職種研究

ホームセンターの志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

ホームセンターについて

ホームセンターとは、日用雑貨や住宅設備用品、DIY用品、園芸用品など、多種の商品の販売をおこなう大型小売店です。ホームセンターはさまざまな商品が揃っているため、消費者にとって利便性が高いです。また、全国各地に多くの店舗が展開されており、私たちの暮らしにとって身近な存在でもあります。

ホームセンターで働くためには、どのような志望動機を書けばよいのでしょうか。こちらの記事では、ホームセンターを志望する人に向けて、志望動機の書き方やポイントを紹介します。

ホームセンターの主な業務内容

ホームセンターの業務は販売だけでなく、ほかにもさまざまな職種があります。店舗において顧客の接客や商品の陳列・販売などをおこなう販売職をはじめ、商品の買い付けを手がける仕入(バイヤーなど)、担当の店舗の業務指導や接客教育をおこなう販売支援(スーパーバイザーなど)があります。

また、一般企業と同じように、企業の経営を支える職種もあります。具体的には、経営戦略の企画・遂行などをおこなう経営企画や、新卒者の採用・人事評価などを担当する人事、庶務・法務などの一般事務を手がける総務、企業の財務に関わる経理財務があります。

志望動機を書く際の注意ポイント

ホームセンターの志望動機を書く際のポイントは3つです。1つ目は、「なぜ自社を希望したのか」です。採用担当者は、数多くのホームセンターのなかでなぜこの店を選んで志望したのかを知りたがっています。

2つ目は、「自分や企業・業界の研究をしているか」です。業界研究として、ホームセンター業界の経営状況や、他社にはどのような企業があるのかを調べておきましょう。志望先の企業について、経営方針や店舗数、店の特徴などを知っておく必要があります。実際に店舗に足を運び、店舗の雰囲気や接客態度などをチェックすると、実体験に基づいたリアルな文章を書くことができます。

3つ目は、「どのようなビジョンを持っているか」です。入社後、どのような社員を目指し、どんな風に働きたいのかを伝えると、強い熱意を伝えられます。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

ホームセンターの志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的にホームセンターに採用される志望動機を完成させましょう。

ホームセンターの正しい志望動機例3選

それでは、ホームセンターに採用されるためには、どのような志望動機を作成したらよいのでしょうか。例文とともに評価のポイントも解説しますので、参考にしてください。

志望動機の例文①

私が貴社を志望したのは、貴社の店員の方の接客が素晴らしいためです。以前、貴社の〇〇店において大きな家電を購入した際に、店員の方が私の車まで商品を運んでくださりました。また、レジスタッフの方は、雨の日に商品が濡れないようにビニールをかけてくださり、その細かい心配りに感動しました。私が入社したら、〇〇店の店員の皆様を見習って、お客様に喜んでいただけるようなサービスを提供したいと考えております。

こちらの例文は、実際に店舗を利用したときの、店側の対応に感動したという内容です。店舗での実体験を加えることで、その店に対する情熱が伝わりやすくなります。入社後のビジョンが明確にされている点においても、評価されるでしょう。

志望動機の例文②

私が貴社を志望したのは、大学時代のアルバイト経験を活かした仕事がしたいと考えたためです。私は、スーパーで3年間、商品の品出しやレジ応対のアルバイトをしておりました。アルバイトを通して、来店される様々なお客様に対して、ひとりひとりに合わせた対応を心がけました。
また、貴社はお客様の声を大切にされています。お客様の意見を取り入れた取り組みをおこなうことで、よりよい店舗作りを目指している姿勢に共感いたしました。貴社に入社しましたら、アルバイトで培ったコミュニケーション能力を活かせる販売職に就きたいと考えております。

2つ目の例文では、アルバイトでの経験を述べています。アルバイトの仕事を通して得た能力を、企業でどのように活かせるかのかを詳しく書けており、とても説得力のある文章になっています。

志望動機の例文③

私は、細かい作業や工作が得意で、その能力を活かせる仕事がしたく、貴社を志望いたしました。学生時代は、私が作った制作物や絵を評価され、賞をいただいた経歴もあります。また、工具にも興味があり、壊れたデジタル機器を修理して使っております。
貴社の店舗には、多様な商品の中でも工具にこだわっており、多くの工具を扱っている点に興味を持ちました。貴社に入社させていただきましたら、工具に関する知識を活かし、お客様に適切なアドバイスができるような店員になりたいと考えております。

最後の例文は、自分の能力をアピールした志望動機です。ホームセンターでの業務に活かせる能力や経験があれば、自分の強みとなります。そのほかにも、重い商品を運べる体力や、顧客の応対に重要なコミュニケーション能力なども、アピールできる材料となります。

自分はホームセンターに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、ホームセンターの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がホームセンターに向いているタイプか、診断してみましょう。

ホームセンターの志望動機NG例

ホームセンターの志望動機を書くにあたって、どのような内容は不採用となりやすいのでしょうか。次に、例文を交えて説明します。

NG例

私が貴社を志望した理由は、貴社の給与や福利厚生が整っていたためです。他社と比較しても、最も待遇が良いのが貴社でした。私は体力に自信があり、重い商品を運ぶ仕事も得意です。また、持ち前の明るさで、お客様に笑顔で対応することができます。ホームセンターでの実務経験はありませんが、先輩方の働く様子を見ながら早く仕事を覚えていけるよう頑張ります。

志望動機を書くときに、給与などの待遇面に触れてはいけません。採用担当者の立場からすると、「給与や福利厚生が良い会社なら、他の会社でも良いのでは」と思われても仕方ありません。

また、体力や明るい性格について述べていますが、具体的なエピソードがないため、説得力に欠けます。自分の長所や能力について書くときは、それを裏付ける話や、それらの能力をどのように業務に活かせるのかを書くとよいでしょう。

さらに、「先輩方を見習って早く仕事を覚えたい」という受け身の姿勢も、悪い印象を与えてしまいます。採用担当者は、即戦力となるような人材を求めています。実務経験がないならば、業界について勉強をしていることなどを伝えましょう。

ホームセンターの志望動機は例文を参考にして作成しよう

ホームセンターには、様々な職種があります。まず、自分がどの職種に就きたいのかを考え、志望する職種に合った志望動機を作成しましょう。また、企業研究も大切です。企業の特徴を知り、志望先のホームセンターを選んだ理由を伝えましょう。さらに、入社後のビジョンを伝えることで、より熱意を伝えることができます。ホームセンターを志望している人は、こちらの記事を参考に、自分なりの志望動機を作成してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ