面接対策

【面接時間は厳守がマスト】万が一間違えてしまった時の正しい対処法

就活では時間厳守が鉄則

就活では何をおいても時間の厳守が鉄則。ビジネスは常にタイムイズマネーで動いており、友達のように待ってくれることはありません。普段から時間にルーズな人は特に注意が必要になります。時間に遅れるということは、それだけで相手の信用を大きく失ってしまうものです。

信用第一のビジネスでは、信用を失うというのは致命的であり、就活においてもそれは同じです。また時間を守らないということはそれだけ適当に考えているからであり、志望度が低いのではないかと思われることもあります。本人の意思に関係なく、遅刻をするというだけで様々なことが想像され確実に評価を落としてしまうことに繋がるので、就活中は特に時間を気にしながら行動するよう心がけましょう。

就活では30分前行動をする

就活は時間厳守で行動しなければならないため、常に時間に余裕を持っておきましょう。余裕を持つ時間の目安は30分です。移動中の電車が遅延してしまったり、道に迷ってしまうかもしれないので、就活中は普段より少し余裕を持って、30分前行動を心がけることで急なトラブルにも対応することができます。

ただし、説明会や面接で30分前に受付をしてしまうと逆に迷惑になってしまうことがあるので会場入りをするのは15分前ぐらいにしましょう。企業にも段取りがありますし、前後に他のグループの説明会や面接がある場合もあります。早すぎず、遅すぎず、就活は適度な時間間隔で臨みましょう。

あなたの面接力は何点?

面接は事前準備が重要ですが、現時点での面接力を診断することで、より念入りな対策を進めましょう。そこで活用したいのが「面接力診断」です。自分の弱点を把握するとともに、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で確認できます。無料でダウンロードできるため、気軽に試してみましょう。

面接に遅刻をするのは論外

時間厳守な就活ですが、時には何らかの事情で時間に遅れてしまうこともあります。百歩譲って説明会などであれば遅刻しても大きな問題にならないこともありますが、面接に遅刻をするのは絶対にNGです。面接に遅刻をしてしまうのは、ここぞという時に力を発揮できない人という印象を与えるのでその後の選考においてもかなり不利になります。どれだけ素晴らしい能力があっても、それが発揮できなければ意味はありません。

面接に遅れるということは、評価の基準にも立てない可能性があるということを覚えておきましょう。どんな理由があろうと自己管理ができていないイメージはついてしまうので、遅刻は避けなればなりません。

時間に正確に行動する方法3つ

時間通りに行動するには、スケジュール管理能力や自己管理が必要になります。ただでさえ忙しい就活で、全てのスケジュールを正確にこなすのは至難の業です。しかし絶対に無理というわけではありませんし、忙しいスケージュールでもきちんとこなしている就活生はたくさんいます。

普段から時間にルーズな人やスケジュール管理が苦手な人にとっては難しいかもしれませんが、不可能なことはありません。そんな、時間に正確に行動するための方法をご紹介していきます。大きく分けて3つのポイントがありますので、それらを踏まえて行動していきましょう。

方法①スケジュール帳に細かく記入

時間通り正確に行動するのであれば、その日のスケジュールを細かく分解して、その全てをスケジュール帳に記しておく必要があります。とにかく細かくスケジュール帳に乗るべき電車やバスの時間までを下調べして記載しておく事で時間通りに到着する事ができるため、面接会場に遅れるという心配もありません。電車の乗り換えを間違えたり、乗るべき路線とは違うバスに乗ってしまったり、停留所を間違えるというのが遅刻してしまう主な原因でもあります。

どのような順路で行けばいいのかしっかりとイメージし、記入しておけば間違えることはありません。また普段からスケジュール帳に細かく記入し、何度も見直す習慣をつけておけばスケジュール管理の能力が次第に上がっていきます。

方法②開始時刻を前日までに確認

面接や説明会は指定された日や時間がそれぞれ違います。メールなどで知らされることがほとんどですので、開始時刻を間違えないように前日までに確認しておくことで時間に正確に行動することができるでしょう。開始時刻を当日に確認するのはNGです。確認した頃には時すでに遅しという場合もありますし、ぎりぎり間に合うとしても行き当たりばったりなことを続けていればいつか必ず大きな失敗をしてしまいます。最低でも前日までに開始時刻を確認しておくことが必要です。

常に3日先ぐらいまでの予定は把握しておくようにしましょう。また予定をしっかりと把握している場合でも、必ず前日に最終確認をしてください。分かっているつもりでも記憶がごっちゃになっていることはありますので、念を押す意味でも最終確認を怠ってはいけません。

方法③面接の前日に道を確かめておく

会場への行き方や面接の開始時間などを何度も確認しても、不安が残る場合はあります。どうしても不安な場合は、面接とは別日に実際に歩いて企業への道を確認しておくのも効果的です。一度通った道であれば当日も不安になることはありませんし、道を間違える心配もありません。また歩いてどれくらいかかるのか、大体の時間を把握することができます。最寄りの駅などから歩く時間を逆算して、スケジュールの調整を行えばより完璧です。後は設定した時間通りに行動すれば何の問題もありません。

就活では少しでも不安をつぶしておくことが大切でもあります。無事に時間通り行けるか、遅れないかなどの不安があれば、面接で充分に力を出し切れないこともあるかもしれません。少しでも不安要素を取り除き万全な状態で選考に臨むことが大切ですので、スケジュールの確認はやりすぎと思うぐらいでも構わないでしょう。

時間を間違えた時の対処方3つ

どれだけ綿密にスケジュール管理をしていたとしても時にはミスをしてしまうこともあります。就活は忙しく動き回らなくてはならないので、一度はミスをしてしまうこともあるかもしれません。時間を間違えたと分かれば非常に焦ってしまいますが、そんなときこそ冷静に対処する必要があります。早く着きすぎた場合はどこかで時間を潰せばいいですが、時間を間違えて今からだと確実に間に合わないという場合はどうすればいいのでしょう。

就活では遅刻は禁物ですが遅刻が確定すればそれについて対応していかなくてはなりません。一番やってはいけないのはそのまますっぽかすことです。一度大きく信用を失えば回復するのは難しくなります。必ず何らかの対処をしましょう。

①誠意を持って謝罪をする

時間を間違えた場合は言い訳をせずに、誠意を持って素直に謝罪した方が効果的です。事前に遅刻すると気づいていたのであれば当然謝罪の言葉を考えながら会場に向かっているでしょうが、厄介なのは会場に入って気づいたときです。自分では気づかずに会場についてしまい、「時間が違っている」「約束した時間は過ぎてしまった」と言われれば、そんなはずはない、何かの間違いではないかと企業を責めてしまいがちになります。

終わってしまったものはどうにもなりませんし、そこで文句を言ったところで自分の心象を悪くするだけです。まずは謝罪をし、それから本当に時間が間違っていたのか企業からのメールなどと照らし合わせてゆっくり確認していきましょう。

②気づいた時点ですぐに連絡を

会場に向かう途中で約束の時間に間に合わないと気づいた場合は、時間に間に合わないと気付いた時点ですぐに連絡をすることが大切です。時間ぎりぎりに連絡をするのは印象が悪いので、できるだけ早めに連絡を入れましょう。急げばぎりぎり間に合うのではないかと連絡をせずに走って会場に向かう人もいますが、間に合わない場合は最悪ですし、間に合っても息を切らせて駆け込んできた人の印象はあまり良くありません。

企業に連絡をする際ですが、直前の場合はメールではなく必ず電話で伝えることが大切です。電話だと緊張してしまうので伝えやすいメールにしたいところですが、メールだと気づかれない可能性があるため無断欠席だと思われてしまうことが多いからです。ですので、確実に伝えるために必ず電話をするようにしましょう。

③企業側の指示に従う

時間に遅れることを伝えた場合に気になることは、選考はどうなるのかということです。企業によって対応は違いますので遅刻をしてでも面接を行うのか、日程を変更するのかは指示に従うようにしましょう。個人面接の場合は時間を繰り下げて面接が行われる場合もありますし、グループ面接などの場合、後のグループに入れてもらえる可能性もあります。

遅刻をしてもその日に面接をするということはあり得ますので、面接への気持ちを切らないようにしましょう。もちろん当日の日程が合わなければ後日に面接ということもあります。絶対に遅れないようにし、また面接の最初には、前回の遅刻を謝罪するようにしましょう。

厳しい企業であれば遅刻をした段階で不合格という事もあり得ます。遅刻をした人が悪いのでそれも一つの勉強だと思い、気持ちを切り替え次からは遅刻をしないようにすることが大切です。

事前に時間変更をお願いする場合

当日中に時間が間に合わないということもありますが、前日か、それより前に企業のスケジュールと日程が合わないということもあるでしょう。就活では複数の企業を受けることになるので、どれだけ上手にスケジュール管理をしていたとしても企業同士の選考が重なってしまうということもあります。

スケージュールがかぶったからとどちらか一方の選考を断念するというのは非常に勿体ないです。企業にも都合がありますので変更が叶わない場合もありますが、事前に連絡をしておけば融通を聞かせてくれる可能性もあります。すぐに諦めずに、企業に時間の変更をお願いしてみましょう。

メールで連絡をする

【例文】

件名:面接の時間変更のお願い

○○株式会社
採用ご担当者様

○○大学○○学部の○○と申します。
本日は面接の日程を変更して頂きたく、ご連絡を差し上げました。
○月○日○時より貴社の面接を受ける予定でしたが、
所用のため参加する事が難しい状況となってしまいました。
ですが、貴社の選考を受けたいという気持ちに変わりはありません。
誠に勝手なお願いで大変恐縮なのですが、
よろしければ以下の日程から再度設定して頂けないでしょうか。

・○月○日~○月○日 ○時~○時
・○月○日~○月○日 ○時~○時
・○月○日~○月○日 ○時~○時

ご多用の中、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ないのですが、
ご検討のほど何卒よろしくお願い致します。

事前に時間の変更をお願いするときはメールで連絡をしましょう。他の面接の都合や企業の都合など、様々な事情を考慮してスケジュールを変更していくことになるので電話をしてもその場で予定を動かせない場合があり、かえって迷惑になることもあります。手が空いた時にスケジュールについてゆっくり考えられるようにメールが好ましく、時間の変更をお願いするときは件名を「面接の時間変更のお願い」にするなどすぐに内容が分かるようにしましょう。

企業の誰宛てなのか、差出人は誰なのかを明記して、自分の面接の予定日、時間を記し所用によって面接ができないということをはっきりと伝えます。そしてその上で時間の変更をお願いします。この時に自分の都合のいい日時の候補を出してください。複数出すことで変更してもらえる可能性も高まります。最後にお礼の挨拶で締め、返事を待ちましょう。

面接まで日にちに余裕がない場合は電話で直接話す

面接日程や時間に変更がある場合は、分かり次第すぐにメールで連絡しますが、それも面接日まで日にちに余裕があった場合です。返信期日を過ぎてから面接の日程や時間を変更したい場合は、電話で早く伝えなければいけません。その際に、メールで連絡をしてしまうと、「担当者がすぐに見ることができない」、「他のメールと紛れてしまう」という可能性が出てきてしまい、返信が来るまでに時間がかかってしまいます。

面接者が多数いる中で、確定してしまった日程や時間を変更するというのは、企業に迷惑がかかり、良くない印象を持たれるということを覚悟しておきましょう。またメールでも電話でも同じですが、変更する場合の理由で「他の企業と選考日程が被っているため」と正直に話すのは避けてください。「御社は第一志望ではありせん」と言っているようなものであり、大変失礼になります。

面接は早い時間帯が有利

面接時間が予め指定されているという場合もありますが、企業が指定する日時の中から自分で選ぶという場合もありますが、どの時間を選ぶといいのでしょう。午前中だと寝坊などの心配もあるので午後を選んでしまう人も多いですし、企業から指定されている場合でも午前だと嫌だなと思う人が多いのではないでしょうか。しかし実は面接は午前の早い時間帯に行うのが有利だと言われているので、それはチャンスでもあります。自分で時間が指定できるなら特に狙って午前の早い時間帯の面接を受けましょう。

なぜ午前の早い時間が有利なのか、それは面接官は何人もの就活生を相手に面接しているので、午後の終盤は多少疲れているからです。面接官も人間ですので永続的に集中力が続くわけではありません。疲れていると判断力も鈍りますし、評価に誤差が出てしまうこともあります。正確に判断してもらうためにも頭がスッキリしている早い時間帯に面接をしてもらった方が良いと言えます。

午前の次に有利なのは午後一

午前を狙っていたのに埋まってしまった、という予想外なことももちろんあります。しかし、面接の時間でベストなのは午前ですが、「午後一」も午前と変わらないぐらい有利な時間なのです。逆に午前でも最後の方だとお腹が空くので、面接官の集中力が切れてきます。

午後の遅い時間も一緒で、面接官の集中力が切れてしまい、判断が鈍ってしまいます。しかし、午後一は空腹も満たされることで回復し、「さぁ、午後からも頑張るぞ」と気合を入れ、リセットされているでしょう。しかし、この状態も長くは続かないのが人間です。そのため、午後であればなるべく早く面接を受けるのが有利となるわけです。面接官も受験者も空腹を満たされることでリラックスし、聞きやすい・話しやすい状態になります。

面接の日程も早い方が有利になる

面接の日程というのは、時間よりも優先したほうがいいでしょう。面接は早く受けた方が有利になります。その理由は、企業側からすれば、早く受けた人と遅く受けた人では熱意の差を感じてしまうからです。実際に本人に同じくらいの熱意があったとしてもです。そのため、早く面接を受けた人が有利になってくるでしょう。

また、企業は早く内定者を決めたいと考えています。優秀な人を他の企業に取られないよう、早く内定を出したいと考えているのです。そのため、即日内定し、第二次面接の案内をすぐに出す企業もあるでしょう。企業は最終面接を通過した人から内定を出します。採用予定の数に達したら、他の面接はキャンセルすることもあるのです。となると、1日目の遅い時間を選ぶ方が、2日目の朝一を選ぶより有利になるということです。

遅い日程や時間に決まったとしても諦めてはいけない

面接者が多い場合は、早い日程や時間を指定することができないということもあります。また、他の企業の面接も受けることでスケジュールが合わず、遅い日程や時間になることもあるでしょう。ではそうなってしまうと、採用される確率というのは少なくなってくるのでしょうか。

確かに、早い日程や時間に面接を受けると有利だということには間違いはありません。ですが、遅くなったとしても諦めてはいけません。なぜなら、期待していたのに、早く受けた人の中から優秀な人が見つからなかった、という可能性もあるからです。また、早く受けれたからと気持ちに余裕ができ、力を発揮できなかった人もいるでしょう。遅い日程になった場合、早い人に負けないようなアピールができれば逆転の可能性が高くなってきます。

面接が長びいた場合の内定の確率

面接の結果は、後日電話やメールで連絡されます。企業からの連絡を待つ間、不安な気持ちになる就活生は多いでしょう。また、面接の手ごたえを感じて「もしかしたら内定かもしれない」と思う人もいるかと思います。

特に、面接が予定の時間より長引いたか短くなったかを指標にする人は多いといえます。ここでは、面接が長引いた場合の内定の確率についてみていきましょう。面接にかかる時間と選考結果には関係があるのでしょうか。

面接が長いと合格・短いと不合格と感じる就活生が多い

就活生の多くが、面接が長いと合格したのではないかと感じることが多いようです。面接が予定より長くなったということは、自分の伝えたいことを思う存分話すことができたということがいえるでしょう。また、面接官に話した内容についてつっこまれるなどして、話が盛り上がったということもあるでしょう。面接官とうまくコミュニケーションをとることができると、その結果に自信が持てるものです。

面接が思ったより短い時間で終わってしまった場合、不合格かもしれないと思う就活生が多いでしょう。自分の話について質問されることもなく予定より早めの時間に終わってしまうと、面接官が自分の話すことに興味を持たなかったのではないかと感じてしまいます。

面接時間が短くても合格となる場合がある

面接時間が長いか短いかで合否について判断する就活生は多いといえますが、面接時間が短かったからといって不合格になるわけではありません。むしろ、面接に時間がかからなかったということは、企業から早い段階で優秀な学生だと判断された可能性があります。面接が早く終わってしまうと不合格になったと感じる人は多いといえますが、選考を突破している可能性も高いためあまり考え込みすぎないようにしましょう。

また、面接時間が長かったという場合は、本当に優秀な学生なのかどうかを判断するために多くの質問をされていただけだったということも考えられます。どちらにしても面接時間の長さで合否について判断することはできないため、深読みしすぎないようにしましょう。

面接時間に遅刻するのはNGであり早めの行動が大切

就活は社会人になるための準備段階のようなものですが、すでに自分も社会の一員なのだということを意識して取り組む必要があります。ビジネスの世界は時間厳守が鉄則。一度でも時間を守らなければ信用がおけないとして仕事の話がなしになるということもあります。

それほど時間を守るという基本的なことが重要なのだと覚えておきましょう。しかし、どれだけ気をつけていてもミスをしてしまうことはあります。そのときは誤魔化そうとするのではなく、素直に謝罪しすぐに対処しましょう。

遅刻や時間を間違えるというのはそれだけでマイナスになりますが、上手に対処すれば少ないダメージで切り抜けることも、挽回することもできます。相手に対する誠意を持ち、何があっても時間を厳守するという強い意思を持って就活に取り組みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ