面接対策

【カジュアルな服装とは】面接で好印象の格好やNG例をご紹介

面接で言われるカジュアルな服装とは

null

就活をしていると、企業から「面接にはカジュアルな服装でお越しください」という指示を出されることがあります。しかし、この「カジュアルな服装」の規定がわからずに、多くの就活生は頭を悩ませてしまいがちです。

まったくの普段着もカジュアルに含まれるのか、それとも「カジュアルな服装」と言われても本当はスーツで行くのが礼儀なのか。逆に、礼儀を通そうという気持ちでスーツで出席する事が企業側の意向を無視した行動と捉えられてしまうのか。

仮に全くの私服で良かったとしても、一体何を着ていけば良いのかで悩んでしまうものです。ここでは、企業側が言う「カジュアルな服装」について、徹底的に説明していきます。

「カジュアルな服装でお越しください」の意図

企業側から「カジュアルな服装でお越しください」と言われてしまうと、困惑してしまうことが多いと思います。しかし、企業側からの指示は絶対です。

カジュアルな服装を指定されたのであれば、必ずカジュアルな服装で出かけてください。気を遣ってリクルートスーツにしてしまうと、「この学生は指示を守らない」と、かえってマイナス評価になってしまう恐れがあるのです。

ここからは、企業がどんな意図を持って服装を指定しているのかを詳しくご紹介していきましょう。

就活生の常識を見ている

企業がカジュアルな服装(私服)を指定してくる理由の一つに「就活生の常識を見たい」というものがあります。カジュアルな服装を指定したからといって、例えば面接にジャージで来たり、Tシャツにチノパンのようなラフすぎる服装で来たりすれば「この学生は常識がないな」と判断されてしまいます。

特に企業面接は夏場が多いですが、いくらクールビズのような軽装が推奨されているといっても、ノースリーブに短パン、サンダルなどは厳禁です。就活生がTPOに応じた服装が出来るかどうかを見ている面接官も多いですので、常識の範囲内の服装ででかけることが大切だといえます。

リラックスした状態で面接を受けてほしい

リーマンショック以降に「就職氷河期」と呼ばれる時代があったことはご存知でしょうか。そのころには、企業側が採用人数に制限をかける目的で圧迫面接などをし、就活生を追いつめるという酷いものがありました。

その結果、多くの優秀な人材を採用するチャンスを逃してしまったのです。企業側はその失敗を取り返すという意向を持ち、少しでも良い人材を発掘しようとしています。そのため、着慣れないスーツではなく、親しみのある私服で面接に来てもらい、リラックスした状態で面接に臨んで欲しいと考えているのです。

リラックスした状態の就活生を見て、しっかりとその人物像を判断していきたいと考える面接官も多いといわれています。

カジュアルな服装で面接に行く際の注意点

面接の服装を「私服」や、「カジュアルな服装」と指定された場合は、基本的には自由な服装で参加をすることになります。しかし、ここで忘れてはならないのは、あくまでも「企業の面接に参加する」という意識です。

面接に相応しい服装=TPOをわきまえた服装ということは、言うまでもないことです。私服が指定されていようと、面接はあくまでも就職試験の一環です。そのことを忘れずに、「その服装でオフィスに行けるか?」を基準にして、きちんとした服装選びをしてください。

せっかくのチャンスをだらしのない服装で無駄にしてしまわないように、面接前には必ず姿見などでのチェックをするようにしましょう。

奇抜な服装は避ける

企業から「私服」や「カジュアル」という服装指定を受けても、絶対に忘れてはならないのは、「ビジネスシーン」での話しであるということです。実際に就職した後にクールビズなどの軽装を指定される期間でも、社員達が向き合うのはビジネスパーソンです。

その時に失礼のない装いが出来るかを面接官は見ようとしています。ビジネスシーンでの私服やカジュアルというのは、ジャージやデニムという普段着を指すのではないということを覚えておきましょう。

例えば、女性ならば胸の開きすぎたトップスやミニスカート、男性ならばTシャツにチノパンにサンダルなどのようなラフすぎる格好はNGということになります。

リクルートスーツでの出席はNG?

企業側からの服装指定が「私服でお越しください」だった場合は、企業側がなんらかの意図をもって私服を指定してきていますので、スーツは避けた方が無難です。しかし「私服可」と指定されていた場合は、リクルートスーツでの出席がOKという意味になります。

「私服可」と指定された場合は、半数以上の就活生がスーツを選ぶ傾向にありますので、安心してスーツで面接にでかけてください。しかし、中には「スーツの人が多いだろうから、より自分をアピールするために私服で行く!」という就活生もいます。その場合には、TPOをわきまえきちんとした服装で出かけることが大切です。

カバンはビジネスバッグを使用する

null

面接でカジュアルな服装で向かう場合は、ビジネスバッグを合わせましょう。服装がカジュアルだと、カバンも普段使いのものを合わせがちです。しかし、普段使いのカバンだと、形や色によってはラフ過ぎる印象を与えてしまいます。せっかくカジュアルな服装で清潔感を与えても、カバンがイメージに影響を与えることもあるのです。

また、面接会場で資料をもらうかもしれませんし、逆にこちらが書類を持参することもあります。そのような場合に、A4サイズが入るビジネスバッグは重宝します。容量も大きいので忘れ物の心配も少なくなるでしょう。黒や茶系のビジネスバッグを選んでください。

カジュアルな服装とは【メンズ編】

企業面接における「カジュアル」とは、男女ともに「オフィスカジュアル」というジャンルをいいます。オフィスカジュアルとは、オフィスで通用するレベルのラフさ(カジュアルさ)を持った服装ということです。

男性の場合のオフィスカジュアルは、女性に比べるとかなりコーディネートが簡単です。ここでは、企業に好まれる男性のカジュアルな服装を紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

面接でよく聞かれる質問リスト&回答集を活用して、面接を突破しよう

不安を抱えた状態で面接本番を迎えると、うまく回答できず、選考に落ちてしまうことが多いです。不安を解消するためには、あらかじめ質問を予想し、その回答を考えておく必要があります。

そこで、無料の「面接質問リスト&回答集」を活用しましょう。面接でよく聞かれる質問とその回答例が多数収録されており、回答の際のポイントも解説してあります。

ぜひ活用して不安を解消し、志望企業の面接を突破しましょう。

ジャケットにシャツが正解

null

ビジネスシーンにおいては、ジャケットの着用がマストとされています。そのため、ジャケットは必ず着るようにしてください。色は、黒・グレー・紺などの華美でないものが好まれます。インナーとなるシャツは、ドレスシャツでも構いませんが、派手になりすぎないようにしましょう。

一番無難とされるのは白で、薄い青や薄いピンクも清潔感を演出する面からも良いといわれています。パンツはスラックスがベターで、色は黒やグレーなどの目立ち過ぎないものを選びましょう。靴はスニーカーでも構いませんが、革靴の方が無難といえます。

髪型は服装に合わせて変える

スーツで出席するのならば、髪型もカッチリとまとめた方が好印象になります。しかし、スーツよりも少しカジュアルな装いになった時に、髪型だけがカッチリしていると違和感を与えてしまう恐れがあります。

かと言って、お洒落に整えようとツンツンに髪を立てすぎたり、アイロンで盛ったりして頑張りすぎるのも困りものです。好印象を与えやすい男性の髪型は、前髪は目にかからない長さ・サイドは耳にかからない程度の長さ・シャツやジャケットにかからない襟足の長さです。

足元は革靴などを選ぶ

カジュアルな服装には、革靴などを合わせましょう。スーツよりもカジュアルになるため、足元も軽めの履物を合わせたくなる人もいるかもしれません。しかし、面接では足元までチェックされています。スーツでない場合も、革靴などのビジネスシーンに合った靴を選ぶことが大切です。

靴が汚れているとだらしない印象を与えるため、履く前に綺麗に磨いておきましょう。靴ひもがある場合は綺麗に結ぶなど、細かいところにも気を配ることが大切です。黒い革靴だと重い印象になるのが心配という人は、茶系の革靴でも問題ありません。

カジュアルな服装とは【レディース編】

null

男性のオフィスカジュアルより、はるかに幅が広く、洋服選びに迷ってしまうのが女性の服装です。男性とは違い、ピアスやネックレスなど、ある程度のお洒落も許容されていることから、更に洋服選びに戸惑ってしまうことが多いといえます。

日頃からお洒落に敏感な女性にとっては普通に感じる装いでも、面接官からすると「この学生は派手だな」という印象を持たれてしまう懸念もあります。そこで、「服装選びで絶対に失敗したくない!無難にいきたい!」という方は、以下のポイントを抑えてみてください。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの、「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

ジャケットかカーディガンを必ず常備しておく

女性の服装は、種類も色も豊富にあるのが特徴です。また、折角の私服面接なのに、全身黒でコーディネートしていっては、いくら無難な色とはいえ地味過ぎてしまいます。そこで必要になってくるのが、コーディネート全体の雰囲気です。

インナーにはやや華やか目のピンクを持ってきたとしても、紺や黒のジャケットやカーディガンを着る事で引き締まった雰囲気に見えるのです。ジャケットの色は黒や紺、グレーが、何にでも合いますし、万人に好まれるといわれています。

女性もののカーディガンやジャケットだと、ビジューや飾りがあしらわれているものも多く売られています。しかし、ビジネスシーンに相応しい、キチンとした感じを演出するためには、飾りなどは避けておいた方が無難と言えるでしょう。

ヘアアクセサリーはなるべくしない

就活生の中には、ロングヘアの女性も多いです。髪を下ろしたままだとラフすぎる印象を与えるため、髪をまとめて面接に臨む女子就活生がほとんどだといえます。髪をまとめるアイテムとしては、ヘアゴムやヘアピン、シュシュなどを使う事が多いのではないでしょうか。

この時に注意するべきことは、飾りのついたピンのようなアクセサリー要素のあるものは、なるべく避けるということです。面接はあくまでもビジネスにあたるので、自分の髪色に近い、黒や茶色のゴムやシュシュを選んでください。髪型は、ハーフアップやシニヨンなどの清潔でありながら女性らしい髪型にした方が、好印象を与えることができるでしょう。

ストッキングを必ず着用する

スーツを着ないからといって、ストッキングを履かなくてもいいという考えはNGです。女性がスカートなどの脚が出る服装をする場合は、ストッキングを着用するのがマナーです。ストッキングを選ぶ際は、色やサイズが自分に合っているものを選びましょう。

サイズが大きすぎると、布が余ってしまいしわになる原因になります。また、色が薄すぎたり濃すぎたりすると顔色と合わずにちぐはぐな印象を与えてしまいます。カジュアルな服装であっても、ビジネスマナーを意識することを忘れないようにしましょう。

カジュアルな服装は自分をアピールできるチャンス

null

企業から「カジュアルな服装で」と言われてしまうと、確かに迷うことも多いです。しかし、カジュアルな服装は、より自分らしさをアピールできるチャンスともいえるのです。特に、アパレル系を希望している就活生にとっては「あなたのファッションセンスを見せてください」と言われているようなものです。

また、アパレル系でなくとも、普段の素に近い自分を面接官に見てもらうことで、「真面目そうだ」「きちんとしているな」「マナーをわきまえた学生だ」などの好印象を持ってもらえる可能性も高くなってきます。

ここで紹介した、「オフィスカジュアルとはなにか?」を参考にしながら、企業面接にふさわしくありながらも、自分らしい服装で面接に出かけていってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ