職種研究

【貿易事務の志望動機】3つの例文とポイント・NG例を紹介

貿易事務について

経済のグローバル化が進み、貿易の重要性が高まっています。物を国を超えて移動させるには、書類作成や船の手配など多くの業務をおこなう必要があります。貿易に必要な一連の仕事を貿易実務といい、商社やメーカーなどで必要とされる職業です。

そのなかでも、書類の作成や通関などの手配をおこなう貿易事務として働くためには、どのような志望動機を作成すればいいのでしょうか。この記事では、貿易事務を目指す方に向けて、業務内容や志望動機の例文をご紹介します。

貿易事務の主な業務内容

貿易事務の業務は多岐に渡ります。輸出・輸入・三国間貿易に必要な書類の作成に始まり、業者とのスケジュール管理、移動手段である船や飛行機の手配、通関手続き、関税や消費税の納入手続きなどをおこないます。

貿易に関連する複数の企業との連携が必須のため、コミュニケーション能力が必要です。また、データ入力や売上管理もおこなうため、業務のスピードと正確性も求められます。貿易知識に加え、英語や中国語などの言語力も必要です。

貿易事務は一般事務よりも専門性が高く、業務の難易度も上がります。その分、とてもやりがいのある職業だといえるでしょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

貿易事務の志望動機を書く際には、貿易事務を志望する理由を明確にしましょう。貿易事務の他にも、事務職には営業アシスタント、総務、人事、経理などがあります。「事務志望だから」という動機だけでは、「他の職でもいいのでは?」と採用担当者に思われてしまいます。複数ある事務職の中から、あえて貿易事務を選んだ理由を明確に示すことで、熱意を伝えることができるでしょう。

志望動機が書けない時は、志望動機作成ツールを活用しよう

志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

貿易事務の正しい志望動機例3選

貿易事務として採用されるためには、どのような志望動機を書けばいいでしょうか。例文を3つ紹介しますので、自分の志望動機を作成するときの参考にしてください。

志望動機の例文①

私が御社の貿易事務と志望する理由は、貿易を通じて世界中の人と人を繋ぐ仕事に携わりたいと考えたからです。御社はグローバル事業を展開しており、世界中の人の生活を支えています。人材教育に特に力を入れている御社でこそ、人々の生活を真に豊かにすることができると思いました。世界中を行き来する物の流通に関わり、御社のもとで自分自身がさらに魅力あふれる人となり、社会に貢献していきたいと考えています。

上記例文では、貿易事務を目指す理由がしっかりと説明できていまます。さらに、その会社の特徴である人材教育にも触れているため、業界・企業研究をしているアピールにもなります。採用後に自分がなりたいビジョンも述べられているため、採用担当者に熱意を伝えることができるでしょう。

志望動機の例文②

私が御社を志望する理由は、英語を使い、自分のやりたいことを実現する最も相応しい方法だと確信したからです。1年間の海外留学の間、海外にいても日本の安全な食品や製品が購入できる環境に大変驚きました。高品質な日本の商品を求めている人は多いため、それを世界にもっと届けたいと思いました。留学で鍛えた英語力を活用し、御社の取り扱う多種多様な商品を世界中に供給することで、業績向上に貢献していきたいと考えています。

上記例文では、貿易事務を目指すきっかけとなった経験を説明しています。この理由が説明できれば、入社意欲を効果的に伝えることができるしょう。さらに、英語という貿易事務に役立つスキルがあることもアピールすることで、入社後に活躍が期待できる学生という好印象を与えることができるでしょう。

志望動機の例文③

私が御社を志望する理由は、貿易というグローバルビジネスの最前線に立ち活躍できるところに魅力を感じたからです。貿易事務は営業担当者の補佐という立場ではありますが、多数の関係者と連絡を取りつつ、実際の物の動きを把握して、スムーズな流通を実現すべく積極的に仕事に関われることに、とてもやりがいを感じました。今は貿易実務検定C級を勉強中です。御社で実務経験を積みながら、貿易事務のスペシャリストを目指します。

上記の例文では、貿易事務に役立つ経験やスキルがなくても、資格取得に向けて勉強中であることを伝えています。こうすることで、熱意をアピールすることができるしょう。さらに、入社後のビジョンも述べています。目標をしっかりと持っているため、今後も努力を続け成長する社員になるというイメージを採用担当者に与えることができます。

自分は貿易事務に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、貿易事務の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が貿易事務に向いているタイプか、診断してみましょう。

貿易事務の志望動機NG例

貿易事務の志望動機を書くにあたり、NGな志望動機の例文をご紹介します。NGとなる理由についても解説しますので、自分の志望動機と比べてみてください。

NG例

私が御社の貿易事務を志望した理由は、得意の英語を活かせると考えたからです。大学では英語を専攻しており、1年間海外留学もしていました。英語でコミュニケーションをおこなう生活に慣れ、TOEICの点数を1年間で100点も上げることができました。貿易事務で必要とされる英語力には自信がありますので、それを武器に即戦力として働くことで会社の業績向上に貢献できると考えています。

上記の例文では、貿易事務を志望している理由の説明が不足しています。採用担当者に「得意の英語を活かすのではあれば、他の職業でもいいのでは?」と思われてしまいます。英語を活かせる仕事には、海外営業、通訳案内士、ホテルマンなど、他にも多くの職種があります。英語のスキルの高さと併せて、貿易事務を目指す理由を明確にできれば、説得力の高い志望動機となるでしょう。

貿易事務の志望動機は例文を参考にしよう

貿易をおこなうためには、様々なタスクをこなす必要があります。それらを担う貿易事務の業務は大変ですが、それ以上にやりがいのある魅力的な仕事です。グローバルビジネスの最前線に立って活躍し、世界中の人々の暮らしを豊かにすることができます。

貿易事務は一般事務とは異なり、貿易知識と語学力が必要とされます。貿易実務検定資格やTOEICなどのアピールできるポイントがあれば、志望動機に盛り込みましょう。資格などがなくても、入社後のビジョンを明確にすることで熱意を伝えることができます。

志望動機は、履歴書やエントリーシートで採用担当者が最初にチェックする項目です。選考を通過し内定を勝ち取るためにも、自分なりの志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ