職種研究

エステティシャンの志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

エステティシャンについて

女性のお顔やお体を私の手で綺麗にして差し上げたい。同時に、自分自身も綺麗に磨かれたい。エステティシャンになりたいと志願する人は、誰しもこのような思いをいだいておられることでしょう。エステティシャンを目指す上で大切なのは、常にお客様が「リラックス」できる空間提供ということです。

エステティクサロン運営企業が、人材を採用する大きなポイントは、これまで資格や技術の勉強をどれだけしてきたかだけではなく、「他人を癒すことができる」人材であるかどうかです。では、どのように志望動機や自己PRをすれば、企業に採用してもらいやすくなるのでしょうか。まずは、その業務内容の実態から考えていきましょう。

エステティシャンの主な業務内容

エステティシャンの業務内容は、お客様への美容施術サービスです。サロンにより、美顔フェイシャル、ボディー、脱毛などの施術を手技または機械を使っておこないます。

また施術サービスを提供するだけでなく、お客様のお体のお悩みをうかがい、その方に合った施術内容、コース内容のご説明などをおこなうカウンセリングも、エステティシャンの重要な業務となります。

エステティシャンとは、お客様の顔、体の悩みに対し、確かな知識をもって施術内容を選ぶ、美のエキスパートでなくてはならないのです。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

エスティティシャンの志望動機を作成する際には、「そのサロンに入社することができた際に、どのような技術を勉強していきたいか、自分はどのようなエステティシャンになりたいか」を明確に記述することです。

そして最も重要な点は、「なぜそのサロンを選んだか」「そのサロンのどのようなところに魅力を感じたか」を盛り込み、最終的には自分がそのサロンにどのように形で貢献することができるかを、志望動機の中でアピールすることです。企業側に、すぐに辞めそうだなと判断されないようにすることが、採用の分かれ目になるといっていいでしょう。

エステティシャンの志望動機NG例

では、エステティシャンの志望動機を記入する際のNG例を見ていきましょう。以下にその例文も記載しています。

NG例

私が貴社を志望したのは、私がエステ専門学校で学んだことを、仕事に生かせると思ったからです。私が卒業したエステ専門学校では、エステティシャンの国際ライセンスを取得することができましたので、エステの技術には自信があります。私は特にフェイシャルの手技が得意で、ボディの手技は苦手です。貴社のサロンに入社させていただきましたら、私の得意なフェイシャルの技術で、お客様にご満足頂けるエスティティシャンになり、貴社に貢献させていただけたらと考えております。

上記の例文がNGとなる理由は、「志望動機がエステの技術の話ばかりに触れている」「学校で国際ライセンスを取得したから技術がありますといってしまっている」「フェイシャルは得意、ボディは苦手といっている」ところです。

エステティシャンにとって、サロンで提供する技術はもちろん最も大切な部分といえます。しかし、認識しておかなければならないのは、学校で取得した資格や勉強内容はあくまで「勉強」であり、実際の現場のそれとは大きく内容が異なります。企業としては、あくまで志願者が専門学校で取得した資格や勉強内容を目安程度にしか考えていません。本来の技術は、サロンに入ってから学ぶ部分が多いからです。

また、「フェイシャルは得意でボディは苦手です」というような記載をしてしまうのは、良い印象をもたれません。サロンにとっては、両方どちらも大切なサービス内容であり、この書き方では、どちらか片方しかやる気がないように受け取られてしまいます。

エステティシャンの正しい志望動機例3選

エステサロンに就職する際には、どのような志望動機の内容にするとよりよい印象につながるのでしょうか。以下に3つの例文を挙げてみますので、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機の例文①

私は、小さい頃から人のお世話をすること、人に喜んでもらうことが大好きでした。地元のボランティア活動などにも積極的に参加し、人や社会に貢献することに非常に喜びや生きがいを感じる性格です。
私としては、エステティシャンはお客様を美しくすることで喜んでいただけ、美に関わることができる点に、大変やりがいを感じられる仕事だと考えております。
国内や海外への社会貢献支援や、積極的な募金活動などをおこなっておられる貴社の企業理念にも共感しています。ぜひ貴社のような企業の元で、エステティシャンとしての自分を成長させ、貢献できる一員になれましたらと思い、応募いたしました。

 

上記の例文の「エステティシャンとは美しくすることで人に喜んでいただける仕事」の部分は、エステティシャンの仕事に対する理解度をあらわしています。また、自身のボランティアや社会貢献活動についてのアピールが、企業理念ときちんと結びついている点が好評価になります。

エステティシャンの仕事は体力的にも精神的にも非常に激務です。「自社の企業理念を深く理解している」「育てていけば、自社に間違いなく貢献してくれそう」な人物であると面接官に思わせることができれば、好印象につながるでしょう。

志望動機の例文②

高校生の頃からエステティシャンになりたいという夢を持ち、エステの専門学校に入学いたしました。貴社を志望させていただいたのは、私が心から尊敬する本校の先生に貴社がエステ業界でも素晴らしい功績を持っている企業であると教えてもらったことがきっかけです。私もそのようなサロンでエステティシャンとして活躍したいと強く思うようになりました。
また、貴社のサロン情報などをインターネットなどで拝見し、貴社独自の施術内容、コースメニュー作りが素晴らしく、非常に魅力を感じております。1日でも早く、私もこれらの技術を習得させていただき、貴社に貢献できるエステティシャンになりたいと思っております。

 

上記の例文では、あらゆるサロンの中でどうしてそこのサロンで働きたいと思ったのかというきっかけ説明しています。目的と動機が明確であるため、人事担当者に好印象を与えられます。

単に自身のエステの技術の向上をしたいという漠然とした理由だけでなく、サロンのメニューに感銘を受け、「そのメニュー内容の技術をぜひ習得したい」という具体性があるのもよいでしょう。

志望動機の例文③

私が貴社を志望した理由は、貴社の将来的な独立支援制度を持っていることに大きな魅力を感じたからです。私は人をキレイにするエステティシャンを素晴らしい仕事だと考えており、結婚をしても出産をしても辞めずに、できれば一生続けていきたいと考えております。
まず、貴社の一員としてサロンに貢献できるようなエステティシャンになり、店舗責任者を任されるような人間になることを目標に頑張っていきたいです。その後、将来自身のサロンを持てるように頑張っていきたいと思います。

 

上記の例文は、この企業の「独立支援」などの独自のシステムに魅力を感じている、またエステティシャンという職業を一生続けるつもりがあり、志望企業と共に成長していきたいという将来の目標がとても明確です。仕事に対するモチベーションと向上心をもった人物であるという好評価に繋がります。

まとめ

エステティシャンの志望動機を書く際のポイント、例文をご紹介しました。エステティシャンとは、サービスを単に提供するだけでなく、お客様への気使い、おもてなしをすることもまた重要な業務です。体力的、精神的にかなり大変な仕事といえるでしょう。

エステティシャンの志望動機を作成する際には、「人を綺麗にしてあげるのが好き」「人のお世話をするのが好き」という部分をアピールをしつつ、なぜそのサロンで働きたいのか。という理由をきちんと伝える必要があります。

加えて、エステティシャンをずっと一生の仕事にしたいなど、将来的なビジョンを含めモチベーションをアピールしましょう。そういった人材は、サロン企業側にも好印象をもたれます。単に習得した技術を生かしたい、自分が技術を勉強し磨きたいという志望動機ではNGですので、注意しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ