身だしなみ

【好印象な就活の服装】男女別・シーン別にマナーを徹底解説

就活の服装は大事

就活で、服装に悩む人は多いのではないでしょうか。就活での服装は、第一印象に影響するため重要な要素です。第一印象は、評価にも関わるため、就活では適切な服装が求められます。

人の印象に関わる要素を定義づける心理学の考えに、「メラビアンの法則」というものがあります。人の印象は、「視覚・聴覚・言語」の3つの要素で決まります。そのうち、55%を視覚情報が印象付けます。

視覚情報に関わる身だしなみを整えることは、第一印象に大きく関わります。第一印象は、その人のイメージとなり後の評価にも影響します。つまり、服装次第では、その人の評価を左右する可能性があります。

就活のそれぞれの場面において、適切な服装で好印象を残すことができます。場をわきまえた服装で臨めば、印象を悪くすることは避けられるでしょう。場面ごとに服装のポイントを紹介するので、適切な服装を選んで、就活を有利に進めるための参考にしてください。

就活での服装のポイント

就活での服装のポイント

就活での服装は、ある程度決まっています。そのため、ポイントさえ押さえれば、相手に悪い印象を与えることはありません。

就活は、ビジネスシーンのひとつといえます。そのため、学生としてではなく社会人としての振る舞いを求められます。服装一つとっても、社会人として相手に失礼のないものを選ぶことが求められます。

就活での服装のポイントを知ることができれば、就活で良い評価を得るための知識だけでなく、社会人としての基本的なマナーも身に付けられます。ここでは、就活での服装のポイントを知って、面接官に良い印象を残す方法を知りましょう。

身だしなみはじぶんらしさの演出が最重要

就活では「見た目」「身だしなみ」が重要といわれ、「正解」に悩む就活生が多く言いますが、そもそも就活に正解はありません。

清潔感を持って選考に臨み、企業に自分の魅力をいかに演出することが最も重要です。
解説した内容を鵜呑みにしすぎずに自分自身で判断し、一つの参考と捉えてあなたの納得のいく就活をしましょう。

①清潔感があること

就活での身だしなみは、清潔感があることがポイントになります。清潔感のある身だしなみは、第一印象を良くします。第一印象は後の評価にも関わるため、重要です。

第一印象がその後のイメージに影響を与えることを、「初頭効果」といいます。出会ってから3~5秒のイメージは、その後なかなか変わりません。つまり、第一印象がその後の評価に影響するので、好印象になるための努力は就活において必須です。

清潔感がないと、相手に「だらしない」という印象を与えてしまいます。服装や髪型が整えられていないと、仕事も雑なのではと思われる可能性もあります。反対に、清潔感を意識すれば、相手にとってプラスの印象を残すことができます。

就活での服装は、しわや汚れがないかをチェックしましょう。しわや汚れは、清潔感をなくす原因となります。

就活では、企業の人と関わる機会は限られています。その限られた時間で、相手に好印象をもってもらうためにも、清潔感のある服装で臨みましょう。

清潔感のある服装チェックリスト

  • シャツやジャケットに汚れやシワはないか
  • 靴に汚れはないか
  • 髪は整っているか
  • 汗をかいていないか

②場に適した服装であること

就活では、場に適した服装であることが求められます。説明会や、インターンシップなど、就活のイベントは様々です。季節ごとにも、服装は変わります。それぞれの状況に合った服装が、好印象を与えるためのポイントです。

また、服装が指定されている場合もあれば、服装自由のイベントもあります。スーツ指定の場面で私服を選択することや、私服指定の場合にスーツで行くことは好ましくありません。指定されたものを着用するのは、相手を尊重することになります。

社会人になってからも、ビジネスシーンにあった服装は基本的なマナーです。面接では、社会人としての基本的なマナーが備わっているかもチェックされています。

その場に適した服装で就活を行うことで、初歩的なビジネスマナーの理解が示せるため、好印象です。

TPOをわきまえた行動が、社会人になってからも求められるので、就活の時点で基本的な知識を身に付けておきましょう。場に適していない服装は、悪い印象を与えかねないので、注意してください。

【男性におすすめ】就活の身だしなみの基本マナー

ここからは、男女別におすすめな就活の身だしなみの基本マナーを解説していきます。好印象な服装を知って、就活を有利に進めましょう。

就活では、スーツの着用が基本です。スーツのときはネクタイやベルトも着用する必要があり、選択肢があるので悩むかもしれません。それぞれ選ぶ際のポイントを押さえて、華美でなく清潔感のある、ビジネスシーンに適した服装で就活を行いましょう。

就活に適しているものを知れば、身だしなみの基本マナーを身に付けられ、好印象になります。また、就活では、全体像だけでなく、細かい部分も見られています。スーツから小物まで、一つ一つのポイントを守って、好印象な服装で就活を行いましょう。

スーツ

スーツは、自分の体格に合った物で、華美でない色を選びましょう。就活での服装は、おしゃれであることは重要ではありません。企業は、服装から応募者の人となりや、基本的なビジネスマナーをチェックしています。就活に適したスーツを選びましょう。

スーツの大きさは、自分の体格に合った物である必要があります。ジャケットの袖丈やズボン裾丈が、長すぎても短すぎても印象はよくありません。サイズに迷った際は、店員に聞いて自分に合ったサイズを選んでもらいましょう。

また、スーツの色は黒か紺が適切です。グレーやベージュ等の明るい色は、華美だと判断されてしまう可能性があるので避けましょう。ビジネススーツでは、ストライプやヘリンボーンなど柄が入っているものもありますが、就活では無地が無難です。

就活では、3ピーススーツは避けましょう。3ピーススーツとは、ジャケット、ベスト、スラックスのデザインが揃ったスーツです。「ベストの着用はおしゃれをするため」と認識している場合もあり、就活の場にふさわしくないといえます。

ビジネスシーンにあった服装であることが、好印象につながるでしょう。ポイントを押さえたスーツを選び、正しく着こなすことで、良い印象を残しましょう。

シャツ

シャツで気を付けるべきポイントは、襟型とサイズです。シャツは、白色を選べばなんでもいいわけではありません。細部までこだわることが高評価につながるので、シャツを選ぶポイントを参考にしてください。

シャツの色は、基本的には白の無地が基本です。白色のシャツは、明るいイメージになり、清潔感もあります。また、柄があると、カジュアルな印象になってしまいます。就活では、あえて凝ったデザインのシャツを選ぶ必要はありません。

就活では、レギュラーカラーとワイドカラーのどちらかがおすすめです。レギュラーカラーは、一般的なデザインの襟型です。ワイドカラーは、レギュラーカラーより襟が横に広がったデザインで、首の太い人や体格のいい人におすすめです。

NGな襟型としては、ボタンダウンのワイシャツが挙げられます。襟にボタンがついたデザインで、ネクタイをせずに着用するシャツです。ネクタイが必要ないシャツのため、ビジネスでは敬遠されていいます。

サイズは、自分の身体にフィットしたものを選びましょう。サイズが大きいとだらしない印象になり、小さいと窮屈な印象になります。どちらにしてもサイズが合っていないと、違和感のある服装になり印象は悪くなります。

ネクタイ

ネクタイは、色や柄も種類が多く、迷う人も多いのではないでしょうか。就活に適した色・柄を選ぶことが大切です。また、相手に与えたい印象別に選びましょう。

ネクタイの色で、相手に与える印象は変わります。黄色は社交的、水色は爽やかさ、緑は穏やかさなどの印象になります。落ち着いた青色・グレーは、誠実さや洗練された印象を与えます。えんじ色は、「やる気がある」というポジティブな印象なので面接におすすめです。

柄は、レジメンタル・チェック・小さめのドットがおすすめです。この3種類の柄は、デザイン性も高く、ビジネスシーンにも好まれています。逆に、キャラクターもの、太すぎるストライプ、大きすぎるドットは不向きです。

「ネクタイの色」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「ネクタイの色」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

ベルト

ベルトでチェックするポイントは、色・太さ・長さの3つです。就活の服装で、ベルトまで気を使える人は多くありません。服装の細部もこだわって、他の就活生と差をつけましょう。

ベルトの色は、落ち着いた物が適切であり、黒が最も無難です。茶色は、避けたほうが良いでしょう。ビジネスシーンでは、靴とベルトの色を合わせることは基本ルールです。就活のスーツや靴は黒を合わせることが多いので、ベルトも黒を合わせましょう。

素材は、レザーが適しているといえます。レザーは、本革でも合皮でも構いません。綿のベルトは、スーツには合わないので避けましょう。また、あまりツヤがありすぎるものではなく、シックなツヤ消しのタイプのほうが、落ち着いた印象になるためおすすめです。

また、太すぎないベルトを選びましょう。自分の体系と合わせてみて、違和感のない太さであることが大切です。合わせて見てもわからない人は、3cmを基準にしてください。一般的に3cmが、どの体系の人にとっても違和感のないベルトの太さになります。

ベルトの長さは、ベルトに空いている穴の真ん中で留まる長さが適切です。長い場合は、カットしましょう。一般的には、長めのタイプを用意している店が多いので、自分の体格に合わせて調整してください。

「就活用ベルト」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「就活用ベルト」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

腕時計

「就活の服装に腕時計は必須なのか」と思う人もいるのではないでしょうか。スーツと腕時計をセットとして考える人も多いので、着けたたほうが無難です。腕時計は、色・文字盤・ベルトで選びましょう。

腕時計の色は、落ち着いた白・黒・紺などを選びましょう。文字盤は、デジタルではなく、アナログタイプが良いです。ベルトは、革・メタルを選び、エナメルなどは避けてください。デジタルの文字盤やエナメルの素材は、カジュアルな印象になるので不適切です。

腕時計が服装で占める面積が小さいからといって、派手なデザインはおすすめできません。腕時計も、面接官の目につく部分だと認識しておいてください。高級ブランドの時計は、「生意気だ」と思われる可能性があるので、避けたほうが良いでしょう。

「腕時計」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「腕時計」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

靴下

靴下を選ぶポイントは、色・デザインです。スーツの場合、靴下は必ず見える部分ではありません。しかし、見えた時に靴下の色や柄が不適切だと、印象に関わります。

靴下の色は、黒が無難です。あまり目立たない、スーツに合った色を選びましょう。白は、黒のスーツの場合目立つので、ビジネスシーンでは好まれません。

デザインは、シンプルなものを選びましょう。無地や、織り模様や縦縞のリブ編みの靴下がおすすめです。就活での靴下は、目立たない柄がよいです。

靴下を選ぶ際は、くるぶし丈、薄い生地、柄が入ったものは避けましょう。ズボンの裾から肌が見えてしまうような短い靴下は、ビジネスマナー違反です。薄い生地だとすぐにくたびれてしまうので、おすすめできません。柄は、ワンポイントでもNGで、無地が基本です。

「靴下の選び方」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「靴下の選び方」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

小物

就活で必要な小物は、ハンカチが代表的です。ネクタイピンも必須ではありませんが、付けているとフォーマルな印象になります。財布等の小物は、就活の場面で出す機会はあまりありません。

ハンカチは、汗を拭くときやお手洗いに行く際に必要になります。無地かシンプルな柄がおすすめです。色は落ち着いたダークカラーを選びましょう。

ネクタイピンは、必須ではありませんが、付ける場合はポイントを守りましょう。基本的にシンプルな物が就活では適しているため、シルバーのネクタイピンが良いです。

スーツの知識があれば、カフスボタンはつけてもよいのかと考える人もいるでしょう。カフスは、ワイシャツの袖口部分の装飾です。カフスボタンは、装飾品であり、おしゃれをすることを目的に着けるため、就活では着けないほうが無難です。

ハンカチ:無地、シンプル、ダークカラーを選ぶ

ネクタイピン:シルバーがおすすめ

カフスボタン:着けないほうが無難

面接では、靴やもチェックされています。足元は服と同様に目につくポイントです。「おしゃれは足元から」という言葉もあるように、服装において靴は重要な要素です。

靴は、革の素材で黒か焦げ茶を選びましょう。黒いスーツに合わせるためには、明るめの茶色は目立ちすぎます。最もフォーマルなビジネスシューズは、紐靴だとされています。靴は、黒い革靴で靴ひもがついているタイプが無難です。

また、つま先がとがっている靴は、カジュアルな印象になるので不適切です。革靴のつま先部分の形は様々ですが、就活ではストレートチップがおすすめです。つま先部分に切り替えがあり、縫い目が一直線で施されているデザインで、最もフォーマルな靴だといえます。

「面接の靴」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接の靴」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

カバン

カバンは、靴やベルトと合った色を選びましょう。その3点がそろっていると、全体的に統一感のある印象になります。

リクルートスーツは黒が基本であるため、カバンも黒を選びましょう。黒はビジネスシーンで使いやすい色なので、就職後も使えるといえます。

カバンは、無地でA4サイズが入り、自立するタイプがおすすめです。就活では、資料や書類を渡される可能性が高く、きちんとそれが入るサイズが必要です。また、カバンを床に直置きする機会も多いです。倒れるたびに直すのは不格好なので、自立したほうが無難です。

また、リュックは基本的にビジネスシーンに適していません。リュックは、基本的にはカジュアルな印象になるので、就活にはふさわしくありません。

高級ブランドのカバンも、就活の場では悪目立ちしてしまうので避けましょう。学生が必要以上に高級ブランドを利用していれば、金銭感覚が一般的でないとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

「就活のカバン」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「就活のカバン」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

髪型

就活における男性の髪型は、第一印象に大きく影響します。資生堂の調査によると、80.8%の新卒採用の面接官が、「髪型が第一印象に影響する」と答えています。

男性の髪型のポイントを押さえて、好印象を勝ち取りましょう。髪型で重要な点は、「清潔感があること」です。

男性の髪型のポイント

  • 前髪:眉毛にかからない長さ
  • もみあげ:耳たぶより短くスッキリさせる
  • 襟足:スーツの襟足にかからない長さ
  • 髪色:基本的に黒(4~6のトーン)

「男性の髪型」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「男性の髪型」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

【女性におすすめ】就活の身だしなみの基本マナー

ここからは、女性におすすめの就活の身だしなみの基本マナーを解説していきます。服装の一つ一つのパーツと、髪型も解説してくので、参考にしてみてください。

スーツにはパンツとスカートがあり、髪型も人それぞれ長さが違うため、身だしなみで悩むポイントは多いです。身だしなみのポイントを押さえて、華美でなく清潔感があり、就活で好印象を得られる身だしなみを知りましょう。

就活では、全体像だけでなく、細かい部分から、社会人としてのマナーの理解も見られています。スーツから髪型まで、一つ一つのポイントを守って、好印象な服装で就活を行いましょう。

スーツ(パンツスタイルorスカート)

女性のスーツは、パンツスタイルとスカートがあり、就活ではどちらでも問題ありません。それぞれ、与える印象は違いますので、自分に合った物を選びましょう。パンツスタイルは、活発的な印象を与えます。スカートは、親しみやすい印象を与えます。

また、スーツは黒か濃紺を選びましょう。黒はどんな業界でも使えるため、万能です。濃紺は華やかな印象を与えられます。男性同様、グレーやベージュはカジュアルな印象になるので、就活には不適切です。

就活のスーツは、無地が無難です。また、ジャケットのボタンは2つの物を選び、上下留めましょう。ボタンが1つしかないと、カジュアルな印象になってしまいます。

スーツは、清潔感があることが基本です。しわや汚れがないかをチェックしてから、就活のイベントに臨みましょう。

ブラウス

ブラウスは、色・襟型・サイズが選ぶポイントになります。就活では、ブラウスで与える印象は変わります。採用担当者に良い印象を与えられるように、ブラウス選びのポイントを把握しましょう。

ブラウスの色は、白が基本です。柄は、無地のものを選びましょう。企業によっては、薄いピンクやブルーでも良い場合もあります。事前に、以前その企業を受けたことがある先輩などに聞いて、調査した上で判断しましょう。わからない場合は、白が無難です。

襟型は、レギュラーカラーか、スキッパーカラーがおすすめです。レギュラーカラーは、首元に第一ボタンがあるデザインで、真面目な印象になります。スキッパーカラーは、襟もとに第一ボタンがないので襟はジャケットの外に出して着用します。スキッパーカラーは、明るい印象になります。

ブラウスのサイズは、自分の肩幅・背丈にあった物を選びましょう。袖丈は、ジャケットから袖が見えないかチェックしてください。。裾丈は、動いてもスカートやパンツからはみ出ない長さがベストです。

リクルートスーツとセットで試着してから購入することで、サイズやバランスに合ったブラウスが選べます。

「ブラウスの選び方」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「ブラウスの選び方」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

ストッキング

スーツを着るときは、必ずストッキングを着用します。ストッキングを着用すると、脚を綺麗に見せ、清潔感のある印象になります。

ストッキングは、自分の肌色に合ったものを選びましょう。基本的に店にはサンプルがあるので、実際に店頭で合わせて購入することをおすすめします。また、ストッキングは伝線があると印象は悪くなります。穴が広がりにくい伝線対策がされたものを選びましょう。

「ストッキング」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「ストッキング」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

腕時計

腕時計を着用することは、ビジネスマナーの一つです。時間を確認する際に、いちいちスマホを見ることに良い印象を持たない人もいるので、腕時計はつけておいたほうがよいでしょう。

腕時計の選び方の基本は、カジュアルでないことです。エナメルやビニールの素材や、デジタルの文字盤はカジュアルな印象になるので避けましょう。

素材は、金属か革がビジネスシーンでは好まれます。文字盤は、アナログで色やデザインはシンプルなものを選びましょう。

就活での靴は基本的にはパンプスが無難です。色は黒、ヒールは3~5cmの高さを選びましょう。ヒールは細すぎると、カツカツ音が鳴り不快に思う人もいるので注意が必要です。素材は、革がフォーマルな印象になり、就活に適します。

また、自分の足に合った物を慎重に選ぶことも大切です。就活は、パンプスをはいて歩き回るので、自分の足に合っていないとすぐに痛くなってしまいます。店で試着して、歩きやすい物を選びましょう。柔らかい素材を選ぶことも、ポイントです。

「パンプス」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「パンプス」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

カバン

靴や、カバンは全体的に見て違和感の無い物を選びましょう。靴とカバンは、そろって見える物を選ぶことが基本です。リクルートスーツを買う際に、カバンも一緒にそろえると良いでしょう。

カバンは、黒の無地が無難です。スーツは黒の場合が多いため、カバンや靴の色も揃えたほうが、身だしなみが整っている印象になります。

カバンの大きさは、A4サイズの書類が入るものを選びましょう。説明会などで受け取る資料やESは、A4サイズが多いです。出し入れがスムーズなものを選ぶと、採用担当者の前で手間取ることもないでしょう。

また、サイズが十分でも、トートバッグなどは不適切です。男性同様、床にカバンを置いたときに自立するものが好ましいでしょう。やわらかい素材ではなく、革のものを選んでください。持ち歩くときに負担が少ないように、合皮素材の軽いカバンがおすすめです。

NGなカバン

  • 派手な色・柄のカバン
  • トートバッグ
  • ハンドバッグ
  • リュックサック

髪型

女性は、髪の長さは人それぞれなので、どんな髪型にすべきか悩む人も多いのではないでしょうか。顔周りに髪があったり、目に前髪がかかると、だらしない印象や暗い印象になります。

基本的には、結べる長さの場合は、髪はまとめ、前髪は目にかからないようにセットしましょう。お辞儀したときに、髪の毛が邪魔にならないことを一つの基準としてください。結べない長さの人は、横の髪は耳にかけることで顔周りをスッキリさせましょう。

髪をまとめる際の、ヘアゴムやヘアピンは、黒で目立たないものを選びましょう。ビジネスシーンで、華美なものは控えるべきだということを覚えておいてください。

下記のポイントをチェックして、就活に適した髪型を心がけましょう。髪型のポイントを押さえて、好印象を勝ち取りましょう。髪型で重要な点は、「清潔感があること」です。

  • 前髪:眉毛にかからない長さ
  • 髪色:基本的に黒(4~6のトーン)
  • 髪型:結べる長さは、結ぶ(低めのポニーテールかハーフアップ)
       結べない場合は、顔周りに髪がかからないようにセットする
  • ヘアゴム・ヘアピン:基本的に黒で目立たないもの

「就活の髪型」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「就活の髪型」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

メイク

女性は、男性と異なりメイクをすることが求められます。就活メイクは、「清潔感」「知性」「意欲」を伝えることができます。メイクでは、良い印象も悪い印象も与えられます。ポイントを押さえて、好印象なメイクで就活を行いましょう。

就活メイクの基本は、「ナチュラル」です。派手なメイクは、ビジネスシーンには不向きなので注意しましょう。普段のメイクはおしゃれの一環ですが、就活では清潔感があることが最重要です。

ベースメイクは作りこまず、リップやチークは肌色に溶け込むものを選ぶことがポイントです。アイシャドウはベージュやブラウンを選んでください。眉毛は、顔のバランスに影響します。左右のバランスをみて、整えましょう。

「メイク」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「メイク」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

【夏・冬】季節別の服装のポイント

就活は、インターンシップなども含めると1年をかけて行う場合もあります。過ごしやすい気候の春や秋なら、服装には悩まないかもしれません。しかし、夏の暑さや冬の寒さに対応すべく、服装について何かと悩む人は多いです

夏の場合は、昨今クールビズがうたわれていますが、そのマナーは知らない就活生は多いです。肌寒い季節は、コートを着ますが、ビジネスシーンにはコートのマナーもあるので注意が必要です。

暑い夏と寒い冬を乗り越えて就活をおこなうために、服装のポイントを紹介します。それぞれの季節のポイントを知って、基本的なビジネスマナーをおさえた行動で採用担当者に好印象を残しましょう。

夏の場合

夏のビジネスシーンでのクールビズは、就活生にも当てはまるかどうか考える人もいるのではないでしょうか。夏の暑さは、慣れないスーツで行動する就活生にとっては敵です。汗だくだと、清潔感がない印象を与えてしまいます。

しかし、間違った認識でのクールビズの服装は、マナー違反となり悪い印象になってしまう可能性があります。マナーを守った上で、暑さ対策をおこない、夏でも清潔感のある身だしなみを徹底しましょう

夏の服装マナーと、暑さ対策のポイントを知って、夏でも好印象を残せる服装で就活にのぞみましょう。

基本は長袖シャツ+ジャケット着用

クールビズを指定するかどうかは、企業によって異なります。勝手に夏はクールビズの服装だという認識だと、印象が悪くなる可能性があるので注意が必要です。指定がない場合は、基本的にネクタイの着用はしましょう。

夏の基本的な身だしなみは、長袖シャツ+ジャケットの着用が基本です。男性の場合は、クールビズの指定があったときのみ、ネクタイは必要ありません。それ以外の場合は、ネクタイは着用しましょう。

女性のクールビズは、ジャケットを羽織らないことです。ジャケットを羽織らない場合は、インナーが目立たないかをチェックしておきましょう。クールビズ指定がなくても、会場で上着を脱ぐ場合もあるので、出かける前に身だしなみは鏡で確認してください。

移動中にも、ジャケットを着用していなければならないわけではありません。移動中はしわにならないように腕にかけて持ち歩きましょう。会場について羽織ったときに、しわがついていると清潔感のない印象になるので、注意が必要です。

半袖シャツはNG

男女ともに、半袖シャツはマナー違反です。夏は暑いので、半袖シャツを選びたくなる気持ちはわかります。しかし、いざジャケットを脱いでくださいといわれた際に、半袖だと評価が悪くなってしまう可能性があります。

就活の服装の基本は、長袖シャツ+ジャケットです。男性の場合は、ネクタイ着用も基本マナーです。半袖シャツだと、基本的なマナーが守れないと評価されてしまいます。

スーツはジャケットの袖からシャツが見えることが好ましいとされています。そのため、袖からシャツが見えないと、人によっては違和感を感じます。また、半袖のシャツは、幼い印象を与えてしまうことも理由の一つです。

どうしても汗をかきやすいため、少しでも涼しい服装にしたいという人は、夏用スーツがおすすめです。夏用スーツにすることで、暑さは軽減されるでしょう。クールタイプのインナーも、暑さを軽減してくれるアイテムです。


汗対策は必須

夏の就活では、汗は清潔感を欠くので対策が必須です。暑い夏に汗をかくのは、防ぎようがありません。相手に不快感をあたえる、汗が原因で引きおこる匂いと不潔感を軽減するために、汗対策を行いましょう。

汗は、相手に不快感を与える匂いの原因です。夏は出かける前に、制汗剤を使用しましょう。男女ともに、汗をふくためのハンカチや汗拭きシートは必需品です。暑がりの人は、冷却スプレーをジャケットに使用すると、暑さを軽減できるでしょう。

女性は、ストッキングも匂いの原因になります。また、ストッキングの汗じみも印象は悪いです。通気性の良い薄手を選び、できればストッキングは予備を持ち歩きましょう。

夏の就活は、早め早めの行動がおすすめです。汗をかくことを前提に、会場付近で身だしなみを整えられるように、時間に余裕をもって行動しましょう。余裕のある行動ができれば、事前に涼み、汗を拭けるので、清潔感のある身だしなみに整えられます。

夏の服装のポイントをおさえれば、暑くても清潔感のある身だしなみで好印象になります。夏の暑さを乗り越えて、就活を成功させましょう。

冬の場合

肌寒い季節は、コートを着ますが、ビジネスシーンにはコートのマナーもあるので注意が必要です。

ビジネスでは、コートの種類だけでなく、その着脱のときにも注意すべきことがあります。スーツ同様、コートもシンプルなものを選ぶことが基本です。

また、冬の就活でコートやマフラーを着用していった場合、どのタイミングで脱ぐか、どのように持ち歩くか悩む人もいるでしょう。

コートやマフラーのマナーを知って、冬の就活も乗り越えましょう。

コートの選び方

コートはビジネスシーンに合ったものを選びましょう。シンプルなデザインで、落ち着いた色のコートが好ましいです。おすすめはステンカラーコートやトレンチコートです

ステンカラーコートは、襟を折り返して着るコートです。トレンチコートはベルトなどの、シンプルな装飾がついています。どちらも、シンプルでスーツに合うデザインです。丈は、ジャケットが隠れる長さが最適です。女性は、スカートが隠れない長さにしましょう。

また、色は、黒・グレー・ベージュ等の落ち着いた物から選びましょう。ブラウンは、色味によってはカジュアルに見えてしまうので注意が必要です。基本的に、無地で装飾が華美でないコートが、スーツには合います。

採用担当者の前でコートを着ているシーンはあまりありませんが、持ち物としてチェックされている可能性もあるので、シンプルなデザインのものが無難です。

NGなコート

就活の場面において、カジュアルのものは基本的にNGです。コートでは、フードがついているとカジュアルな印象になるので、NGです。

ダッフルコートやダウンジャケットは、冬のコートの定番ですが、スーツには合いません。フォーマルに見える服装のポイントは、統一感です。

「きちんとした印象」のスーツに合わせるためには、カジュアルなものは不向きだということを覚えておいてください。

NGなコート

  • ダッフルコート
  • ダウンジャケット
  • ファー付きのコート
  • チェックなど柄があるコート
  • 派手な色のコート


男女共通:コートやマフラーのマナー

コートやマフラーには、いくつかマナーがあります。コートを着脱するタイミングと、コートの置き方です。

コートやマフラーは、会場の外で必ず着脱しましょう。それが、ビジネスマナーだからです。ビジネスシーンで、相手の前でコートやマフラーを着脱するのはNGです。理由はいくつかあります。

まずは、着脱する姿は、スマートではないことが理由の一つです。相手に、服を着たり脱いだりしている姿は、見せるべきではないという考えから、ビジネスマナーでは、建物の外で着出すすることが好ましいとされています。

また、もう一つの理由は、外気と触れている汚れや花粉を室内でまき散らさないためです。そのため、建物の外で着脱することに加えて、畳み方にもポイントがあります。外気に触れている外側が中にくるように、畳んで持ち歩くと良いでしょう。

コートやマフラーを脱いで会場に入って、次はどこに置くかが疑問になります。上着は椅子の背もたれにかける人は多いですが、ビジネスシーンではNGです。コートは、カバンの上に置くことがビジネスマナーです。マフラーは、カバンに入れましょう。カバンに入らない場合は、コートと重ねて持つようにしてください。

椅子の背もたれにかけてしまうと、いつのまにかずり落ちてしまう事もあります。また、後ろから見たときに、コートが後ろにあると美しくありません。細かいと思うかもしれませんが、この一つ一つの作法が、「きちんとしている」印象につながります。

【シーン別】服装マニュアル

就活での基本は、リクルートスーツですが、迷う状況もでてきます。例えば、企業から服装自由といわれたとき、何を着ていくべきか迷ってしまいます。私服指定のときも、どんな服装を選べばよいか迷う人も多いのではないでしょうか。

スーツ指定のときは、特に迷わないですが、それ以外の場合は、何を着ていったら正解なのだろうと頭を悩ませます。各シーン別に、どんな服装で行けば良いか解説していきます。

どんな状況でも、就活においてマナーを守れていると、社会人としての素質をアピールできます。シーン別の服装マニュアルを学んで、場に適した身だしなみで好印象を勝ち取りましょう。

服装自由の場合

最近では、堅苦しい雰囲気にならないようにという配慮で、「服装自由」と指定される就活のイベントも増えています。基本はスーツなので、「自由」といわれると何を着るべきか考えなければなりません。

服装自由の場合は、社会人としてビジネスシーンに適していることをポイントに選んでください。服装自由でも、普段着で行くのは問題です。社会人として、その場にいても違和感のないフォーマルな服装を選びましょう。

カーディガンや、ジャケットに合った服装であれば、フォーマルに見えます。シンプルなデザイン、落ち着いたカラーで揃えましょう。ジーンズやカーゴパンツ、パーカーはカジュアルすぎるのでNGです。

不安な人は、スーツで行くと無難でしょう。服装自由ということは、スーツが禁止されているわけではないので、問題ありません。その場に適さない服装を選ぶよりは、スーツで行ったほうが間違いないでしょう。

私服で参加したい人は、下で紹介しているポイントを参考にしてください。

指定なし・記載なしの場合

就活では、服装について特に指定がない場合も多いです。指定や記載が特にないときは、基本的にスーツで行きましょう。就活の基本は、リクルートスーツなので、それを当たり前として指定がない可能性もあります。

企業によっては、服装について特に指定しないときは、服装自由という考えもあります。しかし、指定がなければ必ずスーツでなくてもよいわけではありません。過去に参加した先輩などに聞いて調査した上で、スーツを着ていくべきかどうか判断しましょう。

就活での服装は、清潔感があり好印象が残せることがポイントです。服装が評価基準になるかどうかは、企業によっても違うので、事前に確認しておきましょう。

私服指定の場合

企業は、私服からその人の人柄を見たいという理由から、私服指定の場合もあります。私服指定なら、着るべき服装がわからなくてもスーツで行くのはNGです。指示をないがしろにしてしまうことは、失礼にあたります。私服の指示があった場合は、それに従いましょう。

私服指定の場合は、オフィスカジュアルを意識しましょう。オフィスカジュアルとは、フォーマルとカジュアルの中間、もしくは、どちらかというとフォーマル寄りな雰囲気の服装を指します。ジャケットを羽織っても違和感のない服装です。

オフィスカジュアルでは、ブラウスやシャツはなるべくシンプルなものを選び、パンツはセンタープレスが好ましいです。女性のスカートは、膝少し上か膝下の丈のものを選び、短すぎないことがポイントです。

また、その人のセンスを見る目的で私服指定のときもあります。特に、アパレル企業の場合は、何か一つそのブランドを取り入れるとアピールになります。そのブランドのアイテムを活かしたコーディネートができれば、センスを評価されるでしょう。

就活では、落ち着いた雰囲気と、誰から見ても清楚・清潔な印象を持たれる服装を心がけることが大切です。就活の服装には、おしゃれは必要ありません。「相手に好感をあたえること」を意識して、行動してください。

「オフィスカジュアル」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「オフィスカジュアル」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

オンラインの場合

昨今の情勢の影響で、オンラインの就活イベントは増えてきています。服装に関しては、オンラインでも基本の就活マナーとの相違はありません。基本的にはスーツ着用で、就活を行いましょう。

オンラインの面談や、座談会など、リラックスして話せる雰囲気のときは私服でもかまいません。リモートワークが増加しているので、企業の人もラフな格好の場合が増えてきています。

特に指定がない場合は、スーツか私服かは、その社風から判断してください。以前、その企業の就活イベントに参加した先輩から情報収集するのも一つの方法です。また、普段の社員の服装を参考にすると、どのような社風か想像でき、判断しやすいでしょう。

オンラインだと、相手に自分の顔がアップで映し出されます。そのため、髪型やメイクは、事前に鏡で問題がないか確認してください。髪型はオフライン時と同様、清潔感があり、お辞儀した際に邪魔にならないか、メイクはよれていないかがチェックポイントです。

オンラインでも、通常時の就活と特に変わりはないと考える企業も多いので、基本はスーツだと覚えておいてください。

NG身だしなみチェックリスト

就活では、避けるべき服装のポイントがあります。スーツの場合でも、私服の場合でも気を付けなければならないポイントになります。NGポイントを把握しておけば、就活の身だしなみでマイナス評価を受けるリスクを回避することができます。

スーツの場合は、選択肢が限られているので、そこまで悩まないかもしれません。私服の場合は、選択肢が多いので、NGポイントを避ければ適した服装に近づけます。就活前には、NGチェックリストを活用して準備し、好印象な服装を目指しましょう。

露出は多くないか

ビジネスのシーンにおいて、露出が多いのは不適切です。私服指定でも、あくまで就活の場なので、社会人としてのマナーが前提になります。就活の場では、「常識」と「品性」を問われるので、露出の多い服装を避けることが適切です。

例えば、女性の場合は、胸元があきすぎている服装や、短すぎるスカートやショートパンツはNGです。スカートは、ひざ丈を基準にしましょう。男性の場合、半ズボンはカジュアルすぎる印象になるので、不適切です。ズボンはくるぶしより長いものを選びましょう。

男女共に、トップスは、胸元や肩が露出しないシンプルなものにしてください。キャミソール、タンクトップはNGです。また、オフショルダーも、露出が多いので、就活には向いていません。

露出が多いNG服装

  • ショートパンツ
  • 短すぎるスカート
  • オフショルダーのトップス
  • キャミソールやタンクトップ
  • 半ズボン

華美なアクセサリーを着用していないか

私服指定の場合でも、就活で目立つアクセサリーは着用すべきではありません。大前提として、就活ではおしゃれかどうかよりも、好感をもてる身だしなみかが重要です。華美なアクセサリーは、「派手」「自己主張が強すぎる」印象になりかねないので注意しましょう。

小さなアクセサリーやシンプルなデザインのものは、個性を出す役割を果たすかもしれません。しかし、大きすぎて目立つものや、装飾が多く派手なものは避けましょう。華美で目立ち過ぎない物を選ぶことが大切です。

就活の服装でアクセサリーは、必要な物ではありません。アクセサリーは、特にこだわりがない場合は着用しないほうが、印象を悪くするリスクは減らせます。

シワや汚れはないか

就活の身だしなみで大事なポイントは、清潔感です。シワや汚れがあると、清潔感を欠いてしまうので、気を付けてください。

家から出る前に、シワや汚れはないか最終確認することがおすすめです。できれば前日にチェックしておくと、外出前にばたばた慌てなくてすみます。シャツはきちんとアイロンをかけて、シミがないか確認しておきましょう。

上着のシワは、持ち歩く時にもできる可能性があるので、シワができない畳み方に配慮が必要です。

就活の服装マナーを守って好印象を勝ち取ろう

就活では、印象がその後の評価を左右します。特に面接では、限られた時間で判断されるため、第一印象はとても重要です。第一印象の半分以上を占める視覚情報の服装に気を配ることで、好印象を残すことが可能です。

就活の服装は、清潔感があり、場に適していることが最重要です。清潔感がある服装で、相手に好感を与え、社会人としての素質をアピールしましょう。

就活では、企業にやイベントによって状況は違います。TPOをわきまえて行動できるということは、社会人としての必要な要素です。それぞれのシーンに適した服装で臨めば、社会人としてマナーやルールを守れることを示せます。

一つ一つは細かいことですが、マナーやルールが守れているかどうかで印象は変わってきます。自分の人生を左右する就活の場で、服装が評価を下げてしまうことはリスクです。マナーを守って、好印象な服装で就活を行いましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ