身だしなみ

【紫のネクタイを選ばない方がいい理由】印象で損をしないために知っておきたいおすすめカラー

紫のネクタイを選ぶ就活生は少ない?

スーツにはネクタイを合わせるのが基本ですが、ネクタイをしていれば何でもいいわけではなく、紫のネクタイは就活では選ばない方がいいと考えられています。実際に紫のネクタイを選ぶ就活生は少ないですし、場合によってはマイナスの印象を与えてしまうこともあります。

就活では身だしなみも評価の対象となっており、選考で勝ち抜くためには身だしなみをしっかりと整えることが大切です。就活の基本的な服装はスーツですが、スーツも着こなしやデザイン、色などによって印象は変わり、ネクタイは印象を大きく左右する部分でもあります。

ネクタイの色を変えることで印象は大きく変わりますので、紫のネクタイが与える印象を知り、なぜ就活で選ばない方がいいとされているのかを知っておきましょう。

就活に紫のネクタイを選ばない方がいい理由

身だしなみはその人の印象を大きく左右するポイントであり、ネクタイは体の中心にあるものですので、見られやすい部分です。ネクタイの色によって全体の印象も変わりやすく、同じ身だしなみであってもネクタイによって与える印象が大きく変わることもあります。

就活を有利に進めるためには、第一印象を良くすることが大切ですので、身だしなみの印象には注意しなければなりません。紫のネクタイを選ばない方がいい理由を知って、就活中はできれば避けるようにしましょう。

面接官からの印象があまり良くない

就活に紫のネクタイを選ばない方がいい理由としては、面接官からの印象があまり良くないことが挙げられます。就活ではフレッシュさをアピールすることが大切であり、紫ではフレッシュさが感じられない場合も多いです。

紫の色の印象はさまざまですが、円熟味などを感じさせる色でもあり、就活に合わないと考える面接官が多いです。就活で紫のネクタイは絶対にNGと明確に決められているわけではありませんが、マイナスの印象を与える可能性がありますので注意しなければなりません。

もちろん面接官によっては、紫のネクタイでも気にしない人もいます。しかし就活に合わないと考える人は多いので、余計なリスクを抱えないためにも紫以外のネクタイを選んだ方が無難でしょう。

色味によっては奇抜な印象を与える

就活の身だしなみとして大切なのは清潔感であり、清潔感を与えるためにはフォーマルな服装を心がけなければなりません。紫のネクタイは色味によっては奇抜な印象を与えてしまい、カジュアルに見えてしまう可能性があります。

清潔感が感じられなくなる場合もあり、身だしなみの印象がわるくなってしまうことが多いです。特に濃い紫のものや、チェック柄などは奇抜になりがちですので注意しなければなりません。

紫だけでもマイナスの印象を与える可能性がありますが、色味が濃くなったり、柄が派手になってしまうと悪印象になってしまいます。派手に見えるとどうしてもカジュアルに見えてしまい、プライベート感が出てしまいますので、紫のネクタイは避けるようにしましょう。

就活のマナーを確認しよう

ネクタイ以外にも、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは身だしなみだけではなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

どうしても紫のネクタイをしたい場合

就活では紫のネクタイは合わないと考えられることが多く、マイナスの印象を与える可能性がありますので、避ける方が無難です。しかし就活であっても、オシャレがしたいと考える人もいますし、他の人とは違う色のネクタイをつけたいと考える人もいます。

紫のネクタイであっても、いくつか注意点を守っていればマイナスの印象を与えずに済む場合もあります。どうしても紫のネクタイをしたい場合は注意点を正しく守り、マイナスの印象を与えないようにしましょう。

ストライプ柄を選ぶ

紫のネクタイをする場合は柄に注意が必要であり、マイナスの印象を避けるためにもストライプ柄を選ぶようにしましょう。ストライプ柄ならベーシックな柄なので、紫でも落ち着いた印象に見える可能性が高く、マイナスの印象を与える可能性も低いです。

ストライプ以外の柄にしてしまうと、派手に見える可能性がありますので注意しなければなりません。ネクタイは同じ色であっても柄によって与える印象は大きく違います。同じ紫のネクタイであっても、柄の選び方で印象は変わりますので、落ち着いて見えることを意識して選ぶことが大切です。

落ち着いて見えるなら必ずしもストライプ柄である必要はありませんが、最も無難な柄ですので、迷ったらストライプ柄を選びましょう。

濃いものではなく薄い色を選ぶ

紫のネクタイを選ぶ場合は、柄だけではなく色にも注意が必要です。色によっても与える印象は違ってきますので、濃いものではなく薄い色を選ぶようにしましょう。紫でも色が濃いとどうしても派手になりがちなため、薄い紫を選ぶことが大切です。

派手に見えてしまうとカジュアルな印象を与えてしまいますし、身だしなみの評価が悪くなる可能性が高いです。派手に見えてしまうことで軽薄な印象を与えたり、社会人としての自覚が持てていないとマイナスの印象を与えてしまいますので、注意をしなければなりません。

柄が落ち着いて見えるストライプ柄であっても、濃い紫では派手に見えてしまいます。紫のネクタイをするのであれば、ストライプ柄で色味の薄いものを選びましょう。

紫以外でおすすめのネクタイの色3つ

紫のネクタイはマイナスの印象を与える可能性が高いですし、就活で使えるものを選ぶのが難しくもあります。就活をスムーズに進めるためには、ネクタイは紫以外の色がおすすめであり、就活に合った色はたくさんあります。

色によって与える印象は違いますし、ネクタイの色によって与える印象を変えれば、就活がスムーズに進められることも多いです。紫以外でおすすめの色は3つありますので、それぞれが与える印象を知って、与えたい印象ごとに上手に使い分けていきましょう。

①赤色

赤色は就活だけではなくビジネスでもベーシックな色であり、カジュアルな印象、派手な印象を与えることはありません。赤色のネクタイであればマイナスの印象を与える可能性は低いですし、赤は活発さ、元気の良さなどをアピールできる色でもあります。

新卒のフレッシュさをアピールしやすい色でもあり、活発な印象を与えることで、仕事に対してのやる気や熱意などもアピールしやすく、好印象になりやすいです。また顔の近くに明るい色があることで、顔全体の印象も明るく見えやすく、明るい人柄をアピールしやすくなります。

明るい人柄が伝わることで、一緒に働きたいと思ってもらいやすくなり、面接でも好印象になり、評価が高くなる可能性も高いです。

②青色

青色も就活で使用されることの多いベーシックな色であり、爽やかさやフレッシュさをアピールしやすい色です。青色のネクタイからは清涼感が感じられますし、清潔感がアピールしやすく、身だしなみの印象も良くなりやすいです。

また青色自体が落ち着いた色ですので、落ち着いた印象、冷静な印象を与えやすく、誠実さをアピールしやすい色でもあります。就活では信用があるかどうかが重要視されていますし、誠実さを伝えやすい青色のネクタイは好印象を与えやすく、おすすめ度は高いです。

また青色はどんな柄とも合わせやすい色でもあります。派手に見えにくい色ですので、どんな柄であっても基本的には合わせやすく、チェックなどでも派手な印象を与えることはありません。

③黄色

就活では赤色や青色のネクタイをしている人が多いですが、それ以外の色としては黄色のネクタイもおすすめです。黄色のネクタイはしている人が少ないですが、それほど派手な印象を与えることはなく、身だしなみでもマイナスの印象を与えることはありません。

他の就活生と差別化がしやすい色でもあり、面接官の印象にも残りやすく、選考をスムーズに進めることができます。黄色は柔らかな印象や明るい印象を与えることもできますし、人柄の良さを与えやすい色です。

人柄の良さを伝え、かつ面接官の印象に残りやすいので選考でも有利になる可能性が高いです。もちろん印象に残りやすい分、面接でミスをすればマイナスの印象も残りやすくなりますので、行動や振る舞いには注意が必要しなければなりません。

就活では紫以外のネクタイで好印象を得よう

就活は身だしなみも評価の対象となっており、身だしなみが選考に与える影響は大きいです。面接の出来が良かったとしても、身だしなみによってはマイナスの評価となって不合格になる場合もありますし、身だしなみはしっかりと整えなければなりません。

身だしなみで見られているポイントはさまざまですが、ネクタイは目につきやすく、目立ちやすい部分です。印象を左右しやすい部分でもありますので、ネクタイの色を工夫することが、就活の攻略にもつながります。

紫のネクタイは選び方によってはマイナスの印象を与えずに済みますが、基本的には就活に合わないと考えられており、印象が良くない場合も多いです。紫以外にもおすすめの色はさまざまありますので、紫以外の色のネクタイで好印象を与え、就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ