身だしなみ

【面接でネイルがNGな理由】与える印象や基本的なマナーをご紹介

就活中もネイルをしたい学生は多い

ネイルは、多くの女性にとって欠かせないオシャレです。ファッションの流行に敏感な人であれば、人気のある色・デザインやジェルネイルなどに詳しく、いつもネイルに気を配っているかもしれません。もちろん、ネイルは学生の時だけではなく、社会人になっても楽しみたいものです。とはいえ、就活している時にネイルをしてもいいのでしょうか。

面接の時など、手元は目立つ場所でもあります。その際、ネイルをしていることによって内定に大きく影響するのでしょうか。本記事では、就活生が面接時にネイルをしてもいいのか徹底解説していきます。基本的なマナーや色の選び方、注意点など重要なポイントをまとめましたので、お役立てください。

女子学生必見の就活マニュアルをチェックしよう

就職先の選び方に悩んでいる女子就活生も多いのではないでしょうか。結婚・妊娠などのライフイベントやキャリアアップを考えると、特に慎重になりますよね。そこで活用したいのが女子学生必見の働きやすい会社の選び方マニュアルです。

女性が働きやすい企業の選び方や、先輩社会人が教える「こんな会社はやめておいた方がいい」という特集も収録しています。無料でダウンロードでき、企業研究をする際に注目したいポイントを多くご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

面接でネイルはしない方が印象がいい

面接官の立場になって考えたときに、ネイルをしている就活生とそうではない就活生、どちらに好印象を抱くでしょうか。ネイルはファッションに欠かせないものですが、面接はビジネスシーンのひとつでもあります。そのため、後者の方がいい印象を持つことは多いでしょう。

面接時、基本的にはネイルをしない方がいいとされています。詳しくは後述しますが、派手なデザインやカラーなどは、絶対的にNGと言っても過言ではありません。爪の長さにも注視する必要があるでしょう。

基本的にはしない方が無難

人事担当者は、ボランティア活動として就活生と面接をしているわけではありません。一緒に会社を盛り上げていくメンバーとして、適した人材であるのか見極めています。就活生は、少しでも良い印象を与えられるように、身だしなみを整える必要があるでしょう。面接官の性別や世代、性格によっては、ネイルはビジネスシーンに不向きと考えているかもしれません。

ネイルをしている就活生の手元を見て、「ふざけている」「常識がない」などと感じることもあるでしょう。そのため、基本的には何もしない方がベターです。面接の際、どういったタイプの人事担当者なのか、事前に知ることはほとんど不可能でしょう。普段ネイルをしている人も、除光液などで落としてください。

職種によってはネイルをしてもOK

基本的にはネイルをしない方がいいですが、業界によっては問題ないと考えているケースもあるでしょう。ネイルだけではなく、髪型や服装なども同様に気にしない企業はいくかあります。美容業界などは、ネイルを問題ないとしている可能性が高いです。オシャレで華やかな世界に入るための面接では、ネイルのオシャレを見られているかもしれません。

また、アパレル業界も当てはまります。ネイルがプラスポイントになることもあるかもしれません。とはいえ、派手な色やデザインなどはNGです。ビジネスシーンにおいて不適切なネイルは、就活でも同様でしょう。目立つ色やデザインを避ければ、ネイルそのものを問題としない会社はあります。

ネイルがNGな業界

就職活動の時にネイルをしたままでも可能な業界もありますが、反対にネイルをするべきではない業界も存在しています。そういった業界への就職を目指しているのであれば、爪をヤスリで整える程度の手入れなら問題はありませんが、マニキュアをつけるような本格的なネイルについては避けるようにしておきましょう。実際にネイルをするのがNGになる業界はどういった業界であるのか、NGになる理由も含めて詳しく解説していきます。

医療業界

医療業界の場合、基本的にネイルをするべきではありません。医療業界は人と触れ合うことが多い職業です。看護師や薬剤師などの職種に関わらず、医療関係の業界では清潔さが求められることが多くなります。

爪の手入れをおこなうのは問題はありませんが、就職活動に臨む際はマニキュアだけでなく、トップコートの類も使うのは避けるようにしておきましょう。基本的に医療業界の面接に臨む際は、爪の長さを短くしたり手元をきれいに整えておくだけにしておきましょう。

接客業

接客業の場合は、面接時にネイルをしない方が無難でしょう。美容師などの指を使うような接客業の場合は、確実にネイルはNGになります。また、ホテルのフロントや窓口業務に就職をする場合も、あまり派手なネイルをすべきではありません。

そのことを踏まえると、面接の際はできる限りネイルをしない方がいいこといえます。就職後にネイルが可能な接客業もありますが、基本的にはネイルをしないで臨みましょう。

飲食業

飲食業を志望する場合も、基本的にはネイルをしない方がいいでしょう。飲食業への就職をおこなう場合は、食品に接することもあります。飲食に接する仕事の場合、爪は素のままで整えておくのが無難です。食品に関わることがない職場の場合でも、重視されるのが「清潔さ」と「安全性」になります。

面接の際には、それらを理解しているかどうかを確認されるため、ネイルをしていると評価を下げるでしょう。仮にネイルをしない場合でも、基本的に爪の長さだけは整えておくようにしておきましょう。

面接での基本的なネイルマナー

ネイルは基本的にはNGですが、爪をケアすることはとても大切なことです。面接において、身だしなみの清潔感などは見られているポイントとなります。相手に不潔な人と感じられては、内定に大きく影響してしまうかもしれません。面接前に爪をケアする方法はいくつかあります。例えば、ヤスリなどを使用して磨くと良いでしょう。他にも、透明のマニキュアを用いて爪にツヤを出す方法があります。具体的にご紹介していきましょう。

爪は短く切りそろえる

ネイルは、ある程度長さがある状態でおこなうことが多いです。就職活動の際に爪を整える場合は、自然に見える程度の長さを保つようにしましょう。爪を短くした場合でも、基本的なネイルケアをおこなうだけで十分きれいに見えます。爪のネイルケアをおこなうのは手元の印象をよくする部分もあるので、マニキュアは塗らなくても短めの爪でネイルケアをしておくのはメリットが大きいです。

ネイルをせず磨くだけにする

爪切りで整えるだけでは、爪先がボコボコになってしまうかもしれません。この状態では、人によっては清潔に感じないでしょう。爪を切った後、その部分を爪やすりで磨くと美しい形に仕上がる可能性がぐっと高まります。また、爪磨きを用いて表面をお手入れすると良いかもしれません。まるでマニキュアを塗った時のようなピカピカ感を演出できるでしょう。

こうしたケアだけでも、清潔感のある爪は実現できるのです。また、ネイルサロンで行うことがある甘皮のケアも方法としてはアリです。皮膚と爪の接点部分を処理することにより、キレイな手元になるでしょう。いずれにせよ、普段からのケアを心がけることより、常に美しい爪をキープできます。

透明のマニキュアでツヤ出しはアリ

爪磨きを用いたり甘皮のケアをしても、爪の色がわるい状態の場合はマニキュアを使用しても問題ありません。透明なタイプであれば、清潔感のあるピカピカの爪を演出できるでしょう。その際の注意点としては、マニキュアのカラーです。自分では「いつも以上に地味」などと感じていても、相手はどう見ているのかわかりません。人によって色の感じ方・捉え方などは異なりますので、派手すぎる色は避けるようにしましょう。

ラメなどの装飾もNGです。クリアな色であれば、面接中に手元をチェックされたとしても問題視されることは少ないでしょう。面接官から「汚い」「だらしない」という印象を持たれないよう、爪のケアは怠らないでください。

面接でネイルをする場合の色選び

面接に向けてネイルをする際は、自爪に近いカラーが良いとされています。ナチュラルな色合いは手元を美しく見せることができるので、人事担当者などに良い印象を与えられるかもしれません。自爪に近い色と言えば、薄い淡いピンクでしょう。このカラーであれば、派手すぎる印象がなく、キレイな爪を演出できます。また、ベージュも自然な色なのでビジネスシーンでも問題ないでしょう。こうしたネイルのカラーについてご紹介していきます。

女性らしさを出すなら薄ピンク

ネイルの定番カラーと言えば、ピンク色を想起する人も多いのではないでしょうか。就活に向いているのは薄いピンクです。この色であれば、女性らしさをアピールするのにもってこいかもしれません。清潔感もアップします。注意ポイントは、濃いピンクや派手なデザインにしないことです。

オフィスで使用するネイルとして、ピンクは人気のあるカラーです。とはいえ、就活においては薄いピンクがベターでしょう。面接は、基本的には自身のオシャレさをアピールする場所ではありませんので、十分注意してネイルの色を選んでください。

指先を綺麗に見せるのはベージュ

もっともお肌に馴染みやすい色と言えば、ベージュではないでしょうか。この色も、オフィスのネイルの中では、大変人気があります。「地味」という印象はあるかもしれませんが、就活には最適な色だと言えるでしょう。ベージュにすることにより、指の先が長く見え、美しい手元を演出できます。

いつも以上に身だしなみの清潔感が増し、面接官に良い印象を与える可能性が高くなるといっても過言ではありません。この色であれば、入社後にも活かせます。強い色のネイルに対して違和感を持っている職場や、クライアントとの打ち合わせの時でも目立つことはないでしょう。他のカラーと比較すれば、ベージュは清らかなイメージがあるので、職種によっては効果的かもしれません。

ストーンなどの飾りはつけない

就職活動中のネイルは、基本的に単色のマニキュアを塗るだけにしましょう。パールやストーンのような飾り物をつけるのは避ける必要があります。マニキュアのみを塗る形で済ませるのが安心です。また、マニキュアの色を選ぶ際のポイントとしては、ラメやパールがたっぷり入ったマニキュアは使わないようにしましょう。

基本的にパールであれば少量のものなら問題ないかもしれませんが、ラメネイルは職場や就職活動の場ではそぐわないものであることが多いです。就職活動をおこないながらネイルをする場合は、色やマニキュアも含めて極力派手なネイルをするのは避けてましょう。

面接時のネイルは職種によって決めよう

就活している時でも、ネイルを落としたくない学生はたくさんいるかもしれません。とはいえ、面接などでは、基本的にはネイルをしない方が良いでしょう。一部の職種では、ネイルをしても構わないケースがあります。爪やすりや爪磨きを用いてケアをしましょう。マニキュアを塗る際も、透明であれば問題ありません。いずれにせよ、日ごとのケアを怠らないようにして、キレイな手元を維持させましょう。

食品・医療関係などの仕事であれば、ネイルは避けるべきです。信頼度に重きを置く金融系・公務員も同様でしょう。ネイルをしても大丈夫な場合は、薄いピンクやベージュなどの無難な色を選んでください。ビジネスマナーを守り、正しく就活に臨みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ