マナー

【就活の髪色マナー】採用担当者に与える印象や業界別カラーを紹介

就活にふさわしい髪色とは

就活では茶髪で臨んでもいいのか迷っている人は多くいます。どんな髪色がふさわしいのか分からず、髪色に悩んでいる人は多いです。就活は履歴書やエントリーシート、面接での回答だけではなく、身だしなみの印象によっても評価は決定しています。面接での評価が高くても身だしなみの印象によってはマイナスの評価となる場合もあり、それによって不合格になってしまうこともあります。

就活を攻略するためには身だしなみを整えるのは必須のことであり、髪色もその中の一つです。就活中は黒髪で臨んでいる人が多いですし、黒髪が一般的である認識も浸透しています。しかし就活中であってもオシャレを楽しみたい人は多いですし、茶髪でもOKなのか、またどの程度の茶髪まで許されるのかなどを知っておきましょう。

髪色は黒が無難

茶髪で就活に挑むかどうかを悩んでいる人は多いですが、最も無難なのはやはり黒髪です。身だしなみのマナーとしては黒髪がベストとされていますし、髪を染めていることでマイナスの印象を与えてしまうことも多いです。

就活では髪色は黒にすべき理由はさまざまありますし、茶髪にしていることで印象が悪くなってしまう理由もあります。評価が分かれる理由を知り、黒髪と茶髪が与える印象を理解して自身の髪色を考えていきましょう。

男子就活生は特に黒髪が多い

就活生の中でも特に男子は黒髪にしている人が圧倒的に多いです。そのため、男子学生が染めていると目立ってしまう可能性があります。しかし、ファッション業界や美容業界の就活を行う男子学生は、髪を染めている人が他の業界の就活に比べ多い傾向があります。

しかし、ファッション業界も美容業界も黒髪が多いのが現状ですので、髪を染めて、悪目立ちしてしまう可能性があるのなら、黒髪で就活を行うのが無難でしょう。また、女子が少し染めているのはOKでも、男子が染めていたらマイナスな印象を与えてしまう可能性があるのも事実です。

茶髪は不真面目な印象を与えてしまうことも

黒髪であれば清潔感や真面目な印象をアピールすることができますが、一方で暗い印象を与えてしまう場合もあります。髪色が暗いことで暗く見えてしまう可能性もあり、髪型や振る舞いなどには気をつけなければなりません。

茶髪の場合は明るい印象にはなりますが、色のレベルによっては不真面目な印象を与えてしまう可能性もあります。茶髪にしていると、どうしてもカジュアルに見えてしまいますし、就活では悪印象になることが多いです。

就活で求められているのはカジュアルさではなく、フォーマルさであり、見た目が派手に見えると信用できないと判断される場合があります。また就活の基本的なルールが守れていないとして、真剣度を疑われてしまうこともありますし、マイナス評価となる場合が多いので注意が必要です。

就活の髪色はいつから変えるべき?

学校生活で、もともと黒髪の人は現状維持で就活に挑めますが、茶髪の人は一体いつから、髪色を就活用の色に染めるのがいいのでしょうか。就活用に髪色を黒に戻したり、トーンを落とす必要があります。希望する髪色と違っていたら、染め直す必要が出てきますし、反対に染め直す期間が短いと髪へのダメージがあったり、染まらない可能性も出てきます。

美容室では1週間以内の保証があるところあります。染め直しを依頼する場合には、次の日に染め直しするのではなく、保証期間ギリギリでの染め直しがおすすめです。

3日~1週間前に染める

黒染めや、トーンダウンを就活前に行うのは、3日~1週間がいいでしょう。3日前といっても最低でも3日前までには染めるようにしてください。

なぜなら、先述したように、失敗した時、染め直しを次の日に出来ない可能性があるからです。就活前も学生は忙しく、なかなか染める時間がない人もいるでしょう。万が一失敗した時のことを考えると、最低でも3日前までに染めておくのが安心です。また、ミディアムよりも髪の長い人は、自分で染めるとムラになる可能性が高いので、できる限り美容室でのカラーがおすすです。

明るい髪と同様、ムラがある髪も、身だしなみが出来ていないという印象を与えてしまうので、統一された髪色で就活に挑んでください。

あまり早く染めると色が抜けてしまう

就活生は何かと忙しいもので、時間がある時に染めたいと考えている人もいるでしょう。余裕を持った行動は大事ですが、1週間前より早く染めるのはあまりおすすめしません。あまり早く染めてしまうと色が抜けてきてしまうからです。特に明るい髪色の人は、1週間もあれば、染める前の髪色に戻ってしまうという可能性は十分にあります。また、1ヵ月前に染めてしまうと、根本が伸びてきてプリン状態になり、身だしなみのマイナスポイントになるので注意してください。

髪を染めて色が馴染むのには時間がかかりますので、面接の前日に黒髪に染めると、浮いて見えてしまいますので、色が抜けるから前日に染めるというのだけは避けましょう。

職種によっては髪色に厳しくないこともある

茶髪は不真面目な印象を与えてしまう可能性が高いですし、基本的には避けなければなりませんが、絶対にNGなわけではありません。基本的には印象が良くない茶髪も、職種によってはOKとされている場合もあります。

職種ごとに身だしなみの評価基準は違っていますし、茶髪であることがマイナスにならない場合もありますが、一方で茶髪が絶対にNGな職種もあるので注意が必要です。茶髪がOKであっても、茶髪であることで好印象を与えるわけではありませんので、それも覚えておきましょう。

レベルスケールをチェックしよう

茶髪で就活に臨みたいのであれば、まずはレベルスケールをチェックし、正しく理解しておきましょう。レベルスケールとは日本ヘアカラー協会(JHCA)が開発した髪色の明るさをレベルで表しているものです。数字が小さい方が暗く、大きいほど明るい色になります。

同じ色でもレベルが違えば色味の明るさは違ってきますし、与える印象も異なってきます。同じ茶色に染めている場合でも、レベルの違いによって全く違う印象になりますので注意が必要です。レベルスケールは美容室で確認できますので、染める前には必ず確認をしておきましょう。

ネットなどでも色を確認することはできますが、画像と実際に見るのでは印象が違いますし、必ず実物で確認することが大切です。

一般企業はレベル7のダークブラウンまで

一般企業は黒に近い焦げ茶色までならOKと言われており、レベルで言えば7、色の名前で言えばダークブラウンになります。レベル7のダークブラウンであれば染めているかどうかが分かりづらい色であり、場合によっては黒と認識されることもあります。地毛の色素が薄い人であればダークブラウンになる場合もあり、自然な印象を与えることができる色です。

しかしレベル7のダークブラウンがOKといっても、黒髪の人に混ざると目立ってしまうことも多いですし、身だしなみの印象としてもプラスに働くことはありません。あくまでOKとされているだけであり、好印象が与えられる髪色ではありませんので、少しでもプラスの評価を狙いたいなら黒髪で臨むようにしましょう。

アパレルや美容業界はミディアムブラウンでもOK

一般企業の場合はレベル7のダークブラウンですが、アパレルや美容業界はミディアムブラウンでもOKの場合もあります。美容や服飾は自分を魅力的に見せるところから始まるため、レベル8程度の茶髪がOKとされていることも多いです。

ミディアムブラウンは黒髪の人たちに混ざれば目立つことはもちろん、単体で見た場合でも染めていることが分かりますので、一般企業の場合は確実にNGです。染める場合はアパレル業界や美容業界に絞って就活をする場合に限定し、一般企業も受けるのであればレベル7のダークブラウンに抑えておく必要があります。

またアパレルや美容業界であっても、ブランドイメージによっては派手すぎる髪色はNGな場合もありますので、企業のイメージを見ながら髪色も決めていきましょう。

金融や公務員は黒髪が無難

茶髪でもレベルによってはOKとされている一方で、暗めの色であっても茶髪はNGとされている職種もあります。金融や公務員、福祉、医療、老舗メーカーなどは黒髪が望ましいので、レベル6がふさわしいです。暗めの茶髪であっても、染めていることでマイナスの印象を与えてしまう場合も多いので注意しなければなりません。

また金融や公務員は特に髪色に注意が必要で、黒髪が絶対です。黒以外の色は例外なく印象が悪くなりますし、黒染めをしている場合でもマイナスの印象となるケースも多いです。黒髪にしていればいいわけではなく、黒染めをしていることが分かるのも印象がよくありません。

金融や公務員などを受ける場合は、早めに黒染めをしておき、不自然に見えないように黒染めの色も注意しておきましょう。

髪は美容院でのカラーがおすすめ

髪を染める方法は2種類あり、市販のカラー剤を買って自分で染めるか、美容院で染めるかになります。市販のカラー剤であれば安価で済みますし、美容院のように予約の必要もありませんので素早く染めることができます。

しかしカラー剤で染めると色むらができてしまう場合もありますし、綺麗に染まらず色が出ない、あるいは色が出すぎる場合もあります。色むらがあると印象が悪くなりますので、色むらができないよう美容院で染める方がよいでしょう。

また、染めるときにカラーのレベルも確認できますし、染めるときは美容院に行くのがおすすめです。美容院であれば染めても髪も傷みづらいですし、綺麗に染めることができますので、必ず美容院で染めるようにしましょう。

真っ黒は不自然なためナチュラルブラックがおすすめ

茶髪の人が黒に染める時、黒にもトーンがあるということを覚えておきましょう。基本、日本人の髪色は黒系の5~6ぐらいのトーンになります。日本人の地毛は、パッと見黒くても光が当たれば、薄らと茶色に見えることもあります。美容室や市販のカラー剤は、日本人の髪色よりも暗いトーンが用意されており、確実性を求めるあまり、低いトーンのものを選びたいという気持ちになるでしょう。ですが、日本人の髪色より黒くなってしまうと、逆に不自然になってしまい浮いてしまいます。そのため、美容室や、自分で染める時は、ナチュラルブラックぐらいのトーンで染めるようにしましょう。ナチュラルブラックで染めると真っ黒になることはありません。

美容院でカラーした方が色落ちしにくい

明るい髪色の人は、トーンダウンしても色が抜け始めるのが早く、また髪色が明るくなってきてしまいます。美容室のカラー剤と比べると、市販のカラー剤は色落ちが早いというデメリットがあります。そのため、髪色が明るい人は、1週間前に染めても、面接当日には色が戻ってきてしまうということも十分に予想されます。美容室で染めると色落ちしにくいので、面接日までしっかり色が持ちます。色の明るさによっては、希望する色よりも1トーン、2トーンほど暗いもので染めたほうが、面接日には適切な色になる場合もあります。そのため、自分で染めるより、専門家である美容師さんに相談し、染めてもらうことで適切な色に染まります。お金はかかりますが、長持ちや色のムラ、色落ち、髪へのダメージなどを考えると、美容室で染めたほうが断然おすすめです。

カットやカラーは面接の1週間前を目安に

髪を染めるときには一緒にカットもおこなう場合も多く、この時期にも注意しなければなりません。就活では髪色はもちろん色むらもマイナスの印象を与えてしまいますし、プリン状態でも印象が悪くなってしまいます。

髪の根元が黒いプリン状態を避けるためにも、面接の1週間前を目安に染色し、カットもこの時期におこなうようにしましょう。あまりに早く染めすぎると、面接時にはプリン状態になってしまう可能性が高いです。

またカラーやカットをしてすぐだと色が馴染んでいなかったり、染めている部分と地毛の差が分かりやすいので、これも印象が良くありません。カットやカラーをしてから1週間程度であれば自然に馴染んでいますので、面接日から逆算して美容院を予約しておきましょう。

就活は髪色のマナーを守って好印象を与えよう

就活では髪色も身だしなみの一つとして見られていますし、明るすぎる色はNGです。一部職種によっては染めていてもOKな場合もありますが、基本は黒髪であり、身だしなみで呼応印象を与えたいのであれば、髪は染めない方がいいです。染める場合でも明るい色にするのではなく、暗めの色で抑えることが大切であり、一般企業であればダークブラウンにしておく必要があります。

また茶髪でも色によってはOKといっても、マイナスの印象を与えないだけで、好印象が与えられるのはやはり黒髪です。マナーを守っていれば染めていても構いませんが、染めずに黒髪で臨むに越したことはありません。染める場合もしっかりとマナーを守り、就活にふさわしい髪色にしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ