面接対策

「将来の目標」を就活で聞かれた場合の回答方法【応募書類・面接別】

あなたは将来の目標が明確に見えていますか?

就活を上手に進め、成功させるためには将来の目標をしっかりと設定しておく必要があります。就活は自身の将来を決める重要なイベントですし、明確な将来の目標がなければ就活を進めていくための軸を決めることができません。将来の目標を決めておくことで、目指すべき業界や企業が見えてきますし、就活をどのように進めていくべきかもわかります。

就活を進める上では将来の目標は欠かせないものですので、できるだけ明確に考えておくことが大切です。将来の目標は就活の指針として必要なだけではなく、就活のさまざまなシーンで聞かれることも多いです。自分なりの将来の目標を明確にしておき、選考で聞かれてもすぐに答えられるようにしておきましょう。

就活では「将来の目標」について問われる

就活では「将来の目標」について問われるシーンが多々ありますので、それらに上手に答えるためにも明確な将来の目標を設定しておくことが大切です。新卒の就活では即戦力重視ではなく、将来性を重視して成長力の高さで採用が決定することが多いです。成長力の高さをアピールするためには向上心の高さや仕事への熱意などをアピールすることが大切ですが、それらに加えて明確な目標が必要になります。

ただ闇雲に努力するだけでは成果が得られない場合もありますし、努力が無駄になってしまう場合もあります。同じ努力をする場合でも、しっかりと目標を定め、効率的に取り組むことが大切です。将来の目標があることで、目標の実現に向けた効率的な努力ができますので、評価されることも多いでしょう。

将来の目標を聞いて資質を見抜きたいという意図がある

企業が将来の目標を聞く理由の一つとして、学生の資質を見抜きたいという意図があります。社会人になって仕事をしていくだけで、仕事やプライベートなど、さまざまな目標を持つことになるでしょう。個人としてももちろん目標がありますが、企業にも目標やそれを実現するための計画があります。

いくら高い能力を持った人材であっても、個人の目指す目標と企業の目指す目標が一致していなければ、高いモチベーーションを持って働き、高パフォーマンスを出すのは難しいでしょう。そのため企業は、個人の将来の目標を聞くことで、企業の方向性と一致するかどうかを知ろうとしているのです。

このことを踏まえると、ただ単に自分の目標を考えるだけでは不十分だとわかります。企業研究を十分にし、企業の方向性・求める人材像を踏まえた上で、それと一致するように伝えることが大切です。このように伝えることができれば、入社後も自分の目標を持って仕事に取り組む資質があるという良い印象を与えることができるでしょう。

将来の目標の3つのポイント【応募書類の場合】

将来の目標は就活のさまざまなシーンで聞かれるものであり、応募書類の時点でも求められることがあります。応募書類の作成は就活において最初の一歩でもありますので、就活に臨む前にしっかりと目標を定めておかなければなりません。また将来の目標はただあればいいものではなく、それを上手に伝えて好印象を与えることが重要です。応募書類で将来の目標を伝えるポイントは3つありますので、ポイントを踏まえて上手にアピールしていきましょう。

①起承転結の形で将来の目標をまとめる

応募書類で将来の目標を伝えるポイントとしては、起承転結の形で将来の目標をまとめることが挙げられます。将来の目標は作文などで求められることが多く、基本的に就職試験の作文ではテーマに沿った内容を400文字程度でまとめるという形が多いです。作文で上手に主張を伝えるためには、文章構成に注意が必要であり、起承転結で綺麗にまとめておかなければなりません。

起承転結の形でまとめることで、アピールしたい内容を明確にすることができますし、わかりやすく伝えることができるため、採用担当者の記憶にも残りやすいです。また起承転結を意識することで、文章を短くまとめることもできます。400文字は意外に短いため、簡潔にまとめるためにも起承転結の形で将来の目標を伝えることを心がけましょう。

②会社の未来を交えた目標を構成する

会社の未来を交えた目標を構成することも、応募書類で将来の目標を上手に伝えるためのポイントの一つです。将来の目標を決めておくことで、就活の軸を作ることができ、自分に合った企業を見つけることができますが、それだけではアピールにはなりません。将来の目標を就活のアピールとして使うためには、会社に勤めてどのような志を持って今後仕事をしていくのかを伝えることがポイントとなります。

ただ個人的な目標を持つだけではなく、その目標が仕事の達成につながることが大切ですし、さらに会社の利益につながることが大切です。将来の目標の実現とともに会社の未来にもつながることが大切ですので、どのようなモチベーションで仕事に取り組むのかを伝えていきましょう。

③過去の実体験を基に将来の目標に繋げる

応募書類で将来の目標をアピールするためには、過去の実体験を基に将来の目標につなげることも大切です。将来の目標をアピールすることで、仕事に対してのモチベーションの高さや成長力をアピールできますが、説得力がなければ意味はありません。説得力を高めるためには将来の目標の根拠が必要です。

実体験や現在の心境、興味関心があることなど直接的な内容を組み込むことで、より具体的なイメージが湧きますので、それらを含めて考えていきましょう。将来の目標には根拠を持たせること、具体的なイメージがあることが大切です。どのような経験をし、どのように考えた結果、将来の目標を設定したと論理的にアピールして、説得力を高めましょう。

将来の目標の3つのポイント【面接の場合】

就活で将来の目標をアピールするシーンとして、応募書類だけではなく面接も挙げられます。面接では「将来の目標は何ですか?」と直接的に聞かれることも多いですし、回答次第で評価も大きく変わりますので注意しなければなりません。面接で将来の目標を伝え、かつ好印象を与えるためのポイントは、応募書類で伝える場合と少し違っています。面接におけるポイントも3つありますので、それらを深めて将来の目標を上手にアピールしていきましょう。

①回答は1分前後にする

将来の目標を面接で上手にアピールするためには、回答時間に注意が必要です。将来の目標を伝えてアピールにつなげるためにも、多くのことを伝えようとする人は多いですが、回答時間が長すぎるのはNGです。回答時間が流すぎると退屈な印象を与えてしまいますし、短くまとめる能力がないとマイナスの評価になってしまう可能性があります。

面接では簡潔に伝えることが大切ですので、回答時間は1分前後にしましょう。1分を越えてしまうと長いと感じますし、それよりも短いとボリュームが少なく感じてしまい、効果的なアピールにはなりません。最もバランスが取れているのが1分ですので、事前練習では話す内容を1分前後でまとめられるように意識しましょう。

②具体的な内容を伝える

具体的な内容を伝えることも、面接で将来の目標をアピールするときのポイントの一つです。将来の目標を伝えて好印象を獲得するためには説得力が重要であり、これは応募書類の場合も面接の場合も変わりません。抽象的な内容では相手に訴えかける力が弱まってしまいますし、説得力も弱く、上手く伝わらない可能性も高いです。

より具体的な目標を伝えることが重要ですので、漠然とした目標ではなく、細かい点まで具体的に目標を設定しておくことが大切です。社会人として企業に貢献できる人材になりたいなど、大まかな目標では好印象を与えることはできません。目標はできるだけ細かく設定し、面接官にも具体的なイメージを湧かせることを意識しましょう。

③短期目標と長期目標を意識する

面接で将来の目標を伝えるポイントとしては、短期目標と長期目標を意識することも大切です。目標は短期目標と長期目標の2つにわけられ、どちらか一方だけではなく、両方を設定しておく必要があります。長期目標は大きな目標、大まかな目標で構いませんが、短期目標は長期目標達成に向けた具体的なものでなければなりません。

長期的な大きな目標をかなえるために、日頃からどのようなことに励み、〇年後にこうなる、□年後にはこうなるなどを示すことが大切です。短期目標を重ね、段階を踏むことで相手により具体的なイメージを植え付けることにつながります。将来の目標についてはいかに面接官にイメージさせるかが重要ですので、具体的な目標を掲げて、成長力、成長意欲の高さをアピールしていきましょう。

「就活の軸」をつくって将来の目標を明確にする

将来の目標を明確にするうえで、「就活の軸」をつくっておくことが大切です。自分は将来どういったことを達成したいのか、どんな社会人になりたいのかという軸を持つことができれば、将来の目標も自然に見えてくるものといえます。また、企業選びや業界選びにおいても、就活の軸を持っていると適切な判断ができるといえるでしょう。

就活の未来では、就活の軸作成マニュアルを公開しています。自分の就活における判断基準を明確にするためのポイントについて学習しながら、ものの考え方を整理できる内容です。この資料を使えば、今まで気づかなかったようなあなたの就活の軸が見えてくるでしょう。無料の資料となっていますので、ぜひ活用してみてください。

将来の目標の回答例文

ここまで、将来の目標を答えるためのポイントを紹介してきました。ですが、それらを踏まえた上で、具体的に「どう書けば良いかわからない」「どう答えれば良いかわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここからは、ポイントを踏まえた書き方・回答の仕方の例を紹介します。あくまで例ですので、これらを参考に自分オリジナルな内容を準備するようにしてください。それでは、以下で回答例を見ていきましょう。

例文①

私の将来の目標は、ITの力を活かして、生き生きと老後を過ごすことのできる老人を増やすことです。現在、健康管理など、医療分野にITが活かされるというケースが増えていると感じています。私はさらに、老人に健康だけでなく、楽しさも提供したいと考えています。

具体的には、老人向けのスマートフォンやタブレットの開発、もしくは通常の端末で動かせるアプリの開発などです。外に出て体を動かすのが難しいお年寄りでも、気軽にスポーツゲームや花札を楽しめるかも知れません。日本の伝統文化などもアプリ化すれば、孫とのコミュニケーションに役立つ可能性があるでしょう。専門分野であるアプリ開発はもちろん、幅広い消費者ニーズにも関心を持ち、挑戦したいと考えています。

この例のように、最初に目標を端的に表現しましょう。最初に目標を伝えることで、それに続く内容が伝わりやすくなりますし、自分自身もまとめやすくなります。この例はIT系の就職を目指している場合のものですが、高齢社会などの社会背景から世の中のニーズをキャッチし、ITを活かしたいという意欲を感じます。入社後にどのように取り組みたいかも最後に書かれているので好印象でしょう。

例文②

私の将来の目標は、型に縛られることなく、一組一組のカップルに合った最高の結婚式をプロデュースできるウエディングプランナーになることです。それぞれのカップルのニーズに合わせ、さまざまな結婚式のタイプが生まれているのを感じています。

ただ、私は一組ごとのカップルのニーズを100%踏まえた完全オリジナルの結婚式で、最高の思い出を残して欲しいと考えています。専門学校ではウエディングプロデュースを専門に学びましたが、独学でフラワーコーディネートや海外の最新ウエディング事情を学んでいます。今後もたくさん学びながら結婚式作りのスキルを上げ、満足度100%の結婚式をたくさん作りたいです。

この例は、ウエディングプランナー志望の場合です。ポイントは、「目標のために具体的に何をしているのか」書かれている点です。「ニーズを100%踏まえた完全オリジナルの結婚式で、最高の思い出を残して欲しい」という言葉からは高い顧客志向を感じますが、具体的にどうするか書かれていなければ説得力がありません。どのようなお客様のニーズにも応えられるよう、知識を増やす努力をしていることがわかれば、意欲もより伝わるでしょう。

例文③

私の将来の目標は、御社が日本で実現している満足度の高い高齢者向けサービスを、世界に広めることです。御社は高齢者の多い○○県の店舗で、高齢者に合わせた丁寧なサービスを研究・実施したことで、高い顧客満足を獲得し、それを全国規模に広めることで、高齢者の支持を増やしました。

私は今後、海外で高齢化が進んだ際にも、高齢者に特化した御社のサービスは十分通用すると考えています。日本の高齢者だけでなく、世界中の高齢者がより快適な毎日を過ごすことができるよう、御社の海外展開に尽力したいです。将来の目標のためにTOEICで800点を獲得しましたが、それ以外にも今後も目標実現のため、貪欲に努力します。

この例では、志望企業の強みである高齢者の顧客満足を挙げ、それを今後海外に広めたいという考えを伝えています。企業の強みを的確に伝えられれば、意欲の高さや、企業研究をしっかりしていることが伝えられます。目標を伝えるだけでなく、そのために現在何をしているのか、どのような結果を出しているのかも合わせて伝えると説得力も高まるでしょう。

例文④

私の将来の目標は、お客様からも従業員からも愛される顧客満足地域No.1の店舗を、全国に作ることです。私は学生時代、御社の○○店でアルバイト店員として働かせていただきました。御社の教育プログラムで接客技術を磨くことができ、顧客満足度も上がったことでやりがいをもって続けることができました。

御社に就職後は5年以内に店長になり、教育する立場から現場の顧客満足度・従業員満足度を地域No.1にしたいです。さらに10年以内にはマネージャーとして複数の店舗の責任者になり、そのような店舗を全国に広めたいと考えております。教育する立場になるために、自分自身も学ぶ姿勢を持ち、仕事に励んでいきたいと思います。

この例の場合、アルバイトで既に現場を経験していることが強みとなるでしょう。現場を知った上で、実感を持って目標を立てているので、説得力があります。自分自身がアルバイトをやりがいを持って続けられたことが目標を作るきっかけになっており、意欲が高いこともうかがえます。5年以内、10年後以内と、段階的に現実的な目標を設定している点も良いでしょう。

例文⑤

私の将来の目標は、日本の味で、世界中の人に幸せな時間を楽しんでもらうことです。御社はうどんを中心に、日本全国に店舗を展開し、支持されています。これからは国際化がますます進み、外国人のお客さんが増えると予想されます。それまでの食文化の違いや宗教で食べられないものがあるなど、さまざまなタイプの方に合わせたおいしさの提供が求められると感じています。
これをチャンスに、より多くの人の満足を得られる味を作り、海外にも広めていくことが私の目標です。学生時代はオーストラリアに留学し、多国籍、さまざまな宗教の友人たちといろいろな国の食文化を楽しみました。その経験を御社でも活かし、貢献したいと考えます。

この例文も、目標が最初に端的に書かれていてとてもわかりやすいです。今後、外国人のお客さんが増えるなど、自分の視点で未来予測をして考えている点も評価できるでしょう。自分が留学中にさまざまな国籍・宗教の人たちと食事を共にした経験が語られており、日本の味を世界の人に楽しんで欲しいという本気度が伝わります。異文化への発信に向けて意欲的に動いていくであろうことがうかがえます。

「将来の目標」はアピールする最大のチャンス!

将来の目標は就活を上手に進めるために必要ですし、選考で高評価を獲得するためにも必要なものです。明確な将来の目標が定まっていなければ、就活の方向性を見失ってしまいますし、選考でも成長力や成長意欲の高さをアピールすることができません。応募書類や面接で将来の目標について聞かれることもありますので、それらに上手に答えるためにも、自分なりの将来の目標を設定しておくことが大切です。

将来の目標を明確に設定しておくことは就活に役立つだけではなく、社会人として企業に就職してからも役に立つことが多いです。将来の目標はどのように成長していくのか、どのような人になりたいのかを示したものですので、明確な目標を設定して、自身のキャリアプランを考えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ