面接対策

【面接で不採用になる人は多い】不合格の理由やサインなどを紹介

面接で不採用になって落ち込む人は多い

面接で不採用になって落ち込む人は多いですが、そもそも面接はすぐに突破できるほど簡単なものではありません。面接を突破し内定を得るためには、事前準備と対策が必要です。

不採用にならないためには「何がマイナス評価になるのか」を知り、原因に合わせた対策を練ることが大切です。対策なしでがむしゃらに臨んでも不採用で終わり、全く選考が進まないことも少なくありません。

新卒での就職の選択肢は広いです。しかし選考のチャンスには限りがあるため、一回一回を無駄にしないことが大切です。面接で不採用になる理由から、内定を得るポイントまで知り、就活のスムーズな攻略を目指しましょう。

面接で評価されている3つのポイント

面接で評価されている3つのポイントを表した図

選考試験の面接では、さまざまな質問がされ、自分なりの答えを述べていきます。企業によって質問内容はそれぞれ異なりますが、面接を通して担当者が評価しているポイントは共通しているものも多くあります。

「企業の求める人物像に合っているか」「コミュニケーション能力があるか」「社会人としてふさわしいマナーができるか」などは、ほとんどの企業で重視している点です。ここでは、面接でチェックされているポイントについて詳しく解説していきます。面接対策をおこなう際には、企業がどのようなことに注目しているのかも意識してみましょう。

1.求める人物像に合っているか

どれだけ優秀で特別なスキルを持った人でも、企業が求める人物像とかけ離れていると採用にはなりません。企業は面接でのやり取りを通して、「就活生の意見や考えが企業とマッチしているか」「仕事をしていくうえで必要な条件を満たしているか」を判断します。

例えば旅行業界やホテル業界などは、ホスピタリティ精神がある人を求める傾向にあるため、どんなに優秀なスキルを持った人でも相手のことを思いやれないような人は採用されません。

企業の社風や経営理念、職場の雰囲気はそれぞれ大きく異なり、求められる人物像も違います。周りの社員とスムーズに業務を進め長く働き続けるためには、求める人物像に合っていることが大切です。

自分の強みや長所をアピールするだけでなく、企業はどのような人物を必要としているかを考えてみましょう。面接前には企業の応募資格や採用情報を確認して、効果的にアピールできるよう対策を立ててみてください。

2.コミュニケーション能力があるか

コミュニケーション能力は、どの職種でも大切なスキルです。営業職のように顧客と接する機会がある仕事だけでなく、内勤の職種でも同僚や先輩、上司と協力しながら仕事を進めていかなければなりません。担当者は面接でのやり取りのなかで、就活生のコミュニケーション能力を評価します。

そのため、質問に対して的確な回答ができるかという点が重要です。相手が分かりやすいように簡潔に答えられると、会話もスムーズに進み好印象になります。例えばPREP法を用いて会話をしましょう。PREP法とは「結論(Point)」「理由(Reason)」「具体例(Example)」「結論(Point)」の順番で話すフレームワークのことです。この方法を用いることで、論理的な文章構成となり伝わりやすくなるので、コミュニケーション能力があると評価されやすくなります。

反対に、熱意を伝えたいからと自分の話ばかり長々と続けたり、質問の意図に沿わない回答をしたりすると、コミュニケーション能力が低いと思われる可能性があるため注意しましょう。

「コミュニケーション能力」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「コミュニケーション能力」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.社会人としてのマナーができているか

面接を受ける際はビジネスマナーを理解し、社会人としてふさわしい行動を意識しましょう。職種や企業によってビジネスマナーを重視する度合いは異なりますが、社会人としての振る舞いができていなければ面接では評価されません。そのため、丁寧な言葉遣いや、入退室の方法、椅子の座り方やお辞儀のタイミングなど、事前に確認しておきましょう。

面接本番になったからと、すぐにビジネスマナーが身に付くわけではありません。日頃から意識して、面接本番を想定した練習を重ねていくと、当日も自然に社会人としての振る舞いができるようになります。相手の方を向いて話す、聞き取りやすい声でハキハキと答えるなども大切です。

「面接でのマナー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接でのマナー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

面接で落ちる7つの理由と対策

面接で落ちる7つの理由

面接の合格率を高めるには、まずはなぜ不採用になるのか、根本的な理由から考えなければなりません。不採用になるのには必ず理由があり、それをひとつずつ取り除くことで、不採用になる確率は減っていきます。

面接での評価は一部ではなく、全体でみられているため、不採用になるポイントが複数あることも少なくありません。不採用になってしまう主な理由を知り、また具体的な例を参考にすることで、自分も同じ間違いをしていないかチェックしていきましょう。

1.基本的なマナーができていない

面接で高評価を獲得するにはマナーを守って参加することが重要であり、これが守れていないと不採用になる可能性が高いです。特にマイナス評価になりやすいのは、基本的なマナーであり、社会人にとっての当たり前の部分ができていないと、評価は下がりやすいです。

・携帯電話の電源を切る
・入室時にはノックをする
・座る時には「失礼します」と断ってから座る
・かばんは椅子の横に置く

上記のように面接会場に到着してから終了するまで、面接時のマナーは細かくあります。正しいマナーを身につけることで対策していきましょう。

「基本的なマナー」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「基本的なマナー」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.身だしなみが整っていない

身だしなみも面接でチェックされるポイントのひとつです。人を判断する時には、外見が非常に重要であり、第一印象が大きな要因を占めています。初対面で感じたことを後から変えることは難しく、最初の印象がとても重要です。これは初頭効果と呼ばれており人やものに対する第一印象は長い間残り続けるといった心理が働いております。「第一印象は最初の3秒で決まる」と言われているため、初めて会う相手によい印象を与えるのは顔立ちやスタイルのよさではなく、清潔感や身だしなみによって決まりますので注意しましょう。

例えば、スーツにしわがや汚れがあったり、寝癖がついていたりしたら、清潔感があるとはいえません。また、派手な色のシャツやネクタイ、明るすぎる髪色も社会人としてNGです。面接では、部屋に入り挨拶をするまでの印象が大きく評価に影響するともいわれていますので、身だしなみのチェックは忘れずにおこないましょう。以下に身だしなみを整えるポイントをまとめておりますので、ご参照下さい。

男女共通

・シャツは無地の白色
・コートはオーソドックスなもの
・小物は黒色のビジネス向きなもの
・服にしわや汚れがないかのチェック
・香水や汗のにおいがきついのはNG
・アクセサリーや時計はシンプルなもの

男性の場合

・髪は短髪黒髪
・ネクタイを使い分ける
・髭のそり残しに注意
・靴下は無地

女性の場合

・髪は自然な色で、長い場合はまとめる
・パンツでもスカートでもOK
・化粧はナチュラルメイクを心がける
・ストッキングは着用必須

「身だしなみ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「身だしなみ」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.質問に対する回答が不明瞭

面接は質疑応答の形式で進み、面接官の質問に対してどのように答えるかによって、得られる評価は違ってきます。不採用になる人の多くは質問に対しての回答内容が不明瞭である場合が多いです。

例えば「志望動機は何ですか?」と問われた場合に、「大学時代は○○を経験し~」と話し出すと、何を伝えたいのかが分かりません。最終的に志望動機に繋がったとしても、結局重要な部分がどこなのかが伝わりづらく、アピール全体の印象は薄まってしまいます。

質問に対して明確な答えを出すには、結論ファーストで伝えなければなりません。回答内容が分かりづらい、重要な部分にたどり着くまでに時間がかかるようだと、マイナス評価に繋がりやすいため注意が必要です。

「質問への回答例」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「質問への回答」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

4.採用メリットや就職意欲が提示できていない

質問に対して明快な回答をしたとしても、内容次第では不採用になります。質問に対して明快に答えることは面接の大前提であり、回答できたとしても採用するメリットが無ければ内定はでません。

例えば「語学の習得が得意」という長所であったとしても、海外に事業展開をしていない企業であれば、その人が活躍できない可能性があり、採用するメリットは低いと判断されてしまいます。また「やりたいことはありません」というような学生より、「御社が第一希望です」などと言える学生の方が、企業側に就職意欲が伝わります。

このように採用メリットや就職への意欲が提示できていないと、採用したいと思ってもらえず、内定を逃してしまいます。回答内容を面接官に判断してもらうという消極的な気持ちでは不採用になりやすいため、積極的に自分を売り込む気持ちを持たなければなりません。

5.逆質問をしない

面接の最後には担当者から「何か質問はありますか」と逆質問をされることがほとんどです。この時に「特にありません」と答えて何も聞かないと、消極的な印象を与えてしまいます。企業に入社したいという熱意が感じられず、面接官に志望度の高さが伝わりません。逆質問をされたら、必ず何か質問するようにしましょう。

逆質問の内容は詳しい業務内容や職場の雰囲気、社風などがあります。積極的に質問することで企業への熱意を表すことができるだけでなく、気になっていたことを聞いておくと入社後のミスマッチを防ぐことにも役立ちます。逆質問は自分を企業へアピールするチャンスでもありますので、事前に聞きたいことを考えておきましょう。以下に逆質問の例まとめておりますので、ご参照下さい。

逆質問の例

・仕事をしていて難しいと感じるポイントは何ですか
・入社までにやっておくべきことはありますか
・御社ではどのような人物が活躍していますか

「逆質問」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「逆質問」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

6.客観的な視点を意識できていない

面接でも自分をどれだけ客観的な視点から意識できているかを評価されています。志望先を決める時に自己分析をして、自分にはどのような業界・職種が合っているのか確認することでしょう。その際、ポイントとなるのが他己分析も同時におこなうことが大切になります。

社会人になると周囲の人から評価される機会が多くなり、自分の考えを中心に行動してきた学生時代とは大きく異なります。客観的に把握できていないと、採用担当者の印象と学生が話す内容に矛盾が生じてしまい、評価を下げる原因となってしまいます。

例えば「綺麗好きで几帳面な長所がある」と言っていても、髪がとかされていなかったり服装にしわがあると、採用担当者は「本当に几帳面なのか」という疑問をもってしまいます。

客観的な視点を意識するには、他己分析が必要です。他己分析を行ってもらい、第三者の目線で自分を見つめ直すことで、客観的な自分を把握することができます。

「他己分析」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「他己分析」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

7.業界研究や企業研究ができていない

面接では、企業や商品について質問されることがあります。その際に業界研究・企業研究が不十分だと質問に答えられないと、企業への志望度が低いと思われてしまいます。面接では企業の商品やサービスについて聞かれることもありますので、基本情報はもちろん、業界の動向や企業の事業内容もチェックしておきましょう。例えば「業界の特徴」「業界の魅力」「リーディングカンパニー」「関連業界」などを理解しておきましょう。

また、面接で必ず聞かれる志望動機や自己PRの回答を作成する際にも、企業について深く理解しておくことが大切です。企業のホームページや求人サイトには、必要な情報が掲載されていますのでしっかり目を通し、「企業の求める人物像」「職種」「事業内容」などを確認しましょう。効果的なアピールで入社への熱意を伝えるには、業界研究・企業研究を十分におこなうことが重要です。

「業界研究」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「業界研究」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

「企業研究」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「企業研究」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

あなたが面接で落ちるポイントがわかります

どんな企業の面接であれ、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接での4つの不採用サイン

面接での4つの不採用サイン

面接終了後、結果を通知されるまでは合否は分かりません。しかし面接中に特定のサインが現れると、不採用の可能性が高いと判断できる場合があります。不採用が確定した時に現れやすいサインは大きく4つあり、面接中にこれらが見て取れる場合は注意が必要です。

もちろん、サインは不確実な目安であり、それがあっても合格するケースはあります。不確かな判断基準のひとつであるため、サインがみえても落ち込まず、最後までやり抜くことが大切です。

1.面接時間が極端に短い

企業によって面接の設定時間は違いますが、5分以内のように極端に短く終わってしまうと、不採用の可能性が高いです。これは残りの時間で評価が覆らないほど不採用が確定的になった場合であり、早めに面接を切り上げる企業は少なくありません。

ただし、これは採用の場合でもいえることであり、合格が確実でゆるぎないものになった時も、不採用と同様に早めに面接を切り上げることがあります。また、そもそも企業によって面接時間が違うため、最初から5分以内という短時間しか設定していないこともあるため、この点にも注意が必要です。

評価が確定したと分かるのは、設定されていた時間よりも大幅に前倒しに終了した時であり、失敗した自覚があるのなら不採用の可能性は高いでしょう。

「面接時間」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接時間」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.面接官の態度が冷たい

面接官の態度が冷たいことも、不採用を示すサインのひとつです。態度が冷たいというのは、横柄な態度を取るというよりは、就活生の発言に興味を示さないといったほうが適切でしょう。

就活生が話している時も興味なさそうにしている、メモを取っていないなどの態度が見受けられるなら、不採用の可能性は高いといえます。反対に採用したい場合は、就活生のことをもっと知りたいと考えるため、積極的にメモを取ったり、前のめりになって話を聞いたりすることが多いです。

ただし、企業によってはストレス耐性を試すために、あえて冷たい態度を取り、反応を見ていることもあります。就活生の適性や能力を見るために圧迫面接をおこなう企業もあり、一概に面接官の態度だけで合否を見抜くことは難しいです。

「圧迫面接」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「圧迫面接」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.今後の話を一切されない

面接中や面接後に、今後の話を一切されない場合は、不採用の可能性が高いです。採用を決めている、あるいは採用の可能性が高い就活生に対しては、企業は今後の話を積極的にする傾向にあります。

合格が確定しているなら、次回選考の日程やイベントのスケジュールを、詳細に伝えるということも少なくありません。何も言われないということは、選考はそこまでという可能性が高く、不採用のサインであるといえます。もちろん、何もいわれなくても合格するケースはあり、反対に今後の話をされても不採用ということはあります。

今後の話の有無で一概に合否が確定するというわけではありませんが、手応えを知る目安程度にはなるため覚えておくとよいでしょう。

4.過度に優しくされる

冷たい態度で接するという不採用のサインがあるため、優しく接する=合格のサインと考える人もいるでしょう。しかし、実際はそうとは限らず、過度に優しくされる場合は、反対に不採用のサインの可能性もあります。

過度に優しく接するのは就活生に悪いイメージを持たれないためであり、今後のユーザーを離さないためです。消費者に関わるBtoC企業の場合、落とした就活生は今後、商品やサービスを利用してもらうお客様となる可能性があります。選考で不快な思いをさせ、未来のユーザーを失わないためといういわば戦略的な措置であり、好印象を残すことで印象アップや集客に繋げる狙いがあります。

企業イメージ向上のために面接での取り組みに気を遣う企業は増えており、全体に優しく接する企業が多いため、何がサインか見分けがつきづらい場合も多いです。

不採用に関する2つのポイント

不採用に関する2つのポイントを表した図

面接が終了し合否の連絡があるまで、不安でたまらない人も少なくないでしょう。そこで面接後の不採用にまつわる2つのポイントを解説します。これらを理解することで、余計な心配や過度な期待をすることなく、今後に切り替えていけるような有意義な就活にしましょう。

1.面接の結果連絡がなくても不合格とは限らない

面接を受けた後、結果の連絡がなかなか来ないと「不合格なのでは」と不安になるでしょう。しかし、連絡が遅くても不合格とは限りません。選考結果が出るまでの過程は、企業によってさまざまです。

面接を担当した社員が合否結果を決める場合や、面接官の報告を受けてから採用責任者が決める場合など、選考に関わる人数も異なります。面接から結果を出すまでに時間がかかることもよくあるでしょう。

また、応募者が多い企業では、全ての面接が終わってから選考を開始します。自分の順番が早ければ、他の応募者が面接を終えるまで待つ時間も長くなるでしょう。このように、さまざまな理由から結果連絡が遅れてしまう可能性もあるのです。

「面接結果の連絡」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接結果の連絡」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.不採用になっても再チャレンジできる場合がある

一度不採用になった企業でも、再チャレンジは可能なのか疑問に思う人は多いでしょう。結論からいえば再チャレンジは可能ですが、これにはいくつか条件があります。

まずは再チャレンジしたい企業が、募集を出していることです。募集が出ていないならその時点でチャレンジはできないため、翌年以降まで待つか、別の選択肢を探さなければなりません。

また、募集が出ている場合でも、企業によっては一度選考を受けた人は募集対象外としていることもあります。募集の制限に引っかかり、再チャレンジできないことも多いため注意が必要です。これらの条件に引っかからないなら再チャレンジは可能ですが、二度目の応募でも難易度は変わらないか、むしろ上がるため、念入りに対策して臨まなければなりません。

「再応募」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「再応募」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

面接で不採用にならないための3つの注意点

面接で不採用にならないための3つの注意点

就活の面接は難易度が高く、大企業や有名企業以外でも内定を獲得するのは容易ではありません。何十社と受けてようやく1社内定が出るかどうかということも多く、不採用になるのはある程度仕方がないともいえます。

しかし、だからといってそこで諦めてしまうと、理想とする企業から内定を獲得することはできません。不採用になる確率を下げる方法はあるため、徹底して対策をおこない、合格率を高めて面接の攻略を目指しましょう。

1.自己分析を徹底して自分を知る

面接は自分のよいところや企業からみた採用メリットを伝えることが大切です。これらを伝えるには、まずは自分がどのような武器を持っているのか知る必要があります。

自分のことは自分が一番よく知っているいるつもりでも、いざ「長所や短所は何か」「もっとも苦労した経験は何か」と問われると、答えられないことは多いです。過去の経験を細部まで洗い出し、これまでに何を経験し、どのように考えて成長してきたかを、一から見直す必要があります。

自己分析を徹底し、自分を細部まで知り尽くすことで、アピールできる武器が分かり、面接で自分を売り込む戦略も立てやすいです。

「自己分析」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「自己分析」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

2.志望先の業界研究や企業研究は念入りにおこなう

自分を知るだけではなく、志望先の業界や企業について知ることも大切です。自分の武器を知っていても、それが志望先で求められるものか分からないと、内定をもらうことは難しいです。単に自分の優れているポイントを伝えるだけではなく、企業が求めているものに照らし合わせて伝えるが大切です。志望先の業界・企業では何が求められているのか、今後どのような人材を必要とするのか、細部まで調べておく必要があります。

また、志望先に関する知識は、そのまま就職意欲の高さと捉えられます。しっかり下調べをしている=企業への興味関心が強く、就職意欲も高いと判断されるため、情報収集は念入りにおこなわなければなりません。

「業界研究」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「業界研究」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

「企業研究」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「企業研究」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.選考対策をしっかりおこなう

高評価を獲得するには、実際的な選考の対策をおこなうことも大切です。身だしなみを含む面接でのマナーの確認や、印象の良い振る舞い、頻出の質問の対策など、すべきことは数多くあります。何度も面接を経験し、慣れていくほど基本が疎かになって失敗しやすいため、慣れてきた時こそ初心に戻ることが大切です。

また、志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことといった頻出質問の回答を用意することも大切ですが、基本的な内容は応募書類に合わせる必要があります。応募書類の内容をベースに、細部を膨らませる必要があるため、履歴書やエントリーシートも見直しておきましょう。

「面接の対策」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接の対策」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

不採用になる理由に対処して面接の合格を目指そう

新卒の面接は難易度が高く、不採用になることも少なくありません。しかし、単に難しいから不採用になっているわけではなく、合格できない場合には必ず理由があります。不採用が続くなら、なぜ合格できないのか、どこで失敗しているのかを詳細まで考えることが大切です。

不採用の理由を細部まで洗い出すことで、失敗への対処もしやすく、改善も目指せます。面接は一度で上手くいくほど簡単なものではないため、何度も失敗し、反省して改善することの連続です。

一回一回の面接を大切にし、不採用になっても落ち込まずに理由を特定することが、内定を獲得する近道です。なぜ不採用になるのか、失敗するたびにじっくり考えて改善を目指し、一歩ずつ前に進み内定を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ