業界研究

【BtoBとは】企業一覧やメリット・デメリットをご紹介

マーケティング用語としてのBtoBとは

就活をこれから始めるみなさんは、BtoB企業についてどれくらい知っているでしょうか?具体的な企業名を挙げろ、と言われて思い付かない方のほうが多いと思います。

これから具体的に説明していきますが、BtoBとはマーケティング用語で「企業間取引」を指します。誰と取引をするかによって、企業の形態は大きく異なります。これから志望企業を探すにあたって、とても大切なエッセンスですので、しっかりと押さえておきましょう。

また、誰と取引をしているかによってBtoB(企業-企業)、BtoC(企業-消費者)、BtoG(企業-行政)などいいます。

就活生でも知っておきたいBtoBとBtoCの違い

BtoBもしくはBtoCの違いは「誰と取引をしているか」です。この誰と取引をしているかの違いによって、企業のお金の流れや掛かる時間、長期的な安定性が大きく異なってきます。あなたが志望してる企業はBtoBでしょうか?BtoCでしょうか?この2つの取引の違いを知って、志望企業をもう一度リサーチしてみましょう。

企業間での取引「BtoB」の意味と特徴

BtoBとはBusiness to Businessの略称です。(表記の仕方をB2Bとする場合もあります。)企業と企業の間で取引をしているという意味です。日本語では「企業間取引」とも言います。

クルマを例にあげて見てみると、トヨタ自動車や日産自動車と言った有名企業があります。クルマを一台作るためには、エンジンやボディとなるフレーム、窓ガラスなど数多くの部品が必要になります。これらの部品をトヨタ自動車や日産自動車が作っているのでしょうか?

自動車販売会社は、フレームならフレームを作る専門の会社に、エンジンもエンジンを専門に作る会社から購入しています。またトヨタ自動車は、直接消費者にクルマを販売しているのではなく、自動車販売業者にクルマを卸している業態をしています。

このように企業と企業の取引をBtoBといいます。私たち消費者に対してではなく、企業向けに素材や製品を納品してお金を得る取引の仕方です。

一般顧客との取引「BtoC」の意味と特徴

BtoCとはBusiness to Customerの略称です。(表記の仕方をB2Bとする場合もあります。)こちらは企業と消費者との取引を表しています。最も典型な例として、ホテルなどのサービス業や保険会社、スーパーマーケットが挙げられます。

自分の商品を消費者に知ってもらうことが売り上げに繋がるため、日々広告やCMで発信し、ブランド力を高めています。そのため「よく知っているな」と思う企業はBtoC事業をおこなっていることがほとんどです。

ホテルの割引のためにメルマガに登録したことがありませんか?今後のサービス利用につなげるためですね。保険会社の社員が家庭を訪問して回るのも、地道にお客さまを得るためです。

BtoB企業

BtoBについての基礎知識は上記に解説したとおりです。では実際にそういった業務をおこなっている企業は、どのようなところなのでしょうか。

BtoB企業は比較的有名な企業が多く、BtoCもおこなっている場合が多くあります。BtoB企業は、比較的我々の生活に近いところにあるといえるでしょう。以下に、大手のBtoB企業の業務などについて解説していきます。

オムロン

健康機器メーカーとしても有名なオムロンは、BtoB企業としての側面も持っています。特にBtoB企業の中でも、webサイトのニーズ充足度ランキングトップとして有名なオムロンの、BtoBとしての主な製品は制御機器です。オムロンは制御機器について、自社技術のアピールと、実際に運用する部分にまで力を入れています。

有名なところでは、普段の生活でも馴染み深い鉄道の自動改札機の開発にオムロンは関わっています。このように、オムロンは長年培ってきた自社技術を、社会的課題解決などに積極的に使用している企業なのです。

三菱電機

三菱電機も一般的には、エアコンなどの家電製造を含めた総合電機メーカーとして我々の目に止まることの多い企業です。ですがそれとは別に、BtoB企業としても目覚ましい活動をしています。

特に三菱電機は「重電」と呼ばれる分野での事業が大きく、発電機や変圧器などの製造や運用に関わっています。またそれだけでなく、三菱電機はエレベーター関連のテクノロジーやIoTを用いた業務展開など、幅広いBtoB事業に関わっているのが特徴です。

その中でもエレベーターを含めた昇降機のシェアが高く、業務用空調機なども加えた海外展開をおこなっています。海外展開は現在も拡大傾向にあるようです。これらは総合電機メーカーとしておこなってきた一部の事業を見直し、BtoB事業に集中した結果でもあります。

キャノン

カメラ・プリンターなどの分野で目にかかることの多いキャノンも、有名なBtoB企業のひとつです。キャノンは特に「多角化」と「グローバル化」という点を基本戦力として、自社技術をBtoB事業に取り入れています。カメラ製造技術を用いて、監視カメラ事業などをおこなっています。

それだけではなく、近年話題になることも多い小型無人飛行機のドローンを用いた事業展開もおこなっています。BtoB事業としては、産業用ドローンのフライト代行や人材育成などの新たな事業に取り組んでいます。

BtoC企業としても有名なキャノンですが、近年は特にBtoB事業への移行を進めている部分が大きい企業であるといえるでしょう。またキャノン自体は、社員の労働環境の整備にも力を入れている企業として有名です。

BtoBのメリットとデメリット

知名度の低いBtoB企業ですが、私たちがよく知っているブランドを支えていることも多々あります。特徴を知ると企業間でどのような経済の流れがあるのかの理解も深まり、新しい見方でリサーチできるようになるでしょう。

ここからはBtoBをメインとしている企業のメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

BtoBをおこなうメリットは大きく3つあります。まず広告を必要としません。15秒のテレビCMを一本作るのにいくら必要か考えたことがあるでしょうか? 人気のあるタレントを起用したり、いわゆるゴールデンタイムにCMを流すと簡単に億を超えます。広告を打つ必要がないぶん、そのお金を開発費などに回すことができます。

またBtoBの取引では、消費者の気分や流行といったものに左右されず、取引が長期になるケースがほとんどです。一回の取引が何千万という規模になることも珍しくなく、その規模の取引を継続しておこなっていくため、売り上げが安定するのです。

ライバルが少ないことも挙げられます。BtoB取引をおこなう企業は、非常にニッチな分野で世界シェアNo.1という技術力を持っていることが多いです。その会社でしか作れない、という製品は低価格競争に巻き込まれることありません。これも企業が安定して売り上げを伸ばすことができる理由です。

デメリット

BtoBのメリットとしては、取引が長期になり安定する点や、価格競争に巻き込まれない点などをあげました。しかしその反面、もちろんデメリットもあります。それは、取引が確約するまでに時間がかかるということです。

Aというサービスを導入したいという会社があるとします。でも実際にAというサービスを導入したら、本当に利益になるのだろうか? と会社は考え、検討します。効率性やランニングコストのシミュレーションをおこない、時には小さな規模で試験します。

それらの結果、コストと得られる利益をてんびんに掛け、ようやく取引にこぎつけることができるのです。その期間は少なくとも年単位。3年以上かかることもざらにあります。ひとりのお客さまではなく、多くの従業員を抱える組織を納得させることが必要ですから、マーケティング方法や営業が非常に難しいことが言えます。

自身の働く会社の企業形態をしっかり把握しよう!

働きたい会社を探すとき、つい有名な企業ばかりリサーチしていませんか?ポイントは誰と取引をしているか、です。BtoB取引の特徴を知ることで、今後の企業リサーチでも見方が変わることでしょう。

BtoBなのかBtoCなのか、それによって営業の仕方やお金の流れが大きく違いますので、興味のある企業が誰を相手に商売をしているか、ぜひ確かめてみてください。実は聞いたこともない見たこともないような会社にこそ、隠れた優良企業が存在します。

合同説明会で聞いたことのない企業があったらぜひ足を運び、ライバルに差をつけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ