履歴書

履歴書の住所欄の正しい書き方

履歴書の住所欄は注意が必要

履歴書の記入を進める中で、住所欄の記入でペンが止まってしまう就活生は意外と多いのではないでしょうか。これまでに住所を書く機会というのは頻繁にあったでしょう。例えば学校関係の書類、ポイントカードの入会時、アンケートの記入、ECサイトで商品を購入したときなど、住所を記入することに慣れているでしょう。

では履歴書の住所欄はいかがでしょうか。何も考えずに住所を書いてはいないでしょうか。履歴書は応募者の経歴を示す重要文書です。住所を間違えて記載してしまうと、履歴書自体の信憑性を下げることになります。つまり間違えないように注意して記入する必要があります。

この記事では履歴書の住所欄の記入方法について詳しく解説していきます。
以下で紹介する住所欄の記入方法を参考に、面接に進めるよう対策を進めましょう。

履歴書に住所を書くときのポイント7つ

ここからは履歴書に住所を記入する際のポイントを項目別に7つご紹介します。ポイント1からポイント5まで順番通りに記載することで記入漏れや記入ミスをする可能性が低くなります。郵便番号から手順に沿って記載してみてください。

基本情報欄

①郵便番号から記入する

まず郵便番号を記入しましょう。郵便番号の記入は、選考が進み企業側から内定通知や懇親会のお知らせ、書類の提出依頼が送られてくることも想定して記載する必要があります。なぜならお知らせや依頼というものは、「信書」に該当するからです。

信書の取り扱いが可能な事業者は日本郵政をはじめとしてごく限られており、一般的に企業が採用関連で使用する場合は、郵送が最も多いです。企業側で郵便番号を記載する必要が生じますので、あらかじめ記載されていれば企業側の手間が省けるというわけです。

②住所は略さず正式名称を記入する

次に住所を記入しましょう。住所を記入する際の注意点としては、略さず正式名称を記入うすることです。東京や政令指定都市のように大きな都市に住んでいる場合、普段は都道府県名を省略しているかもしれませんが、履歴書では「新宿区〜」などと略さずに、都道府県から記載するようにしましょう。

また、地名やマンション名にもよく注意しましょう。普段書いている住所は、旧字や常用漢字以外を使った地名や建物名を簡略化している可能性があります。例えば、「壱」なのか「一」なのか、「澤」なのか「沢」なのか。カタカナのマンション名では「・」の位置や、大文字小文字の区別も確認しておくとよいでしょう。

③ふりがなは番地まで記入する

次にふりがなを記入しましょう。基本的には、ふりがなは番地まで記載をすればいいとよいでしょう。「ふりがな」と平仮名で書かれている時と「フリガナ」とカタカナで書かれている場合は、それぞれの表記に従い記入します。つまり「ふりがな」の場合にはひらがなで、「フリガナ」の場合にはカタカナで記入しましょう。データで入力する場合には「フリガナ」と「フリガナ」で区別されている場合もあります。全角と半角に注意して記入をしましょう。

④住所とマンション名は少し開ける

次に住所とマンション名の間に間隔を開けて記入しましょう。間隔を開けずに記入してしまうと、住所とマンション名の区別がつかなくなってしまいます。スペースを開けて区別しましょう。マンション名が長いと字が小さくなってしまうため、字が潰れないように丁寧に書いてください。マンション名にふりがなを振るかどうかについては、読み方が難しい場合のみで問題ありません。例えば「品川マンション」などはふりがなを記入する必要はありません。間隔を開けることを忘れずに記入しましょう。

⑤番地はハイフンで繋がず、正式名称で記入する

【記載例】

    NG:1-12-5
    OK:1番地12丁目5号

    次に番地住所を正しく記載するために必要なことは、省略をせず公式な書類を書くという意識です。その中でも、番地は要注意ポイントのひとつです。戸籍や住民票などの公的文書は番地をハイフンで繋ぎません。

    番地はハイフンで繋がずに「〇番地〇〇丁目〇号」というように正式名称で記載するようにしましょう。履歴書は公式書類です。間違えないように、戸籍や住民票と同様に記入しましょう。

    ⑥連絡先には緊急連絡先を記入する

    緊急連絡先というのは、本人に連絡をしたくてもつながらない場合に連絡が取れる連絡先のことです。一般的には実家・帰省先の住所を記入します。不慮の事故や想定していなかった災害が起き、企業から本人に連絡が困難になった場合に参照する欄です。

    通常の選考過程では企業から緊急連絡先に連絡をすることはまずありませんが、事故や災害はいつ起こるかわかりません。現住所と緊急連絡先の住所が同じ場合は、「同上」と記入しましょう。

    ⑦住所が長い場合は2行に分けて記入する

    【記載例】

    NG:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー12F

    OK:〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-17-1
       住友不動産新宿グランドタワー12F

      マンション名まで記入すると、枠からはみ出てしまうことがあります。その場合はマンション名を省かず、2行にわけて記入しましょう。

      正確な住所の記入が求められるため、マンション名や地名を省略せず枠内にバランスよく書きます。宛先に建物名がない場合の宅配・郵便は、住所不備としていったん配達中止になることもあるのです。企業からの大事なお知らせを無事に得るためにも、マンション名なども省かずに記入しましょう。

      応募後に引っ越しの予定がある場合

      データ

      引っ越しを予定していて、選考途中や内定期間中に住所が変わってしまう場合はどうすればよいのでしょうか。大学生の場合、実家から離れて一人暮らしをしている方や、寮に下宿している方が多いため、実は住所変更はよくあるケースです。

      この場合も、難しく考えずに基本に則って記入すれば問題ありません。むしろ住所変更を見据えて適切な記載をしたり、選考が進んだ場合には事前にきちんと連絡を入れるという対応を行うことで、採用担当者から丁寧な印象を受ける可能性もあります。それでは記入方法を確認していきましょう。

      応募した時点での現住所を記入する

      応募書類を記入する場合、基本的には引っ越しの予定が直近にあっても、履歴書に記入するのは現住所です。応募した時点で住んでいる家の住所を記入しましょう。不安な場合は面接時に直近で引っ越しをする予定を伝えておくと安心です。

      引っ越し先の住所も記載する

      書類を書く時点でもしも新居の住所が既に判明している場合は、両方とも記入しておきましょう。新居の住所は現住所の一行下に、新居住所と記入しましょう。

      もし事前に引っ越し期日がわかっている場合には、いつから新住所になるのかも記載できるとなおよいでしょう。正確な期日が決まっておらず選考が進んだ場合は、引っ越し日が決まった時点で採用担当者に連絡を入れることを忘れないでください。

      仮に運悪く引っ越しの連絡を忘れたタイミングで、企業側があなた宛に内定通知書や内定承諾書を送った場合、宛先人不明で企業に返送されてしまいます。提出しなければならない書類が入っていた場合は提出期限が短くなってしまいますし、何より企業側からあなたに連絡を取って住所を確認し、書類を再送するという手間をかけさせてしまいますね。入社前にマイナスの印象を抱かれないように注意しましょう。

      履歴書の住所は正しく記入しよう

      冒頭の繰り返しにはなりますが、履歴書は応募者の経歴を示す重要文書です。住所を間違えて記載してしまうと、履歴書自体の信憑性を下げることになります。間違えないよう丁寧に記入することで、内定に近づくことができます。履歴書の住所は正しく記入しましょう。

      《住所の書き方がわかったら履歴書全体を見直そう!》

      監修者プロフィール

      ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
      吉川 智也(よしかわ・ともや)
      1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
      現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

      記事についてのお問い合わせ