紙が取り扱う内容は政治や経済や社会的なニュースが中心です。またテレビの番組表から社説までさまざまな情報が掲載されています。一方スポーツ新聞は、スポーツ関係を中心にした内容を取り扱っています。

しかしスポーツに限らず競馬や競輪など公営ギャンブルから芸能、ワイドショーや性風俗関係まで一般大衆に向けて娯楽に関する内容が多く掲載されていることが特徴でしょう。新聞社だからすべて同じと思っていると、採用して働く段階になって「なにか違う」ということになるので注意しましょう。

大学名や学部は関係ない

就活において学歴や学部は採用に大きな影響を与えるのが一般的です。しかし新聞社は少し異なり、大学名や学部は関係ないという話もあります。ただ、実際に「学歴不問」としていても「本当にそうなのか?」という真実の部分については採用担当者にしか分からないと言えるでしょう。ところが実際に一流大学が不採用になり高卒の人が入っているという話もあります。

新聞社は日本全国から多くの優秀な人材が狭き門を巡って争い、勝ち抜いた人たちが入れます。中には一流大学を卒業していなくても優秀な人材は居るでしょう。自分の所属する大学や学部で最初からあきらめる必要はありません。ライバルより学歴について自信がなくとも、チャレンジする価値はあるでしょう。

電子化にともない早急な対策が必要

インターネットは日本だけではなく世界の「情報」について大きな変革をもたらした存在と言っても過言ではないでしょう。それまで世界の情報は「新聞」、「テレビ」や世界の動きに携わる職業の人から口コミで聞いて知ることがほとんどだったのです。しかしインターネットが普及したことで多くの人がさまざまな情報を得られるようになりました。

その影響は新聞社にも大きな影響を与えているのが現状です。業界全体で紙媒体に依存するのではなく電子化の動きが急がれていると言えるでしょう。ご高齢の人にとってはまだまだ紙媒体の新聞で情報を得ている事実はあります。しかし将来を考えていくと「インターネット」が現在より当然の存在となったときのことを考えれば、新聞社としても対応する必要があるのです。

自分が新聞社に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、新聞社の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が新聞社に向いているか、サクッと診断してみましょう。

新聞社での仕事内容

新聞社を志望するならどんな仕事をするか把握しておくのは基本中の基本です。新聞社への就職はその競争倍率からも分かるように狭き門です。子供の頃から新聞記者になりたい、新聞に関わりたいと夢見て来た人も少なくありません。厳しい競争を勝ち抜く必要があるのです。新聞社での仕事内容も知らないなら競争に勝ち抜けないでしょう。新聞社で働く場合、どんな仕事があり、それはどういう内容なのか、新聞社の職種や仕事内容について解説いたします。

記者

新聞社を志望する多くの就活生が憧れているのが新聞記者です。簡単に言えば新聞の記事を書く仕事と考えておけば良いでしょう。しかし単純に記事を書くだけではなく編集や、テレビ局の報道番組でもレポーターとして現地から報告することもあります。新聞記者が取り扱う分野は国内外の事件や政治・経済、スポーツから娯楽まで幅広いです。

全国紙の記者は海外に常駐することもあります。また、編集業務に関しては、紙面のレイアウトが主な仕事となります。新聞記者はさまざまな情報を取り扱いますが、正確性が求められるだけではなく分かりやすい文章で伝えなければなりません。大きな影響力もあり、取り扱う情報で国全体を大きく揺るがせることもあるので責任も重大です。

営業

新聞社にも営業を担当する人が居ます。営業の仕事では広告主、あるいは広告会社に合わせて広告の提案を行うのが主な仕事です。広告会社だけではなく、一般企業から官公庁、特定の団体や機関などが広告主となります。もちろん広告を掲載してくれる広告主を探す仕事も挙げられるでしょう。また、新聞社によって特定の業界を専門で担当することもあります。

そのため業界についての豊富な知識が求められるのです。またイベントやシンポジウムを実施することもあり、キャスティングや台本の制作も必要となります。また、販売数を増加させるため販売の営業をすることも営業の仕事です。具体的にはお店に新聞を置いてもらう仕事も営業が担います。

技術

新聞社もインターネットなどを駆使した情報発信に力を入れるようになりました。例えば新聞の電子版などが挙げられるでしょう。インターネットで発信するためには特殊な技術が必要です。そのため新聞社では技術職も募集しています。また、新聞を作るためには印刷をしなければならずその技術者も必要なのです。

新聞社の技術職はコンピューターシステムや社内のネットワークに関することを担当する部門と、新聞を印刷する機器や整備を担当する部門があります。日々新しい技術に関する知識を理解する必要がありますし、スムーズに情報を発信するための管理が求められます。新聞社にとって技術者は裏方ですが同時に無くてはならない存在でもあるのです。

新聞社に就職するための志望動機例文

新聞社を志望するライバルたちは志望するだけあって文章力も高く、志望動機も練りに練ります。そんなライバルたちに負けないためにも志望動機には力を入れなければなりません。また新聞社は「世界の情報を人々に伝える」という使命感や情熱も必要になります。単純に「給料が良いから」、「憧れていたから」という単純な動機ではライバルに打ち勝つことはできません。そこで、新聞社に就職するための志望動機について例文を紹介します。

例文①

私は御社で記者の仕事をしたいと考えております。新聞業界は世の中の情報を人々に伝える重要な役割を担っていると考えています。私は学生の頃から御社の新聞を読んでいました。特に社説については毎日読んでおり、感銘を受けて私の価値観の形成にも大きく影響を受けたと感じております。正しい情報を伝えることが新聞の役割ですが、同時に社会の価値観や考え方についても新聞は大きな影響を与えるものだと考えています。私は御社の社説に影響を受けましたが、自分も社会に関する問題提起を通し、社会貢献をしたいと強く思うようになりました。とても責任感がある仕事ですが同時に大きなやりがいがあると感じ御社を志望しました。

志望動機ではその新聞社に合った考え方やきっかけを伝えていく必要があります。また新聞社にもそれぞれ特徴があります。志望動機は自分が志望する新聞社の考え方についてきちんと理解した上で書く必要があるでしょう。

きっかけについては「どうしても御社が良い」という根拠を作ることになります。その根拠がなければ「うちでなくても良いでしょ」と判断される可能性さえあります。その点を理解して志望動機を構築する必要があるでしょう。

例文②

私は小学校から高校まで野球のピッチャーをしていました。しかし高校時代、足のトラブルからプロへの道を断念しました。それから野球を含めたスポーツに関して観戦が中心となりましたが、その中で見る側の楽しさを考えるようになりました。同時にファンが何を望んでいるのかを強く考えるようになったのです。御社のHPでトップメッセージを拝見させていただいたとき、「スポーツが明日の活力になる」という言葉に強く惹かれました。学生時代から御社の新聞を愛読させて頂きましたが、スポーツや選手への愛に溢れた記事ばかりだったと感じました。私もスポーツを通し、人々が元気になれる記事を発信したいと考えて志望しました。

スポーツ新聞でも志望動機で求められるのはきっかけと言えます。やはり求められるのは「新聞業界」でなければならない理由と言えるでしょう。スポーツのことを発信したいならスポーツ専門誌でも構わないからです。

この例ではスポーツ経験者であること、トップメッセージをチェックし考え方について共感できたことを挙げています。また日頃からそのスポーツ新聞を愛読したことも「その新聞社でなければならない」という理由に厚みを持たせています。

仕事内容や特徴を把握して新聞社への就職を目指そう

新聞社を志望するなら志望する新聞社の考え方や傾向を理解することが基本中の基本です。5大紙と呼ばれる新聞社はそれぞれ自分たちの価値観についてプライドを持っています。そのことを理解しないまま就活をしても不採用になる可能性が高いでしょう。もちろん全国紙とスポーツ紙の違いも理解しておかなければなりません。また仕事内容も記者だけではなく営業や技術職などもあります。

自分が新聞社で何をしたいのかきちんと考えて就活に挑むことが大切と言えるでしょう。新聞はその国に住む、あるいは全世界の人々へと情報を発信するものです。その影響力がどれだけ大きいのか理解しなければなりません。そのためには新聞業界に携わることへの誇りや情熱も大切になるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ