ES(エントリーシート)

エントリーシートの誤字の対処法|選考に与える影響や注意点も紹介

エントリーシートとは?

就活に欠かせないものとして、「エントリーシート」が挙げられます。企業から提出を求められ、頭を悩ませながら記入することもあるでしょう。エントリーシートは、履歴書のようにスキルなどを判断するようなものではありません。新卒者の場合、そもそもビジネスパーソンとしての実績がありませんので、「人柄」を見る資料として、企業は重宝しています。

エントリーシートでの誤字が選考に与える影響

「1文字くらいなら大丈夫だろう」、「細かいことは気にしないはず」と考えている就活もいるかもしれません。はたしてエントリーシートの誤字は、採用にどれほど影響するのでしょうか。ビジネス書類において、基本的に誤字はNGです。エントリーシートも同様です。なぜNGとされるのか、具体的にどのような影響があるのか見ていきましょう。

第一印象が低くなる

就活生に対しての第一印象は、エントリーシートから始まるといっても過言ではありません。まずはエントリーシートから「どんな学生なのか」、「弊社にマッチする人材か」などを選考します。面接をすれば、受け答えなどで人柄や入社への熱意などを伝えることが可能ですが、エントリーシートはもちろん面接前の話です。内容はもちろん字面だけで自身をアピールしなくてはいけません。

こうした重要な書類において、誤字を発見されてしまった場合、印象は悪くなってしまうでしょう。「細かな配慮が欠けている」、「常識がない」などと思われてしまう可能性は否定できません。就活生は「エントリーシート=第一印象」ということを念頭に、誤字のないよう十分注意してください。

企業への熱意が低いと思われる

クオリティーの高いエントリーシートを作成すれば、採用担当者はそこまで誤字を気にしないかもしれません。とはいえ、たくさんの応募者がいる企業の場合、素晴らしい文章のエントリーシートはたくさんあると言えるでしょう。そうした際に、誤字はマイナスポイントになりうると言えます。

誤字のあるままエントリーシートを提出されると、企業側としても「書き直す労力さえ使わないのか」と企業に対して熱意がないのではと考えます。

エントリーシートで誤字をした時の対処方法

万が一誤字をしてしまった時の対処方法をご紹介します。まずは、最初から書き直すことです。基本的に修正はNGと認識しておいてください。これは、履歴書など重要な書類でも同様でしょう。予備がない場合は、訂正を余儀なくされます。その際にはマナーがあるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

一から書き直す

用紙が1枚しかない場合、事前にコピーをするなどして、予備を作っておきましょう。「誤字を発見したら必ず書き直す」というのは鉄則となります。予備があれば、「間違っても大丈夫」と精神的な余裕が生まれ、リラックスして記入できるかもしれません。

誤字をしてしまった時、漢字や数字などを無理やり修正してはいけません。「おかしな文字がある」、「この数字だけ明らかに筆圧が強い」などと不信感につながります。ごまかし行為を発見して、企業側はその学生に良い印象を抱くことはありません。書き終わる直前の文章で誤字をしてしまうこともあるかもしれませんが、それでも書き直してください。

予備がない場合は二重線で訂正する

「書類でミスがあったら二重線で訂正する」という対処法を知っている人もいるかもしれません。もし予備を作れないエントリーシートであれば、この方法で対処することにしましょう。二重線で訂正する際のポイントは、適当にボールペンで線を引くのではなく、定規を使用することです。まっすぐのキレイな二重線を、誤字をした文字の上に引いてください。

エントリーシートの誤字に対する注意点

エントリーシートの予備を作れない場合、二重線で訂正する方法をご紹介しました。では、訂正方法に関して、他に注意すべきポイントはあるのでしょうか。二重線の対処法でも、キレイに線を引くだけでは、まだ不十分です。二重線の後に、必ずしなければいけないことがあります。それは一体何でしょうか。他にも、絶対にしてはいけない修正方法などがあります。訂正時の注意ポイント3つを詳しくご紹介していきましょう。

①二重線の上に必ず訂正印を押す

訂正印の役割は、訂正した箇所の上に「訂正しました」という証明のためにつけるものです。エントリシートで誤字を見つけた場合は、間違ってしまった文字の上に二重線を引き、その上に訂正印を押してください。

もちろんこれだけでは、まだ対処としては不十分です。二重線と訂正印のあとは、その近くに正しい文字を記入してください。

②修正ペンや修正テープは使用しない

エントリーシートの誤字を訂正する際、基本的には二重線のうえに訂正印しかありません。中には、「修正ペンでも良いのでは」、「学校のレポートでは修正液を使っている」という人もいるかもしれません。しかし、エントリーシートなどの正式な書類においては、修正ペン・修正液などの使用はNGなのです。

③消せるボールペンは使用しない

「訂正印が必要」、「修正テープの使用NG」という前提がある限り、消せるボールペンという便利な文房具を使いたいと思う人もいるかもしれません。しかし、このペンをエントリーシートに使用することはNGです。「簡単に消せる」というメリットはあるものの、大きなでデリットがあります。

消せるボールペンのインクは、熱に弱いと言われています。つまり、一定の温度を超えると消えてしまうのです。エントリーシートに限らず、正式な書類に記入する時は、消せるボールペンを用いてはいけません。熱でも消えないペンを使用しましょう。

エントリーシートでの誤字の訂正には注意しよう

エントリーシートは、学生の人柄などをチェックするものです。この書類に誤字があると、企業からの印象が悪くなる可能性があります。ライバルの就活生と比べられた時、不利になることも考えられるでしょう。誤字をしてしまった時は、書き直してください。もし予備が準備できない場合は、まっすぐキレイに二重線を引いて訂正しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ