面接対策

【面接で不採用になる人は多い】不合格の理由やサインなどを紹介

面接で不採用になって落ち込む人は多い

面接で不採用になって落ち込む人は多いですが、そもそも面接はすぐに攻略できるほど簡単なものではありません。合格を勝ち取るには念入りな事前準備が必要であり、少しでも対策を怠ると失敗することも多いです。

不採用にならないためには、何がマイナス評価になるのかを知り、原因に合わせた対策を練ることが大切です。対策無しでがむしゃらに臨んでも不採用で終わり、志望先が全滅することも少なくありません。

新卒での就職の選択肢は広いですが、選考のチャンスには限りがあるため、一回一回を無駄にしないことが大切です。面接で不採用になる理由から、合格を勝ち取るためのポイントまで知り、就活のスムーズな攻略を目指しましょう。

面接で落ちる理由3つ

面接の合格率を高めるには、まずはなぜ不採用になるのか、根本的な理由から考えなければなりません。不採用になるのには必ず理由があり、それをひとつずつ取り除くことで、失敗する確率は減っていきます。

面接での評価は一部ではなく、全体でみられているため、失敗のポイントが複数あることも少なくありません。不採用になってしまう主な理由を知り、自分も同じ間違いをしていないかチェックしていきましょう。

①基本的なマナーができていない

面接で高評価を獲得するにはマナーを守って参加することが重要であり、これが守れていないと不採用になる可能性が高いです。特にマイナス評価になりやすいのは、基本的なマナーであり、社会人にとっての当たり前の部分ができていないと、評価は下がりやすいです。

入室時にはノックをする、座る時には「失礼します」と断ってからなどのように細かいものもありますが、それだけではなく身だしなみもマナーに含まれます。スーツを正しく着こなし、TPOに合った身だしなみができているかどうかも、社会人の基本マナーとして重要視されているため注意が必要です。

面接での振る舞いが完璧でも、身だしなみが整えられていないと第一印象が悪く、選考全体の評価も下がりやすくなるため注意しましょう。

②質問に対する回答が不明瞭

面接は質疑応答の形式で進み、面接官の質問に対してどのように答えるかによって、得られる評価は違ってきます。不採用になる人の多くは、質問に対して正しく答えられておらず、回答内容が不明瞭である場合が多いです。

例えば「志望動機は何ですか?」と問われた場合に、「大学時代は○○を経験し~」と話し出すと、何を伝えたいのかが分かりません。最終的に志望動機に繋がったとしても、結局重要な部分がどこなのかが伝わりづらく、アピール全体の印象は薄まってしまいます。

質問に対して明確な答えを出すには、結論ファーストで伝えなければなりません。回答内容が分かりづらい、重要な部分にたどり着くまでに時間がかかるようだと、マイナス評価に繋がりやすいため注意が必要です。

③採用メリットや就職意欲が提示できていない

質問に対して正しく答えられていたとしても、内容次第では不採用になります。質問に正しく答えることは面接の大前提であり、それができるからといって高評価になるわけではありません。回答できたとしても内容が充実していないと評価には繋がらず、不採用の確率が上がってしまいます。

高評価を獲得するためには、回答の中で自身の採用メリットや就職意欲の高さを売り込まなければなりません。企業は自社で活躍できる人材や、一緒に働きたいと思える人材を採用したいと考えます。

採用メリットや就職への意欲が提示できていないと、採用したいと思ってもらえず、合格を逃してしまいます。回答内容を面接官に判断してもらうという消極的な気持ちでは不採用になりやすいため、積極的に自分を売り込む気持ちを持たなければなりません。

面接での不採用サイン4つ

面接終了後、結果を通知されるまでは合否は分かりませんが、面接中に特定のサインが現れると、不採用の可能性が高いと判断できる場合があります。不採用が確定した時に現れやすいサインは大きく4つあり、面接中にこれらが見て取れる場合は注意が必要です。

もちろん、サインは不確実な目安であり、それがあっても合格するケースはあります。不確かな判断基準のひとつであるため、サインがみえても落ち込まず、最後までやり抜くことが大切です。

①面接時間が極端に短い

企業によって面接の設定時間は違いますが、5分以内のように極端に短く終わってしまうと、不採用の可能性が高いです。これは残りの時間で評価が覆らないほど不採用が確定的になった場合であり、面接中に満場一致で合否が決まると、早めに面接を切り上げる企業は少なくありません。

ただし、これは採用の場合でもいえることであり、合格が確実でゆるぎないものになった時も、不採用と同様に早めに面接を切り上げることがあります。また、そもそも企業によって面接時間が違うため、最初から5分以内という短時間しか設定していないこともあるため、この点にも注意が必要です。

評価が確定したと分かるのは、設定されていた時間よりも大幅に前倒しに終了した時であり、失敗した自覚があるのなら不採用の可能性は高いでしょう。

②面接官の態度が冷たい

面接官の態度が冷たいことも、不採用を示すサインのひとつです。態度が冷たいというのは、横柄な態度を取るというよりは、就活生の発言に興味を示さないといったほうが適切でしょう。

就活生が話している時も興味なさそうにしている、メモを取っていないなどの態度が見受けられるなら、不採用の可能性は高いといえます。反対に採用したい場合は、就活生のことをもっと知りたいと考えるため、積極的にメモを取ったり、前のめりになって話を聞いたりすることが多いです。

ただし、企業によってはストレス耐性を試すために、あえて冷たい態度を取り、反応を見ていることもあります。就活生の適性や能力を見るために圧迫面接をおこなう企業もあり、一概に面接官の態度だけで合否を見抜くことは難しいです。

③今後の話を一切されない

面接中や面接後に、今後の話を一切されない場合は、不採用の可能性が高いです。採用を決めている、あるいは採用の可能性が高い就活生に対しては、企業は今後の話を積極的にする傾向にあります。

合格が確定しているなら、次回選考の日程やイベントのスケジュールを、詳細に伝えるということも少なくありません。何もいわれないということは、選考はそこまでという可能性が高く、不採用のサインであるといえます。もちろん、何もいわれなくても合格するケースはあり、反対に今後の話をされても不採用ということはあります。

今後の話の有無で一概に合否が確定するというわけではありませんが、手応えを知る目安程度にはなるため覚えておくとよいでしょう。

④過度に優しくされる

冷たい態度で接するという不採用のサインがあるため、優しく接する=合格のサインと考える人もいるでしょう。しかし、実際はそうとは限らず、過度に優しくされる場合は、反対に不採用のサインの可能性もあります。

過度に優しく接するのは就活生に悪いイメージを持たれないためであり、今後のユーザーを離さないためです。消費者に関わるBtoC企業の場合、落とした就活生は今後お客様として対応する可能性があります。選考で不快な思いをさせ、未来のユーザーを失わないためといういわば戦略的な措置であり、好印象を残すことで印象アップや集客に繋げる狙いがあります。

企業イメージ向上のために面接での取り組みに気を遣う企業は増えており、全体に優しく接する企業が多いため、何がサインか見分けがつきづらい場合も多いです。

面接で不採用になっても再チャレンジは可能

一度不採用になった企業でも、再チャレンジは可能なのか疑問に思う人は多いでしょう。結論からいえば再チャレンジは可能ですが、これにはいくつか条件があります。まずは再チャレンジしたい企業が、募集を出していることです。募集が出ていないならその時点でチャレンジはできないため、翌年以降まで待つか、別の選択肢を探さなければなりません。

また、募集が出ている場合でも、企業によっては一度選考を受けた人は募集対象外としていることもあります。募集の制限に引っかかり、再チャレンジできないことも多いため注意が必要です。これらの条件に引っかからないなら再チャレンジは可能ですが、二度目の応募でも難易度は変わらないか、むしろ上がるため、念入りに対策して臨まなければなりません。

関連記事
【不採用になった場合に再応募は可能なのか】挑戦するときの注意点

面接で不採用にならないためには

就活の面接は難易度が高く、大企業や有名企業以外でも内定を獲得するのは容易ではありません。何十社と受けてようやく1社内定が出るかどうかということも多く、不採用になるのはある程度仕方がないともいえます。

しかし、だからといってそこで諦めてしまうと、理想とする企業から内定を獲得することはできません。不採用になる確率を下げる方法はあるため、徹底して対策をおこない、合格率を高めて面接の攻略を目指しましょう。

①自己分析を徹底して自分を知る

就活の基本は自己分析であり、面接を攻略するにはこれを徹底して自分を知りつくさなければなりません。面接は自分の良いところや企業からみた採用メリットを伝えることが大切です。これを伝えるには、まずは自分がどのような武器を持っているのか知る必要があります。

自分のことは自分が一番よく知っているいるつもりでも、いざ「長所や短所は何か?」、「もっとも苦労した経験は何か?」と問われると、答えられないことは多いです。過去の経験を細部まで洗い出し、これまでに何を経験し、どのように考えて成長してきたかを、一から見直す必要があります。

自己分析を徹底し、自分を細部まで知り尽くすことで、アピールできる武器が分かり、面接で自分を売り込む戦略も立てやすいです。

②志望先の業界・企業研究は念入りに

自分を知るだけではなく、志望先の業界や企業について知ることも大切です。自分の武器を知っていても、それが志望先で求められるものか分からないと、効率的なアピールをおこなうのが難しいです。

採用メリットの提示とは、単に自分の優れているポイントを伝えるだけではなく、企業が求めているものに照らし合わせて売り込むことが大切です。志望先の業界・企業では何が求められているのか、今後どのような人材を必要とするのか、細部まで調べておく必要があります。

また、志望先に関する知識は、そのまま就職意欲の高さと捉えられます。しっかり下調べをしている=企業への興味関心が強く、就職意欲も高いと判断されるため、情報収集は念入りにおこなわなければなりません。

③選考の対策もしっかりおこなう

高評価を獲得するには、実際的な選考の対策をおこなうことも大切です。身だしなみを含む面接でのマナーの確認や、印象の良い振る舞い、頻出の質問の対策など、すべきことは数多くあります。何度も面接を経験し、慣れていくほど基本が疎かになって失敗しやすいため、慣れてきた時こそ初心に戻ることが大切です。

また、志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことといった頻出質問の回答を用意することも大切ですが、基本的な内容は応募書類に合わせる必要があります。応募書類の内容をベースに、細部を膨らませる必要があるため、履歴書やエントリーシートも見直しておきましょう。

後から選考の対策に使えるように、応募書類は提出前にコピーを取っておくことが大切です。

不採用になる理由に対処して面接の合格を目指そう

新卒の面接は難易度が高く、不採用になることも少なくありません。しかし、単に難しいから不採用になっているわけではなく、合格できない場合には必ず理由があります。不採用が続くなら、なぜ合格できないのか、どこで失敗しているのかを詳細まで考えることが大切です。

不採用の理由を細部まで洗い出すことで、失敗への対処もしやすく、改善も目指せます。面接は一度で上手くいくほど簡単なものではないため、何度も失敗し、反省して改善することの連続です。

一回一回の面接を大切にし、不採用になっても落ち込まずに、理由を特定することが就活攻略の近道です。なぜ不採用になるのか、失敗するたびにじっくり考えて改善を目指し、一歩ずつ前に進み内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ