企業研究

【東邦ガスインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

東邦ガスを研究!

東邦ガスは、名古屋市を中心にガスの提供をおこなう会社です。ガスの配給対象地域は、愛知、岐阜、三重3県の54市20町1村で、多くの近畿地方の人々の暮らしに貢献しています。

今回は、東邦ガスのインターンについて説明していきます。ガスは私たちの生活に欠かせない存在ですが、それを扱う企業の実態や、従業員の業務内容まで知っている学生は少ないのではないでしょうか。

インターンでは、ガスの利用者としてではなく、働き手の目線から企業を知ることができ、とても貴重な体験をすることができます。興味のある学生は、ぜひインターンの参加を検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

東邦ガスの基本情報

東邦ガスは、大正時代の設立以来およそ90年に渡って、エネルギー配給事業者として成長を続けています。現在は、近畿地方におけるガスの配給事業を中心におこなっています。また、天然ガス事業においては天然ガスの普及拡大も推進しており、地球環境にも貢献しています。

正式名称:東邦瓦斯株式会社
所在地:名古屋市熱田区桜田町19番18号
設立年:1922年6月
従業員数:2,858人(2018年3月末時点)
平均年齢:42.6歳(2018年3月末時点)
平均勤続年数:29.6年(2018年3月末時点)

東邦ガスを企業研究

企業HPによると、「東邦ガスは、グループ各社とともに、人々との信頼のきずなを大切にし、うるおいと感動のあるくらしの創造と魅力にあふれ、いきいきとした社会の実現に寄与します。」を基本理念に掲げ、事業を通して多くの人々の暮らしを支えています。

事業内容は、ガス事業を主軸に、熱および電気の配給事業や、天然ガスなどのエネルギー資源採取および売買も手がけています。また、家庭用燃料電池「エネファーム」や、ガスエンジンを動力とする「エコウィル」などを発売しており、環境に配慮したエネルギーの供給事業にも注力しています。

都市ガスの全面自由化に伴い、競争が激化しているガス業界では、安定志向の人よりも新鮮な発想力や行動力を持つ人材が求められます。

東邦ガスインターンの選考フロー

東邦ガスの選考フローは、【エントリー→ES提出→適性検査受験→合否連絡】です。ESの提出は、企業のインターンシップ専用サイトからの提出となります。

東邦ガスのインターン選考対策

東邦ガスの上記の選考を通過し、インターンに参加するためには、どのような対策をとっていくべきでしょうか。ここでは、インターンの選考対策についてご紹介します。

参加目的を明確にする

ただ興味本位で参加するのと、目的を持って参加するのとでは、参加して得られるおのが大きく異なります。それだけでなく、明確な参加目的があると、志望動機にも繋がるため、採用担当者や人事担当者に問われた際に、戸惑わずに答えられます。

生活に密接するインフラ業のなかでも、東邦ガスを選び、参加にあったって何が学びたいのか、自分の中で整理して考えてみましょう。

問題集を2冊用意した筆記試験対策

ES選考に通過したら、適性検査です。適性検査では問題集を2冊用意した対策をおすすめします。1冊は問題を解いては回答を確認、そして解き方を理解する用に使用します。1冊目を一通り解き、回答を導き出す過程を把握したら、2冊目を模試用として使用しましょう。この時、時間のかかり方も把握することをお勧めします。

模試型で解き、改めて自分の弱点や時間がかかるところの把握もできますので、試験までに苦手分野の克服をしていきましょう。

東邦ガスインターンの内容と日程

東邦ガスのインターンは、冬期におこなわれます。夏期のインターンについては不明です。東京、関西、名古屋の3つの会場で開催される1dayのインターンシップです。全4回のみの実施ですので、早めにエントリーしたほうが良いでしょう。

東邦ガスの事業を知り、社員との交流を深めることで、エネルギー業界の未来や現場の様子を体感できる内容となっています。

①TOHOGAS 1DAY INTERNSHIP

TOHOGAS 1DAY INTERNSHIPは、エネルギー業界や国内のガス業界のあり方や、東邦ガスの未来について学んでもらうことを目的としています。 プログラムの内容は、経営企画部の社員になったつもりで行うケーススタディーや、企画立案、フィードバック、座談会、懇親会となっています。 座談会と懇親会が予定されているので、よりリアルな深い話を聞くことができるチャンスがあります。 また、珍しい点として、スーツではなく私服での参加となっています。

実施時期や参加条件は、以下の通りです。

実施時期:
(東京)2019年1月18日
(大阪)2019年1月16日
(名古屋)2019年1月9日、1月8日

参加条件:
大学生もしくは大学院生の方(文理不問)

開催地:
東京 大阪 名古屋

待遇:
報酬や交通費の支給なし
昼食支給

・エントリー〆切:2018年12月17日
・ES提出:2018年12月17日
・適性検査:2018年12月18日

東邦ガスのインターンは書類・筆記の対策が必要

東邦ガスのインターンについてご紹介しました。私たちの生活に欠かせないガスを扱う東邦ガスですが、その実態を知る機会はなかなかありません。インターンでは、東邦ガスを様々な面から知ることができ、とても貴重な体験となることでしょう。

東邦ガスのインターンは1日のみの実施ですが、業界の現状や環境、東邦ガスが目指す未来について学ぶだけでなく、グループワークや社員とふれ合う機会も設けられており、内容が濃く充実したインターンとなっています。4日のみの実施のため、参加希望者は早めにエントリーを済ませましょう。

東邦ガスのインターンは、学部・学科問わず全ての大学生・大学院生が参加可能です。エネルギー業界に興味がある方は、ぜひ東邦ガスのインターンに参加してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ