身だしなみ

【就活の服装完全マニュアル】男女別に正しいマナーを大公開!

就活の服装にもう迷わない!

最近では企業側から会社説明会や、OB訪問、インターンシップなどに参加してもらう際の服装について、「カジュアルな服装」を指示してくる企業も増えてきています。就活=スーツと思っている就活生は戸惑いを感じる人も少なくありません。そんなこれまでの常識から少しずつ変わってきているようです。その要因としては近年導入されたクールビスやウォームビズなどが日本の企業にも定着し、社内で働く社員の雰囲気や考え方に変化が出てきていることもひとつの要因です。

そして企業の風土はもとより、社内で実際に働く社員の雰囲気と合う人材であるか、応募者の人となりや、一定のビジネスマナーを身に着けることができているかなどを服装という観点から確認しています。採用のミスマッチを防ぐための情報として、あえてそのように服装を指示する企業もあるようです。

就活はスーツが基本

就活といえば、リクルートスーツ。これは昔も今も変わりありません。最近でこそ、業界や企業によって面接の際でもスーツ着用にこだわらないという企業は増えてきてはいますが、それでも会社説明会やOB訪問、面接でも企業側から指定されない限りは就活の服装はスーツです。

企業が服装に私服を指定するのは、単にリラックスして来社してほしいという理由だけではなく、採用側の思惑を合わせ持っています。どのような状況にも臨機応変に対応できるように、準備しておくことはこれからの社会人に求めれるスキルでもあります。

服装自由の場合

面接や会社説明会では時折、「自由な服装での参加可」という文言を目にします。学生にとってはこの「自由」はとても悩ましい言葉です。「自由」なのだから、普段のカジュアルな服装でも良いのではないかと受け取る方もいるでしょう。しかし面接や会社説明会という場は、採用担当者や会社の上層部の方もいらっしゃるフォーマルな場です。

「自由」とはあるものの、その中には「社会人としてフォーマルな場に出席するのにふさわしい服装において」という言葉が隠れていると考えてください。それでは、このフォーマルな場にふさわしい服装とはどういうものかについて見ていきます。

フォーマルな服装を選ぶ

学生の皆さんにとってフォーマルな場所や場面はどのようなものを思いつきますか。結婚式などの冠婚葬祭、表彰などの式典、交渉の場などなど、一口にフォーマルな場といっても非常に多いものです。このようなフォーマルな場にはTPOに合わせた服装が選ばれます。面接や会社説明会などにおいても、守るべきビジネスマナーが存在します。

スーツ以外で会社に訪れる際には、シックな色やデザインのジャケットやカーディガンを羽織るスタイルを基本にして、就活にふさわしいフォーマルな服装を選ぶようにしましょう。

カバンや靴もシックに

まず手にするカバンや靴、時計などの小物については、フォーマルな服装に合わせて派手なものではなく、黒やこげ茶などのシックでシンプルなデザインのものを選ぶようにしてください。着用している服装がどんなにフォーマルな場にふさわしい服装であっても、派手な色やデザインのバッグや靴、時計などの小物を身に着けていては元も子もありません。

手持ちの物が無いのであれば、この際に用意しておくことをおすすめします。今後、社会人になればよりフォーマルな場に参加することが多くなるので、一つでもあるといざというときに困ることがありません。

私服・普段着を指定された場合

まれに、私服や普段着で採用選考に来るように指定されることもあります。ほとんどの企業では、服装について特別な指定があるわけではないので、スーツで行くことになりますが、私服や普段着で来て下さいと指示があればそれに従い、私服で行っても問題ありません。

どのような服を着ていくべきか迷ってしまうこともありますが、スーツの時と同じように清潔感を心がけることは重要です。人の印象は第一印象で決まると言われていますが、髪型や服装などの外見は大きな要因となっています。私服や普段着でも、好印象を与えることができるように気をつけましょう。

アパレル関係の仕事は服装のセンスを評価する場合がある

ファッションなどのアパレル関係では、その人が持っているセンスを重要視する傾向があります。服装を見ることで、普段どのような格好をしているか、どのようなファッションセンスがあるかが分かります。希望している企業ブランドの服を着て行くことで、アピールにも繋がります。

その企業が展開しているファッションと、あまりにかけ離れているような服装では、企業には合わないという印象を与えることもありますので、企業のブランドがどのようなテイストのファッションなのか、事前に確認しておくことも重要です。企業によってどのような服を着ていくべきか様々ありますが、ファッションセンスをアピールしたいからと奇抜な格好をするのは控えた方が無難でしょう。

私服だからといってどんな服装でもいいわけではない

私服や普段着の指定があったからと言っても、どんな服装でもいいわけではありません。就職採用試験だということを前提に、服装選びをおこないましょう。社会人として、清潔感がある服装は守るべきマナーとなっています。だらしないルーズすぎる服や、汚れやシワが目立つものでは、相手に不快感を与えてしまいます。

自分が普段着ている服でもカジュアルすぎないもの、ビジネスの場に行ってもおかしくないものを選ぶようにしましょう。大きすぎるシルエットのものや衿が大きく開いたもの、ダメージのジーンズなどは、人によってはあまり良い印象を受けません。企業の雰囲気にもよりますが、TPOをわきまえて選考試験にふさわしい服装を心がけましょう。

オフィスカジュアルもOK

学生のみなさんもよく耳にする「オフィスカジュアル」ですが、女性と男性で当然違いはあります。ジャケパン(ジャケットにスラックスなどのパンツを合わせたスタイル)にシャツなどを着用したスタイルです。オフィスカジュアルはスーツ程にフォーマルではないですが、通常のカジュアルに比べて品のある服装で来客の対応にも失礼のない服装ですから、とてもバランスが取れたスタイルなのかもしれません。

ただし、実際に訪問する企業の社風や社員の方の雰囲気などは事前に確認したうえで、派手すぎず、身だしなみの整った清潔感のあるオフィスカジュアルスタイルで訪問するようにしてください。

心配な場合はスーツで行く

どうしてもジャケパンやオフィスカジュアルといった服装がいまいち馴染まないと感じる場合には、無理することなくスーツを着用していきましょう。服装自由の場合はスーツでも良いということになるので、心配な場合はスーツを着用して訪問しても決して間違ってはいません。

例え周りにスーツを着用している人がいなかったとしても「失敗した」などと思わず、堂々と面接や会社説明会に参加してください。採用担当者や企業関係者には決して悪い印象は与えません。

夏はラフになりすぎないよう注意する

夏場のオフィススタイルとして定着し始めているクールビズですが、街中で見かけるビジネスマンがポロシャツや、半袖のシャツなど様々な服装で出勤している姿をよく見かけます。カジュアルな服装で面接に起こしくださいと言われて迷ったあげく、フォーマルな場に訪問するための服装の基本を抑えることなく、街ゆくビジネスマンを参考にしていては間違った情報を得ることになりかねません。

服装一つでもしっかりと基本を押さえておくことが大切です。特に男性の場合はジャケット着用は基本であると思ってください。夏は薄着でラフになりがちですが、就活においてはきちんとジャケットを着用し、相手に失礼のないふさわしい服装で臨むように心がけましょう。

面接にふさわしい服装【女性編】

  • スカートやパンツ
  • 3〜5cmのヒール
  • ブラウス
  • カーディガン

フォーマルな場をいつもリクルートスーツで無難に過ごしてきた学生さんにとっては慣れない服装かもしれませんが、実際に職場にも着ていけるようなイメージで服を選ぶようにしてください。それでも選び慣れない服装ですし、趣味嗜好があるためなかなか職場で着ていくというイメージがしにくいという人は、オフィス街にいる女性を参考にしてみるとよいでしょう。基本を抑えつつも、自分に合った服装を取り入れるようにするのも一つの手です。

また、自分が訪問する会社のホームページや、求人募集内容など会社の社風やオフィスのイメージを捉えておくのもおすすめです。企業によってはホームページ上で実際に勤務されている社員の方の写真を載せていることもあるのでチェックしておきましょう。

髪型

女性の場合、髪が長ければ邪魔にならないように後ろでスッキリとまとめるようにしましょう。顔に髪の毛がかかっていると、表情も分かりにくくなりだらしない印象になってしまいます。まとめる時にもお団子やポニーテールではカジュアルすぎるので、低めの位置でひとつに縛ると良いでしょう。

ゴムやピンを使う場合にも、派手な色は避け黒や茶色のものを選んだ方が無難です。ショートヘアーでも、なるべく顔に髪がかからないようにピンで止めたり、ワックスでスタイリングをしたりと工夫をしましょう。

髪の毛の色も、派手すぎる明るい色は暗い色に戻しておいたほうがよいです。真っ黒である必要はありませんが、暗めの茶色など、社会人として常識と考える範囲にしておきます。

メイク

お化粧をする時には、ナチュラルメイクを心がけましょう。服装や髪型と同じく、メイクでも清潔感を与えることが重要です。ノーメイクのままでは、ビジネスの場にふさわしくなく、身なりを気にしてない人という印象になってしまいます。

また、就職活動中は忙しく睡眠時間も少なくなりがちで、顔にクマができたり疲れた表情になったりしてしまうことがあります。ベースメイクでは疲れた印象を残さないように、クマなどはしっかりカバーするように気をつけましょう。健康的に見えるように、自分に合ったトーンのファンデーションを使い、ナチュラルなメイクをするのがおすすめです。アイメイクも、はっきりした目元を強調することは大切ですが、明るすぎるアイシャドーやラメ入りのものなど、派手すぎるものは控えた方が無難です。

アクセサリー

基本的に、就活の際にアクセサリーを身に着けることはNGとされています。アクセサリーは華やかに着飾るためのアイテムであり、就職活動には必要ありません。アクセサリーを着けていると不合格になる、というわけではありませんが、キラキラと光るものや大きい飾りはよい印象を与えません。

また、企業の社風や業界によっても異なりますが、アパレル系やデザイン系で私服で試験に行く場合には、アクセサリーが許されることもあります。アパレル系やデザイン系などの一部の企業を除いて、一般的にアクセサリーは着けないほうがよいと覚えておきましょう。

腕時計はアクセサリーのひとつという考えもありますが、時間を守るためにも必要なのでつけていても問題ありません。

面接にふさわしい服装【男性編】

  • シャツ
  • ジャケット
  • パンツ
  • 革靴

男性も女性と同じように、その会社で勤務することをイメージして服を選ぶように心がけましょう。男性の場合、形はスーツに近いジャケットにパンツというスタイルが主流です。このジャケパンスタイルはここ最近流行ったスタイルになります。スーツのような堅苦しさは抑えつつ、見た目でさわやかな印象を与えてくれるという点とクールビズなどにも対応できるという点から、オフィス内勤務をする場合には認めている企業が多くあります。

注意すべき点はカジュアルではあるものの、仕事というフォーマルな場ですから、守るべき身だしなみがあることは念頭に置いてください。ジャケットの下はTシャツではなく襟付きのシャツを着用しましょう。パンツもジーンズなどの極端にカジュアルなものではなく、チノパンやスラックスを選ぶことです。色味については派手すぎず、スーツと同じように紺色や灰色、黒色といった色のトーンが好ましいです。

そして靴については革靴を選ぶようにしましょう。いくらカジュアルな服装でといわれても、スニーカーで来てくださいと指定されない限りは革靴を履いて訪問するのがマナーです。

髪型

男性の髪型は、清潔感が大切です。基本的には、顔に髪がかからない、邪魔にならないように短くカットしておきます。髪の毛に汚れやフケがあるとだらしない印象になってしまいますので、普段から清潔にしておくことを心がけましょう。

ワックスやヘアクリーム、ジェルなどを使ってセットする際にも、つけすぎるとベトベトしてしまいます。また、カチカチに固めてしまっているのもやり過ぎです。ナチュラルなスタイルになるように、自然に流しておきましょう。髪の毛の色も、明るすぎる派手な色は避け、自然な茶色や黒にしておきます。どのような髪型にすれば良いのか迷ってしまったら、美容師さんに相談してみましょう。経験豊富な美容師さんなら、きっとよいアドバイスをもらえるはずです。

ネクタイ

就職活動で身に着けるネクタイは、黒や紺、ネイビーなどが一般的です。ほかにも、ブルー系、イエロー系、グレー系も就職活動に使えます。派手な色である、ピンク系、紫系、大きな柄があるものは避けましょう。無地のネクタイをする人がほとんどですが、チェックやストライプなど、派手ではない柄なら問題ありません。ネクタイには、色や柄だけでなく、太さも様々なタイプがありますが、幅広いシーンで使えるシンプルなものを用意しておけば、いつでも使えるので便利です。どのようなものを選べばいいのか分からない時は、紳士服売り場でアドバイスをもらうのも良いでしょう。就活では、ネクタイピンを付ける必要はありません。

就活マニュアルで最後の仕上げをする

就活の服装についてわかったあとは、就活マナーマニュアルで最後の仕上げをしましょう。服装と同様に、就活におけるマナーは相手の印象に残るものです。就活では、会社説明会、OB訪問、面接などの場面で正しい立ち振る舞いや言葉遣いが求められます。

また、メールや電話をする際にも社会人としてのルールを守ってやり取りをする必要があります。こうしたマナーはなかなか知る機会はありませんが、入社後も求められるものです。就活マニュアルを確認して、知っておくべきマナーがなんなのか勉強しておきましょう。

また、服装や髪型などの身だしなみに関する内容もあるため、面接前の最終確認などにもぜひ利用してみてください。

就活の服装マナーを守って好印象を与えよう

私服で面接に臨む場合には、上述したその場にふさわしい服装を守りつつも、重要なことは相手にとっては貴重な時間を割いて自分との時間を過ごしていただいているのだという謙虚な姿勢です。この謙虚な姿勢を持つことができれば、おのずと私服での面接であれ、相手に失礼がなく不快感を与えないシンプルで清潔感のある服装となるのではないでしょうか。

服装一つでも相手に与える印象は変わりますし、その場を有意義なものにしようと相手も紳士的な振る舞いをしてくれることでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ