職種研究

携帯販売の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

携帯販売について

携帯販売とは、携帯電話などの商品を販売し、商品やサービスに関する疑問に応じる仕事のことを指します。就業場所は、主に携帯電話の専門店や家電量販店などがあります。各メーカーの最新機種にいち早く触れることができ、携帯電話が好きな人にとってはやりがいのある仕事です。

短時間での仕事や派遣スタッフの募集も多く、また全国各地に店舗を構えているため、通いやすいエリアで仕事が探せる点においても、働きやすい仕事であるといえます。

携帯販売の仕事に採用されるためには、どのような志望動機を作成したらよいのでしょうか。携帯販売職に就きたい人のために、志望動機の書き方のポイントを説明していきます。

携帯販売の主な業務内容

携帯販売の主な業務は、商品やサービスの説明、窓口での接客応対、料金収納、専門端末への入力作業など、多岐に渡ります。また、商品やカタログの管理や書類のファイリングなど、事務作業を任されることもあります。

携帯販売に必要な資格は特にないため、未経験者も積極的に採用されています。携帯販売の業務は接客が中心となるため、顧客のニーズを把握して、分かりやすく説明ができるコミュニケーション能力が必要です。さらに、顧客に対する細やかな気配りができると、なお良いでしょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

携帯販売の志望動機を作成するときのポイントは3つです。1つ目は、「なぜ自社を選んだのか」です。携帯の販売をおこなっている店舗はたくさんあり、そのなかでもなぜこの店舗を選んだのかを伝えることが大切です。

2つ目は、「自分や業界・企業の研究をしているか」です。携帯販売業界の現状などの基本的な業界知識を身に着け、さらに志望先の企業についても良く知っておく必要があります。実際に店舗へ出向き、その店ならではの特徴を述べても良いでしょう。

3つ目は、「入社後のビジョンを持っているか」です。携帯販売として採用されたら、どのような社員を目指すのか、どのような意識を持って仕事がしたいのかを考えます。入社後のビジョンを伝えることで、働く意欲を伝えられます。

携帯販売の志望動機NG例

携帯販売の志望動機を考えるときに、どのような内容だと悪い印象を与えてしまうのでしょうか。次に、志望動機のNG例をご紹介します。

NG例

私が貴社を志望したのは、他社よりも時給が高く、自宅から通いやすい場所に店舗があるためです。また、貴社の素敵な制服にも魅力を感じました。貴社に入社しましたら、可愛い制服を着てお客様の応対をすることが楽しみです。
また、私は貴社の扱う携帯電話を使っており、その使いやすさに魅力を感じています。持ち前の明るさと笑顔で頑張ります。

まず、志望動機を書く際に、たとえ本音であっても時給などの待遇面を取り上げてはいけません。採用担当者の立場からすると、「時給が良ければ他社でも良いのでは」と思われても仕方ありません。

また、可愛い制服を着て楽しく顧客対応がしたいと述べていますが、携帯販売の仕事は楽しいことばかりではありません。様々な性格や年齢の顧客に合わせた対応をしなければならず、時には苦情を受けることもあるでしょう。「携帯販売の仕事は楽しそう」だという自分の先入観だけを伝えると、「仕事内容をきちんと理解していない」と思われてしまいます。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に志望動機を完成させましょう。

携帯販売の正しい志望動機例3選

それでは、携帯販売として採用されるためには、どのような志望動機を書いたらよいのでしょうか。例文を3つご紹介しますので、参考にしてください。

志望動機の例文①

私が貴社を志望したきっかけは、貴社に客として来店したことにあります。私は、自分の携帯電話が故障してしまったとき、貴社の携帯販売店へ行きました。そのとき、担当して下さった販売員の方の接客応対に感動しました。
販売員の方は私の話を親身になって聞いてくださり、迅速な対応によって、ほとんど待つことなく手続きを終えることができました。私が貴社に入社しましたら、あの時の担当の方のように、丁寧かつ素早い応対ができるような販売員になりたいと考えております。

1つ目の例文は、販売店へ来店したときの話を中心に、志望動機を書いています。実体験に基づいたエピソードを交えることで、よりリアルで説得力のある文章となります。自分がなりたい販売員の姿もイメージできており、とても意欲の伝わる志望動機となっています。

志望動機の例文②

私は、学生時代に洋服の販売員のアルバイトを続けていました。接客をするときは、お客様が今お持ちのお洋服や好きな色などを伺いながら、お客様のニーズに合うお洋服やコーディネイトをご提案するよう心掛けていました。これらの経験を活かしたお仕事に就きたいと考えており、貴社の携帯販売員の仕事を志望いたしました。
私は携帯電話に非常に興味があり、新商品が発売するとすぐにチェックしています。中でも貴社は、子どもや老人向けのスマートフォンにも力を入れており、若い世代だけでなく幅広い世代のお客様に愛されている点に魅力を感じました。
私が入社しましたら、貴社の携帯電話の魅力を、たくさんのお客様に伝えたいと考えております。

例文では、接客のアルバイト経験を取り上げています。携帯販売の仕事は顧客対応が中心となるため、過去に接客やサービスに関するアルバイトの経験がある人は、強みとしてアピールしましょう。また、企業の扱う携帯電話の特徴を具体的に述べている点も、評価されるポイントです。

志望動機の例文③

私が貴社を志望したのは、貴社の居心地のよい店舗に魅力を感じたためです。貴社の店舗は、水やあたたかいお茶を無料で提供したり、テレビや雑誌、漫画などが用意されています。また、キッズスペースも充実しており、子連れのお客さまもたくさん利用していました。
貴社の店舗では、多くのお客様が快適に過ごすことができる工夫がなされており、そのおもてなしの心遣いに共感しました。
私は、元々携帯電話やスマートフォンに対する興味が強く、基本的な取り扱い方法やサービス内容なども熟知していると自負しております。私の知識を活かして、貴社でも携帯販売員として貢献できると考え、志望いたしました。

最後の例文では、店舗の特徴について触れています。企業研究をする際にインターネットで企業について調べるだけでなく、実際に店舗に足を運ぶと、顧客に対する心遣いや配慮などが見えてくることがあります。

まとめ

携帯販売員の志望動機の考え方をご紹介しました。志望動機を書くときのポイントは、「なぜこの店を選んだのか」「自分や業界・企業の研究をしているか」「入社後のビジョンを持っているか」の3点です。

携帯販売業界や、志望先の企業について知識を深めることで、志望動機の材料が見つかることもあります。また、数多くの携帯販売店の中で、なぜこの店に入社したいと思ったのかを伝えるためにも、一度店舗に足を運び、店の特徴や店員の接客態度などを見ておくとよいでしょう。さらに、「入社後どのような店員になりたいか」などといった目標を述べると、熱意のこもった志望動機を書くことができます。

携帯販売員を目指す方は、記事を参考に、自分なりの志望動機を書いてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ