就活のマナー

メールアドレスの決め方|就活で使うべき連絡先とは

就活で使えるメールアドレスとは?

皆さんが普段使っているメールアドレスはどんなものでしょうか?メールアドレスには、「キャリアのメールアドレス」「大学で使っているアドレス」「フリーメール」というように、主に3種類あります。では、就活ではどのメールアドレスを使ったら良いでしょうか。メールアドレスであれば何でも良いという訳ではなく、アドレス内容によっては、企業に-イメージを与えてしまうこともあります。小さなことで自分の評価を下げないためにも、就活で使うにふさわしいメールアドレスについて覚えておきましょう。

できるだけシンプルなアドレスにする

就活で使うメールアドレスは、できるだけシンプルで名前が入っているものなどがおすすめです。名前や生年月日が入っているようなメールアドレスであれば、就活用でも支障はなく、企業から見ても印象が良くなります。

また、就活用のメールアドレスは、あまりに複雑なものは避けた方が良いでしょう。その理由は、就活用のサイトで使用したり、応募書類に記載したりする時に間違えないようにするためです。他にはない個性的なメールアドレスを作りたい気持ちも分かりますが、個性的すぎると自分自身が苦労することになりかねません。

ただし、あまりにシンプルすぎると誰かが使っている可能性もあります。登録できない場合は、ドットやアンダーバーを入れたり、文字を入れ替えて作ってみましょう。

基本的なマナーができていると印象がよくなる

会社見学等に行く場合、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは挨拶や態度だけでなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

プライベート用のメールアドレスと分けた方がよい

就活中は企業とのやりとりが増え、慣れないビジネスのやり取りに苦労している人も多いことでしょう。しかし、メール内容に気を遣う人はほとんどですが、メールアドレスにまで気が回らないという人も多いです。就活では、普段使っているメールアドレスとは分けて、就活用のメールアドレスを作るのが良いとされています。メールアドレスを使い分けることで、メールの見落としを防いだり、企業からのメールを管理しやすくなるというメリットがあるからです。そして新たにメールアドレスを作成する場合は、ビジネスシーンで使ってもおかしくないものを意識していきましょう。

おすすめのフリーメールはGmail

就活に使用するメールアドレスは、キャリアの携帯メールアドレスよりもフリーメールがおすすめです。それは、キャリアメールよりも、フリーメールの方が容量が大きいという理由からです。そしてフリーメールの中でおすすめなのは「Gmail」です。Gmailの優れている点は主に5つあります。

➀PCと携帯のどちらでも確認できる
GmailはPCとスマホで連携が取りやすく、いつどんな場所にいても管理することができます。

➁メールを整理しやすい
Gmailは、グループを分ける機能やタグ付けができるので、受信したメールを使いやすいように管理することができます。

➂大容量である
Gmailの容量は15GBとなっています。キャリアメールは約1GBなのでその差は歴然です。よって、企業からメールがたくさん送られてきても支障なく使えるGmailの方がだんぜん就活向きです。

④カレンダーと連携できるから
GmailはGoogleカレンダーと連携することができるので、就活中のスケジュールを管理したりもできるというメリットがあります。

⑤検索機能が使える
Gmailは検索機能が優れているので、必要なメールをすぐに選ぶことができます。

以上の理由から就活にはGmailがもっともおすすめです。また、就活を終えた時にすぐに捨てることができるという手軽さもフリーメールの利点です。

就活用のメアドを作るべき理由

就活ではメアドは必須ですので、企業との連絡用に持っておかなければなりませんが、すでにメアドを持っている人は多いです。メールのやり取りができればいいと考えて、プライベートで使っているものを就活で使用してしまう人もいますが、これはよくありません。

就活は就活、プライベートはプライベートで使用するメアドを変えておくことが大切です。就活用のメアドを作るべき理由を知って、プライベート用のものと使い分けるようにしましょう。

メアドは企業に見られている

就活用のメアドを作るべき理由としては、メアドは企業に見られていることが挙げられます。メールでやり取りをするためには、メアドがなければなりませんし、送信先に間違いがないか確認されることも多いです。

メアドは何度も見られるものですし、意外と目につくものでもあります。プライベートで使用しているメアドだと分かれば印象はあまり良くありませんし、公私混同しているとも思われる可能性もあります。

送信先が企業であることを考える必要がありますので、企業に見られても恥ずかしくないメアドを使用していることが大切です。プライベートと同じものを使用していると、他のメールと混ざって企業からのメールを見落としてしまう可能性もありますので、就活用に新しいものを作っておきましょう。

一目で送り主が分かる

就活では、ビジネスとしてメールのやり取りをおこなうので、個人的なアドレスを使うのは適していません。変に凝ったアドレスだったり、自分の趣味などが反映しているアドレスなどを使うと、「この人は一体どんな人なのだろう」と思われてしまいます。メールアドレスは、メールを見る度に何度も目にするものなので、当たり障りのないアドレスにすることが大事です。

就活用のメールアドレスの決め方

プライベート感があるものを避けたり、メッセージ性がなく、かつ分かりやすいなど、就活に最適なメアドを作成するのが難しいと感じる人も多いです。しかし就活用のメアドはそれほど難しく考える必要はありません。

基本的な注意事項を守り、シンプルに作成すれば、就活用として使用することができます。また新しく作らなくても既存のアドレスでも使用できる場合もあります。就活用としてどんなメアドが最適かを知っていきましょう。

可能であれば大学指定のメアド

就活用に最適なメアドとしては、大学指定のメアドが挙げられますので、可能であればそれを使用しましょう。大学指定のメアドが使えれば、企業の担当者がすぐにどの大学の就活生かわかるのでオススメです。

大学指定であればプライベート感やメッセージ性はありませんし、マイナスの印象を与える心配はありません。またドメイン名としても信用度が高いものですので、就活用には最適です。

ネットを使えば簡単にメアドを作成することができますが、ドメイン名によっては信用度が低いものもあります。信用度の低いドメイン名を使ってしまうと、迷惑メールとして対処される危険性があります。大学指定であれば迷惑メールと思われる心配はありませんし、安心して使用できるメアドです。

【例】
○○.○○○@△△university.co.jp

自分のフルネームを入れたメアド

就活用に最適なメアドとしては、自分のフルネームを入れたメアドもおすすめです。フルネームで構成されたメアドであれば、シンプルですし、名前も覚えれやすいため採用担当者の印象にも残ることができます。

好印象が与えられるわけではありませんが、名前を覚えてもらうことは大切です。名前を覚えてもらうことで、他のことも記憶してもらいやすくなりますし、選考でも有利に働く場合もあります。

メアドが文字と数字の両方を使わなければ作れない場合は、誕生日などを入れるのかおすすめです。誕生日であれば、メッセージ性もありませんし、シンプルなままですので、就活でも使用することができます。就活用に新たにメアドを作成する場合は、とにかくシンプルなものを心がけて作るようにしましょう。

【例】

taro.minato@△△university.co.jp

不適切なメアドの例

余計なところでマイナスの評価を受けないためにも、就活用にアドレスを作っておくことが大切です。不適切なメアドを使ってしまうとマイナスの印象を与えてしまいますし、選考でも不利になってしまいます。

メアドは何度も確認されるものですので、正しいものを使用することが大切です。正しいメアドを使うためには、まずは不適切なメアドの例を知っておく必要があります。どんなメアドが不適切なのかを知って、間違ったアドレスを使用しないようにしましょう。

長すぎる

就活で使うメールアドレスはあまり長すぎるものはおすすめできません。メールアドレスを手書きで書く場面もありますので、長すぎると覚えにくいので手間取ってしまいマイナスです。また、受け取る企業側も打ち込む際にミスをしやすくなったりします。ミスが生じやすくなると、必要なメールが届かなくなる恐れもあるので、受け取る側にも分かりやすいものを心掛けましょう。

可愛すぎる

不適切なメアドの例としては、可愛すぎるものが挙げられます。「kumachan」や「~love」などプライベート感が強いものはNGです。プライベート感があまりにも強いと公私混同していると思われる可能性が高く、社会人としての自覚がないと思われてしまいます。

社会人であれば、仕事とプライベートはしっかりと分けなければなりませんし、可愛すぎるアドレスはどう見てもプライベートでも使っていると思われます。仮に就活でしか使っていない場合であっても、NGですので注意しましょう。

問題はプライベート用と就活用を分けられているかだけではなく、社会人として適切なものを使えているかです。実際の用途に関係なくプライベート感が強いものはすべてNGですので、仕事で使ってもおかしくないアドレスを使いましょう。

メッセージが読み取れるもの

何らかのメッセージが読み取れるものも、不適切なメアドの例の一つです。「syukatu」などメッセージ性のあるものはNGですので、特別な意味を持たないメアドを使うようにしましょう。

他意はなかったとしても、意味を持ってしまった時点で、何らかのメッセージを伝えようとしていると思われてしまいます。深読みされて、勘繰られてしまうとマイナスの印象を与えてしまう可能性は高いです。

選考とは関係ない場所でプラスの印象を与えようとしていると、卑怯な印象を与えてしまう可能性もありますので、注意が必要です。選考以外の場所でもプラスの評価を勝ち取ることはできますが、露骨なものはよくありません。就活用に使うメアドは見直して、メッセージになりそうなものは入っていないか確認しておきましょう。

意味のない文字を羅列しているもの

プライベート感が出たり、メッセージ性のあるものはNGですので、初期設定のメアドであれば無難だろうと考える人もいますが、これもNGです。初期設定の場合は意味のない文字列で羅列されており、企業の担当者が打ち間違えてしまう可能性があります。

打ち間違えると連絡がつきませんし、余計なリスクを抱えることになりますので、注意しなければなりません。また意味のない文字の羅列だと雑なイメージを与えてしまう可能性もあります。

初期設定のままメアドを再設定しておらず、面倒くさがりだと思われる危険性がありますので注意しましょう。初期設定ではなく、あえて適当な文字でメアドを作っている場合も同じ印象を与えてしまいます。初期設定かどうかに関わらず、意味のない文字の羅列のメアドは使わないようにしましょう。

ハイフンやアンダーバーなどは避ける

不適切なメアドの例としては、ハイフンやアンダーバーなどが入っているものも挙げられます。エントリーシートなどに手書きする場合、企業側が間違えやすいので、連絡ミスが起きる可能性があります。

間違いをなくすために丁寧に書くことが大切ですが、ハイフンやアンダーバーなどは、いくら丁寧に書いても間違えてしまう可能性が高いです。判読がつきにくいものだと企業に迷惑をかけてしまいますし、ストレスを感じさせてしまい、マイナスの印象を与えてしまう場合もあります。

どうしてもハイフンやアンダーバーを使用しなければならない場合は、ふりがなを振りましょう。ふりがなを振っておけば、間違いを減らすことができますし、丁寧な印象を与えることができます。

就活に使うメアドは企業が見ていることも考慮する

就活では履歴書やエントリーシートなどに連絡用としてメアドを記入しなければなりません。きちんと連絡できるように間違いなく記入することが大切ですが、それだけではなく、使用するメアドにも注意が必要です。

使用しているメアドによっても与える印象は違ってきますし、メアドによってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。就活に使うメアドは企業に見られていることを考慮することが大切です。

プライベートで使用しているものはNGである場合も多く、社会人として使用していて恥ずかしくないものを選ばなければなりません。就活を攻略するためには、メアド一つとっても注意することが大切です。社会人としての自覚を持って、使用するメアドを決めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ