面接対策

ボランティア活動で学んだ事を聞かれる理由~答え方のコツも紹介~

ボランティア活動について面接で聞かれることがある

大学生の間では、就活のためにボランティア活動をするかどうか悩む人も多くいます。実際に、ボランティア活動にかかわる経験は就活の面接でも聞かれることがしばしばあります。

せっかく苦労してボランティア活動をして多くの経験を積んできても、面接で上手く伝えられなければ、採用担当者視点では残念ながらボランティア活動をしていない人と差して変わりはありません。

本記事ではボランティア活動について面接で聞かれた場合の意図や注意点についてご紹介していきます。学生時代に時間のボランティア活動を、より有意義なものにするためにも、本記事で正しい回答方法を紹介します。

ボランティアについて面接で聞く理由

具体的な回答の文章を考える前に、そもそも採用担当者がボランティア活動について質問する理由について考えてみましょう。面接時間は限られていますから、基本的に必要最低限しか聞いてはこないはずです。

相手の意図を把握していれば、それに見合った回答ができるため、より採用担当者には好印象を残しやすくなるでしょう。

自分から行動できるか

ボランティア活動は誰からも強制されるものではありませんし、大学でも直接的にボランティア活動へと学生を勧誘することはなかなか少ないです。しかし、それゆえにボランティア活動をする人は自主的に動けるという証にもなるのです。

何もこれはボランティア活動に限ったことではなく、部活動やアルバイトも同じであると言えるでしょう。やらなくても問題なく、やるにしても選択肢が非常に多い中で、自主的に目的を持って活動に参加する行動力は企業から求められる資質の一つです。

したがって、話す際にも「友人が行っていたから」「頼まれたから」というような受動的な理由では本末転倒になりますので、その点は注意しておいてください。

学びを求めながら行動できるか

現代では事務的、固定的な業務はほとんどが機械で達成されるようになってきました。それゆえに、これから働くために自ら考えて行動する能力や、変化にも柔軟に対応して業務を遂行する能力が求められています。

ボランティア活動は慈善活動ですから、基本的に物的な見返りはありません。したがって、残るのは自分の中にある思い出と経験やスキルなのです。企業にとっては変化に対応するために、常に学ぶ意識を持って行動する人は魅力的に映ります。

したがって、話す際には学ぶ内容や目的などを持って取り組んだと話しに盛り込めば、採用担当者には印象づきます。

学生時代に力を入れたこととしてアピールしよう

学生時代に力を入れたことは、就活の中でも大切なアピール要素です。学生時代にボランティアに力を入れたという人は、具体的な経験やそれによって得た能力を伝えましょう。

学生時代に力を入れたことを考えるときに活用したいのが人気企業内定者の「ガクチカ」まとめです。文章の作り方や例文18選を収録しています。無料でダウンロード出来るので、面接対策中の就活生にもおすすめです。

ボランティア活動で学んだ事を伝えるポイント

ボランティア活動について面接で話す際にはいくつかの注意点があります。せっかくボランティア活動を行っても上手く伝わらなければ意味がないのです。次に、主に注意するべき事項を3点にまとめました。自分が今考えている文章と比較して当てはまる点がないかどうか、確認しながら見ていきましょう。

砕けた言葉を使わない

ボランティア活動は非常に多様です。有名なものでは、被災地支援や地域清掃などがありますし、専門的なものでは不登校の児童生徒を支援するフリースクールの指導補助や、ボーイスカウトなどのようなものまであります。

その多様さゆえに、採用担当者が必ずしもボランティア活動の内容を把握しているとは限りません。中には楽しそうな内容もボランティア活動も多くありますので、内容説明の際には、採用担当者から「ただ楽しみたいという自己満足では...?」と思われないような説明が大切です。

ポイントとして、できる限り砕けていない言葉を使いましょう。例えば、教育系ボランティアの説明で「子供たちと遊ぶことです。」よりも、「子供たちの指導を行います。」の方が真面目な印象を与えます。もちろん、次に紹介するような具体的な説明では話は別です。

具体的に述べる

上記の通り、ボランティア活動は多様なため採用担当者の理解を得るためには正確に内容を説明する必要があります。説明の際には時間の許す限りで具体的に話しましょう。

グダグダとした話し方を避けるあまり、一言二言でまとめてしまう就活生も多くいます。しかし、それでは採用担当者側からすると抽象的でイメージができない場合もあれば、詳しく説明できるほどには頑張ってこなかったのではないかという印象を受ける場合もあります。

したがって、「地域清掃です。」ではなく「○○付近で落ち葉の処理やゴミの収集と分別を行いました。」というような具体的な説明をしましょう。

企業での活かし方を述べる

これは非常に重要で、ある意味ではボランティア活動について 説明する際の決定打と言っても過言ではありません。結局、どんなに素晴らしい経験やスキルを身に着けたとしても活かす先がなければ意味がないのです。

まず自身が、ボランティア活動を通じて得たものを列挙しましょう。そして、試験を受ける企業の業務内容や求める人物像と照らして、上手くマッチするものをピックアップします。

後は、それを採用担当者に伝えるだけです。ボランティア活動のどういった部分でどのように行動した結果、何を学びそれをどのように活かすのかという順序で伝えると、自身の経験に裏打ちされた説得力のある話しができるでしょう。

学生時代力をいれたことといて紹介するボランティア活動は、自分の自己PRのチャンスでもあるため、回答の仕方は、資料も参考にチェックしていきましょう。この資料は先輩のESも掲載しています。表現方法や文章の書き方など良い部分はどんどん盗んでいきましょう。

ボランティアで学んだ事を伝える際の例文

それでは最後に例文を見ていきましょう。文章を書く際には、採用担当者の意図にマッチした内容を選び、上記の3点を意識することでより魅力的なものになります。総じて注意するべき点は長くなりすぎないことです。

面接では指定が無ければ回答時間は30秒程度が目安になります。具体性が欠けないようにしつつ、適度な長さになるようなバランスが重要です。

例文①

私は異文化間交流に興味を持ち、インドネシアへのボランティア活動を兼ねた留学を致しました。現地で異文化交流を行い、子供たちや地域の方に日本の文化を伝えることが本留学の目的です。しかし、私のチームではなかなか意見が合わず、メンバー間の衝突も多くありました。
そこで、メンバー同士の親睦を深める目的で、毎日のミーティング前に1時間の自由時間を設けることを提案しました。この取り組みで、互いに理解も深まり歩み寄る態度が生まれ、円滑なミーティングに繋がったと考えています。
この経験から改めてチームでの円滑なコミュニケーションの重要性を知り、人間関係作りには常に気を配るように意識をしてまいりました。入社後はこの能力を活かして、多くの企画立案業務に携わりたいと考えています。

まず、ボランティア活動の説明をしましょう。ここで採用担当者の頭に具体的な場面がイメージできるように話すことが最も重要で、これができれば第一段階はクリアです。次に、学んだ事の根拠となるような具体的エピソードを示して、説得力のある文章を心掛けます。

最後に学びを活かした入社後の展望を話すと、好印象を与えられる文章になるでしょう。ボランティア活動の内容を知らなくても理解できるような内容であれば、学んだ内容事態は文章の最初に持って行った方が、利き手のストレスは減ります。

例文②

私は、リスク管理の徹底について学びました。近所の小学校付近で、生徒の登下校指導を行うボランティア活動を行いました。内容は信号や横断歩道の付近に立ち、生徒へ安全な交通マナーを伝えながら、不審者等からの安全確保を同時に行うことです。
活動を行う中では、信号を無視する生徒や青信号が点滅していても駆け抜けていく生徒など、自分の想像を超えるリスクが多くありました。この活動を通じて、常にリスク管理に気を配ることの重要性を学びました。入社後は起こりうるリスクを常に考え、対処への検討を繰り返すことで安全度の高い業務遂行に努めて参ります。

こちらの例文では、最初に結論を述べています。例文①の場合とは、ケースバイケースで使い分けてください。このボランティア活動は街中でもよく見かけますので、知らないことは少ないですが、それでも可能な限り丁寧な説明を心掛けましょう。

また、説明をする際に「自分の想像を超えるリスク」というように抽象的なワードを使うときは「信号を無視する生徒」のように必ず具体例を1つ以上付属しましょう。この具体例がないと一気に抽象的な印象が増して、表面的な話のように聞こえてしまいがちです。

ボランティア活動の経験はポイントを押さえて話そう

現在、ボランティア活動は多くの大学生が就職活動に向けて行っています。被災地支援などのボランティア活動はニュースでも大々的に取り上げられ、周知されました。その影響もあり、最近ではその割合も非常に増え、企業を受ける就活生の層によってはボランティア活動をしているだけでは、他の就活生に差をつけることが難しい場合もあるかもしません。

そこで大きな差になるのは、いかに自身の経験を正確かつ丁寧に採用担当者に伝えることができるかです。ご紹介した内容をしっかりと押さえた上で、繰り返し面接の練習をしましょう。文章さえしっかりと書けていれば、その場に応じて細部を変えながら話す力を付ければ完璧です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ