面接対策

【一次面接の通過率】選考をパスするポイントや練習方法をご紹介

一次面接を突破しよう

内定を勝ち取るには一次面接を突破しなければなりません。しかし「まだ一次だから」と言って簡単に考えれば、不採用に一歩近づきます。面接では志望企業の面接官と面と向かい、会話でやりとりをしなければなりません。高校や大学受験などの面接とは異なる独特の緊張感が漂います。

「自分は緊張しません」という自信があるならいいですが、多くの就活生は対策をしないと雰囲気に飲まれ失敗する可能性が高くなります。一次面接を突破するために何をポイントとして考えればならないのかを詳しく見ていきましょう。

一次面接の平均通過率は?

一次面接の平均通過率を事前に知っておきましょう。改めて練習が大切なことが分かるからです。まず新卒採用の一次面接を考えた場合、通過率は50~70%程度であると言われています。

この割合が多いか少ないかは個人の感覚にも寄りますが、半分から30%に入る人は通過できない訳です。ただし、一次面接に対する企業の考え方が異なることも少なくありません。

実際、一次面接で即採用・不採用を決める企業もあれば、よほど問題がない限り通過させることを前提として実施するところもあります。「一次面接は基本的に通過させる」と決めている企業ならいいですが、そうでなければやはり練習は重要といえるでしょう。

例えば大手企業や有名企業ではハードルが高い所も多く、一次面接の通過率30%以下という企業もあるので油断は禁物です。

一次面接の通過率をアップさせるためのポイント

一次面接の通過率をアップさせるための基本をご紹介します。その前に、一次面接は企業にとってどんな意味合いがあるのかを知っておきましょう。基本的に一次面接は足切りのための面接とも言われているのです。書類選考を突破したとしても、企業側からすればその就活生の情報はほとんどない状態と言えます。書類上は魅力的と感じても、実際顔を合わせなければ分からないことも多いです。そのことをまず意識すればどんな対策をすれば良いか見えてきます。

企業についての勉強をおこなう

面接官としては、「うちを志望しているのだから、最低限の勉強をしているのは当然だ」という前提で面接を行っています。そのため業界研究や企業研究が就活では重要視されているのです。しかし、就活生がHPなどの資料を見れば簡単に分かるようなことを質問してきたら悪印象を持ちます。また、事前にどれだけ勉強したか試す面接官も中にはいます。

それに答えられないと勉強不足と思われ、一次面接の突破が遠ざかるのです。業界研究も企業研究もしっかりしておけば面接官に「本気だな」と感じてもらえます。これほど大きな自己アピールはないでしょう。就活生で志望企業の勉強をして来ているのが感じられる人と、まったく感じられない人ならやはり勉強している人を採用したくなるのは必然なのです。

自己分析をきちんとおこなう

一次面接では面接官から質問がたくさんぶつけられることになります。面接官はESや履歴書の情報を参考にして質問するわけです。自分に対する質問にきちんと返答するためには、しっかり自己分析ができていなければなりません。自己分析ができていなければ、一つ一つの質問に対し、その場しのぎで答えるだけとなります。

その場合は矛盾が生じたり、あいまいな答えになる可能性が出て来るでしょう。例えば、以下のような受け答えでは信ぴょう性がありません。

学生時代に何をした?

はい!ボランティアでグループのリーダーをした経験があります!

具体的にどんな取り組みをした?

いや特にこれといって…

説得力のない志望動機では面接を突破できない

説得力のない志望動機は、何人も面接してきている面接官にとって、とても「採用したい」と思う内容ではありません。選考を突破し内定を得るには、志望動機が非常に重要です。

そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、「採用したい!」と思わせるような志望動機が完成します。

スマホで簡単に使えるので、ぜひ活用して採用される志望動機を完成させましょう。

表情を硬くしすぎない

質問の答えばかりを意識してはいけません。表情も意識し一次面接に挑んでください。一次に限らず面接において礼儀正しさは面接官が重要視するポイントのひとつです。真剣であればあるほど緊張し、顔が強張ってしまうのも仕方ありません。ただ、硬い表情はあまりいい印象にならないのです。面接官も人間であり、就活生という若者の人生を決める立場でもあります。人によりますが、緊張している面接官も少なくありません。

空気を読み、場を和ませるため笑顔を浮かべる面接官もいます。しかし、就活生が硬い表情のままだと面接官も困り、質問しづらくなるのです。面接では爽やかで朗らかな人間と思わせるような笑顔を見せましょう。

身だしなみを整える

「人は見た目が9割」「第一印象は7秒で決まる」というフレーズを耳にしたことがある人は多いでしょう。裏を返せば、身だしなみをきちんとするだけで好印象を作れるため、手軽なファーストステップといえます。最も重視すべきは清潔感です。

シワや汚れのないジャストサイズのスーツを正しく着用し、靴や鞄を磨いておきましょう。髪や爪はすっきりとナチュラルに仕上げ、ニオイにも気を配る必要があります。身なりでの個性の主張は控え、ビジネスシーンというTPOに合わせることが大切です。最初の印象は後々まで尾を引くため注意しましょう。

表情や姿勢に気を付ける

表情や姿勢もまた、印象を形作る決め手となります。沈んだ面持ちでは爽やかさに欠けますし、ぼんやりと締まりのない顔つきでもネガティブな雰囲気が漂うでしょう。せっかく身だしなみを整えても、これではイメージダウンです。

背筋を伸ばし顎を引き、キリッと真剣味のある態度を心がけつつ、できるだけ柔和な表情で安心感や親近感を演出しましょう。自然な笑顔を出せればベストです。ぎこちなく引きつった笑みでは逆効果なので、無理のない範囲で意識してみてください。緊張して当然のシーンではありますが、リラックスしているほうが本領を発揮できるものです。気持ちを落ち着かせて面接に臨み、活き活きとした印象づけを図りましょう。

ポジティブな受け答えをする

同じ職場で働くなら、後ろ向きでマイナスな思考性よりも、ポジティブシンキングな人物のほうが好まれるでしょう。面接の段階でそのような振る舞いを見せていれば、入社後の人物像につなげて評価してもらえます。

ポジティブとは、困難な局面に当たった際にそれを肯定的に受け入れ、解決する能力にもなり得る性質です。問題に挑んでいく積極性は、どのような仕事においても望まれる長所です。また、ポジティブな回答での反応は、快活で明朗なイメージを植えつけるのにも一役買います。ゆっくり、かつハキハキと前向きな応答を心掛けましょう。

志望動機作成ツールを利用してみる

うまくまとめる自信がない人は、ツールを利用するのも一つの手段です。

志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」を使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、困ったときは利用してみましょう。

一次面接を通過するための練習方法

面接必勝セミナー

一次面接を通過するため事前に練習をしておいて損はありません。簡単に言えば模擬面接のことです。この模擬面接を何度も行っておけば、本番でも練習のように落ち着いて受け答えができる可能性が高くなります。一次面接に限らず、面接では雰囲気に圧倒され、伝えたいことがきちんと伝えられなければ良い評価を得られません。また緊張し、挙動不審になっても採用から遠ざかることになります。ではその練習方法について解説します。

本番と同じような雰囲気でおこなう

模擬面接で重要視したいのは、本番と同じような雰囲気を意識することです。本番でも練習時と変わらず冷静な受け答えをするための大切な練習となります。模擬面接は自分でイメージし、一人で行うのも悪くありません。ただ、もっとリアルな雰囲気を出したいなら、面接官役を誰かに頼むことです。

知り合いでも友人でも良いですが、途中でふざけだす可能性もあるので、完全な第三者の方が良いでしょう。模擬面接ができる所としては、ハローワーク、就活セミナーなどで予約をすればしてくれる所も多いので利用してみてください。また、知り合いや友人に頼む場合でも社会経験のある人が特に良く、ご両親や親戚が実際に面接官の経験があるならぜひ頼んでみてください。

第三者に見てもらいアドバイスを受ける

模擬面接をする際には面接官と自分以外に、別の第三者に見てもらうのも良いでしょう。面接官に見てもらうのも良いですが、また違う立場の第三者なら質問などに集中する必要もなく、冷静な目で観察してくれます。例えばエージェントや学校の先生に見てもらうのも良いでしょう。もちろん面接官役の人からのアドバイスも受けた方が良いです。そして問題点を指摘されたら、改善するようにしてください。

特に社会人の経験がある人や、面接官だった人なら適切なアドバイスをもらえる可能性が高いです。またそのような経験がない人でも、「変だな」、「それはダメな答えだ」と一般常識に照らし合わせたアドバイスはできます。そのため第三者に模擬面接を見てもらうことは役立つのです。

一次面接の通過率アップのカギは積極性にアリ!

一次面接の通過率をアップするには、練習が重要です。積極的に模擬面接などを行っておくことも通過率アップへつながる大切な要素となります。また面接官や企業にとっては積極的な人材に魅力を感じることも少なくありません。そのため、一次面接でも積極的な態度や本気度を感じ取れれば好印象となるのです。

一次面接での通過率が高い所もあれば、低い所もあるのが現状です。一次面接だからと油断すると自分の思った結果が出ないこともありえます。そうなれば自信喪失につながり、就活の失敗だけではなく、人生にも大きな影響を与えかねません。そのため積極的に練習を行い、確実に突破できる実力をつけておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ