職種研究

【CAの志望動機の書き方】気を付けるべきポイントと3つの例文

CAは華やかで人気のある職業

旅客機に搭乗し、乗客の身の回りの世話を一手に担うのがCA(キャビンアテンダント)です。テレビドラマの題材となることも多く、華やかなイメージがあるため、多くの女性にとって憧れの職業です。

人気の職業のため、CAの仕事に就くのは簡単なことではありません。この記事では、CAの業務内容と、志望動機を書く際のポイント、例文を紹介します。志望動機を作成する際の参考にしてください。

CAの主な業務内容

CAの主な仕事は3つです。1つ目は乗客へのサービスです。乗客が飛行機に搭乗するとき、降りるときの案内をします。フライト中は乗客が快適に過ごせるよう気を配り、食事、ドリンク、毛布の配布などをおこないます。国際線の場合は、出入国カードなどの書類の書き方や、座席テレビなどの使用方法の説明もおこないます。

2つ目は保安管理です。客席の安全を確認したり、非常時の対応の説明をおこないます。トラブルが発生した場合は、乗客へ説明をしたり、避難誘導をおこないます。

3つ目は機内清掃です。フライト中に出たゴミの回収などをおこないます。国際線の場合は、洗面台清掃やトイレットペーバー交換などもおこなうケースがあります。

CAの志望動機を書く際のポイント

CAは就活生に人気が高く、書類選考を突破するのは難易度が高いといえます。効果的な志望動機でアピールにつなげましょう。志望動機はありきたりな内容では担当者の印象に残りません。入社したいという熱意をしっかりと伝えることが重要です。

また、CAになりたいと述べるだけでなく、なぜその企業で働きたいと思ったのか理由も明確にしましょう。志望動機を作成する際は、結論から述べ、どんな働き方をしたいかをアピールし、具体的なエピソードを添えることがポイントです。それぞれ詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

結論から述べる

長い文章を書く時に重要なのは、結論から述べることです。詳しく説明したいと思うと、だらだらと長い文になって、結局何を伝えたいか分からなくなってしまう場合があります。採用担当者の印象に残る志望動機にするためにも、まずは結論を最初に述べ、伝えたいことをはっきりと書きましょう。

結論から述べる方法は、ビジネスシーンの文章でもよく使われています。一番伝えたいことを明確にして、相手の興味を引く効果も期待できます。最初に結論があると、なぜそう思うのか、これからどんな説明が続くのか、読んでいる人が続きを知りたいと思えるような文章となります。分かりやすく解説することも大切ですが、要点がはっきりと分かるような志望動機を意識してみましょう。

どんな働き方をしたいか伝える

志望動機では、CAとしてどのような働き方をしたいか伝えるようにしましょう。「客室乗務員になりたい」というだけでなく、どんなCAになりたいか、どのように活躍したいかも合わせてアピールします。入社後の目標やこれからのビジョンなどを伝えることで、担当者はあなたがCAとして働いてる姿をイメージしやすくなります。

客室乗務員として、お客様にとってどのような存在になりたいか、どのような意識を持って仕事に取り組んでいきたいか、など具体的な目標を分かりやすく表現することが効果的なアピールにつながります。CAの業務内容を深く理解して、どのような働き方をしたいかを明確に伝えてみましょう。

具体的なエピソードを添える

志望動機の中には、過去の経験から具体的なエピソードを入れましょう。なぜCAを目指そうと思ったのか、そのきっかけとなった出来事を分かりやすく説明します。志望動機の根拠として具体的なエピソードを述べると、どんな経緯でCAとして働きたいと思ったのかが明確になり、説得力のある文章となります。

志望動機の文章を作成する際には、憧れやぼんやりとした夢ではなく、CAを志望するようになったきっかけが伝わるようなエピソードを選ぶのがポイントです。その時の状況や場面、どんなことを感じて何を学んだのかなどが分かりやすい文を意識してみましょう。具体的なエピソードを紹介して、その後に入社後の目標や将来のビジョンにつなげるとより効果的です。

CAの志望動機例文3選

CAは人気のある職業のため、選考も難関です。しっかりとした志望動機でなければ、勝ち残れないでしょう。説得力の高い志望動機を作るためには、結論から述べ、どんな働き方をしたいか伝えるといったポイントを押さえたうえで、業界・企業研究も必要です。

事前に入念な研究をおこない、自分の人材像が伝わる魅力的な志望動機を作成しましょう。ここでは、CAの志望動機例文を3つ紹介します。志望動機を作成する際の参考にしてください。

熱意がなくても3分あれば、インターンの選考に受かる志望動機を作れます

何社もインターンの選考に応募するとなると、正直、受かりたいけど熱意が低い企業もありますよね。実は、熱意がなくても受かる志望動機を作ることは可能です。

無料の志望動機作成ツール「志望動機クリエイター」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業の選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した志望動機例文
(鉄道会社の場合)

私には、将来社会に貢献していることを肌で実感できる鉄道職で働きたいという思いがあります。中でも貴社は、日本の大動脈である東海道新幹線のサービス充実を促進しつつも超電導リニア開発を推進しており、日本の今と未来を背負っているという強い使命感を持っておられる点に魅力を感じました。そして、ユーザーに最も近い位置で働き、サービスを提供する運輸系統を志望します。インターンシップやOB訪問、社員懇談会でお会いした全ての社員の方々から、安全・安定輸送への情熱や人としての魅力を肌で感じ、私も貴社の最大の財産である「人」の一翼を担いたいと強く思いました。

例文①

私が貴社のCAを志望した理由は、旅に出るお客様に安心を提供できる仕事だからです。私は旅行に行く際、よく飛行機を利用していました。貴社は特に機内サービスの充実に力を入れており、私のCAとして提供したいものと一致します。
私が貴社に入社した際には、大学時代の接客のアルバイトを通じて得た接客スキルを強みに、安心な空の旅を提供し、お客様の良い思い出作りに貢献したいと思っています。

上記の例文では、その会社を選んだ理由を説明できています。企業・業界研究をおこなっていなければ伝えられないことですので、採用担当者に熱意をアピールすることができます。また、現在の自分の強みをアピールできているため、入社後に活躍する姿をイメージしやすく、採用担当者に好印象を与えることができます。

志望動機の例文②

私が貴社のCAを志望した理由は、お客様一人一人に寄り添ったおもてなしができるからです。機内でのお客様の要望は全員同じではありません。快適に過ごしていただくためには、個々のお客様に合わせたサービスの提供が必要だと考えています。
貴社は航空業界のサービス満足度ランキング1位を獲得しています。それは個々のお客様に合わせたおもてなしをしている結果です。入社後は、心地よいサービス提供ができるプロとして活躍したいです。

上記の例文では、自分がCAとしてやりたいこと、なりたいビジョンが説明できています。目指す将来像が明確なため、入社後に活躍が期待できる学生であることをアピールできています。こうした点を志望動機にしっかりと盛り込み、熱意をアピールしましょう。

志望動機の例文③

私は人の役に立つ仕事をしたく、貴社のCAを志望しています。CAは、機内サービス、安全、快適な移動を提供することができます。貴社は数ある航空会社の中で、国内線利用者数の1位を獲得しています。おもてなしに重きを置く日本人の中で1位を獲得する貴社は、最も高いサービスを提供している航空会社だと感じています。
旅客機をただの移動手段ではなく、おもてなしとして提供できる貴社で働き、人々に快適さを届けられるCAとして活躍したいです。

上記の例文では、まず自分がCAとして活躍するにあたり主軸を置いていることを説明しています。そして、その企業にこだわる理由を志望動機に盛り込むことで、熱意を伝えることができています。自分の人材像をアピールできる志望動機を作りましょう。

CAの志望動機NG例文

私が貴社のCAを志望した理由は、得意の英語を活かし、国際線で活躍したいからです。大学時代に1年間の留学を経験し、英語力を高めることができました。留学中に外国の方と触れ合いを通じて、自然と国際的な業務に携わりたいと思うようになりました。
貴社に入社した際には、経験を積んで多くのことを学び、仕事のやりがいを感じながら国際線で活躍していきたいと思っています。

上記の例文では、なぜその企業とCAを志望したのかという理由が説明できていません。国際的な業務で英語を使う仕事は、CAの他にも海外営業、通訳案内士などがあります。たくさんある仕事の中から、あえてCAを志望した理由を明確に説明できるようにしましょう。

説得力の高い志望動機を作成するためには、入念な企業・業界研究が求められます。その企業ならではの魅力、惹かれたところを志望動機に盛り込みましょう。

熱意がなくても3分あれば、インターンの選考に受かる志望動機を作れます

何社もインターンの選考に応募するとなると、正直、受かりたいけど熱意が低い企業もありますよね。実は、熱意がなくても受かる志望動機を作ることは可能です。

無料の志望動機作成ツール「志望動機クリエイター」を活用しましょう。簡単な質問に答えるだけで、熱意がなくても、強みが伝わり採用したいと思わせる志望動機が完成します。

ぜひ活用して、志望企業のインターンの選考を突破しましょう。

実際にツールで作成した志望動機例文
(鉄道会社の場合)

私には、将来社会に貢献していることを肌で実感できる鉄道職で働きたいという思いがあります。中でも貴社は、日本の大動脈である東海道新幹線のサービス充実を促進しつつも超電導リニア開発を推進しており、日本の今と未来を背負っているという強い使命感を持っておられる点に魅力を感じました。そして、ユーザーに最も近い位置で働き、サービスを提供する運輸系統を志望します。インターンシップやOB訪問、社員懇談会でお会いした全ての社員の方々から、安全・安定輸送への情熱や人としての魅力を肌で感じ、私も貴社の最大の財産である「人」の一翼を担いたいと強く思いました。

CAの志望動機では将来のビジョンを明確にしよう

今まで学んできたこと、強み、スキルは一人一人違います。それらを企業・業界研究と組み合わせれば、自然と自分なりの志望動機を作成することができます。自分がその職種・企業に魅力を感じたこと、惹かれたきっかけも盛り込めるといいでしょう。

入社後にやりたいこと、ビジョンも明確にしておきましょう。採用担当者は、現在のあなただけでなく、採用後の成長の可能性も見ます。将来の活躍が期待できる志望動機になっているかが大切なポイントです。

CAは人気の職業のため、選考も難関です。その最初の選考を突破するためにも、説得力の高い志望動機を作成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ