履歴書

【履歴書はどこで買える?】購入できる場所や注意点などを徹底解説

就活用の履歴書はどこで買えるのか

就職活動において、しっかりと練り込んで書かれた履歴書は、就活生の魅力をアピールする武器となります。それは履歴書がきちんと作られていると、採用担当者は会う前から就活生に良い印象を持ってくれるからです。また、就職活動の面接という緊張感のある場で、自分の良さを100%出しきれる就活生は多くありません。面接ではうまく伝えきれなかった就活生の強みを、就活生に代わって採用担当者にアピールしてくれるという心強い面も履歴書にはあります。

履歴書を提出するタイミングは、企業によって異なります。いつ求められても慌てなくてすむよう、早めに準備しておくとよいでしょう。この記事では、就職活動で使うべき履歴書の購入方法についてご紹介します。採用担当者の目に留まるような履歴書作りの第一歩として、参考にしてみてください。

履歴書を購入できる場所

日常生活を送るうえで、履歴書を使用する機会はあまりありません。そのため、そもそもどこで履歴書が売られているか知らないという就活生もいるのではないでしょうか。履歴書は、実は身近なお店で販売されています。しかし履歴書によって少しずつ記入欄や項目が違うことがあるので、購入する際はきちんと内容をチェックして選んだほうがよいでしょう。ここからは、履歴書を購入できる場所とその特徴についてみていきます。

大学の購買部

就活生が使う履歴書としてオススメなのは、大学の購買部で販売されている履歴書です。理由は2つあります。1つ目は購買部で買った履歴書には、大学名が記されているからです。その履歴書を使えば、どの大学の出身者なのか採用担当者にひと目で分かってもらうことができるでしょう。ゼミでの研究内容など大学生ならではの項目が大きめに取られていることもあり、きちんと書きこむことができれば大きなアピールとなるはずです。

2つ目は就活生らしさが出るからです。大学の購買部で売られている履歴書は、就活生だからこそ使える履歴書だといえるでしょう。フォーマルな履歴書として購買部の履歴書を選んでいるということで、採用担当者に真面目な印象をもってもらえる可能性もあります。

文房具売り場

文房具売り場や書店でも、履歴書は売られています。文房具店や書店で履歴書を購入するメリットは、いくつかの種類の中から実際に手にとって選べることです。ひとくちに履歴書といっても、商品により作りが少しずつ違います。例えば学歴や自己PR、特技などの項目自体は履歴書によってもあまり差がありませんが、どの項目が重視されているかは履歴書により異なります。

自分自身の魅力をよりアピールできるように項目が配置されている履歴書を選ぶと、履歴書作成がしやすくなるかもしれません。項目以外にも、履歴書のサイズや封筒の有無、紙の質などが商品により変わります。よく見比べて、充実した内容を書くことができるような履歴書を選んでください。

コンビニ

知らない就活生もいるかもしれませんが、実はコンビニでも履歴書を購入することができます。急に履歴書が必要になったときや、書き損じてしまい急遽買い足さなければならなくなったときにも、24時間営業しているコンビニで購入することができればとても便利です。ただしコンビニで販売されている履歴書は、種類が限られています。場合によっては必要なサイズが無かったり、項目がシンプルすぎたりすることもあるかもしれません。

コンビニで購入するのは、緊急時のみにしておいた方がよさそうです。各コンビニによって違う種類の履歴書を販売していることもあるので、身近にあるコンビニに置いてある履歴書をあらかじめチェックしておくと、いざというときの助けになるでしょう。

その他ネット・100円ショップ

大学の購買部、書店や文房具店、コンビニの他に履歴書を購入することができるのが、100円ショップです。ただし100円ショップもコンビニと同じく、履歴書の種類が少ない場合があるので購入する際には注意してください。近くのお店で適当な履歴書が見つからなかったときには、インターネットで購入するという方法もあります。

インターネットであれば、多くの商品の中から選ぶことができるので、自分の書きやすい履歴書が見つかるでしょう。インターネットで購入するときには、商品の詳細を確認するのを忘れないでください。実際に手にとって購入できるわけではないので、サイズや規格、付属の封筒のサイズなどもきちんと確認しましょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

履歴書の購入時の注意点3つ

履歴書は、思った以上に色々なお店で販売されていることが分かりました。では実際に購入するときには、どのような点に気をつけて買えばいいのでしょうか。就活生が書きやすいと思える履歴書を選ぶのが一番ですが、マナー違反などで心象が悪くなるような履歴書ではいけません。ここからは、具体的な履歴書の選び方について、3つのポイントに分けて見ていきます。

①履歴書を企業が指定している場合がある

企業によっては、使用する履歴書を指定している場合があります。企業指定の履歴書は、一般的にはインターネットからダウンロードして使用することが多いようです。企業が履歴書を指定するのは、必ず聞きたい項目があったり、同じ内容の履歴書で全ての学生を選考したいという思いがあったりするからでしょう。

そのためいくら履歴書の内容がよくても、指定された履歴書以外の履歴書を提出してしまうと不採用となってしまいます。注意力が無くいい加減な学生だと思われないよう、指定の履歴書の有無を確認してから履歴書を書くようにしてください。

②履歴書はA4サイズのものを選ぶ

履歴書には、A4サイズとB5サイズの2種類しかありません。履歴書のサイズが直接合否に関係することは無いですが、どちらのサイズも選べるときにはA4サイズを選ぶようにしましょう。A4を選ぶ理由は2つです。1つ目はB5に比べて用紙が大きいため、より多くの内容を書いてアピールすることができるからです。文字が大きくなるため、採用担当者が読みやいという点もあります。

2つ目は、パソコンの普及によりビジネスの場ではA4の書類が使われることが多いからです。企業で一般的に使われているA4サイズに履歴書を合わせた方が、企業での履歴書の管理がしやすくなるでしょう。A4サイズの履歴書を作成した場合、角形2号の封筒を選べば履歴書を折らずに入れることができます。クリアファイルに挟み、白い封筒に入れて送付してください。

③履歴書の規格に注意する

履歴書には、それぞれ規格があります。規格によって記入する項目内容が変わってくるので、用途に合わせた履歴書を選ぶようにしなければなりません。履歴書の規格は、4種類です。1つ目はJIS規格です。正式名称は日本工業規格と言い、全国で統一されている履歴書のフォーマットです。2つ目は一般用、3つ目は転職用、4つ目はパート/アルバイト用です。

就活生は、転職用とパート/アルバイト用は使用してはいけません。JIS規格のものか一般用のものを用意してください。JIS規格と一般用は、どちらを使っても構いません。JIS規格は学歴欄が多く、一般用は自己PRの欄が多いという特徴があるため、実際に手にとって見比べ自分が書きやすいほうを選ぶと良いでしょう。

履歴書の規格を選ぶときのポイント2つ

ここまで履歴書の購入方法やサイズ、規格についてみてきました。自分が購入する履歴書のイメージが湧いてきたでしょうか。ここからは、就活で使うべきJIS規格の履歴書と一般用の履歴書について、特徴をまとめています。JIS規格と一般用では、内容に大きな差があるのでより自分をアピールできると思う履歴書を選んでいきましょう。

①学歴や経歴重視する場合はJIS規格を選ぶ

JIS規格の履歴書は、学歴や職歴の記入欄が広くとられているのが特徴です。そのため新卒での就活よりは、転職活動で使われることが多くなります。ただし就活生でも、複数の学校を卒業するなど学歴をアピールしたい場合には、JIS規格の履歴書のほうが向いています。

免許や資格欄も広めに設定されているため、学生時代に自己研さんの一環として資格を多く取得した人も、JIS規格の履歴書を活用すると良いでしょう。一般的な学歴や資格しかない場合にJIS規格の履歴書を選んでしまうと、記入内容が少なく空白の多い仕上がりになってしまいます。特に学歴や資格をアピールしたいわけでなければ、一般用の履歴書がオススメです。

②自己アピールしたいとき一般用を選ぶ

一般用の履歴書はJIS規格のものにくらべ学歴職歴欄が少ない代わりに、自己PR欄が大きく設けられています。就活生は、職歴がなく特別なスキルや資格はこれから身につけていくという人も多いでしょう。そのようなときには、一般用の履歴書を選んでください。一般用の履歴書には、自己PRのほか志望動機や趣味、特技を書く欄があります。

就活生の人となりをアピールするには最適の履歴書だといえます。履歴書は、就活生がこれまでに歩んできた道を振り返り、自分と向き合わなければ作り上げることができません。志望業界や志望企業が決まる前から、自己PRや趣味特技などについて少しずつ考えておくと良いでしょう。

自己分析ツールを活用して、受かる履歴書を完成させよう

履歴書はあなた自身を売り込む文章。採用担当に響く履歴書を書くには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解しておく必要があります。

そこで便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、自己分析をサクッと終わらせ、人事の心に刺さる履歴書を完成させましょう

履歴書は大学の購買部で買うのがオススメ

履歴書の種類による違いを踏まえた上で就活生にオススメなのは、大学の購買部で販売されているものです。大学の購買部は、大学生に役立つものを専門に取り揃えています。そのため履歴書も大学生が就職活動で使いやすく、企業によい印象を与えられる様式のものが販売されているからです。

履歴書はさまざまな企業をまわる就活生にとって、名刺代わりとなります。直前になって慌てなくてすむよう、余裕を持って購入しておくことが大切です。また、直前に書かなければならないというルールはありません。就職活動をそろそろ始めようかなというときには、就活の準備段階として履歴書を少しずつ埋めていく練習をしましょう。しっかりと準備をしていれば、試験を受ける頃には採用担当者の目に留まるような履歴書を書けるようになっているはずです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ