身だしなみ

【就活のスーツに紺色を選んだ場合】企業に与える印象とブランド3選

就活で紺のスーツを着るのってどうなの?

自分に合ったスーツを購入しよう就活はスーツ着用が基本になりますが、スーツの色にも注意が必要であり、紺色のスーツを着てもいいのか悩む人は多いです。身だしなみの印象によって評価は違ってきますし、就活では社会人として正しい身だしなみで取り組まなければなりません。

スーツにもさまざまな種類がありますし、社会人としてふさわしい、フォーマルなものを選ぶ必要があります。スーツを着ていても派手すぎる色やデザインなどはNGですし、落ち着いたものを選ぶことが大切です。

就活のスーツとしては黒やグレーなどが思い浮かべられることも多く、紺はカジュアルな印象を与えるのではないかと心配する人もいます。紺色のスーツが与える印象を知って、身だしなみを上手に整えていきましょう。

紺スーツは黒と同じく定番カラー

紺スーツを就活で着ていいのか悩む人は多いですが、近年では黒に次いで濃紺も定番カラーとなっていて、就活中の学生が着用することも多いです。ビジネスシーンではもちろん、就活としても着用OKですので、紺スーツを着ているからといって、印象が悪くなることはありません。

就活は何日も連続して続くことも多いですし、同じスーツばかりを着続けているとスーツが傷むも早くなります。傷んだスーツを着ていると、身だしなみでもマイナスの印象を与えてしまいますので、何着か持っておき、着まわせるようにしておくことが大切です。

紺スーツは着用している人が多く、就活にも向いているスーツですし、着まわすことも考えて、持っていない場合は購入しておくのもおすすめです。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

紺スーツが与える印象

紺スーツは就活では定番色となっていますので着用していても問題ありませんが、着ることでどんなイメージを与えるのかを知っておくことが大切です。同じスーツを着ている場合でも、色によって与える印象は違いますし、印象の違いで評価が異なることもあります。

与える印象を知っておけば、面接などのアピールも上手に進めることができますし、好印象も与えやすくなります。紺スーツが与える印象を知って、就活を上手に進めていきましょう。

誠実で爽やかに見える

紺スーツはスッキリして見えて、表情も映えるため爽やかな印象を与えることができます。紺は収縮色ですので野暮ったい印象を与えることはありませんし、新卒の就活生ならではのフレッシュ感のアピールにも適しています。

爽やかで誠実な印象を与えやすいため、好印象にもつながりやすく、選考でも有利になる場合が多いです。誠実さや、爽やかさは新卒の就活生に求められるものですし、それらをアピールすることで清潔感が伝わり、身だしなみの印象も良くなります。

誠実さなどは業界問わず求められるものですし、さまざまな企業で好印象を与えることができます。どの業界、企業でも着られる色ですし、汎用性も高いので紺スーツはおすすめ度が高いです。

黒スーツより柔らかく見える

就活では紺スーツだけではなく、黒スーツも定番であり、両方とも人気は高いです。黒はフォーマルさをアピールすることができ、就活にもおすすめではありますが、やや堅い印象を与えてしまうこともあります。

紺スーツであれば黒スーツほど暗くないため、黒スーツよりも柔らかい印象を与えることができます。真面目な印象を与えることは大切ではありますが、堅い印象を与えてしまうと、面白味がないと思われてしまうことも多いです。

業界・業種などによっては堅いイメージが好まれる場合もありますが、営業や接客業など人と関わる仕事は柔らかい印象の方がいい場合もあります。志望先によって求められる印象は違いますので、より柔らかい印象を与えたい場合は紺スーツを選びましょう。

紺スーツを着るなら濃い紺色を選ぶ

紺スーツは好印象を与えられることも多いですし、業界や企業を選ばずに着ることができるため非常に便利です。しかし紺色の中にもさまざまな色がありますし、色の選び方次第ではマイナスの印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。

紺スーツを着る場合は、フォーマルさを意識して濃い紺色を選ぶことが大切です。青が強い、明るい紺よりも、黒に近い紺の方が真面目で好印象を与えることができます。明るい紺はファッション性は高いですが、就活では個性が強く、周りと比べて浮いてしまうことがありますので注意が必要です。

ファッション性が高いことでカジュアルな印象を与えてしまい、それがマイナスにつながる場合もありますので、就活では濃い紺色を選びましょう。

就活でおすすめのスーツブランド3選

紺スーツと言っても色はさまざまですし、デザインや種類なども数多くあり、どれを選べばいいか分からず、困ってしまう人は多いです。色によって与える印象は違いますが、それだけではなくデザインによっても印象は違ってきますし、就活ではフォーマルに使えるデザインを選ばなければなりません。

また就活ではデザインだけではなく、機能性が高いことも重要です。おすすめのスーツを参考にして、自分に合った紺スーツを選んでいきましょう。

①スーツカンパニー

就活でおすすめのスーツブランドのひとつが、スーツカンパニーです。スーツカンパニーでは、男女ともに就活に特化したスーツスタイルの提案をおこなっています。スーツの色やネクタイの色、裾丈や袖丈のポイントなどをそれぞれ細かく解説してくれています。
また、小物のコーディネートも解説されていますので、スーツスタイルに自信がない方でも無難にコーディネートすることができます。

また、女性はパンツ丈だけでなく、スカート丈のポイントもきちんと解説されていますので、十分参考にできます。もちろん、小物もそれぞれ解説がありますので、トータルコーディネートすることができるでしょう。

オリヒカ

次にご紹介するのは、紳士服のAOKIが提案するスーツブランドのオリヒカです。オリヒカでは、就活に特化してリクルートスタイルを提案しています。

男性の場合、まずはヨレヨレになって面接で印象を悪くしないよう、スーツは二着持っておく必要性を述べています。色については、リクルートスーツでもっとも選ばれやすい色は黒色ですが、オリヒカでは二番目に人気の紺色が、清潔感もあり好印象を与えられるので、二着目のスーツにおすすめとなっています。

女性は、スカートとパンツのどちらのデザインでもリクルートスーツを持っておくことをすすめています。

③スーツセレクト

最後にご紹介するおすすめのスーツブランドはスーツセレクトです。スーツセレクトでは、年明けの1月に特集を組んで、その年のリクルートスタイルの提案をおこなっています。

特に女子就活生向けのスーツスタイルを意識しているようで、デザインは極力シンプルに、素材や色はなるべくバリエーション豊かに商品展開をしています。男性向けに関しては、デザインは2つボタンのシングルスーツのみで、素材や色もダークでシックなものを中心に商品展開をしています。

価格については、男女とも2〜3万円の価格帯ですので、就活生向けのスーツとしてはリーズナブルになっています。無難なスーツスタイルを選ぶのに悩んでいる方にはおすすめのブランドです。

スーツの着こなし方について知っておこう

就活において、身だしなみは第一印象を左右する大事なものです。リクルートスーツを購入したら、その着こなし方についても知っておきましょう。服装や髪型に気を付けた上で、基本の就活マナーをマスターしておく必要があります。

就活の未来では、就活マナーマニュアルを公開しています。身だしなみや髪型についての注意点の他、メールや電話でのマナーなどもまとめられています。無料の資料となっていますので、ぜひ活用してみてください。

関連記事

就活でおすすめの紺スーツを着てみよう

青スーツの男性就活用のスーツとしては黒だけではなく、紺も定番となりつつあり、多くの就活生が着用している人気色でもあります。紺スーツは黒スーツとは違った印象を与えることができますし、好印象も与えやすいスーツです。

就活では身だしなみも見られていますし、評価のウエイトとしては大きくもありますので、スーツにはしっかりとこだわることが大切です。スーツの着こなしも大切ですが、どんなスーツを着ているかもチェックのポイントですし、自分に合ったスーツを選ぶ必要があります。

紺スーツの中にもさまざまな種類がありますし、デザインなどによっても与える印象は違ってきます。おすすめのスーツを参考にしながら自分に合ったスーツを選び、紺スーツで好印象を与えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ