身だしなみ

【スーツに合う就活メイクとは】スキンケアや面接前に直す方法も紹介

就活にふさわしいメイクとは?

スーツに映えるメイクをするためには、まずは就活にふさわしいメイクがどんなものかを知っておく必要があります。メイクによって印象は大きく変わりますし、就活に合わせたメイクをすることが大切です。

メイクが就活にふさわしいものでないと判断されれば、マイナスの評価になってしまいますし、選考でも不利になります。どんなメイクがふさわしいかを知って、上手にスーツに合ったメイクをしていきましょう。

メイクによって面接官に与える3つの印象

就活にふさわしいメイクは、面接官に3つの印象を与えることが大事です。就活のメイクで必要なのは「知性」「清潔感」「親しみやすさ」と言われており、これを演出することで社会に順応できる大人であることをアピールできます。

知的な印象を与えるためには、清楚なメイクを心がける必要がありますし、清楚さを意識することで、清潔感をアピールすることもできます。好印象となることで親しみやすいと感じてもらうことができますし、すべてのポイントはつながっていることを理解しておきましょう。

就活にふさわしいメイクは就職後にも必要なものですし、社会人としての常識として身に付けておくべきものです。就職後にも役立つものですので、おさえるべきポイントを正しく理解しておきましょう。

濃すぎず薄すぎないナチュラルメイクが最適

就活のメイクは濃すぎてもNG、薄すぎてもNGですので、ちょうどよいナチュラルメイクを心がけることが大切です。濃すぎるメイクは知性や清潔感をアピールすることができませんし、カジュアルに見えてしまう可能性があります。

就活はフォーマルな場ですので、カジュアルな印象を与えるのはよくありません。マイナスの印象につながる可能性が高いので注意が必要です。また反対にノーメイクであったり、すっぴん風のメイクなど薄すぎるメイクもNGです。

メイクをすることは社会人としてのマナーでもあり、すっぴんはマナー違反になってしまいます。就活のメイクは両極端にならないように注意し、濃すぎず薄すぎないナチュラルメイクを意識しましょう。

女子学生必見の就活マニュアルをチェックしよう

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メイクの前にすべき顔のケア

メイクで好印象を与えるためには、就活にふさわしいメイク、スーツに映えるメイクを知る必要がありますが、メイクの前には顔のケアをしておかなければなりません。どれだけメイクが上手にできたとしても、土台となる顔のケアができていなければ好印象が与えられない場合もありますので注意が必要です。

メイクをより映えさせるためには、ベースとなる顔のケアを欠かすことはできません。しっかりとケアをして、メイクの土台を作っていきましょう。

スキンケアはメイクを映えさせるために必須

スキンケアはメイクを映えさせるために必須ですので、メイクがしっかりのるように、日ごろからスキンケアをおこなっておくことが大切です。スキンケアを怠ってしまうとメイクのりが悪く、上手にメイクができないこともあります。

メイクのりが悪いと身だしなみの印象も悪くなってしまいますし、選考でも不利になってしまいます。スキンケアは一朝一夕でできるものではありませんので、毎日コツコツ続けることが大切ですし、忙しくてもしっかりとおこなうことが大切です。

就活は忙しく動き回らなければなりませんし、忙しさのあまりスキンケアを疎かにしてしまう人は多いです。また疲れがたまると肌の調子も悪くなりやすいので、適度にリフレッシュするようにしましょう。

眉毛はそり過ぎず自然に整える

メイクの前の顔のケアとしては、眉毛を整えることが大切です。眉毛がぼさぼさだと不潔な印象を与えかねませし、マイナスの印象につながる可能性が高いです。眉毛を整える場合は薄くしすぎないように注意し、まぶたの上にまで生えている眉毛などは処理し、長さもそろえるようにしましょう。

ぼさぼさの眉毛はNGですが、反対に薄すぎる眉毛もNGです。薄くしすぎると元に戻すことはできませんので、充分に注意しましょう。眉毛は周辺に産毛も生えていますし、それらを処理しておくことも大切です。

メイクをしていても産毛は目立ちますし、それらが目立つと身だしなみが整えられていないと、マイナスの印象につながります。眉毛は顔のパーツでもよく見られるポイントですので、しっかりと整えておきましょう。

スーツ映えするメイクのポイント5つ

しっかりとスキンケアをおこない、メイクをする土台作りが整えば、就活にふさわしいメイクを実践していきましょう。スーツに映えるメイクをするには5つのポイントがありますので、それらを理解してメイクをすることが大切です。

ポイントさえ守っていればスーツ映えするメイクができますし、反対にポイントが守られていなければスーツ映えしなくなってしまいます。5つのポイントそれぞれを理解して、就活にふさわしいスーツ映えするメイクをしていきましょう。

①ベースメイクはナチュラルさが大事

メイクをしていく上で重要になるのがベースメイクです。ベースメイクがしっかりとできていなければ、メイクのりも悪くなりますし、最終的な仕上がりも違ってきますので、念入りにおこなうことが大切です。

ベースメイクはとにかくナチュラルにすることを心がげ、清潔感を意識しましょう。顔色を良く見せたい場合は、ベースメイクの最初にピンクのコントロールカラーを使い、肌を健康的な色合いにするのがおすすめです。

顔色が悪いと不健康な印象を与えてしまい、マイナスの印象を与えてしまう可能性が高いので注意しなければなりません。健康的な印象を与えることが大切ですので、顔色が暗く見える場合は、コントロールカラーを上手に使っていきましょう。

肌に悩みがある人はコンシーラーを使用する

コントロールカラーには肌の赤みを抑えるなどの補正効果もありますが、それだけでは隠せない肌の悩みというのは多くあります。例えば目の下のクマや明るさ、ニキビの赤みなどです。これらもメイクの際は、隠しておく方が肌がキレイに見えるので、コンシーラーを使って隠すようにしましょう。

コンシーラーは部分用ファンデーションと呼ぶべきもので、リキッドタイプやクレヨン状の固形タイプなど、様々なタイプがあります。コンシーラーの色は、肌の色より少し暗めのものを選んで、肌の悩みがある場所に塗った後指でなじませてあげると、自然に肌になじんでくれます。

一般的なパウダーファンデーションを使う場合は、コントロールカラーとコンシーラーを先に塗ってから上に重ねるようにしましょう。

②明るい目元はアイシャドウで作る

面接官と顔を見合わせるのに、目元がぱっとしない状態では印象も薄くなりますので、目元を明るく見せることが大切です。明るい目元を作るためにはアイシャドウが重要であり、おすすめは血色が良く見えるピンクブラウンなどの優しい色合いです。

優しい色合いを使うことで、きつい印象ではなく、柔らかな印象を与えることができます。さらにラメの効果で白目の輝きが期待できる、細かいラメの入ったものもおすすめですので、優しい色合い、かつ少しラメの入ったものを選びましょう。

また濃いめのブラウンのアイシャドウをアイライン代わりに使用することで、目が大きく見えます。目が大きく見えることで印象が強く残りますので、おすすめです。

派手になりすぎないベージュ・ブラウンがオススメ

アイシャドウを入れる場合、基本的に色のベースはベージュやブラウンを選ぶようにしましょう。優しい印象になるのはピンクブラウンと挙げましたが、これもベースはブラウンカラーになります。

ブラウンやベージュなどの色はアイシャドウとしては肌に自然になじんでくれるため、派手になりすぎないものが多いです。ナチュラルな印象ながら目元をはっきりさせてくれるので、就活の際には特におすすめの色合いです。

アイシャドウを使う際は、単色のアイシャドウよりはパレットタイプで数色入っているものを使う方がいいでしょう。複数の色パレットがあるアイシャドウの方が、アイメイクをきれいに仕上げるのには便利です。ひとつは持っておいて損はしません。

③眉は太すぎず細すぎない

おしゃれをする際の眉は、細めにしたり太く書くこともあるかもしれません。ですが就活メイクで眉を書く場合は、基本的に太すぎず細すぎない、自然な印象の眉を書くようにしましょう。基本的にアイブロウを使えば、自然な眉を描くのは難しくありません。

元々眉が濃い人は、アイブロウで眉の隙間を埋めるようにするだけでも十分自然に眉を仕上げることができます。眉の形が気になるのであれば、メイクをする前にカットするなどして整えるようにしておきましょう。

就活メイクの際のアイブロウは、顔の印象をはっきりさせることが目的になります。その点を押さえて眉のメイクをしておけば、基本的な眉の描き方についてはまず問題ないでしょう。

ペンシルではなくパウダーが自然に描ける

アイブロウにはペンシル型やパウダーなどの形がありますが、眉を自然な印象にするのであればパウダータイプを使うのがおすすめです。パウダータイプでもクレヨンやペンシル状の形でも販売されているものがあるので、使い勝手のいいアイブロウパウダーを選ぶようにしましょう。パウダータイプを使う場合は、アイブロウ用のブラシなどを使ってぼかして仕上げると、より自然な雰囲気に仕上がります。

アイブロウパウダーの色も、基本的にはブラック系よりブラウン系がおすすめです。自然な眉を作るなら、ブラウン系から選ぶようにしましょう。因みに、アイブロウパウダーも単色ではなく、複数の色が入ってるタイプを使うといいでしょう。自分の眉の色に合わせて調整もしやすいので、使いやすいことが多いです。

④チークは肌馴染みのよいものを選ぶ

チークは肌馴染みのよいものを選びましょう。コーラルピンクが肌なじみしやすいので、就活のメイクではおすすめです。肌に馴染まないものだと、違和感を与えてしまいますし、場合によっては派手であったり、カジュアルな印象を与えてしまう場合もあります。

チークは目に付きやすいポイントですし、顔全体の印象を左右する部分でもありますので、違和感なく自然に馴染むものを使うことが大切です。また細かいラメが入っていると、なお顔色が明るく見えるのでおすすめです。

顔色が明るく見えることで、明るい印象、活発な印象を与えることができますので、好印象を与えます。肌馴染みが良く、顔色が明るく見えることを意識して、チークを選びましょう。

筆でふんわりのせると自然につく

チークを自然な雰囲気で仕上げたいのであれば、筆やチークブラシを使う方法があります。チークブラシを使ってチークを乗せると、指で塗るよりも自然な血色感のある頬に仕上げられます。パウダーチークでもクリームタイプのチークでも、きれいに仕上げたいのであればブラシを使ってふんわりと乗せるようにしましょう。

パウダーチークの場合は一般的なチークブラシを使うのが一番おすすめです。元々チークについているブラシよりもふんわりと乗せやすくなっているものが多くあります。対してクリームチークの場合はリキッドファンデーションブラシのような、平たいブラシを使って乗せるようにしましょう。チークブラシは100円ショップでも質のいいものが手に入るので、簡単に手に入れられます。

⑤リップで優しげな口元に

メイクは口元も大切ですので、リップで優しげな口元を演出していきましょう。リップはチークと同じくコーラルピンクにするか、ベージュピンクなどがおすすめです。これらの色であれば肌馴染みも良いですし、派手に見えすぎる心配もありません。

リップを塗るときはグロスなどは使わず、クリーム感のあるなめらかなリップを使用すると自然に見えるのでおすすめです。グロスを使ってテカってしまうと派手な印象を与えてしまい、清潔感が演出できませんので注意しましょう。

リップメイクは自然に見える大切ですので、テカりをおさえたマットなものを使用するのがおすすめです。真っ赤なリップなどトレンドを取り入れるとカジュアルになってしまいますので、就活ではトレンドではなく自然さを意識してメイクしましょう。

ペンシルを使うと持ちが良くなる

リップは丁寧に塗っても、時間が経つとどうしても色持ちが悪くなってしまうことが多いです。特に就活の際は、頬と唇の血色が自然にある状態で挑むのが一番大事です。少しでもリップの持ちをよくするように、最初に塗る際に一手間加えてみましょう。

おすすめなのが、リップペンシルを使う方法です。リップライナーやペンシルを使って最初に唇のフチをなぞって描いておくだけで、リップをはっきりした状態で長持ちさせることが可能なのです。

更にリップペンシルで一旦唇を全て塗ってから口紅を上から塗れば、より色の持ちがよくなります。しっかり塗った上から軽くティッシュで押さえて落としてあげれば、色味も程よくなり密着力をあげることができます。できればその上から、もう一度唇を塗っておくといいでしょう。

メイク道具は最低限持ち歩くことも大切

就活ではメイクも身だしなみのひとつとして見られているポイントです。いつでもメイク直しができるように、最低限のメイク道具は持ち歩くようにしましょう。あまりに大量に持ち歩いてしまうと荷物が多くなってしまい、重たくなって邪魔ですので最低限のものだけで構いません。

メイクは基本は自宅でするもので出先でメイク直しが必要になった場合に応急処置さえできればOKです。メイク道具がないとメイクが崩れたときに困りますので、最低限の道具は就活の必需品として持ち歩く習慣をつけましょう。

テカリはティッシュで押さえてパウダーファンデで直す

ベースメイクをつけたまま移動していると、どうしても肌のテカリが気になってしまうようになります。それを防ぐためにも、メイク直しの道具にパウダー系のベースメイクは必要なアイテムです。パウダーファンデを持ち歩く人も多いですが、苦手な場合はフェイスパウダーでも直すのは難しくありません。

まずはティッシュを使って皮脂やテカリを押さえ、あわせてメイクがよれている部分などは軽く拭き取ってしまいましょう。そのままメイクを重ねると、余計に崩れやすくなってしまいます。その後、テカリが気になる場所を中心にパウダーを乗せればきれいに直せます。

メイク直しのテカリとりはあぶらとり紙を使う、という人もいるかもしれませんが、あぶらとり紙は皮脂を取りすぎてしまうこともあります。ですので、ティッシュを使う方が失敗は少ないでしょう。

アイラインが滲んでいるときは綿棒で直す

アイラインもメイク直しの際はチェックしておきたいポイントです。特にパンダのように滲んでしまっていると、就活の際の印象は途端に悪くなってしまいます。

そういう場合は、綿棒を使って滲んでいる部分だけ拭き取ってしまうようにしましょう。できればリップクリームをなじませるなどして、乾いていない状態でメイク直しをすることをおすすめします。濡れた綿棒や、クレンジング剤の含まれた綿棒を直し用に持ち歩くのもいいでしょう。

よれた部分の上からパウダーファンデーションなどを優しく乗せておけば、目元のメイク直しは完了です。場合によってはアイシャドウを軽く重ねておくと、よりきちんとメイクをしたように見せられるでしょう。

グロスは塗りすぎない

リップの場合は、最初に塗った口紅とリップクリームを持ち歩いて、直す際に使うようにしましょう。リップクリームは油分が多いので、メイク直し前に口紅を軽く落としてから塗ると、口紅を塗り直す時には落ち着いてくれているでしょう。急いでいるときはティッシュオフがおすすめです。色付きのリップクリームを使えば、メイク直しの時間を短縮することもできます。

あまり崩れていない場合はリップグロスで直してしまうこともできますが、乗せすぎは唇をテカらせてしまうので気を付けるようにしましょう。

できればチークも直したい、と思っているのであれば、チーク兼口紅になるメイクアイテムを使うようにするといいでしょう。リップとチークの色もあわせやすくなるのでとてもおすすめです。

スーツに映えるメイクで好印象を狙おう

女子就活生にとってはメイクは重要な問題であり、メイクの印象によって身だしなみの評価も変わってきます。また評価が変わるだけではなく、与えられる印象も変わりますので、第一印象によっては選考が有利になるか不利になるかも違ってきます。

選考を有利に進めるためには、就活にふさわしいスーツ映えするメイクを心がけることが大切です。スーツ映えするメイクをするためには、メイクのポイントを知っておくことも大切ですが、それだけではなく日々のスキンケアなども重要になります。

就活で忙しいとスキンケアを怠ってしまうことも多いので、注意しなければなりません。スキンケアをしっかりとおこない、スーツ映えするメイクを心がけて就活を有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ