筆記試験

【SPIの結果で企業が見極めることとは】合格点がどのくらいなのかや高得点を取るコツもご紹介

就活を進める上で避けては通れないのがSPI

今や就職活動を進めていくうえで、「SPI」という言葉を耳にしないことはないのではないでしょうか。日ごろからよく名前を聞くような有名企業であれば、選考中に必ずSPIが登場するといっても過言ではありません。SPIをざっくりいうと、「就活生の能力を測定する試験」です。そうは言っても、何を知ろうとしているのかが分からないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事ではSPIに焦点を当て、企業はSPIの結果を通して就活生の何を測ろうとしているのかということをはじめ、試験に合格点があるのかどうかなどの就活生が気になる点をまとめて解説していきます。また併せて、SPI対策を効率的に行うためのコツもご紹介しますので、SPI試験が始まる前にぜひ一度参考にしてみてください。

SPIの結果で企業が測る内容

SPIの結果で企業が測る内容

冒頭でも述べたように、SPIをざっくりいうと「就活生の能力を測定する試験」です。そうは言っても、就活生自身が本番の結果を知ることができるというケースはほとんどありません。そのため、SPIを受験することについて不安を感じている方も少なくないのではないでしょうか。

そこでここでは、SPIの結果を通じて採用担当者は就活生の何を知ろうとしているのかということを解説していきます。SPIで測定できることは、大きく2つに分けられることがほとんどです。

知的能力

SPI試験を通じてわかることのひとつが、「知的能力」です。誤解を恐れずに言えば、学力テストのようなものです。知的思考を測る問題を細かく見ていけば、「言語問題」と「非言語問題」の2つに分けることができます。前者は類義語や漢字の成り立ち、文章の読解など、言語の理解力を確かめる問題群です。それに対し、後者は距離や速さ、方程式などの計算処理能力を確認する問題群となっています。

問題の難易度は義務教育レベルであり、特別高いものではありません。しかし、日々の生活の中で使わないような知識などは忘れてしまっていることも多く、かつ問題数に対しての試験時間もあまり長くはないため、たかが試験と侮ってはいけません。SPIの問題については事前に対策することが可能です。早めに勉強しておくようにしましょう。

性格

SPI試験を通じてわかることのもうひとつが、「性格」です。SPI試験によって単に能力が優れている人材を採用すればよいというのであれば、知的思考を測るだけで済ませられます。その場合は、センター試験などのような形式で行ってしまえば効率的でしょう。しかし実際にそのような方法をとっていないのは、「企業とのミスマッチを防止する」という役割をSPIが担っているからです。

思考能力がどんなに優れた人であろうと、性格面で企業とうまくかみ合っていなければ、長く仕事を続けていけなくなります。「企業とのミスマッチ」に関しては、就活生自身も重要視しているところでしょう。これは企業側も同じことです。人材を育てるのにはお金がかかるものなので、できる限り無駄にはしたくないという考えが働いています。それゆえ、性格という細かなところまでを加味しているのです。

SPIは無料の模試&問題集で対策しよう

SPIを導入する企業は多いです。SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

SPIの結果は使い回すことが可能

今やSPIを選考に取り入れている企業も多く、複数の会社の試験を受けている場合、いくつかの企業から「SPIの受験のお願い」が届いているということもあるのではないでしょうか。しかし数が多ければ多いほど、案内が来たその度に試験を受けに行くのはあまり現実的ではありません。そんな方に朗報なのですが、SPIの結果は実は使いまわすことが可能です。

そのため、知的思考の分野で高得点をとれていると感じたものは積極的に使いまわすようにしたほうがよいでしょう。とは言っても、先述したように、SPIの詳細な結果はなかなか知ることができないものです。そのため博打にはなってしまうのですが、自分で結果に手ごたえを感じたかどうかで判断するようにしましょう。

SPIの合格点はどれくらいなのか

ここまでの見出しで、SPI試験を通して企業の採用担当者が就活生の何を知ろうとしているのかということなどをご紹介してきました。ところで、「SPIではどれくらいの点を取っておけば安心できるのだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか。ある程度それがどのようなものなのかが分かっておけば、モチベーションを保つことにもつながるでしょう。そこでここからは、SPIの合格点はどのくらいにあるのかという就活生が気になるであろうことについてを解説していきます。

得点率や合格点は企業によって異なる

見出しで出した質問に対する答えですが、「企業ごとに合格基準が異なる」というのが本当のところです。「明確な答えではない」と思った方も多いでしょうが、「これだけの点数がとれていれば、このあたりの企業が狙えます」というような一覧表のようなものは存在していません。ただし、「これだけは取れていなければならない」とされているものは存在しています。そのボーダーとなっているのが、7割程度です。

ここまでは最低でも稼げていないと厳しいというのが一般的な認識となっているようなので、SPI模試などでそれに満たなかった方は、本腰を入れて勉強したほうがよいでしょう。問題の勉強に関しては、多くの場合、非言語問題の正答率のほうが低い傾向があるようです。苦手意識を持っている方は特に力を入れるようにしてください。

大企業では得点率80~90%以上が合格ライン

前にも述べたように、SPIの結果に関して、「これだけの点数ががとれていれば、このあたりの企業が狙えます」という一覧表のようなものは存在していません。しかし、大企業の選考を通過したいと思っているのであれば、8~9割は取れておいたほうが安心でしょう。誤解を恐れずに言えば、大企業の選考では高得点であればあるほど合格に近づくといっても過言ではないものです。

というのも、人気企業の採用試験を受ける就活生の母数は自然と多くなるため、どうしても全員と会って話すというのは難しくなってしまいます。その場合には、SPIは「足切り」の役割を果たすものとして活用されるのです。涙をのむ結果になってしまわないためにも、なるべく早い段階からしっかりと対策に取り組むようにしてください。

SPIの結果をよいものにするための対策

ここまでの見出しの中でも何回か述べましたが、SPIの知的思考の問題に関しては事前に対策をしておくことができます。大学入試のときのように、やればやるだけ伸びるという側面もありますので、早め早めの対策を心がけるようにしてください。そこでここからは、SPIの結果をより良いものにするための対策として挙げられるものを2つご紹介いたします。これから自分自身がどう動けばよいのかがおのずとわかってくるのではないでしょうか。

繰り返し練習してスピード感をつける

SPIの結果をより良いものにするための対策として挙げられる1つ目が、「繰り返し練習してスピード感を身につける」というものです。というのも、SPI試験には制限時間が設けられています。問題によってはよく文章を読まなければならないものもありますので、無策のままテストを受けてしまうと間に合わなくなる可能性が高くなってしまうでしょう。

ここで必要になってくるのが「スピード感覚」なのですが、これは何度も繰り返し練習することによってある程度は身につけられるものです。各分野ごとにかけられそうな時間から逆算して、それぞれの質問ごとにどれだけの時間を配分すればよいのかを導きだしてください。各個人によって得意・不得意は違ってきますので、かけられる時間はさまざまであるはずです。

集中力をできるだけ持続させる訓練をする

SPIの結果をより良いものにするための対策として挙げられる2つ目が、「集中力をできるだけ持続させる訓練をする」ことです。SPI試験は一発本番なので、集中力が長く続かなければうまくいかないといっても過言ではないでしょう。集中力を高めるために効果的だとされているのが「深呼吸」です。とくに息を吐く時間が長いとリラックス効果が期待できるようになり、集中力向上が期待できます。

また集中力を高めるには、肉体が健全でなければならないという条件も絡んでくるようです。そのため、試験前にはしっかりと睡眠時間を取るということも忘れてはいけません。試験時間全て集中できるというのがもっとも望ましいことですが、そうは言っても集中し続けるのはひと苦労です。力の入れどころ、抜きどころを特訓したうえで把握できるとさらに良くなるでしょう。

SPIであなたの人間性が見えてくる

SPIは単なる学力測定のテストではありません。仕事は学力だけでこなせるものではなく、それに加えて人間性も重要になってくるのです。とは言っても、知的能力がまったく見られていないというわけではありません。能力が同じような人が拮抗していた場合、足切りに使われてしまうという可能性もあります。

そうならないためにも、今回ご紹介した情報を参考にして、できるだけ早くからSPI対策を講じるようにしてください。大企業で選考を通過したいと考えた場合、8〜9割の得点が必要となってきます。スピードのある解答ができるように繰り返し練習すること、集中力を持続させる工夫などを行い、確実に得点に、選考を通過できる状態を作っていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ