筆記試験

【就活におけるSPIとは】企業が実施する目的から見られているポイント・対策まで徹底解説!

SPIとは

SPIとは適性検査の一種であり、多くの企業で取り入れられています。今日、多くの企業で適性検査は実施されています。なぜ採用活動において適性検査を実施する企業が多いのでしょうか。ここでは企業が適性検査を実施する目的から見られているポイント・対策まで解説していきます。

多くの企業において適性検査が実施されている以上、内定獲得までの道のりの中で、適性検査を避けて通ることは出来ません。面接でいくら良い手ごたえを掴めても、適性検査で失敗してしまっては内定が遠ざかってしまいます。適性検査の出来が合否を左右することも十分にあり得るのです。しっかりと対策を行い、適性検査が就職活動における足かせにならないようにしましょう。

SPI試験の目的とは

上述の通り、多くの企業において採用活動の一環としてSPI試験が実施されています。「面接だけなら良いのに、なぜSPIなんて実施しているんだろう…」と思う就活生もいることでしょう。

採用活動において企業がSPIを取り入れているのにはいくつか理由があるのです。ここからは、企業がSPI試験を実施している目的として代表的なものを2つ挙げ、解説していきます。意図がある以上、その意図を理解したうえで、入念に準備を進めておく必要があります。まずは企業がSPI試験を実施する意図を理解しておきましょう。

人柄を知るため

SPIを企業がおこなう目的のひとつが、就職を希望する人間の人柄を知るためです。この点については、特に性格検査の実施により分かります。SPIの性格検査は、回答から検査の回答者の性格傾向を数値化するものです。数値化された回答からは性格だけでなく、その人の行動傾向などが読み解けるため、無駄な先入観なく回答者の人柄がある程度把握できるのです。

もちろん、就活生それぞれの詳しい人柄を完全に理解するためには、SPIだけで十分というわけではありません。ですが企業へ採用するのにふさわしい性格的な要素を持っているかどうかを絞り込むためには、SPIの性格検査で得られる結果は十分な内容であるのも事実です。

基礎的な能力の程度を測るため

社会進出にあたって、ある程度の基礎知識は持っていなくては話になりません。一般的に中学生程度の基礎知識があれば問題ないとされていますが、SPIではその基準に則って、基礎的な能力の程度が測れるように問題が作られています。

ですが学生時代のテストと違って、SPIの検査内容は単純に問題を全て正答すればいいという訳ではありません。一問一問の問題を解くための細かい時間管理や配分を考えることなども要求されるのが、SPIの特徴です。

これも基礎的な能力の程度を測るうえで大事であり、紙面上の問題以外にも時間に気を配りながらどの程度回答できるかということも、能力検査のひとつと考えていいでしょう。特に時間配分に関して、SPIはシビアに設定されているので注意が必要です。

SPI試験の内容

ここでは、SPI試験の内容について紹介します。SPIは大きく2つ能力検査と性格検査がありますが、能力検査においては、さらに言語能力と非言語能力の2種類に分かれます。以下で詳しく説明します。

能力検査

能力検査は一般的なテストのような、筆記回答やパソコンへの入力による回答します。問題は英語や国語に関する能力を測る言語分野、数学や計算に関する能力を測る非言語分野の2種類に大きく分かれます。これらの問題には、問題ごとに難易度や制限時間が設けられている場合がほとんどですので、SPIの検査対策にはこれらの要素を意識しながら回答できるようにしておく必要が出てきます。

問題にスムーズに答えるのは、何の対策もないままではやはり難しいものです。SPIにおける検査対策のほとんどは、この能力検査のための対策であると思っていいでしょう。重点的に対策をして、どのような形で問題が出ても焦らず回答できるようにしておくことが大事です。

①言語能力

1つ目の検査は、言語能力検査です。この検査では文章力や判断力など言語能力が問われています。企業で働く際、日々さまざまな情報をやり取りすることになります。それらの情報をやり取りする相手は同僚の場合もあれば、上司・取引先まで多岐に渡るでしょう。自分が伝えられた情報を誤って理解してしまい、それを発信してしまった場合、自分の属するチームに迷惑をかけてしまう可能性があります。

最悪の場合、取引先からのクレームに繋がり、企業としての損害にまで繋がってしまう恐れもあるのです。そのため仕事において言語能力は非常に重要なものと言えるでしょう。仕事を円滑に進めるにあたり、言語能力は必要不可欠な能力になるため、それをある程度判断することの出来る言語能力検査を実施しているのです。

②非言語能力

2つ目の検査は非言語能力検査です。この検査では情報を整理する力があるか、 スピードがあり確実性のある解答ができているかなどが見られています。社会で働き出すと、日々やらなければならない業務が多くのしかかってきます。「やらなければならないことが多すぎてどこから手を付けて良いかわからない」と混乱してしまうこともあるでしょう。

そのような際に、それぞれの業務を整理し、優先順位を意識して取り組んでいくこと、また効率よくこなしていくための工夫を行うことが非常に重要になります。非言語能力検査でスピードがある正確な解答を行えているのであれば、企業で働くにあたっても早く効率良く仕事を進める能力をある程度有していると見られるのです。

性格適性検査

3つ目の検査は性格適性検査です。これは就活生の行動力、仕事に対する意欲・メンタル面などを測るために行われます。企業にとって重要なのは自社で活躍してくれる人材を確保することです。どんなに優秀な人材でも自社の方針と合わず、結果、仕事に邁進してくれないのであれば、採用するメリットはありません。最悪の場合、人材の流出に繋がってしまう恐れもあるでしょう。

そのようなことのないよう、その就活生の性格や仕事に対する考え方などが自社とマッチしているかを、採用を決める前にチェックしておきたいのです。また採用後の配属部署決定の際にも参考として使われることがあります。このように性格適性検査は、企業が自社と就活生のマッチング度合いを測るために行っているのです。

SPIのテスト方式は4種類

SPIのテスト方式は、主に4種類用意されています。その中で紙面を用いる一般的なテストと同様の形式はペーパーテスティングのみで、残る3種類は主にPCでの回答になります。ペーパーテスティングはマークシートでの回答をおこなうのが一般的です。

PCによる回答は実施される場所によって変わり、自宅や大学でも回答できるのは主にwebテスティングになります。これらは指定の時間に指定のサイトにアクセスすることになるので、その点に注意しましょう。

インハウスCBTは実施する企業を訪問し、企業のPCを利用して回答する形ですが、テストセンターは企業以外の場所でおこなわれる形です。テストセンターはSPI検査用に用意された施設であり、各自指定された会場へ向かい検査が実施されることになります。

テストセンターで受検すると結果の使いまわしができる

企業や自宅で受ける場合と違い、指定会場へ向かう形のテストセンターは住所確認などの手間が発生します。その分面倒に思うかもしれませんが、テストセンターで実施されるPC検査は、手間の分のメリットもあります。

テストセンターで受験した場合、検査結果はテストセンターで一旦保管され、実施先の企業に情報として提供されることになります。そのため、テストセンターに保管された検査結果は要望があれば、他の企業も参照できるのです。既に検査結果が出ている場合、わざわざ個別に検査をする必要性は企業にもありません。そのためテストセンターで一度検査を受ければ、一度の回答で検査結果を使い回せるようになるのです。

SPI対策は能力検査を重点的にする

実際にSPIへの対策をする場合、能力検査と性格検査のどちらを重点的に対策するかが重要かと思う人もいるでしょう。ですが基本的に、SPIで重点的に対策すべきなのは能力検査になります。

能力検査は制限時間内の回答を求められたり、非言語分野では電卓などを使用しての回答になります。それら全てを意識して回答しなければ意味がありません。また、能力検査は問題ごとにある程度難易度に差がある場合もあり、難易度の高い問題の場合は回答に時間がかかることも珍しくはないのです。

こういった問題に制限時間内に回答できるよう対策が求められるので、能力検査対策は、SPI対策の中でも特に重要な部分であるといえるでしょう。

出題範囲は決まっている

難易度こそ問題ごとに差があるSPIですが、実は問題の出題範囲はある程度決まっていることがほとんどです。そのため、思っている以上に能力検査の対策はしやすい部分があります。企業傾向ごとに出題範囲の変化はありますが、ある程度全ての問題に慣れておけば対応は簡単です。そのため、どの出題範囲から問題が出ても回答できるように、事前の対策をしておきましょう。

難易度についても、問題を解いて慣れることで対策は可能です。その中でも簡単に説けない難問が出た場合は、あえて飛ばすのも大事です。

SPI検査はテストのように全回答が求められるものではありません。あくまでも基礎的な能力の有無を確認するものなので、全ての問題に必ずしも回答を書く必要性はないのです。

SPIの能力検査の対策をするのであれば、ぜひ有効活用してほしいのが、編集部が作成した問題集です。この資料には、問題集で練習もできますが、模試型にもなっているので本番前のテストとしても活用できます。ぜひチェックしてみてください。

性格検査の対策はしない

SPI検査の対策は基本的に能力検査に注力していきましょう。その分性格検査は対策しなくていいのか、と思うかもしれませんが、基本的に性格検査の問題対策はしない方がいいでしょう。スムーズに回答できるように対策をするとしても、問題への対策はむしろするべきではないかもしれません。

性格検査は回答次第で自分の性格をよく見せることもできますが、嘘の回答をしたとしてもその後の選考などでばれてしまう可能性がとても高いです。企業受けする回答をすることよりも、自分の考えを正直に回答する方がいいでしょう。唯時間制限はあるので、時間配分を考えたり、企業研究や自己分析などの「企業と自分の性格がどの程度マッチングするか」の対策についてはおこなっていきましょう。

就活でSPIを選考に用いる企業は多いため対策をして就活に挑もう!

企業にとっては、採用希望者の能力や性格を把握するのは重要です。ですが実際に採用希望者それぞれにテストや検査を用意し、検査をおこなうのは手間がかかります。そういう企業にとって、SPIはメリットが多くあります。

企業ごとに実施する個別の検査に対して全国で紙面・ウェブなどあらゆる方式で実施できるうえ、問題の内容や検査結果の数値化がしやすいSPI検査は、メリットのために企業でも多く実施される検査方式でもあるのです。

このため、就職活動をしていくのであればSPI検査を実施される機会は多くなるでしょう。それらを踏まえて、面接対策と同じくらいSPI対策をすることが就職活動では重要になるでしょう。SPI対策にも時間を回すようにして、就活をよりスムーズに進められるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ