志望動機

【ガス会社の志望動機の書き方を解説】仕事内容や例文を大公開

ガス会社は生活に密接しているため人気

ガス会社は社会インフラとして人々の日々の豊かな生活を支えています。そんなガス会社を志望する就活生は数多く存在します。ガス会社などのインフラにかかわる業種は世の中の景気の影響を受けにくいことから、就活生にとっても人気のある業種となっているのです。しかし、いざ志望動機を書こうとした時、どうして自分がガス会社を志望しているのか、しっくりくる動機が浮かばないという学生もいるのではないでしょうか。

ガスは人々の生活に密着したエネルギーです。しかし、そのエネルギーを扱うガス会社の業務について、意外とよく知らないという人も多いでしょう。そんな就活生のために、この記事ではガス会社の仕事内容を解説し、志望動機作成するためのヒントを紹介していきます。

ガス会社の仕事内容

ガス会社の仕事内容はさまざまにありますが、大きく「事務」・「営業」・「技術」の3つに区分することができます。これらの部署は、社会を支えるインフラ業態としてのガス会社ならではの仕事内容を持っています。その一つひとつがガス会社にとってなくてはならない業務です。それらの業務における仕事内容を見ていきながら、ガス会社とは、いったいどのようなものなのかを確認していきましょう。まず、志望する会社の仕事内容をしっかりと把握することが就活の第一歩となります。

事務

ガス会社で事務職という場合は一般職となります。その仕事内容は一般事務、料金管理、人事、総務、情報システム、そして経営企画などの多岐にわたる業務です。これらはガス会社という機構を推進していくために必要なさまざまな仕事内容で構成されており、いわば会社全体を動かしていく業務全般と言えます。事務職はガス会社であっても、一般の企業と大きく仕事内容が異なることはありません。

そのため事務職を志望する場合、特に必要とされる資格はありません。しかし経理などの部署につきたいのであれば、簿記などの資格があれば就職にあたって有利になるとは考えられます。ガス会社というイメージでは理系の学生を対象にしているように感じますが、事務職では特に学科の指定はありませんので文系の学生でもチャレンジすることができます。

営業

ガス会社のお客さまには、個人顧客としての一般家庭、また飲食店や工場などの事業所また学校や病院などの法人があります。これらのお客さまに対する営業区分けとして「家庭用営業」および「業務用営業」となっており、営業スタッフはそれぞれに対し営業活動を行います。

家庭用営業では一般家庭に供給されるガスをより快適に使用するためのガス機器普及のためのマーケティングや新規顧客の開拓などが主要業務です。ガス会社が供給するガスを、それぞれの家庭の暮らしに役立てるための提案型営業を行っています。業務用営業では、法人であるお客さまのために各業務に適したエネルギーシステムを構築するなど、お客さまにとって効率的で最適なガス利用の提案やアドバイスをします。

技術

ガス会社の技術職は、「生産部門」と「供給部門」にわかれています。ガスの生産からお客さまへ供給するまでを一貫して支援するのが技術系の部署であると言うことができるでしょう。生産部門では、ガス会社の商品であるガスの製造と、ガス製造プラントについて需要を考慮し増強する計画などの企画立案を行います。またこれに伴う施設や設備の設計、敷設またそれらの設備の維持管理を行うことが主な業務です。

一方供給部門では、生産部門で製造されたガスを一般のお客さまや法人のお客さまに対し送るためのパイプラインの保安業務を行います。またパイプラインの建設およびメンテナンスも主要業務の1つです。技術職の採用にあたっては、理系の学部を指定して募集する会社もあります。

ガス会社の志望動機を書く際のポイント

ガス会社の仕事は社会インフラとして、人々の生活に貢献する日々の暮らしになくてはならない業務です。そのような業界を志望する就活生は、ガス会社の社会的位置づけを前面に出して志望動機とする傾向があります。もちろんそのような社会的意義を志望動機とすることはいいのですが、多くの就活生が同様の文面を作成するであろうことは予想できます。志望動機を作成する場合、その動機として他と差別化できるものを作成することが必要です。それを意識したうえで、志望動機作成のポイントを解説していきます。

エネルギーやインフラへの興味

ガスなどのエネルギーあるいはインフラに関わりのある専攻の出身であれば、もともとそれらに対する関心、興味を持っている言うことができます。しかし技術職を志向する人は別として、専攻が直接エネルギーなどに関係なくても社会インフラなどへの高い興味を持っている人もいます。

ガス会社への志望動機では、そのような個人的な理由であっても、エネルギーなどのインフラへの興味を持ったきっかけや、社会の中でのインフラの役割をしっかりと認識していることをアピールすることが大切です。どのような体験、出来事を通してガスやエネルギーあるいは社会インフラに興味を持つことになったのか具体的な理由を書くことで、志望動機として明確なものになります。

求められる人材像と一致する点

一般的に企業が求める人材とは、仕事に対する積極的な能力を持った人材です。それは主体的な行動ができること、コミュニケーション力を持ち人々と協力して仕事ができること、また仕事を最後まで責任を持って貫徹できる意志です。ガス会社の求める人材についても同様にこれらの能力を保持していることが重要となります。

公共的な性格が強いガス会社では、公共に対し資する仕事をしたいという意識も高く評価されるでしょう。そのような能力が自分にはあるということをエントリーシートにおいて明確にアピールすることが必要です。志望動機において、これらの能力を具体的な出来事などを例にとり示していくことが、採用担当者の興味を喚起します。

志望動機作成ツールを利用してみる

うまくまとめる自信がない人は、ツールを利用するのも一つの手段です。

志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」を使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードできるので、困ったときは利用してみましょう。

ガス会社の志望動機例文

ガス会社の志望動機では、事務職志望と技術職志望とでその志望動機は多少異なることが予想されます。しかしともに、社会インフラとして公共に資する職業であることや志望するきっかけとなった就活生ならではのエピソードを交えると、担当者の目を引くことができるでしょう。その例文として、技術職、事務職のそれぞれを志望する例文を2つ紹介します。

志望動機【例文1】

私はエネルギー問題に関心があり、大学においてエネルギー工学を学びました。ガスに興味を持ったのは、それが日々の暮らしに直結したインフラであるからです。私が小さい頃、集中豪雨で私の地域が洪水に襲われました。その復興の折、さまざまなインフラの修復工事を目にしました。
家のガスや電気が復活した時、母がホッとした顔を見せたのを覚えています。その頃より社会の人々に資する仕事をすることが私の夢となりました。貴社はガス会社として地域の豊かな暮らしを支えるという有意義な仕事をしておられます。学んだ私の知識と技術で貴社の仕事に貢献することを望み、貴社を志望させていただきました。

理系の学生が、大学で学んだ知識を活かした技術関連の仕事を志望する場合の文面です。最初に専攻学科を示して技術職としての採用を望んでいることを明確にしています。また、小さなころに体験した災害でのちょっとした出来事が、現在の就活生の希望へと繋がっていることもわかります。社会のために役立ちたいという自分の意識、志望する会社が同じ価値観を持っているということが大きな志望動機となっていることをわかりやすくアピールする文面であると言えるでしょう。

志望動機【例文2】

私は経済を大学で学んできましたが、以前より社会インフラ、特にエネルギーに大きな興味を抱いていました。そのきっかけとなったのは、一昨年バックパッカーとして海外旅行をした折です。東南アジアの国々を訪れ多くの人々との交流しました。
その旅を通して国々のインフラ状況を垣間見ることができました。十分にインフラが行き届かない地域もあり、特にエネルギー供給という点で日本と比較して大きな驚きを憶えました。それ以来、エネルギーインフラに関わる仕事に就くことができないかと考え始めたのです。微力な私でも、そのような仕事のお手伝いができないかと、今回貴社を志望させていただきました。

文系の学生がアジアの国々への旅をきっかけに、インフラに興味を持ったことを志望動機とする文面です。一人で海外を旅するというエピソードで自立心の強い学生の特性を示しています。また単に観光をするのではなく、人々の交流、さらに地域のインフラ状況に興味を持ち、日本の状況と比較するという観察眼もアピールできています。その上で志望する会社の社会的な位置づけに敬意を表していることもよいでしょう。

自分はガス会社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、ガス会社の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がガス会社に向いているタイプか、診断してみましょう。

他の人と差別化を図るには志望動機が重要

ガス会社などのインフラ関連の業種は、その安定性と社会的位置づけが高いため、大変に人気のある業界です。そのため志望動機を書く際に、自分自身の志向する社会的意義を強調し、その意欲を謳う文面が多くなりがちです。しかしそのような方向性のみで志望動機を作成すると、他の就活生たちと同じような文面となり、差別化が困難となります。

そのような状況を避けるためには、自分独自の志望動機を構築し、それをアピールすることが重要となります。そのためには、自分が実際に体験したことを軸に、志望へと結びついたことを具体的に書いていくことが必要です。誰のものではない、自分に固有な志望動機を作成し、ガス会社にアピールしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ