職種研究

【法人営業の志望動機】6つの例文と書く際のポイントを紹介

法人営業とは

ビジネスの最前線にいて、新たな価値を創造していく仕事が営業職です。営業の仕事はその携わる業界、業態、顧客によってスタイルは千差万別ですし、求められる資質も異なります。営業職は大きく、一般消費者を対象とした営業と、対企業、つまり法人に対しての営業との2種類に分類されます。この記事では、法人営業を目指す際の志望動機のポイントについて紹介していきたいと思います。

法人営業の主な業務内容

法人営業とは、企業など法人を対象に営業をおこなう職種です。扱うサービスや製品によって営業活動に違いはありますが、法人営業の仕事内容には特徴があります。まず、個人を対象に営業を進めていくのではなく、あくまでも会社対会社のビジネスをおこなっていく点です。法人営業の担当者は、会社を代表する立場となります。

法人営業の業務は、「ルート営業」と「新規開拓」の2つに分けられます。両方の業務をおこなう人もいますが、専門性が要求されるため、どちらかひとつをメインとすることが多くなっています。

ルート営業は、取引が長く安定している既存顧客を巡回し、自社の製品やサービスに関する商談をおこなったり、新商品の紹介をする業務です。新規開拓は、これまで取引がなかった企業に対して、顧客になってもらうための営業活動をおこないます。また、既存の顧客に対しても新しい提案をすることがあります。

志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際のポイントの画像

志望動機を書く際には、伝えたいと思うことを簡潔にまとめられるように工夫しましょう。ぜひこの企業で働きたいという思いが、採用担当者に伝わるような文章を書くことが大切です。

そのためにも、志望する企業の特徴やサービス、法人営業の仕事がどのようなものなのか、事前にしっかりと調べて理解しておくことが重要となります。法人営業の仕事は専門性も高く、なぜこの仕事をしたいと思ったのか、なぜこの企業を選んだのかということが重要視されます。

一般的な個人営業との違いや、法人営業だからこそできることなど、業務の内容を正しく理解しておきましょう。ここでは、法人営業の志望動機を書く際のポイントを紹介します。

結論から書く

文章を書くポイントとして、結論から書くということが挙げられます。仕事に対する熱意や、企業への志望度をアピールしようとすると、つい長い文章を書いてしまいがちです。結論をまず最初に述べることで、どうしてそう思うのか、この人はどんな人柄なのかという興味を引くことができます。

一番伝えたいことから書き始め、そのように考える理由などをその後に続けると効果的です。文章を書く際には、いきなり書き始めるのではなく、まず最初に何を一番伝えたいのかを考え、それに合った理由や具体的なエピソードを付け加えていきましょう。理由や、エピソードは漠然としたものではなく、なるべく細かく分かりやすいように書くこともポイントです。

なぜその企業で働きたいのかを述べる

同じ法人営業の仕事でも、企業によってそれぞれ特徴があります。法人営業全体に対する志望動機を述べるだけでは、ほかの企業でもよいのではないかと感じられて、志望度が低いと評価されてしまう可能性もあります。法人営業を選んだ理由に加え、なぜその企業で働きたいと思ったのかも述べるようにしましょう。

企業の社風や雰囲気、製品やサービスをしっかりと理解しておくことが大切となります。可能なら、企業で働いているOB・OGに、実際の社内の雰囲気などを聞けると参考になります。企業のホームページやパンフレットを見る、会社説明会やセミナーなどに積極的に参加するなど、企業についてより理解を深められるようにしておきましょう。

コミュニケーション能力をアピールする

法人営業の業務では、人と接する機会が多くあり、コミュニケーション能力は重要です。人と話をすることが得意、常に相手に対しての気配りを心がけているなど、自分自身のコミュニケーション能力の高さをアピールできるような志望動機を書きましょう。交渉力、人当たりの良さ、粘り強さも営業職に必要なスキルです。

自社の製品やサービスをぜひ使いたいと思わせられるように、魅力をうまく相手に伝えられる人材が求められます。また、ビジネスパーソンとして、ビジネスマナーや礼儀も身に付けておく必要があります。取引先の相手だけでなく、社内の人と接する機会も多いため、円滑な人間関係が築けるということも伝えられるようにしましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

法人営業の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に法人営業に採用される志望動機を完成させましょう。

法人営業の志望動機例6選

それでは、魅力的な志望動機の組み立てについて例文でご紹介していきます。

志望動機の例文①

私は商売を極めたいと考えております。飲食店でのアルバイトでは、店舗の売り上げと利益を向上させることに興味を持ち、利益の取れるメニューのオススメを強化したり、廃棄ロスを減らす仕組みを考えたりしてきました。そのように店舗運営をする中で、商売に興味を持つようになりました。
食品原料の営業では、様々な仕入先を自身で開拓し、お客様に提案する方法も様々であり、商売の多様性に魅力を感じ、志望いたしました。

ポイントとしては、商売への興味を前面にアピールしている点です。アルバイトでの実体験など、実際に数字と向き合った経験があればなおよいです。営業の仕事は結果が数字で評価されますので、そこに面白みを持てなければ続きにくい仕事です。その資質を志望動機に盛り込み上手くアピールしていくと効果的でしょう。

志望動機の例文②

私はどんな新しい環境へも臆せず飛び込むことができます。大学時代にはバックパックで1か月程かけて東南アジアを回りました。現地では言葉も通じずに苦労しましたが、その中で文化の違いを理解することで何とかなるものだと学びを得ました。
また、海外では日本では見ないものでも優れたものがたくさんあり、可能性を感じて帰国しました。この経験から、海外の仕入先を開拓する商社の営業職にチャレンジしたいと思い志望しました。

海外での経験をアピールしています。商社の仕事では、一人で行ったこともない国に飛びこんで仕入先を探すといった開拓する仕事も多分にあります。求められる資質は臆せず飛び込む度胸です。語学が出来ればなおよいですが、度胸は語学よりも上位にくる資質です。どこでも飛びこんでいけそうな人物に、採用担当者も魅力を感じるはずです。

志望動機の例文③

私の強みは部活動で培われたメンタルの強さです。アメフト部では副主将という立場で主将、他のメンバーを支え、全国を目指して日々邁進してきました。限界まで練習する日々の中で、勉学も怠ることなく休みなく過ごした非常に厳しい日々でしたが、不撓不屈の精神を身に付けたと思います。
商社の仕事は大きな取引の中でやりがいと共にプレッシャーも凄まじいと思います。そのような環境下でも潰されることなく成長する自信があります。

タフさを全面的に押し出した志望動機です。商社の仕事では金額も数量も大きなボリュームを動かすことになります。やりがいは大きいものの、失敗へのプレッシャーは相当なものになります。そのような仕事であっても押しつぶされないメンタルの強さが求められてきます。気合の入った志望動機で採用担当を魅了しましょう。

志望動機の例文④

学生時代には接客業のアルバイトをしており、対人コミュニケーションには自信があります。顧客の課題を正しく把握し、解決することを得意としてきました。
御社の営業職は、成長力のある業界の中でも勢いがあり、新規開拓ができる点に魅力を感じ応募いたしました。人と話すことは全く苦になりませんので、これまでに培ってきたスキルを活かし、貴社に貢献したいと思います。

学生時代の接客のアルバイト経験から、コミュニケーション能力を身に付けてきたことをアピールしています。人と話すことや、相手の課題を理解することは法人営業でも必要不可欠です。また、その企業の特徴についても述べて、志望度の高さも合わせて伝えることができています。

志望動機の例文⑤

私は、人の支えになる仕事がしたいと考えております。貴社の営業職を希望する理由は、お客様を第一に考える法人営業で深い信頼関係を築くことができ、地域にも貢献できると考えたからです。
会社説明会で社員の皆様とお話させていただき、「お客様第一主義」という思いを強く感じ、ぜひ私も一緒に働き、人の支えになりと思いました。株式会社化・上場して今後ますます成長していく貴社に魅力を感じ、私も共に成長していきたいと志望いたしました。

まず最初に自分の考えを述べています。最初に結論を書くことで、なぜそのように考えているのか、どのような人なのかと興味を引くことができます。ほかの企業ではなく、なぜこの企業を志望するのかという具体的な理由も書くことで、志望度の高さをアピールできます。

志望動機の例文⑥

私が法人営業を志望するのは、直接お客様と向き合い、信頼を得ることが客観的な数字の結果につながる点に魅力を感じているからです。大学時代の部活でも、成果が目に見える形で表れることに意欲を感じて取り組んでいました。
セミナーでお会いした貴社の社員の方は、常に高い目標を掲げ仕事をされており、後輩社員への思いやりを感じました。高い目標を持った同期に刺激を受け、先輩への憧れを原動力としてきた私が一番成長できる環境であると考えます。

営業という、成果が目に見える仕事への意欲が感じられます。セミナーに参加し、直接企業の社員と接したことも、志望動機のひとつとして述べています。同じ職種・業界でも、ほかの企業ではなく、なぜこの企業を志望したのか、志望度の高さがよく分かります。

例文を参考にして法人営業の志望動機を作成しよう

法人営業の志望動機について紹介しました。営業の仕事は商売を自ら創造し、付加価値を追求できる、非常にクリエイティブでやりがいのある仕事です。また、その結果が数字として表れるシンプルな仕事であるとも言えます。そして、商社の営業職は海外と関わることも多いことから、ビジネスマンとしての市場での価値を大きく上げることができるでしょう。

志望する会社のビジネスモデルをしっかりと理解し、自分がその仕事をする姿を想像しながら、これまで培った経験、能力を存分にアピールしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ