身だしなみ

【面接時の身だしなみのポイント】服装や髪型のマナーを男女別に解説

身だしなみはビジネスマナーの基本

面接では身だしなみがチェックされています。見た目の印象は、評価を左右する重要なポイントです。面接官からの質問に対してどのように答えるかだけではなく、身だしなみもきちんと整えておかなければなりません。

身だしなみ次第で面接官から受ける評価は異なります。場合によっては、身だしなみでマイナスの印象を与えてしまうこともあるでしょう。面接で失敗しないためには、どのような身だしなみがふさわしいのかを知っておくことが大切です。

本記事では、印象のよい身だしなみのポイントや、面接にふさわしい恰好について解説していきます。面接での第一印象をよりよくするために、ぜひ参考にしてみてください。

下記の記事では、リクルートスーツの選び方を紹介しております。

印象のよい身だしなみのポイント

身だしなみで好印象を与えるには、どのようなポイントが評価されているのかを知っておくことが大切です。評価されるポイントを知っておくことで、身だしなみの正しい整え方も理解しやすくなります。

面接では身だしなみがどのような観点から評価されているのかを知り、正しい整え方を理解しておきましょう。印象のよい身だしなみのポイントは2つあげられます。それぞれについて、詳しく解説していきます。

清潔感がある

面接には、清潔感のある身だしなみで臨むことが重要です。清潔感は、第一印象に大きな影響を与えるためです。不潔な身なりをしていると面接官に不快な思いをさせてしまうため、マイナスな評価になってしまう可能性が高いです。

また、清潔感があるかどうかは、ビジネスでも重要な要素です。清潔感が無いと、ガサツな印象を与えてしまいます。ぞの結果、顧客やクライアント先から信用されることが難しくなるでしょう。

清潔感を意識して身だしなみを整えるには、シャツやジャケット、パンツなどにしわがないかを確認しておきましょう。さらに汗をかいていないか、衣服や持ち物などにごみがついていないかもチェックしておく必要があります。清潔感は少しの気遣いだけで修正できるポイントです。面接の前には鏡などでチェックし、身だしなみに不備がないかを確認しておきましょう。

下記の記事では、夏の面接の服装について解説しております。

TPOに合った格好をしている

面接では単純に身だしなみが整えられているかだけではなく、TPOに合った格好ができているかも重要です。TPOに合わせた身だしなみは、企業の社風や企業からの指示によって異なります。

就活では企業からスーツ着用と指定されないこともありますが、この場合でも基本はスーツを着ることが大切です。また、スーツ着用と指定されている場合でも、派手なパーティースーツや柄入りのスーツなどはNGです。リクルートスーツの着用が基本となります。

私服を指定されている場合は、オフィスカジュアルを意識した服を選ぶ必要があるため注意しましょう。ただし、アパレル業界や美容業界では、他の業界よりカジュアルな私服でも問題なしとされることもあります。志望先によってどのような身だしなみがふさわしいかは異なるため、TPOに合わせて服装を考えることが大切です

下記の記事では、就活の服装完全マニュアルを紹介しております。

面接時の身だしなみ:男性編

面接時にどのような身だしなみがふさわしいかは、男性と女性で異なります。まずは、男性の場合、どのような点に気をつけるべきなのかを説明していきます。細かいポイントを把握しておくことで、面接前の準備はしやすくなります。

また、正しい身だしなみに整えておくことで好印象を与えやすくなり、面接もスムーズに進められるでしょう。男性ならではの身だしなみのポイントを把握し、事前の準備を徹底しておこなうことが、面接を有利に進めるうえでは大切です。

ヘアスタイル

男性の場合、黒髪で短髪のヘアスタイルにすることが基本です。髪を染めていたり、長髪だったりすると悪い印象を与えやすくなります。暗めの茶色でも基本的にはNGです。染めているだけでマイナス評価になりやすいことは理解しておきましょう。

また、長髪だと清潔感がないとみられやすいため、注意しなければなりません。ヘアスタイルで好印象を与えるには、顔のパーツがすべてみえるように、髪を短く整えておきましょう。前髪が目にかかっていたり、耳の周りが髪の毛で隠れていたりすると、暗い印象を与えやすいです

全体的にさっぱりさせるにはツーブロックもおすすめです。しかし、刈り上げの位置が高すぎると、奇抜に思われてしまうことがあります。ツーブロックにする場合は、奇抜にならないように、刈り上げの高さは控えめにしておきましょう。

下記の記事では、就活でツーブロックが与える印象について解説しております。

面接時には顔もみられています。ここでも身だしなみを意識しなければなりません。男性の場合は眉毛やひげなどを、とくに注意して整えておきましょう。

眉毛が伸びっぱなしでぼさぼさの状態だと、清潔感がないと思われてしまう可能性が高いです。ただし、眉毛は剃り過ぎてしまうと悪い印象を与えてしまいます。そのため、長さを切る程度に整えましょう。

ひげは生えていると清潔感がないと思われやすいため、きちんときれいに剃っておかなければなりません。無精ひげが残っていると、それだけでも印象が悪くなってしまいます。ひげは剃り残しがないように綺麗に剃って、身だしなみを整えておきましょう

下記の記事では、就活での爪の長さに関する注意点を解説しております。

スーツ

就活の面接ではスーツ着用が基本ですが、単にスーツを着ているなら、それだけで評価されるわけではありません。面接の際にはリクルートスーツの着用が基本です。柄のない無地のものを選びましょう。

色にも注意が必要です。黒や紺色など、暗めの色を選ぶと無難です。無地のものでも、明るいグレーなど派手に見えてしまうものだと、悪印象を与えやすいため、注意しなければなりません。好印象を与えるには、柄なしで暗めの色味のものを選ぶと失敗が少ないです。

また、スーツを着崩すこともNGです。そのため、シャツを出したり、パンツをずらして着用したりしないようにしましょう。スーツは選び方だけではなく、着方も意識しておかなければなりません。

下記の記事では、就活時のスーツの色について解説しております。

ジャケットの一番下のボタンは外す

ジャケット着用は必須ですが、この際には一番下のボタンは外すようにしましょう。スーツの正しいマナーでは、一番下のボタンを外すことになっています。ボタンを下まで留めてしまうと、シルエットが崩れてしまうためです。余計なシワも入り、見た目が悪くなってしまうでしょう。

スーツによってはボタンが2つではなく、3つのものもあります。3つボタンのものも、上2つのボタンは留めておき、一番下は外しておくようにしましょう。スーツによってボタンの数は違いますが、一番下を外すということは共通しています

そのためスーツの種類に関係なく、面接時の身だしなみとしては、ジャケットのボタンの一番下は外すということを覚えておきましょう。

下記の記事では、リクルートスーツとビジネススーツの違いについて解説しております。

ワイシャツ

ワイシャツは白色の無地がベターであり、色付きのものや柄入りのものは避けたほうが無難です。薄いストライプなどであれば、多少の柄があっても問題ない場合もありますが、企業によってはマイナスの印象を与えてしまうことがあるため、注意しなければなりません

ワイシャツにもさまざまな種類があります。とくに襟の形はシャツによって異なります。肩幅の広い人はワイドカラーと呼ばれる襟の広いものを、標準体型の人はレギュラーカラーのものを選ぶとよいでしょう。

襟の部分にボタンがついているものはボタンダウンシャツと呼ばれます。ネクタイを着用する際にはふさわしくありません。そのため、ボタンダウンシャツも避けるようにしましょう。

下記の記事では、ネクタイの結び方について解説しております。

ネクタイ

ネクタイは、控えめなデザインのものを選ぶと好印象です。派手な色をしているものや大ぶりの柄がついているものは、カジュアルな印象を与えやすいため、就活の場にはふさわしくありません

ドットやストライプなど、控えめなデザインのものを選びましょう。ビジネスシーンに合ったフォーマルなものを選ぶことが大切です。また、白色や黒色の無地のネクタイは、冠婚葬祭で使用されるものであるため避けましょう。

ネクタイの色によって面接官に与えられる印象は異なります。赤色は活発な印象を、青色は落ち着いた印象を与えます。どのようなイメージをつけたいかによって、色を使い分けることもおすすめです。

下記の記事では、ネクタイの色が与える印象について解説しております。

ベルト・靴・靴下

面接時には小物もチェックされています。ベルトや靴、靴下などにも気を配らなければなりません。ベルトは革製のものを使用し、黒色など目立たないものを選ぶとよいでしょう。装飾も少ないものがよく、余計な飾りのついていない、シンプルなものを選ぶことがおすすめです

靴もベルトと同様に革のものを選びましょう。色は黒色がよいです。茶色の革靴を履いているビジネスマンもいますが、就活では黒色の革靴が無難です。シンプルな紐つきの革靴を選びましょう。

靴下にも注意が必要です。黒色の目立たないものを選びましょう。ワンポイントでも柄が入っていると、カジュアルな印象を与えてしまうため、無地のものを選ぶことが大切です。

下記の記事では、就活の靴下の選び方について解説しております。

カバン・腕時計

カバンや腕時計も、身だしなみの一部としてチェックされています。カバンは黒色で革製のものを選び、かつ手持ちのものにしましょう。リュックやショルダーバッグだと、カジュアルな印象を持たれてしまうこともあるため、避けたほうが無難です。

また、就活ではA4サイズの書類の受け渡しをすることが多いです。そのため、カバンもA4サイズの書類を折り曲げずに入れられる、大きめのものを選ぶとよいでしょう。腕時計は銀色などがおすすめです。装飾のついていないシンプルなものを選ぶ必要があります。

ブランド物など、派手なアイテムを選んでしまうと、就活生にふさわしくないと思われることもあるため注意しなければなりません。時間の確認だけではなく、グループディスカッションではタイムキーパーの役割を担うこともあるため、腕時計は持っていると便利です。

下記の記事では、就活にリュックがNGな理由を解説しております。

コート

冬場の就活では、コートを着用することも少なくありません。コートは黒色や紺色など、ダークカラーのものを選ぶことがおすすめです。原色系などの派手なものでは、柄がついていない場合でもカジュアルに見えやすいため、注意しなければなりません。

コートは形も重要であり、ステンカラーコートやチェスターコートなどがおすすめです。ダークカラーでシンプルなデザインでも、ダッフルコートやピーコートはカジュアルに見られる可能性が高いため、注意が必要です。

また、面接時はコートを脱ぎ、きれいに折りたたんで持ちましょう。コートは室内で着るものではないため、会場に到着した時点で脱いでおくことが大切です

下記の記事では、スーツの防寒対策を紹介しております。

面接時の身だしなみ:女性編

男性特有の身だしなみのマナーがあるように、女性にも特有のマナーがあります。そのため、女性の場合はどのような点に注意しなければならないのかを、把握しておくことが大切です。

女性はスーツに複数の種類があるだけではなく、ヘアスタイルやメイクなどの身だしなみのマナーも男性とは異なります。同じ面接を受ける場合でも、男性と女性ではさまざまな違いがあるため、この点を理解して面接の対策をおこないましょう。

ヘアスタイル

女性の場合のヘアスタイルは、ロングヘアーでも問題はありません。ロングヘアーの場合はハーフアップにしたり、結んだりして、きれいにまとめておきましょう。ミディアムの長さで髪が邪魔になる場合は、ヘアピンやヘアゴムなどを使用して、邪魔にならないようにしておきます。

ショートカットの場合も、前髪が眉毛や目にかからないように注意し、横に流すなどの工夫をしましょう。顔のパーツが少しでも隠れていると、暗い印象を与えてしまいやすいため、注意しなければなりません。

髪色は黒髪がベターであり、染めているとマイナスの印象を与えやすいです。黒に近い暗めの茶色など、目立たない色であれば悪印象にならないこともありますが、染めていることがプラスにならないことは理解しておかなければなりません。

下記の記事では、就活に適したヘアスタイルを紹介しております。

メイク

女性の場合はメイクも身だしなみの一部として見られています。メイクはナチュラルなものが好印象です。ノーメイクやメイクのし過ぎは悪印象になるため、注意しなければなりません。

また、メイクをしていてもすっぴんに見えるナチュラルすぎるものは、ノーメイクと判断されることもあります。そのため、控えめにメイクをしていることがわかるようにしておくことが大切です

フォーマルなメイクでは流行りを取り入れることはNGです。普段通りのメイクとはやり方が異なることも多いです。スーツに合うこと、ビジネスシーンにふさわしいことが前提となるため、この点は頭に入れておきましょう。

下記の記事では、就活で使用する口紅の選び方を紹介しております。

スーツ

女性の場合はスーツがスカートとパンツの2種類あります。どちらの種類を選んでも問題はありませんが、それぞれ面接官に与える印象が異なることは理解しておきましょう。

また、ネクタイの着用は必要ありませんが、スカートとパンツのどちらの場合でも、ジャケットの着用は必須です。ジャケットはサイズが大きすぎると、野暮ったい印象を与えてしまいます。購入する際は、試着をしてサイズが合っているかどうかを確認しましょう

スーツは黒色などのダークカラーがおすすめです。余計なデザインのついていない無地のものを選びましょう。ノーカラーのスーツなど、カジュアルに見えるものはNGであるため、ジャケットは襟付きものを選ぶことが大切です。

下記の記事では、女性の就活スーツの選び方を紹介しております。

スカートは柔らかい印象を与える

スカートのスーツを着用すると、面接官に与える印象が柔らかくなりやすいです。そのため、優しい印象を与えたい場合は、スカートスーツを選ぶと自分のイメージをコントロールしやすくなります。

スカートを着用する際には、丈に注意しなければなりません。スカートの丈は膝丈程度がおすすめです。それ以上長くても、短くてもマイナスの印象を与えてしまうと考えましょう。スカートの丈が長すぎると、普段着のようなカジュアルな印象を与えてしまったり、だらしないと思われたりすることもあります。

丈が短すぎると、ビジネスシーンにはふさわしくないと判断されてしまい、マイナス評価になりやすいです。スカートはしわやよれがないかはだけではなく、丈の長さ次第でも印象が違ってくることは理解しておきましょう。

下記の記事では、適切なスカート丈について解説しております。

パンツスーツは活発な印象を与える

より活発な印象を与えたい場合は、パンツスーツを選ぶことがおすすめです。パンツスーツはアクティブなイメージを持たれやすいため、営業など活発さが求められる企業の面接で着用すると、好印象を与えやすくなります

パンツスーツの場合も、スカートと同様に丈の長さには注意しなければなりません。丈が短すぎると、体に合っていない服を着用していると思われます。また、丈が長すぎると裾を引きずってしまい、だらしないと思われてしまうこともあります。

裾を引きずるとスーツの劣化も早く、すぐに買い替えなければならなくなります。丈は靴に少し被るくらいが適切であるため、購入時には試着をしてチェックしておきましょう。

下記の記事では、面接でパンツスーツの女性が与える印象について解説しております。

ブラウス

ブラウスは大きく2種類あり、男性のカッターシャツのようなシャツカラーと、胸元が少し開いたスキッパーシャツというものがあります。シャツカラーのほうがよりフォーマルな印象を与えることができますが、スキッパーシャツを選んでも問題はありません。

スキッパーシャツの場合は活発な印象を与えやすいため、パンツスーツと組み合わせると、より自分のイメージをコントロールしやすくなります。どちらも白色で無地のものがおすすめであり、色付きのものや柄入りのものは避けましょう。

ワンポイントでもデザインが入っていると、カジュアルにみえてしまうため、注意しなければなりません。基本的には襟付きのものが望ましく、襟のないカットソーは企業によっては悪印象を与えてしまうことも覚えておきましょう

下記の記事では、就活で着るシャツの選び方を紹介しております。

アクセサリー・腕時計・ネイル

就活ではフォーマルな装いが求められているため、アクセサリーなどの装飾品はつけないようにしましょう。ネックレスやブレスレット、アンクレットやピアスなどは、シンプルなデザインのものでも着用していると悪印象を与えやすいです。

腕時計も小ぶりでシンプルなものを選ぶことがおすすめです。装飾のついているものは避けましょう。また、ブランド物は就活生にふさわしくないと思われてしまうため、この点にも注意しなければなりません。

ネイルはしないほうが無難です。派手なデザインはカジュアルな印象を持たれてしまいます。手入れをする場合でも透明のトップコートだけにするなど、目立たないようにしましょう

下記の記事では、ピアスが与える選考への影響度について解説しております。

靴・ストッキング

靴は黒色のパンプスがおすすめです。カジュアルなデザインにならないように注意しましょう。ローファーは就活にふさわしくない印象を与えてしまうため、パンプスを選ぶことが大切です。

革製で黒色のものを選ぶだけではなく、柄の入っていない無地のものにしておきましょう。ワンポイントでもデザインが入っていると、就活にふさわしくない印象を与えてしまいます。パンプスを選ぶ際には、ヒールの高さもチェックしておくことが大切です。ヒールの高さは3センチ程度がおすすめであり、高すぎても低すぎてもよくありません。

女性の場合はストッキングの着用が必須です。色は自分の肌の色に合わせて違和感のないものを選ぶ必要があるため、購入時には肌にあてがって、自然に馴染むかをチェックしましょう。

下記の記事では、ストッキングの色の選び方を紹介しております。

カバン

カバンは革製で黒色無地のものがおすすめです。他の色だとカジュアルに見えてしまう可能性があります。面接時に使用するものは、スーツに合っているかどうかを考える必要があるため、この点は頭に入れておきましょう。

カバンは手持ちのものだけではなく、肩掛けカバンでも問題はありません。ストラップで取り外しができるものを選ぶと、シーンに合わせて使い分けができるためおすすめです。カバンはA4サイズの書類を折らずに入れられる大きめのサイズを選びましょう。

小さいカバンだと、書類が折れ曲がってしまう可能性があります。就活では必要な持ち物も多いため、大きめのサイズを購入することがおすすめです。また、面接時にはカバンは床に置くことが多いです。床に置いても自立するタイプを選びましょう。

下記の記事では、面接で使うカバンの選び方を紹介しております。

コート

男性とは違って、女性の場合はコートの選択肢が広いです。チェスターコートやステンカラーコートだけではなく、トレンチコートでも問題はありません。色も黒色や紺色だけではなく、ベージュなどのやや明るい色も選べます。

ダークカラーだと落ち着いた印象を、ベージュ系だと明るい印象を与えることができるため、志望先によって使い分けることもおすすめです。面接時にはコートは脱いでいますが、どのようなコートを着てきたかはチェックされます。

そのため、派手なものを選んだり、ダッフルコートなどのカジュアルなデザインのものを選んだりすると、就活にふさわしくないと思われてしまいます。コートはスーツに合うフォーマルなものを選ぶ必要があります。シンプルさを重視してコーディネートを考えましょう

下記の記事では、スーツ用コートの選び方を紹介しております。

私服の場合はオフィスカジュアルを心がける

企業によっては面接時にスーツではなく、私服の着用を指定されることもあります。私服が指定されている、あるいは私服可などとされている場合は、スーツを着用しなくても問題ありません。

私服を着る場合は、オフィスカジュアルを心がける必要があるため、この点には注意しましょう。オフィスカジュアルは、簡単にいえば私服でオフィスにいても違和感がない服装であり、普段着よりはフォーマルさを意識しなければなりません。

男性ならシャツやジャケットにスラックス、女性も同様のコーディネートか、ジャケットの代わりにカーディガンなどを着用しましょう。デニムやスウェット地の服、スニーカーなどはカジュアル過ぎるため、これらを避けてコーディネートを考えましょう

下記の記事では、私服で面接を受ける際の正しい服装について解説しております。

面接の前に身だしなみのマナーを把握しておこう

身だしなみは面接時の印象や評価を決める重要なものです。フォーマルさを意識して服装を考えなければなりません。そのため、服装の指定がないからといって普段着で面接に臨むことはNGです。スーツの着用が基本と考えましょう。

身だしなみは、ただスーツを着ているなら評価されるわけではありません。着崩すことなく正しく着用してこそ好印象を与えられます。また、ヘアスタイルや持っている小物、女性の場合はメイクなどにも気を配らなければなりません。

身だしなみの評価は、前身を見て決められます。少しでもできていない部分があると、印象は悪くなってしまいます。トータルコーディネートでチェックされていることを理解して、面接にふさわしい服装で選考に臨みましょう。

下記の記事では、オフィスカジュアルのポイントを紹介しております。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ