企業研究

【デンソー インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

デンソーを研究!

デンソーは、関連会社を含めて世界35か国で15万人が働く世界トップの自動車部品サプライヤーです。インターンシップでは事務系と技術系を対象として、体験型インターンが企画されており、参加することで社風や実際の業務、成功例などが学べます。

本記事では、デンソーのインターンシップについて、詳細な内容・日程・選考フローなどを紹介していきます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

デンソーの基本情報

デンソーは、1946年にトヨタ自動車から分離独立した会社です。自動車用システム製品およびITS関連製品、生活関連機器製品、産業機器製品等の開発・製造をおこない、世界中の自動車メーカーに卸している世界トップの自動車部品サプライヤーでです

デンソーの基本情報は下記の通りです。

正式名称:株式会社デンソー
所在地:愛知県刈谷市昭和町1-1
設立年:1949年12月16日
従業員数:168,813名(連結) 39,315名(単独)
平均年齢:43.4歳
平均勤続年数:22.6年

デンソーを企業研究

デンソーはダントツのモノづくりをする「ダントツ工場」を目指しており、モノは「物」だけではなく「者」も意味しています。従業員が気持ちよく働いて成長できる風土が根付いています。

デンソーでは、自動車に関わる様々な関連部品の研究・開発・生産をおこなっており、自動車メーカーと最先端の技術を作り上げているのです。

そんなデンソーが求める人物像は、公式サイトによれば「自ら学び、自ら考え、新たな価値の実現に向けて挑戦し続けていく人材」です。高い目標をかかげて、信念を持って地道にチャレンジし続けられる人が求められています。

自分が自動車業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、自動車業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が自動車業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

デンソーインターンの選考フロー

デンソーのインターンの選考フローは、プレエントリー→ES提出→書類選考→筆記試験・適性検査→面接→合否連絡です。マイナビあるいはホームページよりプレエントリーし、エントリーシートを提出しましょう。

デンソーのインターンの選考対策

デンソーのインターン選考は、就活生から人気があるため、競争率も高いです。インターンに参加するためには、選考対策が欠かせないといえるでしょう。では、インターン選考ではどういった点について気を付ければいいのでしょうか。

適性検査はテストセンターがおこなわれる

適性検査では、テストセンターがおこわなれるとされています。テストセンターとは、会場に出向いてパソコンでSPIを受験する方式です。テストセンターの対策としては、市販されている参考書を購入し、繰り返し問題を解くようにしましょう。

テストセンターにおいて、非言語の推論以外の問題は、公式をきちんと覚えることが大切です。同じ問題集をたくさん解くことで、自然と公式を記憶できるようになるでしょう。

デンソーのインターン選考ではガクチカについて深堀りされる

  • インターンシップ志望理由をお答えください。(300文字以下)
  • 学生時代に取り組んだ大きなチャレンジ内容について教えてください。チャレンジ目標(30字以内)とその目標に取り組んだ理由(200字以内)を教えてください。
  • その目標を達成するためにどのように考え、行動しましたか?(300文字以下)

デンソーのインターンでは、学生時代に頑張ったこと、いわゆる「ガクチカ」について質問されるようです。学生時代に何を頑張ったのかを聞かれたうえで、その際の目標と取り組んだ理由、目標達成のためにした行動を問われます。どう回答するか、ある程度事前に考えておくとよいでしょう。

デンソーインターンの内容と日程

デンソーは世界トップレベルの自動車部品メーカーです。インターシップは事務系と技術系に分かれており、事務系は全学部対象であるのに対し、技術系は理系学部のみを対象としているので注意が必要です。

事務系のインターンは3日と短く、ケーススタディが中心であるのに対し、技術系のインターンは約10日と長く、現場実習が中心となっているのが特徴です。

社員からのアドバイスをもらいながら作業を進め、最終日にプレゼンテーションをおこないます。その際も社員からのフォローアップを受けることができ、社員とのつながりが多い内容となっています。

①事務系インターンシップ

営業や企画などの事務系のインターンです。実際にデンソーが過去に取り組んだプロジェクトを学習し、どのように仕事を成果につなげているかを、ケーススタディを通じて体感する内容となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
A日程:2018年12月12日~14日
B日程:2018年12月19日~21日
C日程:2019年2月12日~14日
D日程:2019年2月18日~20日

■参加条件
大学または大学院在学中である(全学年・全学部・全学科対象)

■開催地
東京支社:東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー15階
本社:愛知県刈谷市昭和町1-1

■待遇
不明

エントリー〆切:
<12月開催【A・B日程】>
一次:2018年9月18日23時59分
二次:2018年10月10日23時59分
最終:2018年11月8日23時59分
<2月開催【C・D日程】>
最終:2018年12月16日23時59分

②技術系インターンシップ

最初にインターン実習生の希望や専門性を考慮したうえで、電動化エンジニアコース・モビリティソフトエンジニアコース・モノづくりエンジニアコース・ポテンシャルコースにごとに配属されます。その中で、デンソーの技術や社風などを学んでいくプログラムです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
【電動化エンジニア】2019年2月11日(月)~2月22日(金)
【モビリティソフトエンジニア】2019年2月11日(月)~2月22日(金)
【モノづくりエンジニア】2019年2月11日(月)~2月22日(金)
【ポテンシャル】2019年2月11日(月)~2月22日(金)

■参加条件
【電動化エンジニア】【モビリティソフトエンジニア】
理系の大学院生である
【モノづくりエンジニア】【ポテンシャル】
理系の高等専門学校(専攻科)生、大学、大学院生である

■開催地
本社(愛知県刈谷市)
東京支社(日本橋)
Global R&D Tokyo (品川)
先端技術研究所(愛知県日進市)
愛知・三重・静岡県内の各製作所 など

■待遇
不明

エントリー〆切:
1次締切 2018年11月18日(日)23時59分
2次締切 2018年12月2日(日)23時59分

③1DAYインターンシップ

2018年2月10日・17日・24日及び2018年3月7日に、女性限定の1日インターンシップが企画されています。毎年実施されているようなので、女性の方はぜひチェックしてみましょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年2月10日(大阪)
2018年2月17日/3月7日(刈谷本社)
2018年2月24日(東京)
※2018年3月7日は理系の学生のみが対象

■参加条件
大学院、大学、高等専門学校(専攻科)生である(3/7は理系学生のみ)

■開催地
刈谷本社、東京、大阪

■待遇
不明

エントリー〆切:2018年3月4日

参考:DENSO Recruitment Information

インターンに参加してデンソーの業務を体験しよう

デンソーの企業情報とインターンシップに関する情報をご紹介しました。デンソーは世界中の自動車メーカーに自動車関連部品を販売している、自動車部品のトップ企業です。

そのため、優秀な応募者も多くインターンの選考に合格すること自体が難しい状況でもあります。デンソーへの就職を目指すのであれば、インターンの選考が就職のデモンストレーションと考えて、しっかり準備して臨みましょう。

「デンソーのインターンは就職選考に含まない」とされており、インターンへの参加で就職が優遇されることはありません。ただ、参加することで企業研究や職種研究などに役立ち、自身のスキルを成長させることもできるので、参加を検討してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ